忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう4,000万アクセス!☆☆

トイレのムネチカ君

これは、今から20年ほど前、東京都のある小学校で噂になったオバケの話です。

学校のトイレに出るとよく噂されるのは花子さんですが、その学校のトイレに現れるのは、ムネチカ君というオバケです(注・閲覧者の皆様の身近にいる「ムネチカ」さんとは一切関係ありません)。

ムネチカ君の噂が囁かれるようになった発端は、当時、体育委員に所属していた本郷君(仮名)という生徒の奇妙な体験からです。
本郷君はその日の放課後、人がいなくなった頃にトイレに行きました。小用を済ませて帰ろうとすると、突然、
「頼みます。頼みます」
と、背後にある個室の中から声がしました。

本郷君は驚きましたが親切な性格だったので、扉の前まで行って、中にいる人に返事をしました。
「どうしたの。紙がないの?」
本郷君は、自分でそう言いながらゾクッとしました。昔からある怪談を思い出したからです。「カミがない」と言われてトイレットペーパーを持っていったら、「そのカミじゃない。この髪だ」と言われてトイレに引きずり込まれる……という怪談です。

夕方の、誰もいない学校のトイレにいるという状況から、その怪談を体験しようとしているのではないかという想像が芽生え、本郷君を不安にさせます。
ところが、個室の中にいる声の主は、全く別のことを言ってきたそうです。
「お願いです。ドリンク剤を買ってきてください。校門の前の××薬局でムネチカと言えば渡してくれます。あれがないと僕はもうフニャフニャフニャ……」
最後の方は声が小さく、意味不明な呟きになりました。本郷君は心配になり、急いで××薬局まで走っていきました。

「ムネチカ君のツケにしてください」
本郷君はそう言いましたが、薬局の人には何の事かわかりません。仕方なく、本郷君は自分のお小遣いでムネチカ君に言われたドリンク剤を一本買い、学校のトイレに戻りました。
「どうもありがとうございます。このご恩は一生忘れません」
本郷君はトイレのドアの下にある隙間からドリンク剤を差し入れました。その時に見えたムネチカ君の手首には、金持ちの大人がするような金と銀のベルトの腕時計が嵌められていたそうです。

ドアの向こうから瓶の蓋を開ける音がして、それから中身を飲む音も聞こえてきます。そして、飲み終わると直後に、ムネチカ君は叫びました。
「ファイト!! いっぱぁつ!!」
さっきまで弱々しい声――本郷君にはオカマの人みたいな声に聞こえたらしい――だったのに、その時はシュワルツェネッガーのような声に変わっていたそうです。ムネチカ君はトイレの中でドアや壁を蹴って暴れ始め、怖くなった本郷君はそこから逃げました。

これだけなら、ムネチカ君はドリンク剤が欲しかった、ただの変な人ではないかと思う人もいるかもしれません。
ですが、それから本郷君と同じように、その男子トイレでムネチカ君にドリンク剤を買ってきてくれと頼まれた生徒が何人もいます。たくさんの生徒が本郷君と同じ体験をしましたが、もしその生徒が誰かを連れて帰ってくると、ムネチカ君はその時には、決まって個室から姿を消しているそうです。

また、もしムネチカ君が言ったのとは違うドリンク剤を買ってくると、ムネチカ君は怒り狂い、眠れなくなるような恐ろしい脅し文句を言ってくるらしい。

ムネチカ君の噂はもう一つあります。ある日の放課後、関君(仮名)と竹本君(仮名)という生徒がトイレから持ってきた新しいトイレットペーパーで遊んでいました。紙の端を持ったままボーリングの玉のように廊下に転がすと、トイレットペーパーがシュルシュルと伸びていく。それが面白くて、二人は何度もそれで遊んでいたのです。

その日、二人はムネチカ君のトイレの前でそれをやっていました。関君が思いっきりトイレットペーパーを投げると、上手くいって20mくらい紙が伸びました。
その時、突然誰もいないはずの男子トイレから、ムネチカ君が飛び出してきました。
「駄目じゃないか、駄目じゃないか、駄目じゃないか、駄目じゃないか、だーめじゃないか、だーめじゃないか、だーめじゃないか、だーめじゃないか」

ムネチカ君はそう言いながら投げられたトイレットペーパーの先まで行き、それをすごい勢いで芯に巻き戻しながら二人に迫ってきたという。二人は驚いて逃げたので、ムネチカ君の顔はよく見なかったといいます。
その後、関君がトイレに行くと必ず、一度ほぐれてまた巻き戻したようなクチャクチャのトイレットペーパーが置かれているそうです。

