忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


コワモテ様

369:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/14(火)16:46:02.47ID:Y/t/dTcd0.net
それはだいたい10年以上前、ちょうど自分達が小学3年の時の話だ

当時、俺のいた学校ではこっくりさんや口裂け女などのオカルト話が大流行していた
そうするとその場で新たに怖い話を作る奴が当然出てくる

俺もその一人で、友達二人と共に俺たちは邪神を作ろうと計画した
それは
「邪神を作った〇〇スゲー!」
みたいにクラスの人気者になりたいが為に立てた浅はかなもので、出来た邪神(笑)も空き地に落ちていた割れたボールや洗濯バサミなどの廃材を組み合わせただけというものだった

子供目に見ても邪神というにはお粗末なそれを少しでもそれっぽく見せる為、俺たちは学校の裏山にプラスチックの箱で祠を作り、パンの耳や蜜柑を供物として捧げた
供物はタマネギの皮だった時もあった

そして邪神()完成から数日後。神霊について調べた友人が依代と名前を決めようと言い出した
邪神様と呼ぶのに飽きていた俺たちはそれに賛成し、邪神の名をコワモテ様とした
ちなみに名前の由来は某RPGのカカシに何となく似ていたからで、依代も下らない計画同様朽ちかけの木の板に墨で乱雑にコワモテ様と書いたものだった

邪神がコワモテ様へと転生し半月が経とうとしていた夏の終わり、それは起きた
学校帰りに供物のパンと蜜柑の皮を捧げた俺たちは、大物が釣れると噂の防波堤に釣りに行こうと計画した



370:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/14(火)16:48:23.34ID:Y/t/dTcd0.net
学校帰りに供物のパンと蜜柑の皮を捧げた俺たちは、大物が釣れると噂の防波堤に釣りに行こうと計画した
餌も買い、竿も親から借り、天気は晴れ
さぁ休日よ来い!と勇み当日、俺は何の前触れもなく高熱に襲われた

当然釣りに行けるはずもなく、翌日に友達に来れなかったことを電話で謝罪したら、友達も高熱に襲われていたらしい
奇妙な偶然もあるもんだよなーって電話で話してたら、その日の夕食
親から防波堤で死体が見つかったと知らせられた。
自殺か他殺かは分からないがとにかく酷い有様だったらしい

「もしあそこで高熱に襲われなかったら・・・」
という薄ら寒いものを感じながら休日を過ごし、少し引きずったまま学校に行ったその帰り道
「供物を捧げなかったからコワモテ様怒ってるかな?」
とか話しながら友達と祠へ行くとコワモテ様はいなくなっていた。
いや、コワモテ様を構成していた廃材は近くに散らばってたんだ
ただ、依代の朽木がそのままなくなっていた。

コワモテ様が死んだと思った俺たちは穴を掘ってそこにコワモテ様と祠を埋め、上に石を乗せて墓を作った。
元々依代は朽ちかけだったので単に崩れただけかもしれないが、今でも俺はコワモテ様が助けてくれたと信じている



371:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/14(火)16:49:47.40ID:Y/t/dTcd0.net
以上で終わり
特に後日談もない

読んでくれた人はありがとう



372:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/02/14(火)17:13:52.79ID:gdIEaReT0.net
遊び半分とはいえある程度形式に則って祀ってたから、何がしかの存在が入り込んでいたのかな?
邪神呼ばわりで来る方もどうかと思うがw



374:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/14(火)19:55:00.61ID:9fT8MaOD0.net
>>372
今ではよく厄介なのが入り込まなかったなって思うw

 

引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part101
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1484901135/369-374




.


拍手[2回]

PR



送り出す先生

338本当にあった怖い名無しsageNew!2006/06/20(火)11:43:27ID:FvHJkn59O
小学生の時の話
三・四年生くらいだったかな。担任の先生(男)が、今でいう体罰教師ってやつだった。
男女かまわず殴られた。

大嫌いな教師の一人だった。
だけど、時々してくれる恐い話が面白かった。

先生は、いつも話の最後に、
「俺は霊がみえるんだ」
というのが恒例だった。

ある日、俺は夕方近くまで学校にいた。下校時刻の放送が流れたんで、あわてて帰り支度をして誰もいない、夕方の廊下を歩いていた。
すると正面の曲がり角からボソボソ人の声がした。

なんとなく担任だって分かったんで、俺は非常口の陰に隠れてやりすごすことにした。
(その日、怒られたばっかりだったから。気まずかった)
先生の声が近くに聞こえる。
すごく優しい声だったから驚いた。
なんとなくだけど(帰りなさい)とか(一人でいけるか)とかいっとていた。

陰からみると先生以外だれもいない。
先生は、一人で話していた。
先生は、理科室のドアをあけると、手で誰かを招くような、背中を押すような仕草をしたあと、一人で理科室に入っていった。
俺は恐くて上履きのまんま非常口から出て、そのまんま家に帰った。

もう十年以上前の話。
先生は【見える】人だったのかなぁ。


 

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?133
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1150442665/338




.


