忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


クマ──(`・(ェ)・´)──!!!

お久しぶりでございます。

短いですが、ちょっと嫌な体験をしたので厄落としもかねてこちらに書かせてください。

FNAFというホラーゲームはご存知でしょうか?
簡単に内容を書くとピザ屋の警備員をしながら、ピザ屋のマスコットキャラクターのきぐるみ達から身を守ろうという内容のゲームです。
このゲームで襲ってくるきぐるみにはいくつか種類がありまして、熊狐兎ひよこの四匹がいます。

評判を人から聞いた私も面白いという話を聞いて早速このゲームを遊んでみたのですが、なかなか緊張感もあって楽しいゲームでした。
ただ、その夜。
ゲームに出てくる熊に襲われる夢を見るまでは。

さんざんうなされて飛び起きたのは深夜の三時。
この手の悪夢にありがちの捕まりそう、やばい!みたいなところで目が覚めた私は、けれどもどうせ夢だからとすぐに笑い飛ばそうとして、そして悲鳴を上げました。

ベッドの横にべたんと落ちているディ〇ニーの〇ッフィー!!!
ちなみに普段はクローゼットの中にピカチュウのぬいぐるみといっしょにしまってあるので、出てくることは絶対ありえません。
とりあえず気持ちが悪いので〇ッフィーはリビングに放り込んでおきましたが、一応もう動くことはありませんでした。

文章にすると全然怖くないし、友人に話してもダッフィー確かに可愛いよねーとまともに取り合ってもらえないような話ですが、体験した本人にとっては本当に洒落にならないくらい怖かったんだってば!

あ、今携帯の電源勝手についた

(※にゃぷさんからの投稿です。ありがとうございました)


 


拍手[0回]

PR



四谷怪談

大学は演劇科というところに在籍していて、実習で必ず学生は芝居を取らなければいけませんでした。この場合は教授が演出家になって、要は必修ゼミのように一年に最低一本は誰かの芝居に参加するわけです。

劇場というところは人の念がこもりやすいため、不思議なことが起こりやすい、といわれておりますが、一人幽霊、妖怪をテーマにした芝居をするのが大好きな教授のときはその傾向が顕著にありました。

稽古をやっている最中にラップ音とか、誰も触っていないのに照明が勝手に絞られたり開いたり(これは集団で目撃された上に、霊感がある人たちの証言によると手が見えたとか)、幽霊が出てくるシーンで音響のリールがいきなりぶちきれたとか。

で、その教授は過去2回四谷怪談をやったのですが、お岩をだましたあんまの宅悦は頭がハゲだったので、当然その役をやった生徒も頭を丸めた訳です・・・が、お岩稲荷に全員で事前にお参りに言ったにもかかわらず、宅悦役の生徒の髪の毛は過去2回ともそれっきり生えてこなかったそうです・・・。

さすがに3人目のハゲをだすことがいたたまれなかったのか、それっきりその教授は二度と四谷怪談をやらなくなった、と先輩が言っていました。

(※オーガスタスさんからの投稿です。ありがとうございました。ここ数年で一番怖い話でした)



 


拍手[0回]




近くの豆腐屋さん

先日近くのお豆腐屋さんの横を通った。
するとお豆腐屋さんは取り壊しの真っ最中。
こちらの通りに面した壁はなくなり中が見えていた。
かすかだが何かが腐ったような臭いがしたので、何かあったのかな、なくなるなら豆腐買っときゃよかったな、なんて思いながら家に帰り母にあそこにあった豆腐屋さんが取り壊されたよと話した。

今日その道を通ったらいつも通りその豆腐屋さんがあった。
壊された跡など微塵もなく普通に営業していた。
昔からあるお店なので外壁が新しくなったりしたらわからないはずがない。
念のため母に聞いてみたが私の話を憶えており、夢でなかったのは間違いない。

(※さるみさんからの投稿です。ありがとうございました)

 


拍手[1回]




寝息が聞こえる

先日飼い犬を亡くしました。
もう歳でしばらく具合が悪かったんですが、見た目は元気で退院の目処もついてました。
いよいよ明日退院という日、突然死のような感じでいってしまいました。
獣医さんも信じられないといった感じだったので本人も信じられなかったと思います。
ずっと帰りたがっていたのに生きてるうちに連れて帰ってあげられなかったのが心残りで、自宅に連れ帰ったあと次の日の火葬まで大好きだった犬ベッドに寝かせていました。

