忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


提灯行列

899:本当にあった怖い名無し[sage]:2005/03/26(土)20:20:50ID:RieKIyBY0
自分が小学生のときの話。
家族で旅行行くことになって、夜中の3時ぐらいに家を出ました。
そしたら夜中だというのに近所の家から人の行列が。
若い人も年をとった人もいて、みんな赤い提灯を持っていました。
その人たちは道の両端に並んで立っていてそれが近所にあるマンションまで続いていずっと続いていました。

そのときは「気持ち悪いな」ぐらいしか思ってなかったけど、次の日にそのマンションで飛び降り自殺がありました。
そしてそれからすぐ後に行列の始まりの家も取り壊されました。

なんか関係があったのか今でも不思議な話。
親は覚えてないって言うし・・・。


 

引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part24
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1104498240/899




.




拍手[0回]

PR



二時間あれば往復できるような小高い山が近くにあるんだ。

471:本当にあった怖い名無し:2011/07/31(日)10:39:03.72ID:t/1BK7Zb0
俺の子供の頃の話なんだけどさ。
今でも少しだけ怖いから呟いてみる。

二時間あれば往復できるような小高い山が近くにあるんだ。
まぁ、蒟蒻屋と松の伝説がのこってるだけの古びた山なんだけどさ。
そんな場所で、それこそ幼稚園の頃からその山に登ったことがあるぐらいに身近なんだ。

登った回数なんて3桁にはならないけど2桁後半にはなってると思う。
遭難なんて有り得ないような場所だから、たしか小4の遠足で登った訳さ。
その遠足、小6の先輩が先導してもらい、山頂の先生にチェックして貰えればどんな道でも良いっていう仕組みだったんだけど。
先輩が誘導する内にうちらの班だけ変な道に入って、先輩が言うには近道だって。
自信満々でどんどん先いっちゃうんだ。

で、気づけば周りにはうちらの班だけ。
本当に近道なのか怪しいと思ってたころに、ふと気がつくと頂上付近の見慣れた道に出て、しかも他の班より早い。
普通に登るより子供の足で15分くらいは短縮してたと思う。
凄い道あるんだなー、なんて子供心に思ってたんだけど、帰りは何故か普通の山道を歩いて帰った。



472:本当にあった怖い名無し:2011/07/31(日)10:40:34.28ID:t/1BK7Zb0
で、中学上がるちょっと前位に母親と妹でその山に遠足する機会があって。
山道前の鳥居を抜ける最中にふと思い出したんだ、そういえば近道があるって。
それで親も良いよって言ったし、その近道を歩くことになった。
山道を少し進んだ当たりで左右に道が別れてる。
右は何時もの正規の道。左は途中から道と言うよりも獣道になってるのが遠目からでもわかる。
もちろん近道は左だから左へ曲がったんだ。

最初は記憶通りの近道。
だったんだけど、途中から道がどこかおかしい。
最後には獣道すら無くなって、手を使わないと上がれないような斜面にあたっちゃったんだ。
こんな道は記憶にない、俺が間違ってたんだ。
そう思って、戻ろうって母親にいったんだけど。

母親は後ろを一度振り返った後、前に進みなさいって頑として聞かなかった。
小学校低学年の妹を必死に支えながら斜面を登ろうと急かすんだ。
さすがにおかしいと思って俺も後ろを見たんだけど。
その瞬間だけは今も鮮明に覚えてる。
無いんだ、今まで来た道も。俺らの足跡も。

で、本当に必死になって登って、なんとか見覚えのある道に出た。
山頂の近く、先輩が通った近道を抜けた合流場所。
泥まみれ、汗まみれで遠足なんて切り上げて無論直帰。
そのあとは別になんも無し。
無事に帰れためでたし、めでたしだったよ。

ただ、うちの中学は幼、小、中ってエレベーター式だったんだけど。
班長だった先輩、探したんだけど居なかったんだよね。



473:本当にあった怖い名無し:2011/07/31(日)12:23:57.37ID:iew7QJ0M0
>>472
退路の無い山道も怖いけど、最後の一文がさらに怖いな。
その先輩はもともと存在しない人で山の何かの化身だったのか、それとも山に祟られて事故や転校していなかったのか。


 

引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part56∧∧
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1310494082/471-473




.