拍手[1回]




ばっちゃんの不思議な体験

1:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)07:32:46.44ID:n9htpMzY0.net
誰もみてないと思うが、ひっそりスレ立てる。

これから話すのは、祖母の体験談である。

ばっちゃんの近所には時子さん(偽名:故)っていう人がいた。
時子さんは、不思議な人だったそうだ。人の気持ちや未来が見えたり、居場所まで特定できたりしたそうな。

ばっちゃんは、度々時子さんに人生のアドバイスを貰ってた。



2:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)07:37:29.50ID:n9htpMzY0.net
時子さんの逸話はたくさんある。

例えば、ばっちゃんが家を建てる際に時子さんに相談した時。
時子さんは全力で止めたそうな。
そうしてこう言ったそう。
「建てようと思ってるところにお墓が◯個ある。それを退けない限りダメだ。」
と。

ばっちゃんは、急いで土地を掘った。すると墓が出てくる出てくる。
じっちゃんとばっちゃんは墓を見つけていった。
だが、あと一個だけ見つからなかった。
ばっちゃんは時子さんに相談した。

ば「もう建てていいかい?」
時「まだ、あと1つ残っていますよ。」

ばっちゃんは、時子さんが言うなら…。と地面掘りを再開した。
そうしたら、墓が出てきたそうな。
それで家を建てれたそう。



3:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)07:43:17.18ID:n9htpMzY0.net
だが、時子さんがばっちゃんの新築を見に来たとき、『あら?』と顔をゆがた。
ばっちゃんは尋ねたが、時子さんは何も言わなかった。

それから数日後。
ばっちゃんの娘(私の叔母)がお風呂のお湯を沸かしていた。だが、お風呂を炊きすぎて、とっても高温だったそう。
どれぐらいかって、人が入れる温度じゃなかったらしい。

ばっちゃんは、時子さんに世間話ついでに娘がやらかした事を言った。
時子さんは、その話を聞いてホッとしていた。
ばっちゃんは不思議に思って尋ねた。
すると、時子さんは。
「家を訪ねた時に、火が見えた。家を燃やす事はないボヤ程度だろう。とは分かったけど、気にしていた。その程度で済んで良かった。」
と言ったそうだ。



4:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)07:48:30.13ID:n9htpMzY0.net
で、ここからが時子さんのもっとすごい話。

ばっちゃんの家には大きな木があった。
その木は隣の家に侵入していた。
だが、いつも何も言わなかった隣人が、ばっちゃんに苦情をいれた。
「大きな木の侵入部分を切れ!」
とふじこふじこしてきたらしい。

じっちゃんとばっちゃんは嫌がった。
だが、切らなきゃ隣人の怒りは収まらない。
ばっちゃんは時子さんに相談した。

時子さんはその話を聞くや否や。
「大丈夫。向こうも切るから。」
と言われたそう。
切るって何を?と思いつつ。時子さんに太鼓判押されたし。と、その木の一部を切ったそう。



6:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)07:57:44.57ID:n9htpMzY0.net
それから何十年後、時子さんはばっちゃんに訪ねてきた。
「隣人の息子があなたに会いたがってる。今すぐ行ってあげて。彼は足がないから。」
足がない?お金がないのか。とばっちゃんは不思議に思いつつ、隣人の息子の居場所を探して行った。

息子の場所は病院だった。
ばっちゃんが病室を開けると、息子は激しく号泣した。
「◯◯さん(ばっちゃん)。ごめんよ。」
と。息子が泣き喚くもんだから、どうした。とばっちゃんが聞く。
「あんとき親父を止めときゃ良かった…!」

ばっちゃんが息子の足を見ると、足がなかった。病気で足を切断したらしかった。
時子さんが何十年も前に言っていた。
「大丈夫、向こうも切るから。」
とはこのことだったのか。と、ばっちゃんは時子さんにビビったそうだ。