花子さんには、「いじめられて死んだ女の子」、「変質者に殺された少女」など正体にまつわる多数の噂がついてきますが、ムネチカ君の正体については、まだ謎が多いそうです。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)


 

拍手[1回]

PR
Twitterでつぶやく

四月四日四時四十四分‏

ある年に、福井県の中学校であった話です。

四月四日。まだ春休み中の学校では、部活が盛んな時です。校庭では野球部、サッカー部、陸上部と、三つの運動部が上手くスペースを使いながら練習に励んでいました。

午後五時近くになり、サッカー部が最後のシュート練習に入っていた時のことです。

部員の雄一はパスを受けて、右足でしっかりとボールを捕らえて蹴りました。ボールはキーパーの保夫の腕をかわし、そのまま見事にネットを揺らす……はずでした。
しかし、信じられないことに、ボールはゴールに入る前に消えてしまったのです。

「へっ? 俺のボールは?」

訳がわからずに周りを見回すと、保夫や他の部員たちも、何が起きたのかわからないという顔できょとんとしています。すると、突然、校長室の窓から校長先生の怒鳴り声が聞こえました。

「こらーっ、サッカー部! こんな所に、ボールを蹴り込む奴があるかぁ!」

校長先生は黄色いサッカーボールを持っています。それは、雄一が蹴ったはずのボールでした。

「雄一。とにかく謝ってボールを貰ってこいよ。校長はうるせぇからさ」

キャプテンの和彦の言葉に頷きながら雄一は、取り敢えずボールを返してもらいに行こうと小走りで校長室に向かいました。

「しかし……なんで雄一のボールがあそこにあるんだ?」

雄一が走り去る姿を見送りながら、顧問の岡田先生が不思議そうに呟きました。部員たちも、全く理解できない出来事にみんな首を傾げるばかりです。


雄一が校長室に着くと、校長先生も少し冷静になったのか、不思議そうに聞いてきました。

「君は、あそこで蹴っていたんだろう。なのにどうしてここにボールがあるんだ? これは、本当に君の蹴ったボールなのかい?」

雄一の蹴ったボールではないのかもしれないと校長先生は言いましたが、でも、それは確かにあの時、ゴールに入るはずだった雄一のボールです。

「いえ、確かに僕のボールです。信じられないかもしれませんけど、ゴールに蹴った時に消えてしまって……」

雄一が先程起きた不可思議な出来事について説明しようとした、その時、後ろで声がしました。

「ええっ? 俺、なんでこんなとこにいるんだあ?」

突然聞こえた叫びにふりむくと、陸上部の昭光が校長先生の椅子に座っていました。

「昭光、お前、いつの間に来たんだ?」

驚いた雄一が聞くと、昭光も何がなんだかわからないといった顔で、興奮した声で答えます。

「俺、校庭で練習してたはずなんだぜ」

昭光は走り高跳びの選手です。先刻、雄一がシュートしたのと同じ時、昭光も今日の最後と思って、勢いよくジャンプし、マットに飛び込もうとしていたのです。

「上手くバーを越えたと思ったら、耳元で風がゴーッと鳴って、何も見えなくなったんだ。それで、気が付いたらここにいて……一体なんだ、これ?」

理解を越えた出来事に、頭を混乱させながら昭光はふと、壁にかかっている時計を見ました。
四時四十六分。雄一のボールが消え、昭光も校庭から姿を消したのは、二分ほど前の四時四十四分。
不思議に出会う時間だと言われる、“逢魔が時”に起きたことだったのです。


この不思議な事件があってからその学校では、「四月四日の四時四十四分には、空間が歪んで不思議な事が起きる」という噂が囁かれるようになりました。
余談ですが事件の日、消えたものたちが校長室まで来る時間が異なったのは、ボールと昭光の重さが違ったからではないかと言われています。






昔から、不思議なことが起きる時刻だといわれる、四月四日四時四十四分にまつわる学校の怪談をまとめました。

(続きは『続きを読む』をクリック)
(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)



 

拍手[0回]

Twitterでつぶやく

続きを読む

クリーム色の扉‏

五年生の千加は、学校の三階の廊下の外れに、ドアがあるのを見つけた。いつも、同じ所を通っているのに、こんな所にドアがあるのを全然知らなかった。
そのドアはクリーム色の壁に、人ひとりようやく入れるくらいの幅の狭いドアで、壁と同じクリーム色に塗られていたが、千加が思わず目を擦ったのは、ドアの境がぼやけていて、はっきりしなかったからである。

