忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


格安の小さな戸建ての家を借りていた。

305:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:34:14.51ID:7hjOjrEf0.net
以下の話は、オカ板的に不思議な話としてよいと思う?
以下はあったことだけ語っているので面白みに欠けるとは思うけど、ちょっと自分の記憶を書いてみたよ。
感想をもらえると嬉しい。



306:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:34:56.15ID:7hjOjrEf0.net
今おっさんの私が大学生だった頃の話だよ。
当時、関東の田舎のとある大学に在籍していた。
今はもう、人も少なくてFランになってしまったと思うのだけど、まぁ当時はバブル崩壊直後でみんな余裕があったし、学生は吐いて捨てるほど居たので、大学の雰囲気はとてもよかった。

今よく言われるようなFランのイメージ、つまり不良の巣窟のような感じではなく、ちょっと気弱でオタクでやさしくて、その分野が大好きな奴らがみんな集まって楽しく勉強している感じだった。



307:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:35:27.79ID:7hjOjrEf0.net
で、当時私が借りていた賃貸住宅が、格安の小さな戸建ての家。
築20年ほどだろうか。戸建てなのだけど平屋で二部屋だけ。でもキッチン、風呂、トイレはあって、「戸建て感」はあったので、そこを借りるときはとてもうれしかった。



308:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:35:43.88ID:7hjOjrEf0.net
前述のとおり当時はバブル崩壊直後でね、バブル期は関東の土地が高騰して、家を買うのは普通の人には無理と思われていた。
だから戸建てに住めるのはうれしかったし、自分はもうここを出たら一生住めないだろうなとすら思っていたよ。



309:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:36:50.38ID:7hjOjrEf0.net
ただ、そんな素敵なはずの戸建てライフが、なんとなくちょっと方向がズレてくる。
その戸建ては住んでみるとなんか不思議な家でね。いわゆるラップ音というのだろうけど、電気を切ると「パシッ!」とか「ビシッ!!」とかそういう音が本当に頻繁に鳴っていた。

最初はラップ音なんて知らなくて、
「とにかく音がする、うるさくて寝られない、でも電気をつけるとうるさくないので、電気をつけっぱなしで寝る」
という程度の認識だった。(我ながら鈍感だ。)
よく、部屋で「ピシッ!」という音がする理由は、寝るときの暖房やエアコンの操作によって温湿度が変化するからだというけど、それは明らかに違った。

夜部屋を暗くすると途端にそういう音が1分間に何回かの頻度で鳴りだす。逆に夜でも電気をつけて明るくしていると鳴らない。
暖房やエアコンの操作は全く無関係だった。



310:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:37:09.53ID:7hjOjrEf0.net
で、興味深かったのがその中間状態でね、暗くも明るくもないとき、つまり夕方や夜が明ける早朝、また昼間でもひどい雷雨とかで薄暗いとき、そういう明るさが微妙な状態ではたいていラップ音は鳴らない。
ラップ音が鳴らないどころか、普段家になんとなくある嫌な雰囲気が、そういう微妙な薄暗さだと「ふっと緩む」のだよね。

まるで
「怪奇がラップ音を鳴らしていいかどうか判断に困っている」
ような感じ。
そのほんの少しの、いやな雰囲気がなくなる瞬間を味わいたくて、よく夜通し実験レポートを書いて朝を迎えたりしていた。



311:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:37:34.87ID:7hjOjrEf0.net
その家にはもう一つ不思議なことがあってね、部屋が道路沿いとその反対側の二部屋あるのだけど、屋外の騒音や防犯を考えると奥の部屋を主に使うのが定石だし、引っ越した時みんなが口をそろえてそうしろと言っていた。
でも、どうしてもそうする気になれなくてね。
結局奥の部屋は物置にしてしまっていた。



312:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:37:54.46ID:7hjOjrEf0.net
奥の部屋は昼間でもなんというか変なプレッシャーというか、とにかく嫌な感じでね。
模様ガラスでよく見えない窓の外の景色も苦手で、とにかく近寄りたくなかった。
夜はさらにそれがつらかった。
その部屋の前を夜に通るのだけでも、ガラスから変な明かりや何かが睨んでいたらと思って、目を向けるのすら避けていた。



313:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:38:57.51ID:7hjOjrEf0.net
今考えるとよくそんなところに住み続けたものだと思う。
単に過敏になりすぎたことが原因の妄想だったのかもしれない。
でも、思い込みであってもなんでも、その嫌な感じに耐えていたのはたしかで、よく頑張ったものだと思う。
まぁ、大学が楽しかったので、我慢できたのかな。



314:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:40:13.19ID:7hjOjrEf0.net
そして最後の不思議なのだけど、当時すでに老朽化がすすんでいたその戸建て、当時から20年以上たった現在も、Googleのストリートビューでその家が当時のままの姿で建っているのだよね。
外観から見てわかる家の特徴的な設備(特定できなように決定的な情報は伏せています)も当時と変わらない様子。外壁や屋根などの退色もなし。
家を持つとわかるのだけど、20年間、傷まない・退色しないというのは、それだけでも不思議だと思うのだよね。



315:◆IXcepK/qPU@\(^o^)/[sage]2017/03/13(月)17:41:03.16ID:7hjOjrEf0.net
そんな感じの話でした。
おそまつさま。


 

引用元:ほんのりと怖い話スレ 123
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1486344160/305-315




.




拍手[1回]

PR



築60年の借家

460:本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火)01:05:48.76ID:wHEb0Gnd0
俺の実家の前に数軒の借家があるんだけど、その中の一軒がやばいので書いてみる。

築60年以上の古い借家。
俺の住んでた町は福祉に積極的ではなかったから公営住宅が少なく、民間の住宅に独居老人が多くいた。
俺の実家は当時、畑で少し小高いところにあったから借家がすべて見回せた。
その件の借家には60過ぎの婆さんがひとり暮らしていた。
その周りの借家も似たような感じで構成していた。

ある日、件の婆さんは亡くなった。
新聞が何日も溜まった状態だったらしいが、相当苦しんだらしく、爪がすべてはがれるくらい這いずり回っていたらしく、部屋中血だらけだったらしい。
当然、その家は半年以上、空家になっていた。
ある日、その家に中年男性が引っ越してきた。
畑の手入れに週一できていたので、この男性とは会話したりした。
一月ぐらい経ったころから男性は、やたら前の住人を聞いてきた。



462:本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火)01:40:11.26ID:wHEb0Gnd0
当時は死んだ状態は知らなかったので、婆さんがいたことだけを伝えた。
一応、理由を聞いてみた。

「夜中に風呂水を張る音がするが出てなかった」
「夜中に勝手口の開け閉めする音がする」

この少し後に男性は仕事中に急死。
この後に6人住んだが、同じセリフを聞いてきて急死か自殺。
ここの大家はそのてのことは気にしない人だったので、お払いとかはやらなかった。
6人死亡は大体2ヶ月間隔で起きたので、近所では有名だった。

頑固な大家で値下げしないから5年ぐらい空家だったが、とうとうお払いをして入居者が決まった。
でも、どうやら出たらしくすぐ出てってしまった。すぐさまお払いをしたという。
お袋いわく
「2度、お払いするって尋常ではないぞ」。

俺も賃貸に住んでるけど、ここまで強烈な物件は聞いたことはない。
生前の婆さんを知ってるが、物腰の優しい人だったんだけどね。



461:本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火)01:25:34.99ID:jlBCIq8oO
筑60年てほとんど戦後じゃん
そのお婆さんが最初から住んでたとしたら相当な念が残ってそう



463:本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火)01:58:15.42ID:wHEb0Gnd0
>>461
昭和23年ぐらいらしいよ。
たぶん、初めから住んでたんじゃないかな。
屋根がトタン吹きでね、冬の朝なんかはすんでいないと白く霜がついてる。

俺が一番最初に一人暮らしした借家も同じぐらい古かったけど、こんなこと、なかったよ。
音だけはあったね。



464:本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火)03:41:43.18ID:K1anOF/B0
7人が急死・自殺ってすごいね。温和なお婆さんの仕業とは思えない。
ひょっとしたら、お婆さんは「最初の犠牲者」だったのかも…?



466:本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火)04:20:30.99ID:wHEb0Gnd0
>>464
おれも婆さんが最初の犠牲者と思ったんだけど、おかんのほう入居した人と会話しててかなり凄い内容を知ってた。
どの人かはわすれたが「毎晩、女に首を絞められるんだ」って。

入居した人の年齢が30-50台で病気持ちでなかったし、共通な変なこと聞いてくしね。
これ、廃墟だったらとんでもないスポットだよ。
でもこれ、大島さんのサイトに出てないんだよ。

(※白さんからの投稿です。ありがとうございました)


 




.