時子さんは今は亡くなっている。
けど、未来も過去も現在も見据えたあの人が生きていたら。と母がぼやいたいたのを思い出したのでカキコ。



7:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)07:59:51.93ID:n9htpMzY0.net
まだまだ逸話もあるけど、ひとまず飯食ってくる。
質問や追加欲しかったら言ってください。



8:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:07:21.48ID:SoiVPx+g0.net
>>1さん自身が時子さん関連で体験した不思議な話があったら聞きたい



10:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:29:36.75ID:n9htpMzY0.net
>>8
残念ながらない。私が生まれた時はすでに故人だったから。
だが、私自身で不思議な体験は何度かある。



9:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:26:51.19ID:NNpu1YhH0.net
時子さんに勝手にイメージが入ってくるということなら苦労もされたのでしょうか…?
追加のお話聞きたいです!



11:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:31:12.06ID:n9htpMzY0.net
>>9飯から帰ったので、追加書きます。

時子さんの頭の中にイメージが出るんだとか。
でも、常日頃だと思うからそんなに辛くはなかったのかも。
たぶん、幽霊が見える人と同じ感覚だったのでは。



12:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:39:29.16ID:n9htpMzY0.net
追加です。

ばっちゃんの知り合い(男)が、借金で蒸発した時のこと。
ばっちゃんは、その知り合いの家族を連れて時子さんのとこへ行った。
家族は、夫(知り合いの男)は既に死んだと思っていた。
ヤクザからも追いかけられてたらしいしな。

時子さんに事情を説明すると、時子さんはしばらくして口を開けた。
「大丈夫、生きてるよ。」
そうして時子さんはこう続けた。
「◯◯駅にいる。けど、奥さんが行ったら逃げちゃうから、息子さんを1人で行かせなさい。」
と。

その家族は時子さんを信じて、息子を行かせた。
その場所は、当時は船を使わないと行けない所だった。
だから半信半疑で行ったらしい。

そうして、そこの地についた息子から電話がかかってきた。



13:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:45:13.88ID:n9htpMzY0.net
「父さんがいた。」
と息子は言った。
時子さんが言った通り、◯◯駅にいた。
その後、その家族は借金返済に勤しんだらしい。

ちなみに、時子さん曰く、生死についてはすぐ分かるらしい。
イメージがドロドロしていたらもう死んでいるし、生きてたら明るいらしいよ。

場所を探るとなると、多少時間はかかるらしい。

時子さんが、お祈りしてる時にろうそくがあるんだ。
祈祷中にそのろうそくの火はあり得ないほどボワワワ!!と上がるらしい。
それを見た母がビビったと言っていた。



14:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:47:46.34ID:n9htpMzY0.net
他にも色々あっただろうが、聞けてないからなぁ。すまない。またばっちゃんと母に聞いておく。



15:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)08:58:00.28ID:n9htpMzY0.net
いや、まだあったな。

ばっちゃんは、時子さん家に月一で行っていたそうだ。
よくはしらんが、とにかく行っていたそう。

ばっちゃんは家の神棚に毎日供えているんだが、少しめんどくさいと思った事もあったそう。
めんどくさいなんて罰当たりだが、小柄なばっちゃんには神棚が高すぎた。

ある日、時子さん家に訪れた時のこと。
時子さんがおもむろにばっちゃんに言った。
「◯◯さん(ばっちゃん)。嫌なら毎日お供え物しなくていいのよ。」
って。
ばっちゃんは、
「嫌々してはいない。」
と言った。

だが、時子さんは心配そうにしてこう続けた。
「◯◯さんが、顔を背けて神棚にお供えしてたのが見えたから…」

ばっちゃんはそれこそ否定した。
「背が低いから、神棚に置こうとしたら顔が背くだけ。」
と言うと、ホッとしていた。だが、ばっちゃんには、ほんの少しだけ嫌な気持ちもあった。
だから私生活や人の気持ちまで見えるのかとビビったとか。



16:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:17:31.12ID:awZWb0Yu0.net
千里眼の持ち主だったのかな?



17:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:21:07.10ID:n9htpMzY0.net
>>16
わからない。だが、そういう類の力があったのは事実だ。



18:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:22:33.61ID:nRJMBysk0.net
時子さんすごい人やな~。
そんな人に会ってみたいけど、何でも知られてしまうと思うと怖い気もする。

1の話面白いので、1自身の体験も聞きたいです。



19:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:30:05.20ID:n9htpMzY0.net
>>18
怖いわなー。ばっちゃんの話は時子さんだが、母も別の人で似たような体験してる。
私もいつかするのかな。

面白いと言ってくれて嬉しい。
にちゃんだと文が短くないといけないから、書きづらいな…。
こんな拙い文章で楽しんでもらえて嬉しいよ。



21:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:33:55.59ID:nRJMBysk0.net
>>19
家系的にそういう方に出会う縁があるんかね
そういう人に出会ったこともないし、自分でもそんな経験ないからうらやましーなぁ

お母さんの知り合いの方はご存命?



23:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:38:11.53ID:n9htpMzY0.net
>>21
いいや。その人も亡くなっている。
母よりずっと年上だったからね。
けど、母に今の父と出会うことを、的確に予言した人らしいよ。



20:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:32:34.83ID:n9htpMzY0.net
私自身の話をしようか。

これは私が中3の頃の話。
私は幼い頃から予知夢を度々見ていた。今は頻度が少なくなっている。
だが、予知夢っていうのは、ほとんどの人が視るもんだ。
自分が特殊な人間なんておごりは無かった。
そんな私がこれは自慢していいだろうっていう予知夢を1つ書く。



22:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:35:30.57ID:n9htpMzY0.net
私が高校受験をしていた時の話。

私は合格発表の前日に夢を見た。
当時の私は、合格発表の場所も、様子も、人数も状況も全く知らなかった。
というか学校が知らせてくれてなかったんだ。
まぁ行けばなんとかなるだろと床についた。



24:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:43:27.92ID:n9htpMzY0.net
夢の中で私は合格発表を見に来ていた。

校舎の中で行ったことない方へ足が勝手に進んだ。
そして、人が多くいる場所につき、上を見上げた。
そこが掲示場所なんだなってなんとなくわかった。
ぼんやりしていると、親友から声をかけられた。
2人で他愛のない話をして、発表まで時間を潰した。

しばらくすると、番号を書いた板が2階の渡り廊下から降ろされた。
すぐに親友と番号を確認する。
わたしと親友は番号を探すのに時間がかかった。
ようやく見つけた時、2人で「キャーー!」と喜んだ。

そこで夢はプツンと切れた。
だが、わたしは起きた後に首をかしげた。
だってあり得ないことばかりだったから。



25:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:47:21.02ID:n9htpMzY0.net
まず、私は番号発表は正門の近くでされると思っていた。
だから夢で見た入り組んだ道へ行くつもりはなかった。
それに、番号掲示はあらかじめされていたと思っていた。
紙が剥がされて一気にわかるって。
だから、夢で見た自分の深層心理に疑問を抱いた。

きわめつけは、1人で見るつもりだったってこと。
誰とも約束していないし、まず合格発表なんて1人で見たいだろう?

それにもし受かっていても、周りを気にしてはしゃがないつもりでいた。
母からもそう言われていたしな。



26:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:49:41.35ID:n9htpMzY0.net
とりあえず、もう結果は出てるんだし。
と、高校へ行く途中に母に夢で起きた事をありのまま話した。
母は、笑って
「予知夢の内容を話したら叶わないんだよ」
と言った。
だが、高校に着いた時には、既視感があった。



28:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:52:55.27ID:n9htpMzY0.net
まず正門には何もなかった。
私はその時点で、夢の通りに動こうと思った。

発表場所は何処だろうと母が迷っていた。私は
「こっちだよ。」
と指差した。そして
「この先に砂利道がある。そこの2階から看板が降ろされるんだ。」
と言った。

母は驚いた顔をして、
「知ってたの?」
と聞いた。もちろん首を横に振った。
「夢で見たから。」
と私は続けた。



29:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:56:20.35ID:n9htpMzY0.net
場所に着くと、私が見た通りだった。
私は何気なく歩いた。
着いた先は夢で見た位置だった。
もう予感していたので、母に見る位置を教えていた。
ついでに番号が何列目の何番目にあるのかも。
「母さん。あそこを見ていて。それで見終わったら隣の看板を見るの。必要事項が書いてあるからね。」
と言って、母と一旦バイバイした。