翌日火葬が済んだあと、葬儀が1週間後に合同であるのでまた連れて帰りました。
骨になってしまったんだけどなんだかいなくなった気がしなくていつも通りにしていたら、掃き出し窓の方から「スー、スー」と寝息が聞こえました。
「えっ!?」と思って窓に近づいてみましたが、やっぱり「スー、スー」と聞こえます。
その窓際は犬がいつも日向ぼっこしながら寝ていた場所でした。
なんだかすごく嬉しくなってしまって、おもわず「◯◯」と名前を呼びました。
いつもなら近づくか呼ばれるかするとカーテンをくぐって寄ってくるのですが、当然出てこないよなあと思いながらカーテンを見ていたら、カーテンがふわふわっと微かに動きました。
その時、「ああ、居るんだ。帰ってこれたね」と自然に声をかけていつもの高さを撫でていました。

それからも寝息が聞こえたり歩く爪の音がしたり、たびたび気配がしていました。
ケージがまだ出したままなのですが、そこを見ると『居る』という感じがしました。

そして1週間後に合同葬儀が行われて、そのまま埋葬する人もいれば飼い主の気がすむまで自宅で供養する人もあり、ウチはもう1度連れ帰ってきました。
ところが今度は『居る』という感じが無く、なんの気配もしないんです。
逆に『居ない』んだとすごく実感しました。
供養が済んだから天国に行ってしまったのでしょうか。
気配がしなくなったのは寂しいけどちゃんと供養ができたのならよかったのかもしれません。

もしあの子がまた犬に生まれ変わるとしたら犬の妊娠期間2ヶ月を過ぎればこの世に出てきている可能性もあるので、一生懸命探そうと思います。
もし生まれ変わったらまたウチに来てほしいです。

(※ネフェルタリさんからの投稿です。ありがとうございました)


 


拍手[5回]




学校の怪談 ver.ドラスタ娘(2014.06.06追記)

私が通った学校に伝わる怪談を投稿致します。


・小学校
七不思議を全部聞いた事があるのですが、翌日に殆ど忘れてしまいましたorz今でも覚えているのは二つだけ。

①かつて墓地だった頃、母親が赤ちゃんを生きたまま埋めた。なので夜になると地面から手が出る。ちなみに場所は、十台くらいあるブランコの一番端の奴の丁度真下。
②校庭の松の中で一番高い木に、毎年四月の27だか28だか(うろ覚え)の夜に、女性が現れる。翌朝そこへ行くと髪の毛が残っている。

 ①との関係性は不明ですが、小学校の裏はお寺でした。

七不思議じゃないけど。
①夜中に校庭の楠の周りを走ると木に吸い込まれる。
②昔此処はお城で、お姫様がいつも井戸に来て水を飲んでいた。ところがある日、お姫様は誤って井戸に落ちてしまった。そのまま土が溜まって行った為にお姫様は出られなくなってしまった。

…確かに井戸らしきもんはあった。勿論埋められてた。でもどう見てもコンクリート製でした。
てかてか城跡なのか墓地なのかはっきり城。

(※ドラスタ娘さんからの投稿です。ありがとうございました)


(2014.06.06.追記)
続きです。


・中学校
戦時中、空襲で亡くなった人を校庭で荼毘に付しました。その場所が、特別教室棟のトイレに当たります。
ちなみに七不思議は聞きませんでした。


・高校
在学中、耐震工事の為音楽室が使えなくなり、吹奏楽部は合宿棟に引っ越しました。
ただでさえボロっちくてG様出没率の高い学校でしたが、輪をかけてボロくてG様屋敷として有名な建物。天井落ちて鉄骨見えてるし。

テスト前のある日、先輩が一人練習していると、無人の二階から物音が。
先輩は玄関の前にいたので、誰か来たらすぐわかるのです。
でも私が二階で一人で練習してても何も起こりませんでした。悔しい。

山の中の学校だったので、夜中に猪が校庭走り回るとかそういう類いの恐怖もあり。フェンスひん曲がってたし。




 


拍手[1回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/29 斬鉄]
[03/29 NONAME]
[03/28 NONAME]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.