拍手[1回]




【忌み地・忌み山の話】

1:ブクタブクオ[]投稿日:03/08/3110:23
全国各地の忌み地・忌み山に関する記事を、ダラダラと腐った屍のような気分で語り続けるスレです。
「呪わしい土地」・「腐った土地」と嫌われる土地の伝承の起因を知り、掘り起こしていくだけの話ですが、暗い気分に浸りたい方、鬱な方には打って付けの内容にしたいです。
実際の地名が出てきたことによる第三者の不利益が発生しても、当方一切関知いたしません。
さあ、あなたも気が狂うワールドへ飛び込みましょう……。



3:ブクタブクオ[sage]投稿日:03/08/3110:28
こちらのスレッド↓↓に投入した話の続きから始めましょうか・…。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/1061149812/


(※管理人:以下、該当箇所のみ抜粋)

56:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2400:46
【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―
・御霊の尾根(ミタマノオネ)
海澤の東側の山続き、大岳山から北へ抜けた大楢峠から城山の間にある。
山の形がイハイに似てるので位牌山とか御霊山とか呼び、非常に悪い処だという。
この山に自害沢(ジガイサワ)と呼ぶ沢があり、その昔日本武尊が従者を十人連れてここまで来たが、何かの理由で従者たちが自害してしまった。
又は、自害したのは旅の六部とも平家の落人ともいう。
その祟りでか、この自害沢に入って作業(山仕事)をした者は、山の中で必ず死ぬ。それでここに入って死んだ者が出た家から位牌が出るから。
位牌指(イハイザス)とも呼ぶ。
以前、ここに従者十人の位牌が飾ってあったという。
所有者が髙指(タカザス)と名を変えたが、誰も買い手がないので都に売却し、今では奥多摩記念林の一部になっている。



57:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2401:00
・天蓋山(テンガイヤマ)
海沢の北にある600余米の高さの山で、山頂近くは誰も入らないので雑木が茂っている。
昔の野辺送りに棺の上にかざす「天蓋」そっくりの形をしている。
タツガイトとも呼ぶ人もいる。
この山は買う者、売る者、木を切る者に悪い事があるという。
上坂の人が買う算段をしていた時、三つになる子供が囲炉裏で火傷し、経過が悪くて亡くなってしまった。
天蓋山には庚申が祀られているが、この庚申様が火傷させたのだという。



58:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2401:15
・病ヶ沢(ヤマイガサワ)
日原、川苔谷の支流、逆川の奥にある。
周囲はかなり広い手付かずの山林で、昔、ここに宿っていた法師が命を捨てた所だとも、落人が逃げてきて首を斬られた所だともいう。
ここで一山買ってのべつに仕事をすると必ず病気に罹ったり死人を出すという。
眼患に罹り、「銭ばかり掛かる」と言う人もいた。
町が買い上げ町有林になり、名前も(病まぬヶ沢)にしたが、誰も山仕事に行かぬという。



59:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2401:31
・骨窯(コツガマ)
病ヶ沢(ヤマイガサワ)の川向こうにある所で、そこで炭を焼くと死ぬというので誰も木を切りに行かない。
太い楢がツクツクと生えていて陰気な所だという。
他にもカワナの屋敷地、または屋敷谷戸(ヤシキド)ともいう皿の割れた物が出る場所もあり、理由は分からないが悪いところなので小屋掛けをしたり、作場をきる事はしないという。
カワナの屋敷地に小屋を掛けたら、天狗に小屋ぐるみ揺すられたので以後は行かないという人もいる。



60:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2401:38
・食わない作り(クワナイヅクリ)
日原川沿いの大澤部落の山の上にあり、ここでいくら耕作しても食えずに死ぬという。
以前、ここに金剛寺という寺があったという。個人持ちの山だが短期間に何人もの持ち主が変わっている。



61:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2401:49
・位牌山(イハイヤマ)
大澤地区と同じ日原川沿いの寺地地区にある。
裏手の峰畑では塔婆山(トウバヤマ)とも呼ばれ、位牌の形だ、塔婆の形だと言ったりしている。
昔、炭焼き小屋に法印様が泊ったが、貧困に喘ぐ炭焼きが金欲しさに殺してしまった。
あるいは栗拾いが法印をヨキ(斧)で殺したともいうが、兎に角それ以来祟る山になったという。
大体買主に祟るが入る者にも良くない事があり、九人でそれぞれ炭を焼いたらどの窯もみな火が消えたという。



