都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

時空のおっさん?ただの迷子?

2020.01.20 (Mon) Category : ミステリー・不思議な話

266:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:08:53ID:vK6ZATTu0
不思議成分が少ない体験だけど書き込みます。
あと、書くのが遅いですが勘弁してください。


小学生2年生ごろ?の頃の体験。
両親と両親の友人たちがたまに集まって(子連れで)旅行やら温泉やら行くのですが、その日はどこかの山にハイキングに行くというものでした。
山はミカン畑で、最初はそこでみかん狩りをしていました。

その後昼御飯を食べたあと、年長の子供同士の話し合いで、近くにある川に遊びに行こうぜ!となりました。
子供グループのなかでは年少のほうだった自分は、必死に兄たちのグループについて行こうとしたのですが、どんどん置いていかれて結局はぐれてしまいました。



267:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:18:04ID:vK6ZATTu0
兄たちの話によると、すぐ近くだというので、とりあえずまっすぐ行けばたどり着けるだろうと思ってそのまま進んでいました。
30分ぐらいして、さすがに子供ながらにやばいと思いましたが、引き返すにしても長い距離を歩いたので引き返せないだろうな、と考えていました。

引き返せばいいのに、その時はなぜか戻ってもしょうがないと思って進んでいました。アホな子供だったと思います。
それからまた30分、泣きながら暗い道を歩いて行きました。
途中で、視界が開けて、隣の山などが見える位置に行きました。

高度が以外と高かったことと、隣の山にあるRC造の建物にみて、通ってた保育園に似ているなとか考えていました。(泣きながら)
それから、さらに30分歩くと(ここらへんは記憶が曖昧)、トラクタに乗ってるおっちゃんに会いました。



268:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:28:02ID:vK6ZATTu0
トラクタに乗ってたおっちゃんは俺をみて
「どげんしたね」
みたいなことを言いました。
俺はもう安心してしまって、声をあげて泣いてしまいました。
なんとかおっちゃんに、両親とはぐれたことを伝えると、おっちゃんは俺の手を引いてあるいていきました。
すると、20分くらい?歩いたら、兄たちが遊んでいる川にたどりつきました。

俺はおっちゃんの手からはなれて兄たちと合流し、一緒に蟹の穴とかをいじくりまわしました。
途中で、おっちゃんにお礼を言わなきゃ、と思い振り返ったのですが、もうおっちゃんはいませんでした。
その後は両親たちと合流し、帰宅しました。
おっちゃんにお礼を言いたくて、車のなかで山のほうをじっとみつめていました。



269:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:33:27ID:vK6ZATTu0
その後、このときの体験はずっと覚えていたのですが、20才くらいのとき、母から
「あんたミカン畑で迷子になったの覚えとるね~?」
といわれて、
「ああ、あの時のね」
と返すと、
「あの時はあんたが一人でひょこって帰ってきてびっくりしたよ~」
とのこと。
自分はおっちゃんにつれられて兄たちと合流したのに、親が言うには両親たちが集っている場所にひょっこり現れたそうです。

このときは深く話をしなかったので、今回のGWの帰省の際にまた詳しく両親に聞きたいと思います。

一件目おわり



270:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:35:41ID:NYXRSMbs0
>>269

これはもしや、おっさん?



271:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:38:56ID:wCuRx7lOO
>>270
山の神さまだろ



273:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)22:48:36ID:vK6ZATTu0
>>270
時空のおっさん、少しだけみました。作業着がユニフォームらしいですね。
自分が会ったおっちゃんは農作業着でしたが。



274:本当にあった怖い名無し:2009/04/26(日)23:10:45ID:vK6ZATTu0
長文で失礼しました。
自分を助けてくれたおっちゃん、直接はお礼がいえなかったので、代わりにここで言わさせてもらいます。
ありがとうございました。


引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~Part52
https://anchorage.5ch.net/test/read.cgi/occult/1239716040/266-274




.








