都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

本当は私、結構汚れてるかも

2019.01.23 (Wed) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

819:本当にあった怖い名無し:2018/10/12(金)18:58:24.13ID:33A2srgP0.net
怖い話かどうかは分からんが、先月の話投下。

うちは両親と妹の4人家族で、父方じいちゃんの代々の職業がらか母さん以外霊感持ち、俺はたまに見える程度の微感。
俺は一人暮らししてて、車で30分弱の実家に妹は両親と3人で住んでる。

9月のとある平日の深夜1時半に、妹からの電話。
寝てたんだが、こんな時間に何?と思って電話に出ると妹が切羽詰まった声で
「今日泊めて。お願い!」
と。

なに?どうしたの?と聞けば、もうタクシーに乗るから話は後でって言われて電話切れた。
その後何度電話かけても「電源入ってない」ってアナウンスで、とりあえず起きて妹を待った。
30分程で妹が到着。
涙目だし、薄いコート引っかけてるけど下パジャマだし素足に靴だし、という文字通り着の身着のままで本当に慌てて出てきた様子が窺える。

俺「どうした?親と喧嘩でもした?」
と訊くと
妹「お父さんもお母さんも出張」
と。
その時、何だか妙に気持ち悪い感じがして、仲良かったはずの妹に強い嫌悪感を感じた。で、ピンときた。



820:本当にあった怖い名無し:2018/10/12(金)18:58:58.64ID:33A2srgP0.net
俺「もしかして、"出た?"」
妹「廊下をね、ずっと歩き回ってる足音してたの。家に一人だったし、そこでもう怖くてしょうがなかったんだけど部屋に鍵かけて布団かぶってたら、部屋のドア"ばんっ!"って叩かれて廊下の花瓶が倒れたんだよね。もうそこで限界」
妹「こんな時間に、さすがに友達に"泊めて"って言えないし、明日仕事あるのにごめんね」
俺「・・多分だけど、"そいつ"連れて来てるぞ?」

妹のスマホが鳴る。親父からだ。
(親父は結構な力持ってる人だから、多分妹が真っ先に頼った)
妹が電話に出ると、親父の声が聞こえた。

親父「やっと繋がったか。ものすごい着歴残しておいて、何で電源切ってんだ」
妹は一瞬驚いた顔をしたが、すぐバッテリー確認する。
妹 「電源切ってないよ。フル充電してたよ」

親父もピンときたみたいだ。

親父「今どこにいる?」
妹 「お兄ちゃんの家。一人で家にいるの無理」
親父「でも連れて来てるなー・・、かなりエグイが、おまえなら自分で対処できるだろ。頑張れw」
妹 「お父さんどうにかできないの?」
親父「無理だなぁ。近くにいるならともかく」
親父は妹に、きちんと「処理」しろよ、と念押しして電話を切った。



821:本当にあった怖い名無し:2018/10/12(金)18:59:39.65ID:33A2srgP0.net
電話切った妹に俺も
「頑張れ」
と声をかけると、妹はうつらうつらしていて
「眠い・・寝て起きたら」
と、勝手に俺のベッドの転がり込んで寝てしまった。
俺、布団余分に持ってないんだが、どうしろと?w
しかも親父に「処理しろ」と念押しされてたのに・・・。

とりあえずタオルケット引っ張り出して別部屋で寝ようとしたら妹が
「ここにいて!」
と泣きそうな声で言うので、仕方なく同室に転がった。
腐ったような気持ち悪い気配は気になってたが、明日も仕事あるしと思って、何とか寝る。

「お・・にい・・ちゃ・・」
絞り出すような妹の異様な声で目を覚ます。
部屋、すげー嫌な気配が充満。妹は金縛りにあってるくさかった。
大声で妹の名前を呼ぶと、金縛り解けたようで妹は身体を起こす。
何故か着てるものの乱れ?を気にしてる様子。
全く乱れがないところで、妹は安堵の顔を見せるも束の間、氷のような冷たい顔になり、一点を睨んでいた。

俺には見えないんだが、嫌な気配は妹の足元に立って、ニヤニヤしているような不愉快な気配を放っていた。
妹、
「ふざけるなよ」
と低く乾いた声で気配の主に言うと気配が固って、次の瞬間、中年の男の
「うぎゃあああーーー」
みたいな、ものすごい絶叫が響いた。
瞬間、嫌な気配がきれいに消えた。