64:【祟り山】―東京都奥多摩町氷川から小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2503:04
・位牌平(イハイデーロ)
青梅街道を奥多摩駅からダムに向かった先、境地区にある。
元は子安平(コヤスデーロ)と呼んだが、何か良くない事がありそう呼ぶようになった。
祟り山で作場を作ったりするのを嫌う。
この付近では入ったり炭を焼くのを忌む場所は他にも多く、それらを皆、地獄谷戸(ヂゴクト)と呼び、誰かが仕事で怪我か死亡した場所であり、人名を冠して誰々ヂゴクと呼ぶ。



65:天之御名無主[sage]投稿日:03/08/2503:17
奥多摩町は祟り地ですな。



66:【祟り山】―東京都奥多摩町氷川から小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2503:37
・生首(ナマクビ)
六ッ石山へ向かう途中の集落、水根にある祟り山。
昔からその山を買うと身体から首が離れるような事になる(いわゆる斬罪、獄門首になる)といわれ、誰も買いたがらない。
新梨尾、出野萱の両方も祟り山だと言う。



67:【祟り山】―東京都奥多摩町氷川から小河内ダム周囲―[]投稿日:03/08/2504:09
・位牌窪(イヘークボ)
御前山の北西を下るミズクボ沢がダムに流れ込む辺りをいう。
昔、伊平という炭焼きが窯に火を入れていたが、山崩れで窯と一緒に樹の下敷きになって死んだ。それ以来ここで木を伐ると怪我をしたり、呼んだりするので気味悪がって山仕事をするのを嫌うという。
湖岸道路に面しており、今では林業作業車やブルドーザーが唸りを上げて稼働している。



4:ブクタブクオ[sage]投稿日:03/08/3110:49
【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―
・倉戸(クラド)
奥多摩第2駐車場から仰ぎ見る倉戸山。その裾に当たる現在のバス停付近は、かつて悪い事がある場所として近在に知られた祟り山である。
昔、何者かが炭焼き窯の中で死んでいた。
その霊を祀るために碑を立てたが、誰が作業をしても怪我をしたり、火を出したりと非常に不首尾な事が起こる。
今もってジメジメした寂しい北面の山側で、もとは個人持ちの山で幾人もの手を渡り歩いたが、最後に埼玉県入間の医師が所有した後に都が買い上げ、公園管理団体のもとに置かれている。



5:【祟り山】―奥多摩町氷川から小河内ダム周囲―[sage]投稿日:03/08/3113:21
・居合澤(イヤイザワ)
倉戸山の奥手の祟りある山で、永い間に木の葉が深く積もってブクブクとしている陰気な沢である。
戦前まで此の沢で材木の太いやつ程もある蛇を見た者がいた。
また、頭が尾羽の方にも付いている山鳥が住んでいるといい、炭焼きは入ったりするのさえ嫌がった。
ここは元の地主が祟ると言われ、ある一家が買ったところお祖母さんがランプを灯すのに失敗し、体に火が付いて亡くなり続いて孫も火傷で死んだという。
人の手を渡り続け、都の所有になる前には薪炭組合の所有になっていた。



20:【祟り山】―奥多摩町氷川より小河内ダム周囲―[sage]投稿日:03/08/3120:29
・北蓑戸(キタミノト)
奥多摩周遊道路のダム側ゲートを過ぎて数キロ行くと交差点があり、山の「ふるさと村」に向かう道がある。
ここよりふるさと村へ数百メートル進むと一本目の橋がある。
「北蓑橋」・・・。
この辺りは昔、糠指(ヌカザス)といい、北蓑橋の下を流れる谷を着タ蓑戸(キタミノト)と呼んだ。
昔、ある夏の雨の降っている日、ある人がここで炭を焼いていたが、眠り込んでしまい、着ていた蓑に火が付いて焼け死んでしまった。
それで「着タ蓑」と云う名前が付いた。
ずっと昔の事で、それ以来この山に入ったり、所有者になると必ず不幸があるといわれた。
蓑を焼いて死んだ人の次の持ち主は火傷で死に、南集落(現在矢久亭のあるところ)のある人はここで狸に化かされ、裸足で歩き回りながら死んだりしたという。
埼○銀行某支店の頭取が持っていたときは子供が次々に死亡し、支店の経営も上手くいかず財産が1/10になってしまった。
また、ここで働かせていた林業労働者が崩落で6人死亡する事故も起き、とうとう困り果て塔婆を建てて捨て値で売却した。
以後も人手を転々とし、最後に鳩和木材株式会社から都に買い取られ、今では何も知らないレジャー客を呼び寄せている。



