忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

ハチワレハチ乃

2017.09.18 (Mon) Category : 誰も信じない人へ

501:可愛い奥様@\(^o^)/:2017/09/09(土)23:22:11.61ID:5MnX7WXj0.net
ハチ乃はおでこに茶トラのハチワレがある猫だ。
背中にも『乃』の字に似た柄があってそれでハチ乃と名付けた。

猫としてはわりと普通の人柄。
猫にも人にもフレンドリーで、実は結構賢いところも。
そんなハチ乃の一番の特徴は生霊が飛ぶ(?)こと。

テーブルを挟んで来客と話していると、食器棚の上で寝ているハチ乃がテーブルの下から覗いたり、尻尾をぴんとたててそばを通ったりする。
子猫の頃からそうだった。
外で遊んでいるはずの迷い猫の姿を室内で見たり玄関のドアを開けた瞬間足元から飛び込んできたはずの子猫が、家中さがしても見つからなくて首をかしげたものだ。

迷い猫を保護し我が家の猫にしてからも、かなり長い事その幻猫の正体がハチ乃だとは気づかなかったが。

ある日、友人が三人訪ねてきた。
抜け毛の季節だったのでハチ乃を閉め出してお茶をだす。
ドアをひっかいて入れてくれろと鳴くハチ乃。
無視してもしつこく鳴き続ける。

ハチ乃の必死さが伝わってきてそれがどんどん大きくなっていった瞬間、
「来たっ」
と客二人がさけんだ。
私も叫んだかもしれない。
ハチ乃がすごい勢いでドアをあけて部屋に飛び込んできたのだ。

だがドアはあいてなかった。
ハチ乃は閉じているドアの向こうで小さく悲しげに鳴いて廊下を遠ざかって行った。
「…今ドアあいてハチ乃さん来たよね?」
客その1が言う。
客その2「…うん、来た。いつもよりちょっと大きなサイズのハチ乃さんがピョーンて入ってきた」
私「わりとすごい勢いでドアが開いて大型犬くらいのサイズのハチ乃がダダーッて」
客その1「牛くらいの大きさだった。突風のようなすごい勢いだった」

客その3(猫がドアの外で鳴いて、その後遠ざかって行ったけど、みんなは一体なんの話をしているの!?怖い)



502:可愛い奥様@\(^o^)/:2017/09/10(日)00:19:32.81ID:F2y/fnOr0.net
ハチ乃は四歳になったある日から帰ってこない。
ハチ乃が帰ってこなくなった数年後、夢を見た。
自転車の前かごに一匹の白黒い猫を乗せて旅をしている夢だ。

好奇心が強くリラックスした元気なその雄猫と何日かかけて到着したのは私の実家。
現実では離れの南向きの六畳間にあたる場所に自転車を止める。
夢の中ではその六畳間は、丈の低い草が生えてやや乾いている気持ちの良さそうな草原だ。
草むらの中からハチ乃があらわれた。

ハチ乃と目が合った瞬間、
その草原は猫の天国で、死んですぐの猫はみなそこへ行き、心や身体の傷を癒すこと、ハチ乃はじめ私と縁のあった猫達は、傷が癒えたあともそこで私を待つこと、だから私が死んだときはその猫の天国に立ち寄ってぜひみんなと会ってほしいこと、
「あなたに会えるのをみんな楽しみにしています。今生きているあなたの猫達が亡くなっても私がここへ案内しますから安心して立ち寄ってください」
ハチ乃の瞳が私にそう伝えてきた。

自転車の前かごから白黒い猫が飛び降りてハチ乃にかけより、2匹がお互いの匂いをかいで草原の中に消えていったところで目が覚めた。
その夢を見た数日後、夫は職場で私の実家近くの支店へ転勤が打診された。
私実家は農業をやっていて、前の年に結婚してゴールデンウィークに帰省した際農作業を手伝って、それが大変気に入っていた夫は転勤を承諾、私の実家へ引っ越して離れに夫婦で住むことになった。
そこは夢の中で猫の天国があった場所だ。

