忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

みどり池

2015.11.14 (Sat) Category : 都市伝説・ホラー・オカルト

ある学校の、木造の旧校舎の裏庭に乾涸らびた池がある。
学校が創立した年に、卒業生達が作った池であり、池の周りにある植木や松の木が映って水面が緑色に見えるからという由来から「みどり池」と名付けられ、池にまだ水が満ちていた頃には、生徒達が此処で観察用の魚を飼育しているのが見られた。

この池に水が引かれなくなったのは、表向きは児童の安全の為だとされているが、池は一年生でも膝から下が浸かる程度の深さで子供が溺れる心配は無い。
池が無くなった本当の理由は、この池に何かがいるという噂が立ったからだという。

「池の中を何か大きな影が横切るのを見た」
「池の中からギョロリとした眼が睨んできた」
「放し飼いにした魚が、少し目を離した隙に消えてしまった」

噂が噂を呼び、気味悪がった生徒達は池に近寄らなくなってしまい、この騒ぎで教師達は生徒の噂を静める為に池から水を抜いてしまったらしい。

しかしその後、誰が言い始めたのか、生徒達の間で池にまつわる新たな噂が囁かれるようになった。

満月の夜。空に昇った月の光が旧校舎の裏庭を照らす時間になると、干涸らびた池の底から水が湧き出し、植木がたくさん植えられた裏庭を水浸しにするほどに溢れ出す。

すると、底が浅い筈の池の中から大きな鰐が顔を出し、鋭い牙が並んだ顎を開きながら池の外に這い出してくるという。

鰐は水浸しになった裏庭をゆっくりとした足取りで歩き回り、夜明けが近くなった頃に池の中に戻っていく。

池から溢れ出ていた水は東の空が明るくなる頃、池の中に吸い込まれる様に消えていき、後にはまた何事も無かった様に干涸らびた池だけが残される。

今でも、朝早くに登校してきた生徒や用務員が、裏庭の地面に残る何か大きな生物の足跡を見つける事が、何回かあるという。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)



 








拍手[1回]

PR

奇妙な狸

2015.11.10 (Tue) Category : 都市伝説・ホラー・オカルト

東北地方の小学校の噂。

紅葉の時期に、学校の裏山を子供が一人で歩いていると、奇妙な狸に出会う事がある。
その狸は一見、普通の狸と変わりないが、子供に出会うと前肢を動かし、器用にどちらかの眼を隠す。

もしもその狸に出会ってしまったら、狸が片眼を隠した時、狸が隠したのとは反対の眼を手で覆い隠さなければいけない(例えば狸が左眼を隠したら、自分の右眼を掌で隠す)。
もしも、狸が前肢を下ろすまでに片目を隠す事が出来ないと、狸に目玉を取り換えられてしまうという。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)


 








拍手[1回]

指囓りさん‏

2015.10.16 (Fri) Category : 都市伝説・ホラー・オカルト

愛知県のある小学校の話。

四時四十四分。下校時刻の五時まであと16分になった頃に、体育館裏の夕陽があたる壁の前に立ち、ジャンケンのチョキの形にした右手の影を壁に映す。
それをやってしまったら、最終下校の放送が流れるまでに学校から出なければいけない。
もし、五時になるまでに学校から出られないと、何処からともなく頭に鋏の刺さった男が現れ、その生徒を学校の外まで追って来る。
男に捕まる前に家の中まで逃げ込めば助かるが、家に辿り着く前に捕まってしまうと右手の指を全部囓られ、喰い千切られてしまうらしい。

(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)



 




拍手[2回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/21 NONAME]
[10/20 名無し]
[10/20 名無し]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