忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


コロ

87:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/02/14(日)10:07:10.41ID:06zkfToo0.net
俺のじいさんの家に犬が居たんだ、柴犬の雑種だと思うんだが真っ白な綺麗な毛並みの犬だった
名前はコロ

コロは町中の野良犬の大ボスで、コロの後ろには5~9匹
多いときは14,5匹の犬がついて回ってた、それ位すごい犬だった
そんな大ボスがなぜじいさん家に居たのかは変な話で・・・

俺のじいさん教師をやってたんだが、ある日いつもの駅に通勤のため行くとコロが居たそうだ。
取り巻きなし、たった1匹で(コロは近所じゃ有名、野良軍団のボスだからねw)

で、じいさんが
「どうしたコロ?このあたりはお前の縄張りじゃないだろ?」
って聞くと、コロはじいさんをじっと見つめて
「クゥ~~ン」
って甘え声を出したそうだ。

なにかおかしいなと思いつつも、じいさんは電車が来たんで仕事に行った
で、仕事終わってその駅まで帰ってきたんだけど、まだコロが居たそうだ

でじいさんまたコロに声かけたそうなんだが、そのとき何故だか分からないけど
「コロは俺の娘に会いたがってる」
って思ったそうなんだよ(娘ってのは俺のかあちゃんな)
ほんとに何故かはまったく分からず、ただ今日コロに娘を会わせないといけないって強く思ったらしいw

で、家に帰って、当時高校生だった俺のかあちゃんを連れて行ったんだって
コロはかあちゃんに会うなり、飛びついてじゃれてきた
かあちゃんが
「家に来る?」
って言うと
「ワン!」
って鳴いて、そのまま家まで着いてきた



88:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/02/14(日)10:08:47.37ID:06zkfToo0.net
そして近所のボス犬は俺のじいさん家の住人になった。
で、家に来た次の日、どこで召集を掛けたのか野良犬軍団もじいさんの家の庭に大集合してたそうだw

じいさんもばあさんもかあちゃんもかあちゃんの姉さんも驚いたのは、コロは家の中に入って飯とか食べるんだけど取り巻きどもは決して家の中には入ってこないってこと、すごい統率が取れてるらしく庭には来るけど、決して家の中には入ってこなかったそうだ。

朝になるとコロを先頭にして大名行列、街中を歩き回って夜には帰ってくる、そんな生活がしばらく続いたんだってさ
で、半年ほどその犬軍団が庭に居ついたんだけど、ある日の夜中に犬達がキュンキュン鳴いてたんだって
夜中ずっと犬がキュンキュンワンワン・・遠吠えまで、うるさくて寝られなかったらしいw

そして翌朝、コロ1匹残して、取り巻き軍団が綺麗さっぱり居なくなってた
たぶんボスの座を渡したか奪われたかしたんだろう
実際、No.2と思しき犬が翌日から軍団率いてたらしい。

コロはじいさん家にそれからも居ついた



89:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/02/14(日)10:10:25.29ID:06zkfToo0.net
じいさんはそれからコロに首輪を買ってきてやったんだって。
で、嫌がるコロに着けてやった。
でもね、コロはふらふらっと昼間は出かけてるんだけど、夜になると首輪は外れてたんだって
最初は偶然外れたんだろうって思ったんだけど、何度首輪をつけても、その日の夜になると外してくる

それでもじいさん意地になって、何度も首輪を着けたんだけど、夜にな(ry
さすがにじいさんもあきらめて
「まぁ今までこんなものつけずに生活してたんだもんな、すまんかったな」
ってコロに言ったら、
「ワン!ワン!」
って2回吠えたらしい

で、次の日に、コロはどこかで外してきた首輪を持ってきて俺のかあちゃんの前にポトっと落とした
なんとなくコロが着けて欲しそうな顔してたように見えたらしく、かあちゃんが首輪を着けてやるとその首輪は外さなかった。
それからず~~っとその首輪は外さなかったんよ



90:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/02/14(日)10:12:35.84ID:06zkfToo0.net
俺のかあちゃんが俺を産んでからの話になるんだけど
コロは俺のいい遊び相手だったんだ、耳を引っ張ってやったり、鼻の穴に指を突っ込んであげたり、俺が上に乗っかって走ってもらったり、オチンチン引っ張ってみたりとかそういう乱暴なこと俺がやっても、全然コロ怒らなかったんだけど、首輪は違ったんだよ