(何のドアだろう?)
一瞬そう考えたが、次の瞬間、このドアの向こうに何かあるなんて変じゃない、と思った。
だってドアのついているのは、外に面している窓側なのである。壁の向こうは外だ。例えドアがあっても、その先はないはずなのである。

ドアには小さな可愛いノブが付いている。なんとなく回して開けてみたくなる。千加は左右を見た。離れた所に何人もの男の子や女の子がいるが、こっちを見ている者はいない。
千加はノブに触れた。快い振動が手に伝わってきた。回して開けてみる。ドアの中を見る間もなく、千加の体は吸い込まれる様にドアの中に消えた。

ちょうどその時、ひとりの男の子が千加の方を振り向いていた。
「あれっ?」
男の子は千加が壁にスーッと入っていったのを見たのだ。思わず目をパチパチさせる。今、そこにいた女の子が壁に吸い込まれるのを見たなんて、頭がおかしくなったんじゃないか。
男の子は千加のいたあたりに行ってみた。

「何もない……」
クリーム色の壁があるばかり。千加の見たドアなどない。
「変だなあ。あれ、三組の子だった……」
千加は身長一五二cm。そんな体格を見間違えるはずはない。
その時、男の子はどこからか聞こえる幽かな声を聞きつけた。
「助けてえ、出口がない……」
声は聞こえるが、どこなのか見当がつかない。

千加がどこにもいないと解ったのは、それからしばらくしてからだった。
千加は学校から不意に消えてしまったのである。
でも、その時から何ヶ月かたった後も、誰かが時々、どこからか聞こえてくる声を聞く事がある。
「出口はどこ? ドアがないの。誰か来て……」

千加は、廊下に出来た異次元のドアの中に今でもいるのだろうか。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)


 

拍手[1回]

Twitterでつぶやく

ふりむかないで

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 21:09:13.11 ID:KjbAH+qe0
夜の十時過ぎ、バスの中は私だけかと思っていた。
すると後ろから子供の話し声が聞こえた。
そうか、まだ他にも乗客がいたのか。

子供達は怪談話をしていた。

子供1「振り向くと幽霊があの世につれて行っちゃうんだって。」

ああ、この子達は良く帰りが一緒になる塾帰りの子だ

子供2「じゃあ振り向かなければいいんだね。簡単なことだ。」

子供1「それがね、絶対振り向いちゃうんだって。幽霊も振り向かせるために色々な方法を使うらしいんだ。」

もうすぐこの子達が降りるバス停だ。
二人は全く気づいていないようだ。
降り過ごして帰りが遅くなるのは可哀想だと思い、振り向いて声をかけた。

「君たちここで降りるんだろ?」






子供1「ほらね」


 

拍手[1回]

Twitterでつぶやく

ケチャップおじさん

279: ケチャップ男:2009/09/08(火) 10:11:10 ID:xyWH//T/0

うちの子供と同じ幼稚園の子が、部屋に男がいるといって夜泣くという。
怖い顔をしていて、胸にケチャップがついているそうだ。

「だって赤いんだもん。ケチャップでしょ」

その子は、男のことをケチャップおじさんと呼んでいた。
しばらくしてその子は、ケチャップおじさんがいなくなったと喜んでいた。

すると今度は、うちの子が、クリスマスでもないのにサンタが怖いと言い出した。
どうしたのか聞くと、部屋のすみにサンタが立っていて、睨んでいるという。
なんでサンタなのか聞いてみた。

「だって、真っ赤な服を着ているんだよ」

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)


 

拍手[0回]

Twitterでつぶやく

爪の願い

数年前、友人が体験した話です。


その頃、友人のS木君には悩みがありました。
「ちょっとした、他の人が聞いたら呆れるような悩み」だと前置きして、話の最後までどんな悩みなのかは教えてくれませんでしたが。
でも当時のS木君にとっては深刻だったそうで、いつまでも胸に居座る不安のせいで食欲が減退したりと、酷い状態に陥ったそうです。

胸に靄のようなものが湧くたび、自分の胸に「大丈夫、きっと良い方向になる」と言い聞かせたり、普段はやりもしないようなおまじない(携帯で出来るちょっとしたやつだそうです)を試して不安を追い払おうと必死になりましたが、それでもその悩みは数日もの間消えなかったそうです。