拍手[0回]




親友の友人

815:本当にあった怖い名無し[sage]:2005/03/22(火)21:35:58ID:jUCeSNxR0
小学生のころだったか。
梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の人の家に遊びに行った。
その親友と一緒に。

そこで三人でゲームとかで遊んでいたら、あっという間に帰る時間になった。
しかし運悪く外は雨。二人とも傘は持っていない。やみそうにもない。
仕方がないから濡れて帰るか、と親友と話し合っていると、そこで、
「ちょっとまってて」
聞いていた親友の友人が言った。

なにをするのか、と思い親友と二人じっとそいつを見つめているとそいつは目を閉じて、指鳴りをする形で手を自分の顔の前に持っていった。
2~3秒だったかそうしたあと、
パキン!
指をはじいてとても澄んだ音を鳴らした。

何やってんだこいつ、と思いふと外を見ると、なんと、雨がやんでいた。
あっけにとられた自分たちにそいつは、
「ごめん。まだ10分位しかもたないんだ。早く帰った方がいいよ」
照れながら、驚きもせずに言った。
呆然としながら親友と別れ、帰宅した直後、ちょうどよくまた雨は降り始めた。

いまでもそいつとはつながっているし仲もいいのだが、この話をすると縁が切れてしまいそうなのでなるべく避けている。
不思議な体験はけっこうするほうだが、憶えている限りこの記憶が一番古い。
駄文スマソ



818:本当にあった怖い名無し:2005/03/22(火)22:27:19ID:cQR9zRCT0
>>815
フツーに傘を貸せよ。



827:本当にあった怖い名無し:2005/03/23(水)02:40:26ID:mfQ5np/kO
>>815
そのお友達かっこいいですね☆



835:815:2005/03/23(水)08:40:55ID:eS7v+4Ia0
>>818
確かに‥‥‥‥
何で借りなかったんだろ。自分。
感覚的に憶えてることなんだけどそいつの家には傘がないことを前提にして親友と相談してた気がする。
・・・
傘が一本もない家なんてあるのか?
その家じゃ必要なかったのか?
よく考えると謎だ。


 

引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part24
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1104498240/815-835




.




拍手[0回]




空き巣と…

546本当にあった怖い名無し2006/07/11(火)16:21:23ID:VJOxHkhW0
前住んでたマンションの話。
別にどうってことの無い古めのマンション(アパート?)で、4階建てのうちは4階だったんだけど、自分しか居ない時にリビングからテーブルにコップを置く音が聞こえたり、コーヒーミルが勝手に回ったり(これはコンセント入れっぱなしにしといたからだと思うんだけど)、わたしは全然霊感はないんですが、なんとなく「いやだなあ」っていうことが何度かあったんです。

で、ある時空き巣が入ったんです。
第一発見者は旦那。
わたしは仕事で少し遅くて、電車に乗ってたら旦那から電話。
急いで駆けつけたら、ちょうど警察も来ていて、家の中はめちゃくちゃだった。

正直あんまり掃除してなかったからかなり恥ずかしかったけど、それもわからんぐらいタンスとか引き出しとかメチャクチャにされてたからぞっとすると同時にどことなくほっとした(笑)
通帳とか色々確認したら、印鑑と一緒に保管してあったのにその類は一切盗られてなくて、盗まれたのは「使えないから」と引き出しに保管してた2千円冊3枚・・・
となりの人は新品のノートパソコン盗られたとか言ってたんですが、(1フロア2部屋で、両方やられたわけです)、うちの被害は6千円でした。



547本当にあった怖い名無し2006/07/11(火)16:23:36ID:VJOxHkhW0
「あー、現金とパっと見新しい電化しか狙わないのは中国人だから。一応指紋とるけど」
みたいなことを言って、警察の人がぽふぽふやりはじめました。

わたしと旦那も指の指紋をとられ、ピッキング対策にまったく適さない古い鍵を使いすぎだと大家が怒られ、あとは土足で入られたので床を拭いたり片付けたり、そんなこんなで夜中になりました。

「最近この辺に出てる複数による犯行で、2人以上で運送業者のツナギみたいのを来てダンボール持参で来るタイプによる犯行だとおもうけど、見つけられるかはわからん」
と刑事さんに言われました。
で、最後に、指紋を採取してた人が、
「奥さん、手広げてみて」
といいました。

わたしは女にしては手がでかいほうなんですが、両手広げたら
「そうだよねえ、女性だってこのくらいだよねえ。最近子供とか来ました?家に」
と言われ、
「いや、一度も来たことないですけど」
と答えたら、電子レンジのガラスのど真ん中に、ぺちゃっと子供が触ったような小さい手のひらの指紋がついてる、と言われました。

先に書いたコップの音との因果関係は全く不明ですが、ものすごくぞっとしました。
空き巣も怖かったのですぐ引っ越しました。結局犯人は見つかりませんでした。



 

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?135
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1152269321/546-547




.




拍手[0回]




悪夢にうなされて寝れない

1:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:00:01ID:tuq(主)
怖いから話聞いてくれ



2:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:00:28ID:RzZ
どんな悪夢?



3:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:01:27ID:tuq(主)
3度寝して3回とも悪夢見たんだ
かいてく
まず1個目
これは友達の家(ただしまったく見覚えがない)に遊びに行く夢
部屋は何故か壁が一枚完全になくて外に吹き抜けの状態。
外はグランドみたいなのを挟んで森が見える。
大量のすだれを下げて、下の部分を紐でくくって止めてる状態だった。



4:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:01:50ID:tuq(主)
でも何故かその一部分だけ紐が取れてて風でバッサバッサなってる状態。
森の方から赤い服を着た女の子が走ってきてて、それを見て何故か
「やばい」
と思って必死に紐を結び直すんだけど紐は全然通らず、どんどん風が強くなっていく・・・とこで起きる



5:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:03:33ID:tuq(主)
ここまでなら普通の変な夢なんだけど、この後が問題で視界が現実になっても肌の感覚とかはまだ夢の中で、風そのものが頬を撫でる感覚(強風)や、風に煽られるすだれについてる紐を引っ張る感覚がまだ発生してて。

ベッドの上なのにめちゃくちゃ風に煽られてて
「扇風機動いてんのか」
とか
「なんの服のヒモだ・・・?」
って本気で考えちゃってよくわからなかった



6:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:04:03ID:tuq(主)
2個目
うちの家の前には坂があるんだけど、俺は何故かその坂で寝っ転がってた。
そしたらどこからともなく
「おにいちゃーん!」
って声がして、俺はのんきに
「おお〜可愛い妹が夜這いしにきてくれたぞ〜」
みたいに考えてた。坂の真ん中で。



7:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:04:51ID:tuq(主)
でも何故かその声が足元、周りの家の屋根、自分の頭の上と移動しながら聞こえるんだけど、不思議と顔は見えない。化け物語りのランドセル女の子みたいなの期待してたのに。
そんで近づいつきて俺の顔に手がかかったから腕を掴んでみたの



8:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:05:24ID:tuq(主)
そしたらごっつい男の腕してて、起き上がったら強烈に絡みついてきた。
「離さないぞ」
とも聞こえた。
気づいたらベッドの上に戻ってたんだけど、またさっきみたいに場面は自室のベッドに戻ってもまだ夢の中みたいでその男の腕はまだ俺に絡みついてた。



9:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:05:42ID:tuq(主)
部屋の電気をつけようとリモコンに手を伸ばそうとしてもその腕が俺の腕を押さえつけてくる。
そんな格闘の中リモコンに手をかけたところで目が覚めた。



11:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:06:12ID:tuq(主)
3度目
これでも
「夢見悪いな〜」
くらいで、もはや1度目の夢も覚えてないレベルののんきな俺はそのまま寝た

今度はベッドの上からそのまま場面が始まる。
既にさっきの男の腕は絡みついてた。
今度は男の顔も認識できて、なんと馬の頭をしていた・・・



13:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:06:59ID:tuq(主)
「離せ」
と言うと
「俺は強い力を持っている。簡単にはなすものか」
と言って強烈に押さえつけてきた。
今度は電気のリモコンに手をかけても収まらず、電気をつけようとボタンを押しても電気はつかない。ほのかに明るくなりすぐに消えてしまう。

腕を押さえつけられながらも部屋の電気の主電源を押しに行くも主電源さえも効かない。(この辺りでは「体は動いてるのに夢が覚めない」って本気で思ってたからマジで焦った。実際は寝てたけど。)



14:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:07:23ID:tuq(主)
主電源のためにドア付近まできてたので、リビングで親が寝てるだろう&電気がついてるから夢も冷めるだろうと思い階段を降りてリビングに。

しかしなんとリビングには倒れた母親とそれを見てただ座ってる姉がいた。
俺は状況がまったく理解できず腕に押さえつけられるままその場にヘタリ込む・・・・

気づくとまたベッドの上で腕に押さえつけられている。
さすがにここまでくると夢だと認識したので必死に声をあげて・・・なんとか夢が覚めた。

そんでねれなくなって今に至る



10:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:05:49ID:RzZ
それ憑かれてね?



16:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:08:51ID:RzZ
>>14

なんかの予知夢じゃね?とりあえず家の中見て戸締まりしてこいよ



18:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:10:17ID:tuq(主)
>>16
予知夢・・・かあ
やだな、部屋の窓確認したら鍵空いてたから慌てて閉めたわ・・・



17:名無しさん@おーぷん:2017/04/16(日)03:09:03ID:tuq(主)
とりあえず怖がりながら書きためたのが以上だ・・・
夢だしへんちくりんなのはしょうがないんだけど、
「森の中から走ってくる赤い衣装の女の子」
「押さえつけてくる腕」
「強い力を持ってる」っていうセリフ、
さらに「倒れてる母親」
って要素が怖すぎて

(続きは『続きを読む』をクリック)


 





拍手[0回]




続きを読む

Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[04/26 えんざぶろう]
[04/26 NONAME]
[04/26 斬鉄]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.