とにかく首輪に俺が触ろうとしたら、怒るんよコロ、ウ~~~!って
それ以外は絶対怒ることなんて無いのに、首輪を触ろうとすると怒る、変な犬だった
だから俺はコロの首輪には触らなかった

俺が小2の時、コロもいよいよ寿命なのかあまり動けなくなってきたんだ
その時点で恐らく20年近くは生きてたんじゃないかってじいさん言ってた
ビックリするほど長寿な犬だ

で、いよいよやばいなって日があって、みんなでお別れしとこうってことになってみんな泣きながらコロの頭撫でてバイバイ言ったんだ
で、今でも思い出すんだけど、一人一人頭を撫でてやると、コロは動くのしんどいはずなのに頭を起こして、一人一人をじーーっと見つめるんよ

まだ死ぬってのがどういうものか良く分からんかった俺も、その時初めて死ぬってのはこういう事なのかってコロにじっと見つめられながら分かったんだ、泣きながら



91:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/02/14(日)10:14:01.50ID:06zkfToo0.net
その日の夜、何故か俺のかあちゃんは
「玄関開けといていい?コロが玄関開けといて欲しいっていってる気がする」
って言ったんよ。
俺もそんな気がしてた。5歳の妹もそういってた、じいさんもそうだなって、ばあさんも同じ。
だからその日は玄関開けたまま寝た。

朝起きたらコロ居なかった、動けないはずなのに居なかった
コロがいつも使ってたお皿の上に、コロの着けてた首輪が置いてあったんだ
コロのさよならの印だったんだろうね

2日後、夢見たんだ
もちろんコロの夢

しゃべったりとかそういうのは残念ながら無かったんだけど、俺の顔をペロペロ舐めてテクテク歩いて行ってしまった。
俺は夢の中でバイバイって手を振ってた
家族みんなのトコにも挨拶に行ったみたい、母ちゃんも妹も言ってた

じいさんはもともと夢見ない人なんで覚えてないってw でも多分見てたと思う
その日に亡くなったんだろうなぁ



 

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?333
http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1454518647/87-90




.


拍手[1回]

PR



生まれ変わり?

445:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/11/14(月)05:26:09.62ID:VpcBZqd70.net
50歳の親父が子供だった時の話。
当の親父はオカルト全否定派なうえ、何も覚えてないそうでこの話は親父の母親である祖母ちゃんから聞いた。

親父には姉が1人いるのだが、実はその姉の上に4歳の時に不慮の事故で亡くなった男の子(長男)がいたそうだ。
長男は親父より7歳年上だから彼が亡くなった3年後に親父が生まれたことになる。
長男と親父には首の後ろに逆三角形の三ツボクロがあったので
「生まれ変わりじゃないか」
と家族は冗談半分で言っていたらしい。

だが、家族が本当にびっくりしたのは親父が2歳の時。
夕食時、親父が突然
「ダンボ、ダンボ」
とゴネ出したのだ。
ダンボとは、長男が大好きだった「でんぶ」のことで、長男は何故かでんぶをいつも「ダンボ」と言っていたらしい。
この時、親父はまだでんぶというものを見たことも食べたこともなかった。

それからも、祖父ちゃんに
「パタパタ(公園の足漕ぎボートのことを長男はこう呼んでいた。長男のお気に入りだったが、親父はまだ見たことがなかった)行く」
とねだったり、散歩の途中で長男がよく行っていた駄菓子屋の方向を指さし、祖父ちゃんを引きずるようにして一度も行ったことのないその店に直進したり、長男が好きだった絵本「まいごのチロ」を見たがって祖母ちゃんにいきなり
「チロは?チロは?」
と聞いて来たり。
どう考えても、生まれ変わりとしか思えないような言動が多々あったそうだ。

親父のこうした言動は4歳に入ってから徐々に少なくなり、5歳の頃には全くなくなって、親父独自の好みや性格がハッキリしてきたという。
「最初は長男がまとわりついていたけど、満足して自然と離れていった感じがする」
と祖母ちゃんは言ってた。
俺としては、祖父ちゃん祖母ちゃんの悲しみを癒すために長男が2、3年だけ戻って来てくれてたような気もしてる。


 

引用元:ほんのりと怖い話スレ その121
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1477608447/445




.