そして、1人で見ようと一息ついたら、親友が後ろから声を話かけてきた。



30:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)09:59:41.12ID:n9htpMzY0.net
ここまで夢と全く一緒だった。
私は隣で見ていい?と聞く親友に頷いた。

そして、2人で談笑していると、ザワッと空気が変わった。
上を見ると、例の通り看板が降ろされた。
私は夢で見た番号の位置を確認する。多分私が見つけるの一番早かったんじゃないかな。
「見つけた!」
と言うと、親友もその付近を探し、
「あった!」
と言った。
2人とも受かっていた。我を忘れて
「キャーー!」
と抱き合った。

だが、冷静になってみて、これはやばいと自分でも笑いが出た。



31:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:02:28.18ID:n9htpMzY0.net
親友と一旦別れて、それぞれの母の元へ行った。

母は開口一番。
「夢で見た通りだったね。」
と言った。
「ね?だから言ったでしょう?」
と自慢げな私。
「位置まで、必要事項の看板まで当ててたじゃない。知ってたんじゃないの?」
と母がにやけながら言ってきた。
「知らなかったよ。今朝の夢までね。」
と私。



32:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:09:30.24ID:n9htpMzY0.net
おごりはないとは言いつつも。
人よりは視えるのだろうという自覚はあった。

幼い頃から連日予知夢を視ることもあった。
大体それは数年後のことだった。起きたら分かるんだよな。
あ、今日予知夢だったなぁって。

最新の予知夢では、中国地方へ行っていた。
新幹線かモノレール的な何かを待っている夢を視た。
これから中国地方に縁があるから、もしかしたらとも思ってはいる。

母に言っても、予知夢なんて皆あるさって返されていた。
だから、そんなもんだと思っている。だが、霊感も少しある。幽霊も見えちゃったこともある。
そういう縁があるのかね。



35:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:15:54.03ID:n9htpMzY0.net
私の一番不思議だった体験はこれで終わり。
だけど、行きつけの店で、幽霊と遭遇したり。観光スポットで吐きそうになってたら写真がオーブで真っ白になるほど写ってたり。
ダメな防空壕では、血の匂いと状況が目の前に浮かんで。『詰んだ…』と手を組んだり。うーん、怖いね。



33:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:14:31.72ID:R3dE41yS0.net
幽霊ってグロいのとかもいるの?



36:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:18:04.64ID:n9htpMzY0.net
>>33
うーん。私は見てない。
けどいると思うよ。幽霊は普通に見えても、纏ってる雰囲気が違うんだよ。
だから話しかけたら終わりって思って話しかけない。



34:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/02/01(水)10:14:34.25ID:cUpY4UcI0.net
夢のまんま現実になるんだな
自分は滅多に見ない死んだひいばあちゃんを夢で見ると直後に転機があるくらいだ
背後の風景にヒントはあるけど具体的な内容まではなぁ

自身に起こる予知夢ならわかるんだけど、1は災害とか事件とか直接は関係ない夢もみる?



37:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:20:14.03ID:n9htpMzY0.net
>>34
そこまでは分からないかなぁ。
まぁ犬みたいに、地震が起こる直前に目が醒めるぐらいだ笑



38:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:30:21.66ID:nRJMBysk0.net
すげぇなぁ…
予知夢って普通の夢と何が違うの?
明晰夢とかになるの?



39:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)10:34:42.74ID:n9htpMzY0.net
>>38
夢を見ている最中では区別がつかないんだ。
ただ、起きた後に
「違う…」
って口について出る。
そういう夢は確実に予知夢。
たまに怪しいのもある。
例えば試験中の一部を切り取った予知夢とか。
それは、よく分からないから起きても「??」となっている。



40:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)12:44:01.87ID:EePK9zvD0.net
>>1
面白かった
気付いたら夢中になって読んでしまってたよ



42:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)15:34:11.28ID:n9htpMzY0.net
>>40
こんな駄文を面白いってありがとう。
嬉しいよ。



44:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)17:16:37.27ID:p8l4yw9B0.net
地震や災害に対する予知夢なんかないのん?



46:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)18:09:18.75ID:n9htpMzY0.net
>>44
地震や災害はないなぁ。
ただ、自分の身の回りから物の発展具合とかはごく稀に見えたりする。



47:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)19:09:06.03ID:p8l4yw9B0.net
なにそれくわしくぷりーず



49:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)19:35:22.79ID:n9htpMzY0.net
>>47
例えば、遊んでいるゲーム機器から。
あーあんなの出るんだなぁ。とかは1、2回程度にある。
あと、電車とかかな。新しい電車を夢で見たことある。
数年後には出来るんだろうなぁってのも分かる。でも、自分では信じてないな。
だってそんなのありえないからね。



50:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/02/01(水)19:56:23.84ID:fb7bMs2f0.net
おもしろいですね
さっき見つけてここまで一気に読んでしまった

時子さんやお母さんの方の話、また1さんの不思議な話読みたいので、これからも覗きにこさせてください

時子さんはかなり能力が強い人みたいだったけど、そうなる前に何かどこかに厳しい修行をされたとか、それとも何もしないでも生まれつき(あるいは事故とか病気を境に)自然にそういうことがわかるようになったのか、そこら辺は聞いてませんか?

性格とか人品、生活の仕方、人間関係とか、未婚・既婚、お子さんいらしたかとかどんな感じの方だったんでしょう



51:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)20:34:14.98ID:n9htpMzY0.net
>>50
面白いとは、ありがたいです。

詳しくは分かりませんが、話を聞く感じではうまれつきのようです。
ただ、お祈りをしていたので、どこかで修行をしていたのかも。もしくは我流か。

性格は優しい人だったみたいです。生活の仕方はいたって変わったことは聞いていないので、普通なのでは。
子供がいたとは聞かないので、未婚子梨だったのでは?



52:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/02/01(水)20:53:57.95ID:fb7bMs2f0.net
>>51
生まれつきでその能力はすごいですね

何に対してお祈りしてたかはわかりますか?祭壇とか
そんな人めったにいなさそうだから、噂を聞きつけてしょっちゅう人がたくさん来てたんでしょうね



54:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)20:57:05.65ID:n9htpMzY0.net
>>52
祭壇かどうかは分かりませんが、ろうそくを置いていたと母が言ってたので多分それらしきものはあったのかと

うーん。聞く限りではそんなことはなかったと思います
なにせ、ど田舎だったので



56:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/02/01(水)21:11:17.29ID:fb7bMs2f0.net
なにか時子さんは善良な系統の守護を受けていたように感じる・・

能力があるために先生先生と持ち上げられてだんだんおかしくなる人もいるけど、そういうこともなくいいリズムで人助けをしながら一生を終えられたみたいで
まあ、人には言えない見せない何か苦労があったかもしれないですけどね



57:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)21:14:09.46ID:n9htpMzY0.net
>>56
実際、時子さんは、近所の人から先生と敬われたそう
苦労はあったと思います。
私もそうだが、人には分かってもらえない何かを感じるのはしんどい
まずは否定されるからなぁ
次にされるのは大体怖がられることだし
私でこれだから、時子さんはもっとだったと思います



59:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)21:38:34.10ID:p8l4yw9B0.net
なんか夏目友人帳みたいな話やね



61:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/01(水)21:45:15.70ID:n9htpMzY0.net
>>59
確かにそうだね
けど、妖怪はいないかな笑



64:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/03(金)13:17:27.95ID:pBSSrxrt0.net
息子足切り事件について少し補足

枝を切る切らないは普段温厚すぎるじっちゃんが猛反発したらしいから結構もめたんだと思う

時子さんが伝えていたのかはわからない
だが、どうやら隣人一家は何らかの形で知っていたらしい
切る事になるって枝のことだと思ってたんだと思う
(詳しくは聞けてないんだ、すまん)

だから足を切ってからは、ばっちゃんに謝りたかったとでも物理的に足がないから行けなくて息子はいつも病室で嘆いていたと
で、その姿が時子さんの目に止まって時子さんは、ばっちゃんに
「息子くんのとこ行ってあげて」
といった

ばっちゃんが行った後は記述通り
当事者同士で、時子さんが言ってたのはこの事だと感じたそうなのでなにか思うことがお互いあったのでは

たとえ肉体を切るとしても、親父さんが切らず、息子が切るとは誰も想像しなかっただろうな…



65:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/03(金)14:02:04.15ID:/PP4uVJm0.net
昔から忌み嫌うもの、場所は絶対に避けるべきだよ。
それを強行した事によって、事故とかいくらでも起きるはず。
そう言う念が充満してると思うよ。



66:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/03(金)14:49:41.11ID:pBSSrxrt0.net
>>65
それははっきり否定するわ。
防空壕は修学旅行のプランに組み込まれていたから入ってから気がついたし、あと、オーブのはその県の有名観光地に記載されてるような場所
心霊スポットなんて自主的に一度も行ったことないよ

