忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

出られない

2017.12.13 (Wed) Category : ミステリー・不思議な話

278:本当にあった怖い名無し[]:2006/03/32(土)19:33:39ID:Xm2dz9Tm0
ちょっと話が長くなるけど聞いてくれ。

ある日友人が狐にばかされたと言ってきた、もちろん俺は信じてなかったワケだが…
友人ケンジのは県外からの帰り道、ある町中でずっとまっすぐ進んでいるのに同じ交差点に戻ってしまうと言うことが起こった、しかも交差点のいろんな方向から出てきてしまうらしい。

他に車は無く、人もいない誰かに付いていく事も出来なかった。
ガソリンも無くなりかけパニックになり友人タカシに電話した(時間が夜中だった為一番起きていそうなタカシに電話した)電話に出たタカシにこの状況を話したがもちろん軽くあしらわれブチっと切られてしまった。

他の誰かに電話しようとしたとき目の前にコンビニが見えた、ケンジはいつのまにか魔の交差点から抜け出ていた。
俺はケンジからその話を聞いても暗かったし、知らない町だから進んで無いように思えただけじゃねーの?としか言わなかった。

それから一月ほど経ったある日俺は仕事が終わったらタカシと遊ぶ約束をしていた、仕事が終わりタカシに電話すると
「今パチンコ屋にいるんだけどちょっと待って今向かおうとしてんだけど…もう一回かけ直すわ」
と慌てて電話を切られてしまった。

勝ってて辞められなくなってるんだろうなと思い腹を立てていると思ったより早く俺の前に現れた、
「勝ったんなら何かおごれよ」
と言うとタカシの様子がおかしかった。
タカシが興奮して話し始めた、タカシは俺の仕事が終わる時間を見計らってスロットを辞め、車に乗り込み立体駐車場の矢印に従って車を走らせた。

走らせた…走らせた…一向に出口が見あたらない、出口と書かれた矢印があるのに下へ降りる
道が無く3階の駐車場を何周もしたそうだ。
下どころか屋上へ上がる道も無く、完全に3階の駐車場が孤立した状態だった、人の出入りの激しいパチンコ屋だったのに誰もいないパニックになり逆走までしたが出られず、15周したあたりで俺からの電話。

取りあえず落ち着こうと思いすぐ電話を切りもう一周してダメならもう一回スロットを打とうと決めぐるっと回ると…出れた!!



279:本当にあった怖い名無し[]:2006/03/32(土)19:34:58ID:Xm2dz9Tm0
タカシはケンジが言っていたのはコレだったんだよ!!と大興奮。俺は半信半疑。
タカシがケンジを呼び出し、3人で飯を食べているときもその話で2人は騒いでいた。
「今考えて見れば俺のかーちゃんもあったんだよ」
とケンジが話し出した。

2月ほど前ケンジのかーちゃんが運転中迷子になった場所がケンジの会社の近くだったためケンジに電話してきたがケンジは仕事中でそれ所ではなく、取りあえずコンビニで道を聞けと軽くあしらったそうだ。

ケンジが帰宅したときにはかーちゃんは家にいて夕飯の支度をしながら
「進んでも進んでも何でか同じ所に戻っちゃって、他に車や人がいなかったから誰にも道を聞け
なくてあせったわ~、いつも通っている道なのに何故かしら?」なんて話していたそうだ。

人ごとに話を聞いていたがふと次が俺だと言うことに気づいてしまい急に怖くなってしまった。



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part32
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1142689579/278-279





.



拍手[0回]

PR

肩を叩く

2017.12.08 (Fri) Category : ミステリー・不思議な話

201 :本当にあった怖い名無し[] :2006/03/29(水) 23:17:48 ID:PLhO5wm2O
よーしパパ出しちゃうぞ!
昔、度々おかしな体験をした。
「誰かが私の隣の人の肩を叩く」
というもの。
対象は
「右隣に居る仲の良い人」
で、 男女は区別しなかった。

二人きりの時もあったし、十人位居てもおきた。
面白いのは、必ず
「みんなの目が逸れた瞬間」
に起きる事。
おかげで私の悪戯ということになるのが常だった。

小学二年生の頃に
「ああ、またか」
と思ってごまかした記憶があるから、 かなり前からあったと思う。

それは二~三ヶ月に一度のペースで、二十代後半まで続いた。

たった一度だけ、高校の頃右隣に居た後輩が肩を叩かれ振り向いた時に私の両手が塞がっていた為にごまかせず、後輩がパニクったことがある。
ばれた(?)のはその時だけ。
また、たまに私自身の肩を叩くのがお茶目だった。
因みに害は無いがオチも無い。



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part32
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1142689579/201




.



拍手[0回]

妙に大人びた姪の話

2017.12.08 (Fri) Category : ミステリー・不思議な話

723:⑦⑦⑦:2017/11/28(Tue)12:38:08
姪の話。
普通の子なんだけど、たまにあれ……?って思うことがよくあった。いい子なんだけど、その歳の子供にしては大人びてるって感じ。
話すのもびっくりするくらい上手だけど、小さい子にありがちな「しゃべりすぎ」ってやつでもない。

姪が3歳のとき、妹の旦那さんが入院するとかで、姪は家に泊まることになった。
物凄く聞き分けが良くて、あらゆることを言われなくても自分でやる。
食事のしたくのとき、お手伝いができない(身長的に色々なものに手が届かない)ことで、ばつが悪そうにしてた。

お風呂の時間、
「一人で入れる」
って言ったけど、さすがに危ないと思ったので、私も一緒に入ることにしたんだが、風呂場で姪が妙なことを言った。
その時の会話をうろ覚えながらに補完して書いてみます。

「おばちゃん、私本当は18歳なんだよ」
「そうなの?」(なんかのアニメの影響かな?)
「信じてないでしょ(笑)別にいいんだけどね、私、18歳になったら死んじゃうよ」
「そんなこと言っちゃだめだよ、長生きしようよ」
「なんかね、悪魔みたいなのと契約したんだ。進路が決まらなくて、このままニートになるなら死ぬしかないと思ってたときに、過去に戻りたい?って聞かれたから、うんって言った。
でも、18歳で死ぬんだって。気楽な学生時代で終われるならいいかと思うけど」

もう本当に驚いた。学生時代が気楽とか、ニートになるなら……とか、進路がうんぬんとか、3歳児が言うことじゃないと思う。
アニメや漫画のセリフの丸暗記にしては口調が自然すぎたような気がする。なんて言っていいかわからなくなった私に、姪は、
「ごめんね。おばちゃんホラーが好きだから、不思議な話好きかと思ったの。でもみんなに何かしたり、変な力を持ってるわけじゃないから大丈夫」
というようなことを言った。

その日を除いて、姪が妙なことを口にしたことはない。
いい子すぎるだろ……と思うことはあったけど。

で、18歳の誕生日を迎えた翌日に、姪は心臓発作で死んでしまいました。
妹いわく、姪の自室は綺麗に片付いていたらしい。
漫画や雑貨とかはひとまとめにしてあって、「売ってもいいし欲しければ適当に置いといて」というメモが一緒になっていたと。


(※⑦⑦⑦さんからの投稿です。ありがとうございました)



.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/13 砕天]
[12/11 七篠]
[12/07 たかにゃんこ]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