忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

私(♂)にそっくりな女子

2018.07.22 (Sun) Category : 体験特集

よしぞー様

はじめまして。
いつも貴ブログを楽しく拝読している者です。
先日ふと思い出した私の体験談を投稿させていただきたく、メールいたしました。

私(♂)が中学二年の頃の話です。
私の通っていた中学校はすぐ近くに女子高があり、登下校時には大勢の女子高生とすれ違います。
中学女子にはない色気を湛えた彼女たちを見ては、我々中学男子は胸をときめかせていました。

そんなある日、当時所属していた弓道部の友人に、ふいに
「お前さぁ、お姉ちゃんとかいる?」
と訊かれました。
しかし私は一人っ子です。
「いないけど、何で?」
「〇〇高校(その女子高)の生徒の中に、お前にそっくりな女の人がいた」
自分で言うのも悲しいですが、私は不細工です。
肥溜めに墜落したアンパンマンみたいな顔をしています。ですからその時も、その友人の言葉を、
「まぁ、俺みたいな顔のブスなんかいくらでもいるだろうな」
と思い、適当に流してしまいました。

しかし、その一週間後、今度は弓道部の後輩から、
「先輩って、お姉さんいますか?」
と訊かれたのです。理由を尋ねると、友人と同じで、
「〇〇高校に、先輩にそっくりな女の人がいるんです」
とのこと。

この時点で何となく違和感を覚えたのですが、その後、同じクラスの友人、まったく喋ったことのないヤンキー女子、担任の先生、挙句の果てには教育実習に来ていた大学生のお姉さんにまで、ほとんど同じことを言われました。それも、短期間ではなく、ほぼ足掛け一年の間、思い出したように、違う人から、そのことを訊かれるのです。気づけば学年も変わっていました。

さすがに気味が悪くなり、ある日、最初にそのことを指摘してきた友人に
「今日は部活を休んで、下校してくる女子高生たちを一緒に見て、誰がその女の人なのか教えてくれ」
と頼みました。

友人も快諾してくれて、早速その日の放課後、女子高の正門の向かい側にあるコンビニの駐車場に座り込み、ぞろぞろ出てくる女子高生たちをじっと観察していたのですが、友人が一向に指摘しません。
「どれなんだよ」
「いや、まだ来てない」
「もうそろそろ出てきただろ」
「いや、見当たらない」
そんなやり取りをしているうちにすっかり暗くなってしまい、結局作戦は失敗に終わりました。
「もしかしたら、卒業しちゃったのかもね」
という友人の言葉に一応納得はしたのですが、何となくモヤモヤした気持ちは消えませんでした。

しかし、ある日曜日、弓道部の活動中、部室に置いてあった荷物を顧問の車に運ぶ作業をしていた友人が、慌てた様子で弓道場に飛び込んできて、
「いた!お前に似てる女!すぐ来い!」
と言うではありませんか。
急いで弓道場を飛び出し、塀に身を乗り出して、友人の指さす方向を見ると、そこには、ショートカットの女子高生が、自転車で走り去っていく後姿がありました。
「あー!いっちゃったー!」
友人はとても残念そうに頭を抱えていました。しかし、私はなぜかその時、
「見れなくてよかった」
と直感的に安堵したのを覚えています。
「見たら俺、どうにかなっちゃうかもしれない」
そんな恐怖に突然襲われたのです。
その後も、ちょこちょこ目撃証言は届いたのですが、もう私は聞き流すだけでした。

今思い出してみると、もしかしたら私は単に中学生の悪ノリでからかわれていただけなのかもしれないな、とも思うのですが、これが、霊感もない、平々凡々と歩んできた私の人生の中に、唯一奇妙な形のシミとして消えずに残っている不思議な体験です。
とりとめもない長文、失礼いたしました。
ただ確実に言えることは、私に似ている女子が本当にいたとしたら、そいつはドブスだということです。

(メールで投稿いただきました!ありがとうございました)




.



拍手[0回]

PR

友逹の体験(2018.06.29追記)

2018.06.29 (Fri) Category : 体験特集

以前、小学一年生の母の話を書かせていただいた者です。

助けて下さい。
新年早々申し訳ないのですが、ここでしか書けません。
私の友達も、母と同じ体験をしてしまいました。

未だに長崎から出ていませんが、先月、徒歩で友達と出掛けたときの話です。
冬でしたが暖かいこともあり、次の駅まで歩いてみよう、と誘われました。
私は了解し、次の週に出掛けました。

そして帰り道。
足が痛いから駅で帰ろう、と話がまとまり、駅まで歩いたのです。
駅は何人か人がいたのですが、私が友達に話しかけようと隣を向いたときでした。
私の友達が、いない。

まさか、置いてきた?と思って駅の外を探してもいない。
駅員さんや駅の乗客の方に聞いてもいない。
どうすればいいのか分からなくなり、私はただ駅で待ち続けました。

友達は、多分一時間程後に駅にやってきました。
足が痛いから、と言い出したのは友達です。
なのに足ががくがくと震えていました。
よっぽど走ったのか?
何故痛い足を動かしてでも走った?
まさか不審者?
色々考えましたが、友達に聞くことは出来ませんでした。