23:天之御名無主[]投稿日:03/09/0107:45
>>20
支店の頭取?支店長ではないかい?
それはともかく土地を買うときには来歴をよく調べよう…
と思ったよ。



24:天之御名無主[sage]投稿日:03/09/0111:52
>>23
失礼、支店長ですね。



28:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[sage]投稿日:03/09/0204:21
・新発意(シンボチ)
北蓑橋の先、「山のふるさと村」のある辺りは岫沢(クキサワ)と呼ぶ地区である。
実は此の場所も、以前は新発意(シンボチ)と呼ばれる祟り山であった。
新発意(シンボチ)というのは浄土真宗などでいう若年の遊行僧で、それが何かの理由でここまで来て死んだ場所でといわれている。
雨の降る時は出てきたという話が残っており、シンボチ小僧がいるなどと言われていた。
またここで作場を切った人が猪を追うための小屋を掛けていたが、その猪に当たって死んでしまった事もあるという。
南地区(矢久亭や深山荘のある場所)の人が持っていたが、その家には馬鹿(精薄)・気狂い・目ッカチ(片目)の子が生まれたり、首を振る婆さんが出た。
それでもまだ持っていたら遂に破産してしまったと、此の付近の老人はどこでも知っている。



29:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[sage]投稿日:03/09/0205:14
・児沢(コサワ)
「山のふるさと村」のレストハウスの直ぐ先にある沢で、昔は良いワサビが採れる田があった辺りだ。
他の所では絶対に見られないアヤメが咲いているので、誰かを葬って植えたのだろうという。
今までに山仕事で二人程死んでいるほか、炭を焼くと必ず不幸があるといい、ある人は両親と妻の三人をいち時に亡くしたという。



30:【祟り山】―東京都奧多摩町氷川より小河内ダム周囲―[sage]投稿日:03/09/0205:47
・種ヶ岩(タネガイワ)
都民の森として整備された三頭山のどこかにある岩で、この岩の横の窯で炭を焼くと、火の中に頭を割られた男がじっと睨んでいる。
昔長野から山梨まで種売りに来た男が、残りを桧原で捌こうとここまで来たところ日が暮れ、炭焼き窯の側の岩で野宿をしていた。
早朝に炭焼きがやって来て、売上金欲しさに殺して窯で焼いたのだといわれ、ここでは炭を焼かない。



31:【忌み地】―茨城県稲敷方面の病人田―[sage]投稿日:03/09/0222:08
・江戸崎町の潰れ屋敷跡
昭和の初め頃、江戸崎町松山で「良い売畑がある」と持ち掛けられた人が、下君山の羽黒にある20ヘクタール程の桑畑を購入した。
ところがそれより、次々にその家庭に不吉な事が起き初めた。
主人が飼い馬に足を踏まれ足指を切断したり、娘が鬱病に罹り自殺未遂を起こしたりと祿な事がない。
困った主人が近所に住む老人に洩らしたところ、意外な話をされた。
昔その畑に百姓家があり、高持ち(土地持ちの豪農)だったという。
その家敷でゴゼを泊めたところ、稼いだ銭を沢山持っていたので風呂に入れ、湯船に漬けて殺して敷地に埋めたのだと云う話だった。
ある晩、隣の嫁がこの屋敷に風呂を貰いに行ったが、風呂の蓋を取ると火の玉が一杯に入っていた。仰天した嫁が風呂掻き棒で思いっきり叩いたところ、あたり一面に火の玉が散らばり火の海になった。
恐ろしくなった嫁は夢中で逃げ帰り、布団を被って寝込んでしまった。
そんな事があって以降次々に悪い事が起き、ついに潰れた屋敷跡なのだった。
それを聞かされ驚いた主人は、地続きの家で売ってほしいと話があったのを幸いに、大分損を承知で売り渡した。
その後、嘘のように凶事が治まり、娘の病気も治ってしまった。
ところが一方、買った家では主人が胃癌で急死。倅は若くして中風に罹り、不幸が次々に襲ってきたという。
堪り兼ねたその家でも、小学校の移転先の用地を町が探していると聞き、売却に成功してからは平穏無事だという。



35:天之御名無主[]投稿日:03/09/0308:22
忌み地って昔の人は尾根端、谷くち、お宮前、お寺裏っていってたよね。



39:天之御名無主[sage]投稿日:03/09/0408:48
>>35
え・・・。漏れの家はお宮の真ん前にあるわけだが・・・ガクガク(((゚Д゚;)))ブルブル
まぁさ、お宮から古木のある庭、稲荷にかけて時々何か通るけどさ。
火の玉とか、この世の人でない人とかさ。悪い気配しないからいいけどさ。