「ありがとう、お兄ちゃん」
息を乱しながら妹は言う。
「挿れられる直前だった」



822:本当にあった怖い名無し:2018/10/12(金)19:00:15.96ID:33A2srgP0.net
聞けば、金縛りにあって身動き取れない状態になり、着てるものを脱がされたり引きちぎられてレ○プ状態だったらしい。
金縛りが解けた瞬間、実際には幻?だと分かってほっとしたらしいが屈辱感とか嫌悪感はそのまま残ってて、ブチキレたと。
「で、"ヤツ"はどこ行ったの?」
と訊くと妹は
「もう2度とこっちには来れないだろうね」
とだけ。
妹「こういう事、何年かに一度あって、初めてじゃないんだ。挿れられる直前にお母さんに起こされたり、友達から連絡来たりして全部未遂だったんだけど」
妹「物理的に跡が残るわけじゃないし、全部幻って事にして済ませてたけど本当は私、結構汚れてるかも・・」
言いつつ、そのままベッドに崩れ落ちて爆睡。
怖がりのくせに図太いw

以上です。
こうやって書くと、あまり怖くなかったね。スマン。



825:本当にあった怖い名無し:2018/10/13(土)08:30:00.49ID:ozuQk+Dx0.net
>>822
幽霊撃退した話は珍しいね



826:本当にあった怖い名無し:2018/10/13(土)09:20:56.49ID:UQ3u+Nf30.net
>>822
そいつは同じ奴なんかいね?
撃退する度に何年後かにリベンジしてくるの?



827:本当にあった怖い名無し:2018/10/13(土)16:51:24.72ID:2WiX43BE0.net
>>825
俺も妹が幽霊撃退したのは初めて見た。
今までは一時的に憑りつかれて、幽霊が勝手に飽きて出ていくのを待つか親父に祓ってもらうパターンだったから。

>>826
妹が言うには、襲ってくるのはいつも同じ奴だったとの事。
今までは未遂に終わった後は自分の前から姿を消していたらしくて今回みたく居座って挑発してきたのは初めてだったと。
ちなみに撃退できるようになったのは、ここ1年位の話らしい。
だから今までは泣き寝入りだったんだと。



引用元:【実体験】 怖い話 【限定】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1532612461/819-827




.







拍手[0回]

黒いゴミ袋かと思ったモノが

2019.01.22 (Tue) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

92:本当にあった怖い名無し 2019/01/20(日)16:12:17.07ID:FX4TwOXU0
8年くらい前、横浜に住んでたときの話。

日本大通りに職場があったんでバイクで通える距離の阪東橋近くのボロアパートに住んでたんだが、とにかく治安がよろしくなかった。
夜出歩けばアジア系の立ちんぼやらキャバのキャッチやら見るからにカタギじゃないおっさんやらがわんさかいるし、昼間は昼間で道端で泥酔してる爺さんやら大声で独り言を喋りながらスーパーで買い物してるおばさんやら、まあ変なのが沢山いたのよ。

そういうのと遭遇した際には、場所が場所だし仕方ないよなぁ、と半ば諦めの境地で全力でスルーしてたんだが、あの時エンカウントしたやつはヤバさのベクトルがちょっと違ってた。

夜、会社からの帰宅する途中だったな。
バイクを近場の駐輪場に停めてアパートへ帰る際、途中で狭い路地を抜けて行くと少しだけ近道になるんだけど、この路地、酔い潰れたおっさんが寝てたりすることが多いからあんまり普段は使わないようにしてたんだ。

その日は帰りが遅くて、会社出たのが深夜1時を回ってた。
先輩方はまだ残って書類まとめてたが、若いのは帰っていいぞとの所長からのお告げで我々は速攻で撤収。

で、一刻も早くお家に帰りたくて駐輪場に高速でピットインした後、その路地に突入したんだが、入り口辺りから路地の中頃にある街灯横に黒い塊が置いてあるのが見えた。
遠目で見た感じは、大きめな黒いゴミ袋。かなり昔に絶滅したあれそっくり。

なんだろ?と思いながらテクテク歩いて近づいていくとゴミ袋辺りから変な音が出てるのに気づいた。
なんかニチャニチャ、とかそんな感じの生っぽい音がしてんの。
???と思いながら更に歩を進めるとゴミ袋が微妙に動いてる?



93:本当にあった怖い名無し 2019/01/20(日)16:12:57.28ID:FX4TwOXU0
そこで更に気付いた。これ、ゴミ袋じゃなくて人間だわ。
しかも2人いる。片方は黒っぽいコート?を着た男?ぽいのが足をこっちに向けて倒れてるっぽい。

もう1人黒い服着た男か女かわからないでかい黒いのが、こっちに背を向けて男っぽいやつの上に座りこんで何かしてるっぽい。
ヤッてんのか!?とも思ったが下のやつ、靴の向きからしてうつ伏せだから違うっぽい?