夫に例の夢の話をしたら
「その白黒い猫の柄と特徴は、僕が初めて飼った猫とそっくりです。偶然ですね」
と少ししんみりしていた。



506:可愛い奥様@\(^o^)/:2017/09/10(日)09:38:08.60ID:mSS9G7OJ0.net
>>502 
ハチ乃は4才で死んじゃったの?
なんか心霊ちょっといい話思い出す。
時々まとめサイト読んで泣くわぁ。



507:可愛い奥様@\(^o^)/:2017/09/10(日)10:42:49.82ID:F2y/fnOr0.net
>>506
はい。四歳でしんじゃったんだと思います。
あとで思えばアレもソレもお別れの挨拶だったんじゃない!?的な小さな思い当たりも少しばかりありました。



引用元:不思議な体験や霊感のある奥様 2
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1496753082/501-507




.



拍手[0回]

PR

猫好きの母の葬儀で

2017.09.07 (Thu) Category : 誰も信じない人へ

606:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/14(日)02:12:16ID:fMuc/zga0
心霊じゃないんだけど、うちの猫の話。

4年前に母親が亡くなった。
入院のとき家族の写真は持っていかないのに、猫の写真は持っていくくらい猫好きだった。
で、生前の母の希望で通夜と告別式は自宅でやったんだ。

私は猫も通夜に参加させたかったんだけど、少ないながらも弔問客が居たので猫用トイレとご飯を持ち込んで、猫を私の部屋に閉じ込めていた。

お坊さんが来てお経を読み始めたら、いつの間にか猫が出てきて、母のそばに座った。
そして顔をぺしぺしし始めた。
「なんで出てきてるの?」
と思いつつ、さすがに顔ぺしはマズイと判断して席を立って猫を部屋へ連れて行った。
猫は私の部屋の扉を開けたことがないので、きちんと閉まってなかったんだな、と思った。

だけど次の日の告別式でも同じことが起こった。
お坊さんがお経を読み始めたら、猫が母のそばに座った。
今日は開かないように、と扉はきちんと閉めてあった。
それなのに。
母の親友のおばさんが
「この子も一緒に見送りたかったんだね」
と言って、なんだか納得した。

うちの子は今9歳、扉を自分で開けたのはあのときだけ。
やっぱり見送りたかったんだね。



607:606[sage]投稿日:2010/02/14(日)02:22:36ID:fMuc/zga0
これだけじゃ心霊にならないので、ちょっとだけ。
母の葬儀が終わってからなんだけど。

母が帰ってきて、寝ていた場所にうちの子がよく居るようになった。
そして誰もいないのに猫じゃらしでじゃらされているような仕草をするようになった。
撫でられて気持ちよさそうにしているような表情をしていたり。

私はまったく霊感がないので感じないし見えないけど、母が居たんだなぁと思った。
いつの頃からか猫のそういう行動が無くなったんだけどね。
あのときは気にしなかったけど、四十九日関係あったのかな。



608:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/14(日)08:38:14ID:DU80osjb0
四十九日は家の中とかに居たなぁ>おかん。
家の中や庭を歩き回ってた。
そんで四十九日目だかに祖母が
「自分の養母が迎えに来て歩いて西へ消えていった」
白昼夢を見たと騒いでた。
多分本当に見えたんだと思う。
ところで、母を連れて行ったのは祖母の養母。実母じゃなかった。
血のつながりじゃなくて縁が家系をつないでいくのかね、とふと思った。



609:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/14(日)13:51:49ID:ll9g18FH0
死んだ人の魂は49日まではこの世にいるらしいよ。
父方の祖母の49日の法要をした日の夜、
霊のたぐいを信じてない父の夢の中に死んだ祖母が出てきたらしいので私は49日説は本当だと思ってる・・・



610:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/14(日)17:10:09ID:6pqcNJUA0
あの世の裁判って7日ごとに7回
開催されるから49日なんだっけ?



611:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/15(月)01:34:06ID:/Iy+tP7s0
一応それは仏教の中での話、な。

四十九日はともあれ、仏教やキリスト教なんかの大きな宗教的祝日・儀式日?がなぜか一致してる方が何気に気になる>>4/8 8/15 12/8 etc…



613:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/16(火)10:22:56ID:KkoulnqE0
>>609
うちの母と祖母は御盆の時はしょっちゅう曾祖父母の夢見るのに
爺さんの四十九日の間、一度も爺さんの夢見なかったとか言ってた
ちなみに見たのは零感人間の自分だけ

涼しげな格好をして、おかんが玄関に置いておいた靴をはきそのままスタスタ歩いて玄関から出ていく夢だった
あの夢から察するに、爺さん家に留まるどころか外へ遊びに行ってたんだと思う
肺ガンで最期辺りは酸欠になってロクに歩けなくなってたから・・・
あの夢を見た後、爺さんもう苦しくないんだ
自由に歩けるようになったんだとわかってちょっと安心した

とりあえず四十九日と御盆に帰ってくる説はうちも信じてる方



引用元:◇ 心霊ちょっといい話 ver.15 ◇
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1251510512/606-613




.



拍手[0回]

そんなことゆったら、めーー!!

2017.09.04 (Mon) Category : 誰も信じない人へ

553:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/02/01(月)16:29:16ID:eXQVYWj50
長い上にとりとめない話なんだが
流れ読まずに投下していいかな



555:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/02/01(月)17:06:19ID:eXQVYWj50
これから仕事なんで、とりあえず投下させてもらうわ


我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。
両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。
両親はその子に名前(A)を付け、ことあるごとに
「Aちゃんの分も○○(俺)は頑張らないと」
などとその兄のことを持ち出してきて、それがウザかった。

そして高校生のころ、典型的なDQNになった俺はあまり学校にも行かず遊び歩いていた。
ある日、母親の財布から金を盗んでいるところを見つかった。
母親は泣きながら
「あんたこんなことしてAちゃんに顔向けできんの!!」
と怒鳴ったが、俺も鬱憤がたまっていて
「うるせー!だったらてめえAじゃなくて俺を流産すればよかっただろうが!」
と怒鳴り返してしまった。

そして売り言葉に買い言葉だったのか、母親が
「そうだね!Aじゃなくてアンタが死んどったらよかった!」
と叫んだときだった。



556:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/02/01(月)17:08:34ID:eXQVYWj50
「そんなことゆったら、めーー!!」
という叫び声が頭の中に響いた。
舌っ足らずでカン高いその声は、ほんの幼児のものに聞こえた。

母親にも聞こえたようで、2人で
「え?え?」
と周囲を見渡すと拝む時以外はいつも閉めている仏壇の扉がいつの間にか開いていた。
それを見た瞬間、母親号泣。
おかしくなったのかと思うくらい、腹から声上げて泣いてた。

喧嘩してたのも忘れて慌ててなだめると、
「許してくれた…」
「許してくれてたんだ」
って何回もつぶやいてる。
そして母親はぽつりぽつりと話し始めた。

Aは流産したんじゃなかった。
俺と一緒に生きて産まれてきた。
Aと俺はいわゆる「結合双生児」だった。
でもAの方は俺に比べて未発達で、体もずっと小さかった。
俺の胸の部分に、手のひらくらいの大きさのAがくっついてるような状態だったらしい。
手術で切り離せばAは確実に死ぬ。
でも両親は俺のために分離手術に同意した。
未発達とはいえAは顔立ちもはっきりしていて、
手術前、
「ごめんね」
と謝る母親の顔をじっと見ていたそうだ。



557:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/02/01(月)17:10:52ID:eXQVYWj50
それから、母親はずっと
「Aは自分を切り捨てた私たちを恨んでいるのでは」
という思いがぬぐえなかったのだという。
だから俺にも必要以上にAのことを話して聞かせていたのだろう。
Aの犠牲の上にある命なのだということを忘れないために。

