忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

リサイクル品のベビーダンス

2018.04.03 (Tue) Category : 誰も信じない人へ

416:本当にあった怖い名無し:05/03/0818:42:13ID:4Z0oOstn0
7年前、私は、2人目を妊娠中でした。
妊娠8ヶ月のとき、そろそろベビーダンスがほしい・・と、探していたとき、近所のリサイクルショップに大型の新品同様のベビーダンスがあったんです。値段も、5千円と超格安。
新品同様で5千円なんて今後巡り会わないと思い、即、購入いたしました。

その日の内に家に持ち帰り、赤ちゃん用品をそのベビーダンスに収めました。
・・・その夜、夜中の2時過ぎだったと思います。
妊娠してから、トイレに近くなった私は、いつもそのくらいの時間に目がさめるのですが、その夜は、目を覚ましたとたん、いきなりの金縛りにあいました。

もう、苦しくて苦しくて・・ふと、暗闇に目を凝らす(目玉だけは、動いた)と、5~6歳くらいの男の子が部屋の中をぐるぐる走り回っているんです。

始めは、長男かな・・と、思ったんですけど、当時長男は、3歳で、明らかに走り回っている男の子の方が大きいんです。
そのうち、廊下の方から、長い髪を一つに束ねた、紺地に白の花の模様がある浴衣を着た、30歳台くらいの女の人がいて、その男の子を手招きしているんです。

そして、男の子は、
「おかあさん!」
と、言ったかと思うと、そのおかあさんらしき人は、男の子に
「もうこのタンスは、あなたのでは、ないのよ。さあ、行きましょう」
と言いながら、廊下の突き当たりへ向っていき、壁の中にその親子は、吸い込まれるようにいなくなってしまったんです。

その途端、金縛りは、解け、身体が自由になりました。
・・・怖いというより、なぜか、とっても悲しくなりました。
それから、その親子の霊も出てきませんし、金縛りもありません。

そして、それからも2ヵ月後、無事、元気な男の子を出産しました。
その子も今年は、小学1年生になります。



421:本当にあった怖い名無し:05/03/0900:14:44ID:Za264ouf0
>>416
その親子の分まで幸せに。



422:本当にあった怖い名無し:05/03/0903:49:19ID:aA77F/yb0
>416
なんか悪意のある幽霊じゃなくてよかったね。
なんでその親子は成仏してないんだろう


423:本当にあった怖い名無し:05/03/0905:06:07ID:gwo8ghLz0
>>416
なんか悲しい話だね…お母さんが良い人(霊)でよかったねえ



引用元:古物にまつわる恐い話
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1096026549/416-423




.



拍手[0回]

PR

あわや遭難

2018.03.26 (Mon) Category : 誰も信じない人へ

20:1/2:2006/09/05(火)11:48:10ID:jgkMJ+T90
去年のお盆の話。
母方の祖父母の家は三重県の海沿いにある。
祖父は漁師で、彼の漁船で海水浴に連れていってもらうのが自分を含めた親戚一同の楽しみだ。

去年の祖父の船はエンジンの調子が悪かった。海上で何度もエンストし、そのたびに祖父自身が直していた。

ある日の海水浴の帰りにまたエンストした。
今度ばかりは修理もできず、祖父も困っていた。
親戚の子は船酔いで泣いていた。

みな、携帯は家に置いてきていたし、船に無線があるわけでなくちょっとした遭難のようなものだった。
お盆で漁に出てる船も少ない。
ところが、エンジンがとまって20分後、同じくらいの大きさの船が通りかかった。

白い船体にところどころペパーミントグリーンの塗装がほどこされた漁船で、30代後半の男と、坊主頭にハチマキをした初老の男が乗っていた。



22:2/2:2006/09/05(火)12:01:56ID:jgkMJ+T90
自分たちを追い越していこうとするその船に、祖父は手をふって叫んだ。
船尾に「若幸丸」と書かれたその漁船は、スピードを緩めて横付けしてきた。
「どうした」
初老の男の問いに、祖父は事情を話し、自分の船着き場まで引っぱってもらえないかと頼んだ。
男は快く引き受けてくれた。
こういうとき、無償で助け合うのが漁師の間の暗黙のルールだ。

若幸丸も大型船ではなかったので、いつもなら8分で戻れる距離を30分ほどかけての航行だった。
無事に船着き場に着いた際、祖父はあとで礼をしたいから家を教えてくれと頼んだ。
小さな漁村内だ。そう遠くはないだろう。

しかし、男は
「かまへんよ」
と笑っていうと、そのまま無言だった30代の男に船を出させ、去っていった。




23:3/2:2006/09/05(火)12:22:32ID:jgkMJ+T90
帰宅後、留守番をしていた祖母に帰り際の出来事を話した。
祖母は義理と人情の人だ。お礼をしなければ気が済まない。
果物の1箱でも持っていきたいから、漁協の友人に調べてもらおう、ということになった。
どこの集落にも情報通はいるものだ。