ある日、家事をしている最中にまた不安になったS木君は、いつものようにそれを追い払おうとしていました。「大丈夫、大丈夫だ」と言い聞かせ、終いには神頼みまでしたそうです。

「神様、もし×××(願い)になったら、左手の親指の爪をあげます」

聞いた時には、なんだそりゃと思いました。
お賽銭や自分の好きなものをあげますだったら解るけど、いくらなんでも自分の爪をあげるなんてと。その時の彼からみれば、自分の爪一枚で悩みが終わってくれるなら安いものだったそうですが。
勿論、S木君も本気ではなかったみたいで、お願いをした後には「馬鹿か俺」と自嘲しながら、親に頼まれていた家事を終わらせたといいます。

ところが、それからしばらくたった頃。
S木君が朝起きると、なぜか解りませんが、彼の左手の親指の爪が根本から剥がれて消えてしまっていたそうです。
爪が剥がれた痕からの出血を、親指を口にくわえて止めながら、S木君は剥がれた爪を探しました。
ところが、いくら探しても見つからなかったそうです。ベッドの血がついた所に落ちておらず、その後部屋の隅々まで探しましたが、結局見つからなかったそうです。

話を聞いた直後は、ただの冗談話かと思いました。ただ、しばらく左手の親指に包帯を巻いていたのは僕も見たことがあります。ちなみにS木君によれば、爪が消えたのは彼の悩みが解消された少し後のことだったらしいです。
あれがただの合理的に説明できる偶然の出来事だったのか、それとも本当に不思議なことが起きたのか。未だに解らないが、とにかく願いは本当に叶ったそうです。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)



 

拍手[1回]

Twitterでつぶやく

口裂け女異聞

夕方。学校から人気のなくなった時刻に校門を通ろうとすると、門の陰から、大きなマスクをした女が尋ねてくる。

「わたし、キレイ?」

この問いかけに、「キレイ」と返事をすると、

「そう…これでも?」

と言いながら女はマスクを外す。
マスクの下には耳まで裂けた大きな口があり、女はその口を笑みに歪めながら、答えた子供に近づいてくる。そして、恐怖のあまり何も答えられないでいる子供に、

「同じ顔にしてあげる」

と隠し持っていた鎌を振りかざし、子供の口を切り裂いて自分と同じ顔にしてしまう。

女の問いに「キレイじゃない」と答えた場合も、悲惨な結果が待っている。そう言われた女は「そう」と哀しげに言いながら子供に近付いてくる。そして、

「見えなくしてあげる」

と言いながら、鎌でその子の両目を切り裂き、失明させてしまう。


下校のチャイムが鳴った後、学校の中を子供を探して歩き回ることもあるという。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)



 

拍手[1回]

Twitterでつぶやく

続きを読む

赤珊瑚のブローチ

882 :本当にあった怖い名無し:2007/10/28(日) 23:20:47 ID:NASWOvl7O
少しスレ違いですが。
知人から聞いた話だけど、持つと必ずお姑さんが亡くなる赤珊瑚のブローチがあります。

初めは知人の従姉妹が、四国の方の親戚からもらったそうな。
ブローチをもらって二日後、病院に何年も入院していた、従姉妹のお姑さんが他界。
従姉妹は、お姑さんのお葬式に来ていた姪っ子にねだられ赤珊瑚のブローチをあげた所、まだ58歳だった姪のお姑さんが高血圧で倒れ、そのまま帰らぬ人に。

友達の結婚式に着けたいとブローチを借り、そのまま忘れていた姪の友人のお姑さんも、交通事故で死亡。
友人から返されたブローチは、知人のお姉さんの元に。
当然と言うか、お姉さんのお姑さんも心筋梗塞で亡くなり…。

お姑さんにイジメ殺された嫁の霊でも憑いてるんですかね?
自分は一人身なんで、嫁姑問題はあんま分からないんですが。



 

拍手[1回]

Twitterでつぶやく
Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

バナー

ブログ内検索

リンク

カレンダー

03 2014/04 05
S M T W T F S
3
6
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

新着情報



blogram投票ボタン

カテゴリー

最新コメント

[04/16 ドラスタ娘]
[04/16 えんざぶろう]
[04/16 ネフェルタリ]
[04/16 ネフェルタリ]
[04/16 韻]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

拍手ランキング

アーカイブ

掲示板

RSS

バーコード

最新トラックバック

カウンター

アクセス解析

ブログ内ランキング

Designed by 0x85ab.