意味がわからないし気味も悪かったが、当時の俺は疲れていた。
そして土地に鍛え上げられて対不審者耐性があまりに高すぎた。
そのため
「またかよ...」
とか内心毒づきながら全力スルーを決意。
更に歩を進め、2~3mくらいの距離まで近づいた時だった。
社有携帯が鳴った。
突然のコール音に俺びっくり。
平時に聴くと大した音量じゃないけれど、静まり返った路地で鳴るとコール音って結構響くのな。

たぶん、あの上に乗ってたやつも驚いたんだろう。
身体ごとこっちをぐるんって振り返った。

おっさんだったよ。
眼鏡でちょっと小太りで黒いパーカーのフードを被ってナタっぽい得物を手に持ったおっさんだった。
口周りが黒っぽく汚れてて、ハァハァ犬みたいに白い息をしてて、眼鏡が街灯の照り返しで真っ白に見えたのを覚えてる。

そしておっさんがこっちを向いたときに、おっさんの身体で隠れてた下敷きの人が見えたんだけど、背中の上に白っぽい手が置いてあるのが見えた。黄色っぽい切り口がこっちを向いてたよ。

さっきまでの音と、おっさんの口の汚れとで、おっさんが何をしてたのか秒で悟ったわ。
これたぶん、食ってたんだよ。下敷きにした小柄な男っぽいやつを。
たぶんあれ、よくいる酔い潰れた人とかだったんじゃないかな。



94:本当にあった怖い名無し 2019/01/20(日)16:14:02.62ID:FX4TwOXU0>>95
そこからは早かった。
あまりの光景に一瞬硬直したものの、コンマ数秒で踵を返して全力で逃げ出す俺。
ただ、声が出ない。
心底ビビると息が吐けなくなるとか初めて知ったよ。

背後からはたぶんおっさんのものであろう叫び声。ただ、明らかに人間が出す声じゃねえのよ。
例えるならドスを効かせたモスラの幼虫。ギシャーって感じ。

なんとかコンビニの灯りがあるとこまで逃げてきて後ろを確認して追ってきてないのを確かめたら、なんだかボロボロ泣けてきて、コンビニ前にしゃがみ込んで大号泣。側から見れば不審者の仲間入りだな。

で、泣いてるとまた社有携帯が鳴った。
電話の主はうちの先輩で使う書類が共有フォルダにないんだけど、どこに保存したか知らない?という内容だった。
それどころじゃねえよ!と思いながらも泣きながら受け答えて電話終了。
途中、泣き声なのを心配してくれたが、自分が見たものの頭の整理が追い付かず、なんでもないです、の一点張りで通した。

人と話してちょっと落ち着いたので、俺はその足で交番へ行くことにした。
が、まさかの無人。
交番の中に無人の際はこちら、と書いてある電話があったのでかけてみたが、まさかの誰も出ず。
横浜の警察は駄目だな。

結局その日は一人で家に帰るのも怖かったのでタクシーで桜木町の漫画喫茶へ行き朝を迎えてから帰宅。
翌日、朝イチで体調不良で欠勤する旨を会社に連絡、引っ越し先を探し、週開けには日吉へ転居した。

あの現場、というかあの界隈には以降一歩も近づいてないのでその後どうなったかは知らない。
カニバリズム殺人とかのニュースも無いし、あのおっさんまだいるのかなぁ。



95:本当にあった怖い名無し 2019/01/20(日)16:20:33.74ID:PlZAVVEX0
>>94
久々の洒落怖でありがとうございます



96:本当にあった怖い名無し 2019/01/20(日)16:34:15.00ID:BbTfObXF0
神奈川県警「自殺だわ」



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?353
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1546870543/92-96




.







拍手[0回]

みたわね

2019.01.22 (Tue) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

258:本当にあった怖い名無し:2006/06/22(木)16:40:38ID:UEa9XDjz0
一月位前に夢を見たんだけど

古い日本家屋の日当たりの悪い蝋燭を灯しただけの部屋で白い着物をだらしなく着た女の人が呪いっぽい感じで真っ赤な肉片をいじってた。(俺は物陰からこっそり覗いてる)

女の人は時折隣の部屋に行っては大声で何かを叫んだり大きな足音たてたりして、また戻ってきて肉をいじったりしてたんだけど女の人が隣の部屋に行ったのをみて、恐る恐るその肉片を覗きこもうとしたらその女が突然髪も着物も振り乱して凄い形相で走って来て、もうビックリするやら恐ろしいやら、暗い家屋の中を追いかけまわされて・・・

目が覚めたら真っ暗で、心臓がものっ凄い速さで打ってて息がゼーゼーいってた。
暫く目をつむって心臓を押えてたら突然ベッド脇の観葉植物があるあたりからカサっ音がしてカセットテープを早送りした感じの声で
「みたわね」
って言う声がした。

ビックリして振り返ったのまでは憶えてるんだけど、その後眠ってしまったのか何なのか朝起きるまで記憶がありません。
凄い生々しくて気味悪い体験だった。

で、さっきこの内容をこのスレに書こうとしてたらいきなりパソコンがエラーでブルーバックになった。
ちょっとビビッた・・・(それでも再度チャレンジして書いてみたけど)



引用元:実話恐怖体験談 弐談目
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1149764511/258




.







拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[01/24 NONAME]
[01/24 NONAME]
[01/23 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by