忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

あまり悲しまないでね

2018.06.30 (Sat) Category : 誰も信じない人へ

812:本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月)21:35:42ID:qJEPia6x0
192名前:投稿日:2007/03/10(土)02:01:03ID:ayNSbM8a0
友人のお話。
道端で死にかけたノラの子猫(事故じゃなく多分病気)を見捨てることができず家に連れて帰り、寝る事もできずに看病していたんだけど、2.3日後に看病の甲斐無く友人の腕の中で死んでしまったんだって。
友人は悲しくて悲しくて、自分の看病の仕方が悪かったと自己嫌悪もあり、泣きながらいつの間にか眠ってしまったらしい。

翌日 裏の殺風景な空き地に埋めお墓を作ってあげてでも忘れられなくてそんな日が数日続いたある日、夢にその子猫が出てきて
「一生懸命看病してくれてありがとう、あまり悲しまないでね。お礼に紫のお花を。。。。」
という所で目覚め、でも内容はしっかりと覚えていたんだって。

それから春がきてその子猫を埋めたいつも殺風景な裏の空き地には満開の紫のお花が咲いて、友人はあの子猫のお礼なんだって
はっきり分かったらしいよ。

本当にあったお話でした。



813:本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月)21:38:36ID:BGoLQvgT0
>>812
( ;∀;)カナシイナー



814:本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月)21:49:32ID:jGBtjAWv0
ねこはかしこいのう。



816:本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月)22:27:11ID:Do2iIe8K0
>>812
俺を泣かさんでくれ(;;)



819:本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月)23:20:07ID:YyZI2eHc0
>>812
こんな感じか

 /l、
(゚、。7 <一生懸命看病してくれてありがとう 
 l、~ヽ  <あまり悲しまないでね
 ししと)ノシ

ああもう泣けるなあ


引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part37
https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1168931224/812-819




.



拍手[0回]

PR

丑の貯金箱

2018.06.27 (Wed) Category : 誰も信じない人へ

744:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)14:13:42ID:2o9Thpix0
幽霊じゃないからここに来ました。聞いてください。

小学生の頃、両親共働きでカギッ子だった俺は学校から帰ると近所のおばーちゃんの家に入り浸っていた。
血縁者ではないが一人暮らしのばーちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えている。
「ばーちゃんコレ見てや!新しいバイクやで」

当時仮面ライダーが大好きだった俺は人形や本を持ち込んではかっこよさをバーちゃんに語っていた、
「ヨシ君は本当にバイクが好きなんやねぇ」
「俺もな、大きくなったら仮面ライダーみたいなバイク乗るんや」
「あら、素敵ねぇそしたらおばーちゃん後ろに乗せてね」
「ええけど仮面ライダーのバイクはな、めちゃめちゃ高いんや、俺の父ちゃんも買えんって言っとったから俺がバイク買ったときにはばーちゃんもうおらんかもなー」

今思うと酷い事を言ったと思うがバーちゃんは優しく俺にこんな提案をしてきた。
「じゃあヨシ君が早くにバイクを買えるように貯金箱にお金を貯めて行きましょ、おばーちゃんも一緒に乗りたいから貯めるの手伝ってあげる」

そう言うとバーちゃんは古くさい干支の「丑」と書かれた牛の貯金箱を取り出して来た、それからおれとバーちゃんは少しずつ小銭を貯める事になった。

ところが、それから暫くしておばーちゃんは息子夫婦と一緒に暮らす事になり俺の住む町からいなくなってしまったのだ。
ばーちゃんからもらった牛の貯金箱も子供の俺はすぐに使ってしまい、そしてばーちゃんの存在すらもしだいに忘れて行ってしまった、何年かして母伝いに老人ホームで亡くなった事を聞いたときも
「ふーん」
の一言だった。



745:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)14:14:58ID:2o9Thpix0
時が経って俺が17のとき。
当時いろいろあって高校中退、非行に走り、悪い先輩達と連む様な絵に描いた不良になっていた俺はひょんな事から先輩のバイクを預かる事になった、日々何かにむしゃくしゃしていた俺はそのバイクを荒い運転で乗り回し転倒…俺自身のケガは軽かったがバイクはボコボコ。

地元でも有名な恐ろしい先輩だった為俺は真っ青になり真剣に地元からバックレようかと考えていた。
修理代を計算しても何十万もかかる、俺は親の財布や弟のへそくりまで持ち出し金をかき集め、明日は友人の家まで金を借りに行こうと考えながら眠りについた夜。

夢にバーちゃんがでてきた
「あれがあるがいね、あれ使いまっし」
と俺に言うのだ、俺はアレと言うのが「丑」の貯金箱だとすぐに解ったが
「あれは昔全部使ったんだ」
と言ってもバーちゃんはニコニコ笑っているだけ。そんな夢を見た。