拍手[2回]




真夜中の下駄の音

69:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/25(金)23:55:07.65ID:DyEEEpgN0.net
これは中学生の時の話。
2日続けて同じ夢を見ました。

夢は夜で、私の家のベランダから遠くで何かが燃えているのが分かり、走ってそこまで行ってみると友達の家がごうごう燃えているんです。
その時、その友達とは険悪だったので、いくら嫌いだとはいえなんて夢を見るんだと自己嫌悪をしながら目覚めてました。

そして3日目も同じように夢が始まるのですが、今回はちょっと違ってました。
走って向かった友達の家は無事で、その近所にある、知らない人の家がごうごう燃えているのです。
周りには大人が集まってて、その家の人たちは、松明みたいに燃え盛る家を前に呆然と立ち尽くしながら
「天ぷらを揚げていたら火事になった」
と話してました。

あまりにリアルな夢で、起きたあとも現実かどうか判断がつかなくて、その家が無事かどうか確かめに行ったくらいでした。
もちろんなんの問題もなくお家はあって、その日以降、夢も見なくなったこともあり、すっかり忘れて過ごしていたんですが。

一週間くらい経った頃、家で夕飯を食べていたら、けたたましいサイレンの音が家の外をいくつも通り抜けていきました。
母が窓を開けてベランダに立つと、私が夢に見た友人の家の方からごうごうと火の手が上がっているのが見えるのです。

「まさか!」
という思いから、私は母をつれて家を飛び出しました。
結果、友人の家は無事でしたが、近所にある知らないお家の家がごうごう燃えており、3日目に見た夢がまんま再現されてました。
理由も
「天ぷらを揚げていたら火が出てしまった」。

私自身がしんじてないものだったし、まさか正夢なんか見るとも思ってなかったから、私がもっと誰かに何かを言ってたら、もしかしたら何か変わってたのかなと、しばらく酷く落ち込みました。



70:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)00:55:26.86ID:ZRsdFF7K0.net
そしてこれは幼稚園から小学校低学年に上がるまでの話。
夏になると毎年、母方の伯母の家に遊びにいきました。

昼は海で遊び、夜は子供達だけ同じ部屋に集められて蚊帳の中で寝る、なんとも言えない贅沢。
田舎なので施錠観念もなく、中庭に面した窓も開け放ったままで、寝転がると月も見えました。

さて、この頃の私は、夏になると毎年会うおじさんがいました。
その人は昼間の家にはいなくて、夜中(子供だから時間は分かりませんでしたが、大人が寝静まった時間です)になると、カランコロンと下駄の音を鳴らして中庭に現れるんです。

縁側に座ってしばらくこちらを見てるんですが、気がつくといなくなってる。
そもそも子供だから、あんまり人がいようがいまいが、眠気が勝ってその人と話そうという気にもならなかった。

でも、小学生になってさすがに気になって、その人に話しかけたんです。おじさんは誰なのって。
何か言ったとは思うんですが、今となっては何を言われたのか覚えてません。

母や叔母に話しても寝ぼけたんだと言われておしまいだったし、何より二人から
「変なことを言っているな」
というオーラを感じて、私もすぐ聞くのを止めてしまいました。
だからそれから下駄の音を聞いても目をつむったままにしてたし、おじさんがいるのを分かってましたが無視をして寝続けました。

その次の夏が来て、私たちはまた叔母の家に泊まりに行き、また海で遊びました。
そこで従兄弟と、私たち姉妹とで、ちょっとしたいさかいが起こりました。
怒った従兄弟たちは姉の持っていた浮き輪を無理やり取り上げて、ぽいっと遠くに投げてしまいました。

私たちがいたところは子供の足が届く浅瀬だったのですが、ちょっと進むと大人でも足が付かないほど深くなっていたようで、浮き輪を取りに向かった姉が、急に、海のなかに引っ張られるように消えました。
そしてバシャバシャ音をたてて
「助けて!」
と溺れているんです。

パニックになった私は、慌ててつけていた浮き輪を放り投げて、姉に捕まるように言いました。
ですが所詮、小学生の力です。
投げた浮き輪は姉まで届かず、かといって私のそばにもなく、結果として私まで溺れてしまいました。
従兄弟たちは姉の浮き輪を放り投げた後に岸に向かってしまったため、近くにはいません。
姉より先に私が海のなかに沈みました。



71:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)00:55:48.28ID:ZRsdFF7K0.net
ダメだ、浮かびあがることもできない。
口のなかに水が入って息が出来なくなった時です。
足の裏を、ぐわっと何かが押してきたんです。
それは私の顔を海面まで押し上げて、今度は何者かの力で水着が上に引っ張られました。

娘が溺れているのに気づいて、父が助けに来てくれたのです。
姉も母に助けられており、私たちは間一髪で命拾いをしました。

少しして落ち着いてから、さっき起こった事を話したら、姉も同じ体験をしており、上に向かって何かに押し上げられたと感じたそうです。
それがあったから両親も子供の位置が確認出来たそうで、泳いで近づいてる最中は子供の位置が分からなくなり、心底怖い思いをしたとのことでした。

その日の夜、伯母と母が私の元に一枚の写真を見せてきました。
古い写真には海を背景に男の人が格好をつけている姿で写っており、間違いなく、私が真夜中に見るあのおじさんでした。

二人は、この人は私のおじいちゃんだと話してくれました。
母たちの父は、まだ働き盛りの頃にガンで命を落としていること。
泳ぎが上手でカッパなんてあだ名で呼ばれてたこと。
子供が大好きで、近所の知らない子供まで面倒をみてしまうほどのお人好しであったこと。
そして命日がいつもこの家を訪れる頃だということを聞きました。

「私から話を聞いたときに、特徴から亡くなった父じゃないかと思ったが、怖がるかと思って話せなかった」
と二人は言いました。

「今日の事もお父さんが助けてくれたんじゃないかと思って、お前に写真を見せたのよ」
とも。私はようやくこのおじさんの話をして良いのだと分かり、声を大にして言いました。
「この人なら、昨日もそこに座っていたよ!」

母も伯母も
「そうなのね」
と言いながら、泣いていました。
下駄の音がするのも当然で、祖父はいつも下駄を履いて生活をしていたそうです。

海で溺れた夏以来、縁側に祖父が現れることはありませんでした。
でも今でもふと、誰もいない玄関で下駄の音が聞こえる気がして、そんな時は
「見守ってくれてありがとう」
と心で呟くようにしてます。



72:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)01:03:11.08ID:ZRsdFF7K0.net
自分で書いてても作り話みたいで恐縮なんですが、全部実話です。
先祖がお寺をやってたことが関係するのか、霊体験だけは事欠かない幼少期を過ごしてきました。



73:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)07:36:59.18ID:vsiYPMBg0.net
優しいおじいちゃんだね。心が温かくなったよ



74:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)09:25:32.25ID:u9M1OBD80.net
オカルト板にあった心霊ちょっといい話みたい。
いいお爺ちゃんだね。
なんで気付くと姿消すのかね?
やっぱり怖いか。



75:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)10:21:32.11ID:ccW0E0SF0.net
>>74
たぶん、相手が「霊」だと気づくと見えなくなっちゃうんだと思います
登校時間にすれ違うおばさんから挨拶されてたんですが、家に帰ってからその話をしたら、その人はとっくに亡くなってたなんてこともあり、やはりそれきり現れることがありませんでした



76:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)10:27:58.22ID:1Y2Au5qe0.net
へ~不思議



77:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)11:15:28.57ID:W/rCxwcJ0.net
毎年孫に会いに来ていたんだね、子供好きのお祖父さんだから。ええ話や。



78:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/26(土)12:04:56.74ID:313rWvcd0.net
泣いた。゚(゚´ω`゚)゚。


 

引用元:不思議な体験や霊感のある奥様
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1479942239/69-78






拍手[1回]




続きを読む

常連客

171:⑦⑦⑦ : 2016/11/20 (Sun) 10:12:40
毎日お昼にサラダバーとドリンクバー頼むお婆ちゃんがいたんだけど、結構なお洒落さんだったのにある日を境に服装が毎日同じになって、服装同じになってから1週間後位におっさんが来て
「母が来ていると噂になってまして…」
と話し始めたんであー徘徊系ボケだったのかーとか思ってたら服装同じになった日辺りに自宅で大往生したそうな

また来たら連絡下さいって連絡先貰ったけど、その息子きてからお婆ちゃんくる事は無くなった
特に違算とかはなかったんでお金はちゃんと払っててくれたみたいだけど、幽霊って考えると常連客だった人もやっぱ怖い

(※⑦⑦⑦からの投稿です。ありがとうございました)

 




.