40:天之御名無主[sage]投稿日:03/09/0416:15
>>39
忌み地にご在住ですか、そうですか…
合掌。



41:天之御名無主[]投稿日:03/09/0418:34
千葉県茂原市のそばに呪われた新興住宅地があるそうな。

千葉県大栄町の地蔵原はマジやばい。



42:天之御名無主[]投稿日:03/09/0420:54
地名が地蔵・・やだ・・



43:天之御名無主[sage]投稿日:03/09/0422:47
「悪谷」という名の場所はやばい、と柳田が言ってた気がする。
他にあったかも。

(続きは『続きを読む』をクリック)

 





拍手[1回]




続きを読む

知ってる怖い地名ある?

1 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:54:44 ID:l2LvEmXCs
広島は蛇落地悪谷だっけ?

近所に、「崩谷(くえだに)」ってのがある。
大雨が降ると崩れるかららしい。



2 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:55:11 ID:p3NjCggeE
地獄谷



3 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:56:05 ID:YperFdrUx
贄波
なんか怖い



4 :( ´・ω・`)_且~~ ◆2LEFd5iAoc :2014/08/27(水)15:56:13 ID:G0K5HAwXq
牛首



5 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:56:52 ID:l2LvEmXCs
>>3 なにがあったんだよ・・



6 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:57:48 ID:5fXaiJ7VA
犬鳴峠

心霊スポットの上、部落地域



7 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:57:59 ID:GZqj7pREW
人喰谷



8 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)15:58:02 ID:AnzqGZCbu
ウトロ地区



9 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:00:12 ID:oA47gXLt7
神呪(やくじん)



11 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:00:50 ID:l2LvEmXCs
>>9 絶望的やないか



13 :びろーん兄弟◆eevukgzh5k :2014/08/27(水)16:01:27 ID:bTkVg9bMz
霊仙寺
よくは知らない



14 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:01:32 ID:anmVwyfWX
姨捨



15 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:01:43 ID:l2LvEmXCs
>>6 聞いたことあるな。どこだっけ?



16 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:02:03 ID:5fXaiJ7VA
>>15
福岡



18 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:03:14 ID:oA47gXLt7
血吸川ってのもあるな



20 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:04:25 ID:l2LvEmXCs
>>18 古戦場の名残とかかな?



25 :名無しさん@おーぷん :2014/08/27(水)16:12:39 ID:80JckMkBI
大血川
おいらん淵


(続きは『続きを読む』をクリック)


 





拍手[3回]




続きを読む

地図から消されていた島


大きな地図で見る リンク

瀬戸内海に浮かぶ大久野島は、芸予諸島の1つ。
広島県竹原市忠海町から沖合い3キロメートルに位置し、外周は4.3キロメートル。
1934年(昭和9年)に瀬戸内海国立公園に指定されている。

「地図から消された島」や「毒ガス島」などと呼ばれ、第一次世界大戦以降の化学兵器製造の実態を今に伝えている。また近年では多数のウサギが生息することでも知られ、ウサギ島とも呼ばれる。

現在は休暇村もでき、多くの観光客で賑わう。

陸軍は第一次世界大戦時に地理的条件や秘匿の容易さなどから大久野島を化学兵器の生産拠点に選び出した。
化学兵器はジュネーブ議定書によって戦争での使用は禁止されていたが、開発・保有は合法だったためだ。

化学兵器、毒ガス工場の存在は秘匿され、陸軍が発行している地図でも大久野島一帯は空白地帯として扱われた。
日中戦争から第二次世界大戦時を通じ化学兵器や殺虫剤も生産されている。

記録によれば大久野島で生産された化学兵器の総量は6,616トンであり、その内訳は

・イペリットガス
・ルイサイトガス
・クシャミガス
・催涙ガス

の4種類が大部分を占めている。

第二次世界大戦終期の1945年には戦況の悪化によって化学兵器の生産は縮小され、通常兵器の生産に切り替えられた。

こうした歴史を風化させないという地元住民の願いにより、1988年には大久野島毒ガス資料館が開館した。大久野島には現在も危険な土壌汚染地域や倒壊の可能性がある建物もあるため、立ち入り禁止になっている場所も存在する。


 




拍手[5回]




Page:
  • [1]
  • [2]
  • [3]
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[04/24 NONAME]
[04/22 七篠]
[04/22 七篠]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.