俺は明け方目を覚ますと、夢の内容が気になり貯金箱を探した。
何故か俺は10年近く前の貯金箱の在りかを知っていた、自分で片づけた記憶なんて無いのに迷うことなく倉庫の棚の2段目のダンボールの奥深くから貯金箱を探し出せたのだ。取り出して見て驚いた…

重いのだ…お金を入れる口から見えるほどギッシリとお金がつまっていた。
たしかに俺は昔この貯金箱を空にしたのに…この貯金箱の事は俺とバーちゃんしか知らないのに。
貯金箱の底を外して中を数えるとたった4万円分だった。
「へへ…たりねーじゃん…全然…」
夢に出てまで勧めたくせに全然足りなくてそんなオチに笑いながらも泣いた。

すごく胸がいっぱいになり、その足で先輩に土下座しに行きボコボコにされ病院送り、みんなにお金を返し退院したら働いて修理費を返すことになった。
入院中母にこの話をした
「…でさ、4万しかねーの全然足りなくてさぁ、マジうけた」
感動劇みたいに話すのが気恥ずかしかった俺、
「足りたじゃない…充分…足りたのよ」
母の言葉がまた胸にじわっと広がった。



746:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)15:19:49ID:+Lujdbax0
>>744-745
くそ、不覚にもいい話だと思ってしまった
あの世に行ってからもばあちゃんお金貯めてくれてたのか、なんて非科学的なことまで思ってしまった
チクショー



747:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)15:54:46ID:Fl/KHcMj0
入院するほどぼこるなんて酷い



748:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)16:10:18ID:WXKfCi6M0
ぼこられた分で相殺してもらえばよかったのに



749:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)16:42:01ID:mF9Tute40
えー、当然だと思うけどなぁ。
むしろ後遺症が残らない程度に手加減するなんて先輩もそうとう甘いよ。
744はどんだけ周囲の人に可愛がられてたんだか。



750:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)16:56:21ID:/DFtwnAV0
ぼこるならカネとらない
カネとるならぼこらない
どっちかにしてほしいな



751:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)17:26:35ID:1a8/KJPh0
それ以前に、預かった物をボコボコにするなよ



752:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)19:32:41ID:/qZeNEwt0
バイクおしゃかにした?ぼこぼこにしてやんよ
 ∧_∧
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   )ババババ
 (/  ̄ ∪



753:本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土)21:39:20ID:lm8G7dG60
>>744
なんかもめてるが、これだけは言っておく

ええ話や…



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part37
https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1168931224/744-753




.



拍手[0回]

その子は強いから大丈夫だよ

2018.06.13 (Wed) Category : 誰も信じない人へ

657:本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木)11:56:20ID:k5Mswnsa0
私が体験した、というよりは母親が体験したこと。
そのとき母は四ヶ月目に切迫流産を起こし、母体ともかく子供が危険な状態で一月入院したらしい。
その前に一人流産してる母は、この子もそうなるのでは、と怖がっていた。

そしたら、どこのお見舞いか分からない男の子が
「大丈夫だよ」
って言ってくれたんだって。
「その子は強いから大丈夫だよ」
って。
無事に生まれてきた私は、多少小さいとはいえ、元気に育った。

口も聞けるようになった頃、私は母にこういったらしい。
「にーにぃがね、よしよししてくれたから、くらいくらーいこわくなかったー。」
母は直感的に、あの少年こそ前に流産した子じゃないか、と思ったらしい。
ぼろぼろ私を抱いて泣いていると、私がこう言ったそうだ。

「だから、おとこのこもくらいくらーいへいきよ?おねーちゃんがいるもん。」
男の子?どこに?と聞くと
「おなかからどくんどくんがもういっこきこえるの。おとこのこだよ。」

妊娠の症状も無いまま病院にいくと、2ヶ月目だと告げられたらしい。
弟はアトピーやら喘息やらで小さい頃は大変だったけど、今じゃ立派なVIPPERだ。



658:本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木)14:41:28ID:JhMA1Qj10
>>657
最後でフイタwwwww
でも元気そうで微笑ましいw



659:本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木)15:03:31ID:wtSfrP/e0
>>657
ねらー姉弟w
よかったないい兄貴がいて。



660:本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木)17:45:13ID:NeCQaI6L0
>>657
泣いていいのか、笑っていいのか・・w・・.。・゚・(ノ∀`)・゚・。



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part37
https://hobby9.5ch.net/test/read.cgi/occult/1168931224/657-660




.



拍手[1回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/16 オーガスタス]
[08/16 NONAME]
[08/16 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