それにだからといって大きな事故なんか一度もしたことないしそういう念が充満してたらまずわかる
だから、あなたが思うようなことは必ずしも全員に適応されることはないで

一応理解しておいてな



73:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/04(土)07:25:28.99ID:T6E1Jl4R0.net
>>65
補足の補足だが、中には心霊スポットに行っても跳ね返す人もいるらしい
それと、「事故とかいくらでも起きる」とか「そういう念が充満してる」なんて下手に口にしないほうがいい

あなたにその気がなくても、その言葉を見た人がそれを意識してしまって、怯えながら過ごしたり、恐怖心から無意識に事故を起こしてしまって、幽霊に取り憑かれてると震えながら過ごすかもしれないから



74:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/02/04(土)08:52:14.75ID:T6E1Jl4R0.net
あと足切りの件もさらに補足。
再三後付けですまない。

長くなるから端折ったんだが、これだとうちの祖父母が完全キチだから弁明させてくれ

「枝を切れ!」
がなぜふじこなのかは、その木はじっちゃん家のだったけど、曖昧な位置にずーっと生えていたから両家ともに今まで気にしてなかったんだ
いわゆる了承済みの関係だった

それなのに、突然突撃してこられて、理由もなしに切れ切れコールされて。
じっちゃんはとりあえず…と、説明を求めたが、相手は、なぜか話にならないほど怒っていたらしい
それでじっちゃんも怒ったとか
んーここいらへんも聞いた話だし上手く言えん。
ただじっちゃんは話を聞こうとしたし、切ろうともしてたことはわかってほしい

息子がなぜ分かったかってのは今まで家の木は切らなかったし、大きな切断もなく、親は死んだ
両者共々忘れてた頃に足切断だったらしい

それで、あぁあのことだ…と息子は思ったとか。
わたしもこの件についてはイマイチよく分かってないんだ。理由聞いてもへぇぐらいで。さっきも書いたが、本人同士しか分からないことなんだと思う。



 

引用元:ばっちゃんの不思議な体験
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1485901966/




.


拍手[1回]




イト爺

246:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/01/20(金)13:18:32.20ID:oAeP9RYE0.net
ちょっとした話だけど誰かに話してみたくなったから投下

小さい頃は実家近くの神社でよく遊んでた
小高い丘というか控えめな山を切り崩したような広い公園の一角にあったから行きやすいっていうのもあったけど田舎だったし遊びに集まる場所といえばその神社って感じだった

その神社に時々ふらっと現れるおじいさんがいた
みんなで遊んだりおやつ食べたりしてると
「やってるかあー」
って言いながら現れて鐘をつく場所の石段に座る

しばらく座ったあとは
「ケガすんなあー」
とか
「カラスが鳴いたら帰れー」
とか言いながらふらっといなくなる

イト爺って呼ばれてたけど本当の名前かどうかはわからない
みんなイト爺が来ると
「イト爺だー」
「こんにちはー」
とか普通に近所の人にするように声をかけてた
私も近所のおじいさんが散歩に来てるんだなーって思ってた
本当にそれだけど特に印象的なエピソードもなくいつからか神社には行かなくなった



247:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/01/20(金)13:19:36.40ID:oAeP9RYE0.net
この正月に実家に帰った時その神社に初詣に行った
そこでなんとなくイト爺のことを思い出して母にその話をしたんだけどなんとも言えない表情をされた
母曰く、私は小さい頃よくイト爺の話をしたらしい
私だけじゃなく神社で遊んでた子はみんな親に話したことがあるらしく親ネットワークではイト爺の存在は割と知られていたみたい

神社に時々現れるおじいさんってことでどこの親も最初は近所の人が散歩でもしてるんだろうと思ってたんだけど、話を聞く限りイト爺に当てはまるような人物が思い当たらない
田舎だし周辺の人間はあらかた把握してる近所のおばさんに聞いてもわからない
神主さんや巫女さん、社務所につめてる人に聞いてもわからない
というかそんな人見たことがないと言われたとか