何かにおびえる目で私に抱きついてきたのです。
友達は元々、過度なスキンシップ、ようはボディータッチを嫌うような子でした。

そして、友達は一言、
「駅があった。長崎には無い駅」
と震えて話しました。

それからは、あまり覚えていません。
なんとなくですが、家族に迎えにきてもらったのは覚えています。

長崎には無い駅。母の話と重なってしまい、友達もそれに巻き込まれたのではないのか。
頑なにその話を避け、お互いにタブーとなった為、駅名は聞けませんでした。

友達が行ってしまった長崎には無い駅が、私には母のきさらぎ駅と同じように思うのです。
念の為、私も友達もお払いには行きました。
御守りも常に持つようになりました。

それでも私は恐ろしくてたまりません。
友達が帰ってこなかったら。
また、母や友達が巻き込まれたら。
何故私のまわりで、二回も起きたのか。

誰でもかまいません。
こういった霊的な現象はどうすればいいのでしょうか。
もしどなたからアドバイスを頂けたら幸いです。
どんな不確かな情報でも構いません。
釣りだと思われても、私は本気です。
どうか、お願いします。

(※くらりねっとさんからの投稿です。ありがとうございました)










拍手[0回]

たった一度の体験

2018.05.20 (Sun) Category : 体験特集

はじめまして。

今日初めて『きさらぎ駅』の話を知り、あちこち読み漁ってるうちに、こちらにたどり着きました。
検証とか凄く面白いですね。

鉄道絡みの怪談は、先輩などから色々と聞いたことがありましたが、正直話し半分に聞き流す程度でした。私自身、そのような体験もありませんし。
しかし、一度だけ間接的に怖いなって感じた事がありました。

それは、まだ車掌時代だった時に起きました。
ようやく特急にも乗務できるようになって慣れてきた頃、信号場に8分停車予定で停車しました。

本来の車掌業務として、駅は勿論、信号場でも停車中は、目視にて車輌から乗り降りする人を見ていないといけないのですが、信号場は基本的にお客様の乗降がありませんし、ドアも開けないので進入時と発進の際に目視するだけで、停車中は目視してないのが当たり前になっておりました。

ちなみに今回の信号場は、過去に無人駅でしたが現在は廃駅→信号場となった経緯もあり、見た目は田舎の無人駅といった感じです。
しかもそこは、海岸の崖上に位置しており、トンネルとトンネルの僅かな陸地にある信号場で、車で近寄れない場所という事もあり、陸地の孤島と呼ばれてる場所です。
鉄道マニアの間では、かなり有名なスポットです。

話しを戻しますが、そこに停車して数分もしないうちに、乗車中のお客様が車掌室のドアをノックしてきて、
『記念だから自分も降りて撮影したいんだけど』
と言ってきたんです。
お客様には、停車前の車内放送で案内した通り、ホームに降り立つ事はできませんと説明したのですが、
『さっき降りてホーム歩いてた奴等にだけ特別扱いしてずるいだろ』
と。この馬鹿、降りたいからって嘘言うなよと思いつつ、非常レバーで扉のエア抜いて勝手に降りてる客がいれば、車掌室で警告音とランプですぐに分かるのですが、そのような形跡も無し。

客には無理ですからとつっぱねて、一応先頭まで車内の扉が空いてないか確認して、運転室からホームに降り立ち、ホームを歩いて車掌室に戻りがてら人がいないか確認。当然異常無し。
あの半クラッチ(社内隠語でイカれた客)余計な仕事させやがって!とイラっとしたところで発車。

一応というか業務なので、めんどくせーと思いつつ、窓から顔出してホームを目視。
動きだして少し進んだところで、
『あ!』
と思わず声が出してしまいました。なんと本当に人がいたんです。
ホームの端は少しスロープ場になってるのですが、そこに比較的若い男性とかなりの婆ちゃんの二人が。

思いっきり目が合ったのでゾッとしたのも束の間。
やべー、、、マジで勝手に降りてたとして乗り残しとかだったら、俺の責任が問われるし、訓告レベルの始末書もんだ... てか、非常ブレーキかけて確認するか、いやまずウテシに放送かけるか。

瞬時にあれこれ考えて、下した決断が見て見ぬふり。
機械の故障でもない限り、降りた客は絶対いない。
あそこにいたのは、鉄道マニアの親子。
夜の22時過ぎだけど、たぶん国道に車停めて、険しい獣道を30分歩いて来たんだろ。(実際来れる)そう思いつつ、保身に走りました。

今思えば、いや、当時から思ってたけど、あの婆さんが歩いて来れるか普通?なぜあそこにいた?目が合った時、凄いヘルプオーラ出してたけど、なんだったんだ?幽霊とかは信じないので、いつまで経っても納得できる答えを導きだせないでいます。

俺しか知らない小幌(信号場の地名)の親子の話しでした。

長文すいません。


(※コメント欄に現役ウテシさんから投稿いただきました。ありがとうございました)




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[07/22 ドラスタ娘]
[07/22 ドラスタ娘]
[07/22 ドラスタ娘]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