拍手[0回]

窓から手が出てきて親指を立てた

2020.01.20 (Mon) Category : ミステリー・不思議な話

381:本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木)13:59:30.26ID:N2AAvsvnO
まぁ別に面白くないかもしれないけど個人的に面白かった話
小さい頃だけど湯船に浸かってボーっとしてたら窓から手が出てきて親指を立てた

次の日は親指と人差し指
次の日は親指と人差し指と中指
そんな感じで5日目には5本の指を立ててパーになった
全ての指が立ったんで次はどうなるんだろうって思いながら寝た

次の日少しワクワクしながら湯船に浸かり窓を見てたら最初からパーにした手が出てきてしばらくして申し訳なさそうに2本目の手がでてきて親指を立てた

1本目の腕と同じように指を立てていって両手がパーになってからは姿を表さない
何だったんだろアレ
ちなみに窓は閉めた状態だったんで誰かのイタズラって可能性はない



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験18【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1303053030/381




.







拍手[0回]

そこにいる!

2020.01.20 (Mon) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

637:本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火)12:00:35ID:HzK70PbmO
二年ちょっと前に体験した出来事なんですが…
当事わたしは高校生で、進学も決まり、受験から解放され非常にのんびりした気分でいました。
その夜のことはよく覚えています。

進学予定の大学の彼氏と久しぶりのデートの後で、怖い体験をする様な精神状態ではなかったというか…
ホラーを観たわけでも肝試ししたわけでもなく、普通に浮かれていたんです。

帰ってきて、お風呂からあがり自分の部屋でスタンドライトだけつけて雑誌をだらだら読みながらいつの間にか寝てしまっていた私は、トイレに行きたくなって夜中(時間は確認していません)に起きました。

当事の私の部屋は横長の八畳で、ドアから右側の端に縦にベッド、
向かいの壁に勉強机をベッドに背中を向けるかたちで、ベッドサイドに出窓という部屋でした。

トイレから部屋に戻ってベッドに寝ようという時、突然窓の外から「バチン!」と大きな音がしました。
深夜なので音の大きさにびくっとはしましたが、怖いとは思わず、とにかく眠い…といった感じでベッドに腰かけました。

その時、視界の隅に妙な影が見えました。
机の横、椅子に隠れたあたりに黒く何かあるのです。
そこの一角だけ異様に暗いというか…スタンドライトの薄いあかりはついているのに、です。



638:本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火)12:14:24ID:HzK70PbmO
目にはいった時から既に、
「やばいやばい…見るな見るな見るな」
とは思いましたが、ちょうどベッドの向かいだし、どうしても見てしまう。

冷や汗のような、緊張で躰が冷たいような中、じっと見つめました。
どうやら影というより大人がぎゅうっと小さく蹲って座っているようなのです。
男か女かもわかりません。子供ではないようでした。
実際にしてもらえるとわかると思うのですが、
「そこにいる!」
という質量があるのです。
ただ、明かりがあるにも関わらずただだだ真っ黒くて…生き物ではない気持ち悪さでした。

ほんの何秒かの出来事のはずが長くて、耳や首がドクドクいうのを感じました。

ふと、その暗いのが動きました。
首だけ回して、こちらを振り返ろうとしている…!
こちらを向かれたら、絶対にいけないと思いながら、私も目が離せなくて…

パニックになった瞬間、貧血で倒れる時のように、目の前に白いモヤが出て、気を失いました。



639:本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火)12:20:03ID:HzK70PbmO
気が付くとベッドに腰かけたまま、倒れこんだ格好で昼になっていました。
目覚めてからのほうが思い出して怖かったです。
あぁ、気を失えて本当によかった、と思いました。

それからすぐに一人暮らしを始めましたが、おかしな事にはそれからは会っていません。
ただ、実家に帰っても自分の部屋で寝ることはありません。

携帯からで遅くなってしまいすみませんでした。



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?163
https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1176043762/637-639




.








拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[01/23 砕天]
[01/23 砕天]
[01/22 七篠]
アクセス解析
カウンター

Powered by