拍手[1回]




怒ってないよ幸せにおなり

54:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)09:15:04.71ID:sruQk4AK0.net
中学生の頃、高校受験の前に友達同士で学校見学に行ったんだ。

その学校は山の上に建っていて、たどり着くまでに結構深い森の中を通っていく。
たぶん、痴漢とか変質者対策だと思うのだが、ところどころ木が斬り倒されて見晴らしだけは良くなっており、結構先にはオレンジ色に光る街頭が見えてた。

昼間だというのにあまり日の差さない道を歩いていて、ようやく半分に差し掛かったとき、オレンジに見えてる街頭まで来て、みんな
「あれ?」
となった。
煌々と光って見えていたそれは、墓だった。

周囲は明るいけど、日差しはなく、何が反射しているわけでもなかった。
一気に怖くなって、みんな夢中で森の中を走った。
だが、高校について見学している内にそんなことは忘れてしまい、帰り道で、やはり墓は光ってなかったこともあって、みんな木が抜けてほっとしてたんだ。

森を抜けて住宅街に出て、見てきた学校のことを話してたら、ほんと急に、目の前になにかがボタッって落ちてきた。
一瞬みんな、何が落ちてきたのか分からなくて、ぎょっとしながらコンクリートの上を見た。

私があと一歩踏み出してたら頭にぶつかってただろうそれは、血だった。
なんの血かなんかわからない。
ただ赤くて、少しなにかが交ざってるものが、なんの脈略もなくボタッって空から降ってきた。
それも二回も。

怖くて駅まで走ったね。
私はそこそこ霊とか見る体質なのですが、ここまであからさまなのは見たことなかったのでさすがに恐怖しました。



55:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)09:34:00.07ID:sruQk4AK0.net
これは小学生の時。
その日、両親は知人のお葬式に参加するため不在にしており、習い事に行く私を姉が送ってくれているところでした。

知人の家は私たちが通る道の近くにあり、遠くに見えたその家はひっそりとした様子だったのですが、その方がそうかの方々だったので、歩いているところからでも大人数の、それこそ何百人にも聞こえる大人の声で、お経がわーっと響いていて、あの家に一体何人の人が集まっているのだろうと子供ながらに圧巻させられながら通りすぎました。

習い事が終わると帰りは友達と、来た道を通って帰ったのですが、行きとは違ってなんの声も聞こえず、家も真っ暗。
両親も帰ってきてるのかなと思いながら家に入ると、まだ礼服を着たままの母が何やら怪訝そうにしてました。
姉が昼間聞いた大人の声を話したらしく、私にも同じことを聞くのです。

何百人にも感じる大人の声だったと言うと、母は、

「今日はみんな斎場にいたから、終日あの家には誰もいなかった」

と言いました。
私たちが聞いたあの声が、一体どこで誰が発していたのかは分かりませんが、不思議と怖くはなかったということだけが救いでした。



56:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)10:05:42.68ID:sruQk4AK0.net
これは高校生の時。
父方の祖父が、もう余命幾ばくもないと医者から言われました。

入院先で顔を会わせた祖父の辛そうな顔が忘れられず、一度見舞いに行ったきり、私は頑なに面会に行きませんでした。
祖父は私から見ても、孫のなかで私を一番可愛がってくれていたため、余計、衰弱していく姿を見るのが怖かったんだと思います。

ある夜、祖父の面倒を見ている叔父から電話があり、
「今日明日が峠だ」
と知らされました。
祖父の入院している病院は電車で2時間はかかるため、とかく父だけは死に目に間に合いたいと、急いで支度して出ていきました。

家に残った母と私たち子供は、祖父のことを思いながら、その日だけは母の元にみんな集まって、寄り添って就寝しました。
その時私が思っていたのは、なんで祖父に会いに行かなかったのかという後悔でした。
動物も飼ったことがなかったので、生き物の死を目の当たりにするのが怖く、大切なものを見落としてしまっていたことに後悔しました。

そうこう考えていたら、なかなか寝付けず、家族が寝息を立てるなかで、ひとりもぞもぞ寝返りを打っていると。

「ぎゃあああああああ!!!!」

突然、誰もいないリビングから男の大きな叫び声が聞こえました。
私はビックリして、
「えっ何?!誰!?」
と叫びました。

真夜中に、誰もいないところから男の声が聞こえれば、どんなに深く寝てたって起きるだろうと思うのですが、母も姉も、全然寝てるのです。
もう怖くて怖くて母を揺り起こしました。
母は普段眠りが浅く、人が歩く音にすら目を覚ますような人なのに、このときは数分揺り動かしても反応がなくて、ただただ私だけが恐怖の最中でした。