これは不審者かってことで母親たちが神社に見回り(というか様子見)に来たこともあるらしいんだけどイト爺を見ることはついになかったらしい
それなのにイト爺の目撃情報は子どもから度々出るもんで親たちはみんな首をかしげていたそう
ゆるい田舎だったこともあって、近所のじいさんばあさんが
「子ども好きの神様なんだろ。罰当たりなことしなきゃいい」
と言ったことでおさまったらしい
おさまったというかあまり気に留めなくなったって感じか

私といえばイト爺のことは覚えてたのに親に話したことや親たちが神社に様子見に来てたことなんかはすっかり忘れてた
不思議なこともあるもんだなーってなんか懐かしい気分になった正月だった



248:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/01/20(金)13:20:54.81ID:oAeP9RYE0.net
で、一昨日実家に用があってまた帰省したんだけど空いた時間にふらっとあの神社に行ってみた
お参りにきてる人とかウォーキングついでに寄ったようなおばさんなんかがちらほらいて田舎の神社にしてはまあまあの賑わいだった
私もお参りして境内から道路に続く石段を下りてた時に下から上がってきた小学生ぐらいの子達とすれ違った

その時はっきりとその子達の口から
「あ、イト爺だ」
って聞こえた
何となく振り返らないまま帰ってきたけど、いつか自分の子どもを持てたらあの神社に連れて行こうかなってぼんやり思ってる
イト爺いた?って聞いてみたい



249:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/01/20(金)13:23:54.32ID:oAeP9RYE0.net
改行とか読みにくかったらごめんなさい



250:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/01/20(金)13:29:56.07ID:b+YaWg060.net
いい話



251:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/01/20(金)13:37:21.24ID:xo9jhF/z0.net
>>249
大丈夫だよ読みやすいよ
ぜひ振り返って、イト爺がいたのか確認して欲しかったな
でも大人には姿を見せないのかもしれないけど
イト爺の容姿はどんな感じなの?体格、顔立ち、服装とか思い出せますか?正体はなんなんだろう、神さまなのか、近くの地蔵様か…

読んでいるとあったかくて愛おしくなる体験談だね



 

引用元:みんなの不思議体験がききたい
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1483011251/246-251




.


拍手[2回]




父の死んだ日

176:父の死んだ日:2006/06/11(日)19:13:11ID:dGLW/NZQ0
父が死んだのはある日の0:05でした。
それから病院にていろいろあり、父の亡骸とともに帰宅したのは2時を回っていました。
電話をかけた親戚関係もまだ家に来ていなかったときに、私は父の亡骸と共に仏間にいました。

父が仏壇の前に横たわっており、私がその前に座っていて、私の後方に位置する居間では母、兄と葬儀屋さんの話があっていました。
しばらくすると、玄関で音が聞こえ、その後扉が開く音がしました。
親戚でも来たのかと思って私が玄関に行くと、玄関の鍵が閉まっていました。
うちの玄関は開け閉めや、鍵をかけたりするときに居間にいても聞こえるほど大きな音がするので聞き逃すはずはありませんでした。

不審に思って外に出てみると、うちの前の道が曲がって先が見えなくなるあたりに人影が見えました。
こちらに気づいたのか、その人影は振り返って右手を振った後、先へと歩いていき曲がり角で見えなくなりました。

家に戻ってみると、兄が玄関まで出てきていました。
兄「どうかした?誰か親戚でも来た?」
私「ううん、なんでもなかった」
そのときはそれで終わったのですが、親戚連中がそろって、またいろんな話の後に玄関脇にあるトイレに行ったときに、親戚のものでは無い靴が玄関に出ていました。

それは父が仕事に行くときに履いていた靴でした。
父は死ぬ前半年ほどほぼ寝たきりの状態で革靴を履く事等無かったのでその靴が出ているはずが無かったのですが下駄箱を開けるとその靴の入っているべき場所が開いていました。

私はその靴を下駄箱にしまいながら、やっぱりさっきの人影は父で、出てきた私に気付いてさよならを言ってくれたのだと、そう思いました。



181:本当にあった怖い名無し:2006/06/11(日)19:50:09ID:+2zt/z5sO
>>176スレタイとはブレるし、特になんて事の無いさり気ない話だけど、ちょっと涙腺にきた
俺も父を大切にしよう
>>176は父にとっていい子供だったに違いないな



182:本当にあった怖い名無し:2006/06/11(日)19:51:10ID:0Me/q6h00
>>176
何気にいい話だなぁ


 

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?132
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1149806001/176-182




.


拍手[1回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/29 斬鉄]
[03/29 NONAME]
[03/28 NONAME]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.