あの時聞こえた声がAのものである確証は何もない。
俺と同い年なら、子供の声っていうのもおかしいし。
でも、あの声は俺たちを恨んだり憎んだりしてる声じゃなかった。
家族が喧嘩してるのが悲しくて、幼いながらも必死で止めようとしてる、そんな感じだった。
もしあの声がAなら、Aはきっと家族を許してくれていて、ずっと見守ってくれているのだろう。
だから母親も俺も、あの声がAだと信じたかった。

俺は声が聞こえた日からまじめに学校に通い始めた。
兄貴に一喝(?)されて、もう馬鹿やってる場合じゃねーなって気持ちになったから。
そんで勉強もかなり頑張って、現役で大学に合格できた。

合格発表の日、朝からゲロ吐きそうなくらい緊張して、掲示板見た瞬間にあまりの嬉しさに
「うがああああ」
って変な声上げちゃったんだけど、その時、俺の奇声にかぶせて、あのカン高い声が
「やったあー!」
って聞こえてきたんだよね。
俺、本気で泣いた。
またいつか、声を聞かせてくれると信じてる。



559:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/01(月)17:45:04ID:tCLgzuMA0
>>557
泣いた
兄ちゃんは肉体は無くても557と一緒に生きてる
弟と喜びも悲しみも分ち合ってる
兄弟に幸いありますように



562:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/02/02(火)15:06:29ID:pIy+USrT0
>>559

レスさんきゅ。すげーうれしいです。
俺自体はこれ以外に霊的な体験をしたことがないし、以前、「自称」霊感があるという人にこの話をしたら
「子供の声ってのはおかしいよ。思い込みとか勘違いじゃないの」
って言われたりしたこともあって、あんまり信じてもらえないもんだと思ってただけに余計うれしい。

もちろん俺は、例え確証がなくても兄の声だと思って大事に覚えていたいと思ってる。
自分は生きられなかったのに、自分を犠牲にして生きてる俺の幸運を真っ先に祝福してくれたって考えるとありがたくていまだに泣ける。
ほんと、ねたみとか恨みとか全っ然感じさせない声でさ、脊椎反射で出た俺の声と同じタイミングで
「やったー!」
なんてさ。
絶対忘れねーよ。



563:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/02(火)18:08:02ID:OcUqifKu0
>>562
お母さんのお腹で十月十日育って出てきたときに手のひらくらいの大きさだったのだからもし肉体があったとして、その成長は精神と比べるとかなり緩やかなものではないかと思う。
なので声帯もまだ子供のままなのでは?

間違いなくお兄ちゃんの声が577に届いたんだと私は信じる。



564:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/02(火)21:43:46ID:eOrihuk60
>>562
まあ現実だとそうでしょうな。
このスレはハナから信じてる人が集まるスレなんで明らかにおかしいものじゃなければ信じるよ。
二人とも聞こえたってのも幻聴にしちゃおかしいし



566:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/03(水)19:48:38ID:xmXT/8+W0
なんかあれだな、>>562が結婚した時とか子供が生まれた時とかも声聞かせてくれそうな気がするな。

いい話聞かせてくれやがって、お前なんか二人ぶん幸せになりやがれw



567:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/03(水)23:29:37ID:MMDdLLsK0
>>557
いい話だ。まっとうに生きろよ!
そして、あんたの周囲の人にもいい影響を与える人になってくれ。



571:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2010/02/04(木)15:10:23ID:u9dBDoDt0
>>562
ええ話や(´;∀;`)
きっとお兄さんは亡くなる時も亡くなってからも親御さんを恨むどころか
「弟を助けられて良かった」
と思ったに違いないよ

でなきゃ
「そんなこと言っちゃだめ!」
なんて言うはずがない

受験合格した時も一緒に心から喜んでくれるなんて本当にいつも見守ってくれてるんだな・・・いいな・・・
もし生きてても、きっと同じリアクションをしただろう
お兄さんが救ってくれた体と心、そして家族を大事にしろよ



引用元:◇ 心霊ちょっといい話 ver.15 ◇
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1251510512/553-571




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[09/23 ドラスタ娘]
[09/23 ドラスタ娘]
[09/22 鼬の仔]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