二人を起こして
「男の叫び声がした」
と話すと、3人でリビングを見に行けど、誰もいない。
窓も空いてない、変わったところもない。



57:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)10:11:28.05ID:sruQk4AK0.net
寝ぼけたんじゃないかと言われたが、そんなことはなかったと言いつつ、本当に何だったのかわからない。
そうこう問答をしている時、父から電話があり、祖父がつい先ほど亡くなったことを知りました。
母が私が体験した出来事について話すと、父は電話越しに泣きながら、その時のことを教えてくれたそうです。

祖父は亡くなる寸前に目をカッと見開いて、大きな叫び声で誰かに向けて言っていたようだと。
あの声は、祖父のものだったのだと私も思います。
叫んだ内容は誰も分かりませんが、あれは薄情な私に対しての祖父の怒りだったのではないかと、心底後悔をしました。

後日、お葬式がしめやかに行われました。
祖父の小さな亡骸と対面して、私はたくさん謝罪しました。
怖がって会いに行けずにごめんなさい。
もっと生前に孝行すればよかったと。

子供みたいに泣きじゃくる私に気を遣って、みんなあまり話しかけてきませんでした。

会場の端っこでひとりぼうっと佇んでいたところに、親戚と小さな女の子がトコトコっとやってきて、私にこう言いました。

「おじいちゃんがね、こっちおいでって行って、呼んだからね、◯◯が聞いてきたよ。怒ってないよ、幸せにおなりって」



58:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)10:13:51.60ID:sruQk4AK0.net
まだまだ、ありますが、あとはそこまで大きな話じゃないでとりあえず。

死ぬときに人が会いに来るって本当なんだなあと思いました。



59:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)10:50:28.48ID:9kaztDzn0.net
>>57
幸せにおなり、で号泣



60:可愛い奥様@\(^o^)/[]2016/11/24(木)11:17:52.78ID:bA7ESCjU0.net
>>57
お祖父さまはどうしても伝えたくて、子供を介したんだね
お祖父さまの奥様への優しさ溢れる遺言…泣いてしまいました



61:可愛い奥様@\(^o^)/[]2016/11/24(木)12:03:48.65ID:77jWbzpA0.net
私も最後の「怒ってないよ幸せにおなり」で号泣…

私も祖母に、小さい時にすごく可愛がってもらっていながら、思春期ぐらいから疎遠になってしまって…おばあちゃん寂しかったよね。本当ごめんね。



62:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)12:45:41.02ID:sruQk4AK0.net
みなさん、ありがとうございます

その子の親(親戚)が言うには、目を離した隙にどこかに行ってしまって探してたら、ホールの窓辺でお喋りしてるのを発見
で、てっきり葬儀場の人と話してると思ったら誰もいなくて、話してた内容を聞いたら
「おじいちゃんに会った!」
って言い張るから、どうかとは思ったけど、私のところに連れてきてくれたそうです
子供のほうがやはり霊に近いんですかね



64:可愛い奥様@\(^o^)/[]2016/11/24(木)16:53:13.31ID:bA7ESCjU0.net
>>62
霊体験が子供の頃に多いのは純粋だからだと聞いたことがあります
情報や思考が増えていくと共に見えなくなる事が大半だとか

私は大人になってから1年だけやたらと体験をしました
当時、毎日の様に行動を共にしていた友人に強い霊感があり波長が合った為に見えるようになっていた様です…



66:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/24(木)17:07:08.73ID:Y/aTcwWC0.net
私も弟も祖父母の家のとある一角がいつもこわかったな



67:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/25(金)18:07:19.35ID:Xe3ZAMW50.net
無くなる時に玄関や枕元に現れてお辞儀をしていった、というのはご近所や親戚でも聞いたことあるな。
しかし、
「ぎゃあああああああ!!!!」
って。
子供脅かすなんてたち悪いな、おじいちゃんw



68:可愛い奥様@\(^o^)/[sage]2016/11/25(金)21:44:43.10ID:YC4+Z+lE0.net
>>67
寂しかったんだねお祖父様



 

引用元:不思議な体験や霊感のある奥様
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1479942239/54-68




.


拍手[1回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/29 斬鉄]
[03/29 NONAME]
[03/28 NONAME]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.