漁協の友人に電話をかけて1時間ほどしたあと、その老人が祖父の家を訪ねてきた。
彼の話は不可解なものだった。
「若幸なんて船、ないで」
彼は周辺一帯の船舶の登録名簿を見ることができる人物だった。
両隣の集落にも、その両隣の集落にも、そのような名前の船は存在しないという。
少なくとも、現在は。

彼の話はもう少し続く。
彼や祖父母の生活する集落の隣の隣の隣に位置する集落には、何年か前まで「若幸丸」という小型魚船が登録されていたらしい。事情は分からないが、今では登録は抹消扱いになっているとのことだった。
つまり、それは廃船を意味している。

「もう少し遠い地域から来た船だったのかもしれない」
そう言って祖父の友人は帰っていった。
でも、そんな船が何故、こんなローカルなリアス式海岸沿いを走っていたというのかが分からない。祖父は言う。
だからそのとき、自分は思ったことを口にした。
「お盆で帰ってきた船だったのかもよ?」



21:本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火)11:55:46ID:ud5r4RM20
>>20
わかった!そいつが海坊主だ!



25:4/2:2006/09/05(火)12:29:30ID:jgkMJ+T90
>>20 海坊主だったら今頃沈められとるわw



24:本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火)12:24:12ID:anZgfeR50
分母超えてますやん



25:4/2:2006/09/05(火)12:29:30ID:jgkMJ+T90
>>24 うは、見逃してw

自分の祖父母、オカルト肯定派なんですよ。
祖母はタヌキに化かされたことあるって言うし、松阪・伊勢のスポットにも詳しいし。
祖父は
「人魂やUFOなんて漁に出てれば当たり前や」
って言うし。それに縁起かつぎ。

漁師ネタでもう一つ。



26:5/2:2006/09/05(火)12:38:09ID:jgkMJ+T90
漁師は海で土左衛門を見かけても引き上げちゃいけないんだって。
知らん顔してスルーして、あとで警察に知らせるらしい。

というのも、善意からの行動であっても、土左衛門を引き上げた船は一家末代まで祟られて不漁続きの人生を送ることになる、という迷信が存在するからなのだ。



27:本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火)14:43:52ID:p6I5l5WM0
>>20-26乙、面白かったよ。
23の最後の発言の後、おじいさん達はなんて言ってたの?

26読んで、そういえば轢き逃げされたネコ等を見かけてもあまり同情してはいけないという説を思い出した。
死の間際の無念のあまり、恨みの対象が誰かは分からないままに近づいてきた対象にその恨みを向けてしまうのかな?



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part35
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1157071769/20-27




.



拍手[0回]

生前の約束

2018.03.17 (Sat) Category : 誰も信じない人へ

627名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/08/24(月)20:26:46ID:/yld75Sl0
妹は鍼灸師の資格を持っていたので、生前はその資格を生かして働いていたんだけど、病気で一年近く入院して昨年に亡くなった。

そんな妹がまだ元気だった頃に、実家で家族とTVの心霊特集見ていて、幽霊はいるかいないかの話になって、家族の誰かが死んだら幽霊になって残された家族のもとに出てみよう、なんてバカ話をしてた。

今年新盆で、多少悲しみも落ち着きしんみり家族と妹の思い出に浸っていたんだけど、特に変わった事もなくお盆も終わってしまった。

私は独り暮らししているんだけど、昨日早朝に実家の母から電話があり、興奮しながら
「昨夜○○(妹の名前)が来たのよ!「死んでごめんね…」なんて言いながら、私たちにマッサージしてくれたのよ!お姉ちゃんのとこにも来た?」
と聞かれ
「来てたよ」
と答えると
「良かったね…あの子ちゃんと約束覚えてて姿見せてくれたのね…」
と涙声になってた。

妹は確かに来た。
夜中に誰かに揺り起こされた気がして目を覚ますと、妹がベッド横にいて会話までした。
というか、私は金縛りにあっているのか体も動かず喋れずだったので、妹が一方的に話していただけ。

「ちょっと聞いてよ!普通さ死んだ娘がわざわざ帰って来てマッサージしてあげてるんだから、気を使って5分くらい揉んだら「もういいよ」とか言って遠慮するじゃん?お父さんもお母さんも一言もそんな事言わないで「あっち揉め、こっち揉め」って言って、ず~っとさせるからイヤんなる!あーぁ、折角来たのに疲れたよ。それとさ~、…」
的な事を外が明るくなって妹が消えるまで延々愚痴られた。

途中で
「私もマッサージして欲しいな」
って内心思ったんだけど
「はぁ~?疲れてるって言ってるのにやらせる気?!」
と切れられた。

妹に会えたのは嬉しかったんだけど、本当は私も足揉んで欲しかった…(´・ω・`)



639名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/08/25(火)08:09:55ID:GOjs5If10
>>627
いい話だね。江戸時代なら、親孝行の美談として浄瑠璃にでもなってそうだw



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験12【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1249320871/627-639




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[05/21 ⑦⑦⑦]
[05/21 七篠]
[05/20 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