忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


ブラウン管の中から【萌ver.】

わたしが求めるのは空に輝く月の光

いったい何度繰り返せばいいのだろう
今日もわたしを呼ぶ声が聞こえる
それは他の誰にも聞こえない、わたしの冷え切った身体の内から響く慟哭

無機質なブラウン管の向こうに見える質素な部屋
その部屋の中央に敷かれた布団に男が一人横たわっている

愚かな男……

この男で何人目になるのか、すでに数えることはやめてしまった
今はただ、目の前にいるこの男が憎い、憎い、憎い……

わたしを閉じ込める箱からゆっくりと這い出し、男のかたわらに立つ
男はこれから迎える運命も知らずに眠りこけている

「起きて……」

なにも知らないまま死ぬことなど許さない
わたしの声を、姿を、恨みを知り、自分の行いを後悔しながら死んでいくといい
男はゆっくりと瞼を開く

「ん……誰……」

目覚めた男の問いには答えず、意識を集中させる
ただ、この男を殺す、それだけに――
「今何時だ?」
「え? っと、七時……十五分かな」

あまりに意外な問い掛けに、考えるよりも先に答えてしまっていた

「七時十五分……やばっ! 遅刻する!」

突然飛び起きた男は、わたしに目もくれずに慌しく身支度を始めた
わたしなど眼中にないというその様子に呆気に取られていると、
男は支度を終え部屋から出て行こうとする

「あの……」
「あ、悪いけど今急いでるから後にしてくれないかな」
「後にって……わたしのことが気にならないの?」

おかしな男だ
わたしを誰だと思っているのだろう?

「気になるけど、今それどころじゃないんだよ。
 ああもう、起こすならもっと早く起こしてくれよ」
「……別にあなたのために起こしたわけじゃないのよ」

そう、すべてはこの男にわたしの味わった恐怖を教えるために――

「なんでもいいや、とにかく俺は出かけるから。
 帰るなら鍵閉めていってくれよ。鍵は郵便受けに入れといて」
「あ、うん……いってらっしゃい」
「いってきます!」

嵐のあとの静けさの中に、わたし一人が取り残されていた

「あ……逃げられた」

なんということだろう、こんなことは初めてだ
これまでわたしが殺してきたどんな人物とも違う

「どうしよう」

考えたところで仕方がない
わたしはわたしが作り出した「子供」の側からは離れることはできない
もはや男はわたしの手の届かないところに行ってしまった

ここはおとなしく明日の朝を待つしかないか
焦ることはない、これまで何十年も暗く冷たいあの場所で独り過ごしてきたのだから
とりあえず明日は少し早起きしなければ


 




拍手[12回]

PR



夏祭り【萌.ver】

9 :1/5:2010/07/18(日) 21:01:51 ID:V9UBDV4c0
久しぶりに会った同級生に誘われて、旧友数人で近くの大きな花火大会に行った。
しかし早速後悔。そういう体質だと自覚してはいたのだが。

左腕が重い。

しがみついているのは浴衣を着た十代半ばの結構可愛い女の子、ただし半透明。
いわゆる幽霊って奴だ。
 

俺は気がついていないフリしているのだが、
『アレおいしそう』だの『コレ可愛い』だの俺の腕を引っ張っては主張してくる。

そんな感じで暫く屋台を覗いていたんだが、俺が無反応なせいか幽霊は拗ね始めた。

『あーあ、つまんない。久しぶりに気がついてもらえてるかと思ったのに』

そう言って、文字通り腕にぶら下がりだす。

『やっとお祭りにこれたのに、つまんない…』

寂しそうに俯く幽霊。
俺の胸に湧きあがる罪悪感。

いやしかし、幽霊なんぞに気に入られても楽しい事は何も無い。
長年の数々の憑依体験から、悪質な幽霊ほど誘惑が上手いと知っているし――

『私が生きてたらコレってデートみたいな感じだし、キスぐらいしてあげてもいいのにな』

負けました俺。
幽霊の言葉に反応し、思わずちらりと一瞥。にんまりと笑う幽霊と、ばっちり目が会った。

『次は金魚掬い、ノルマ20匹!』

離れて欲しければ楽しませろと脅された俺。
財布はがんがん軽くなっていく。

「おっしゃ、金魚は俺が全部掬ってやるぜ!!」

やけくそ気味に盛り上がる俺。
ワケがわからないなりに同調して騒いでくれる友人達。

そうこうしていると、花火が上がり始めた。

『花火見るの!もっといい場所にダッシュで移動!!』

「この人ごみで走るのは流石に危険だろ!なるべくいいところへ移動するからちと待ってろ」

急ぐ姿を友達に笑われつつも何とか人の波を掻き分けて、そこそこ見える場所へ移動。

『って、見ーえーなーいー!!』

「痛っ!!」

小柄な幽霊に人垣はちと高かったらしい。
幽霊だから他の人の身体に被るし。
だからって足を蹴るな。つま先をかかとで踏みにじるな。

「あーもー」

仕方なく一旦人の少ない所へ移動。
不満げにこちらを睨みつける幽霊を、小さい子供にするように抱き上げた。

『!?っんな、や、ばっ!!』

「これなら俺の頭より高くなるから見えやすいだろうが」

『えっ?…え、ああ、おー、そういうこと…』

俺の頭にしがみつきつつ納得する幽霊。
傍から見ると見えない何かを抱えている俺の姿は怪しい事この上ないが、この際仕方ない。

『よーし、も一回見に行きなさい、今度は最前列!!』

「無茶言うな」

調子のいい幽霊にややむかつきつつも、俺も不思議と楽しいと感じ始めていた。


そんなこんなで花火大会は終わり、俺も友達と別れて帰宅した。

『あー楽しかったぁ!』

幽霊連れで。

「…楽しませたら離れるとか言ってなかったか?」

『まだちょっと足りないもん』

意地の悪そうな笑顔でこちらの顔を覗き込む幽霊。

「で、何すりゃいいわけ?」

『うーんとねぇ…』

僅かに残されていた小遣いの使い道は、アイスクリームとファミリー用の花火セット。

「…なぜ花火を見た後で花火をしたがる…」

『いいじゃない、やりたいんだもん』

ほらほらと急かされて、しぶしぶ河川敷の広場に向かい、命じられるままに花火をする。
時々通りかかる人達には深夜に一人でぶつぶつ言いながら花火する寂しい人に見えてるんだろうなぁ…。


「ほらコレで最後だ」

派手めなのから使っていくと最後に残る線香花火の束。うち一つを手に取り火をつけた。
それまでは手持ち花火を振り回せだのまとめて火をつけろだのと騒いでいた幽霊だったが、
どういう風の吹き回しか俺の隣に大人しくしゃがみこんだ。

二人で静かに小さくはぜる花火を見つめる。

『なんだかあっという間だったな』

ポツリと呟く幽霊。

「幽霊やってどのくらい?」

『…今年が初めて』

嘘かホントか分からないが、その横顔はとても寂しそうに見えた。

「そうか…すまん」

『信じたの?バカねー』

「くっ…」

コイツは絶対悪霊の素質がある。
むかついたせいだろうか、細い軸の先でちりちりとはぜていた小さな火の玉がぽとりと落ちた。

「おっと、じゃ次のに火をつけるぞ」

手元の花火に集中したその瞬間。
ふわりと幽霊が抱きついてきて。

「…な」

『――お礼、かな』

頬に軽く押し付けられた唇は、少し冷たく感じた。

『じゃ、ね。バイバイ』

「おい…――」

背を向けて歩き出した幽霊は、こちらを振り返ることなく、空気に溶けるように滲んで消えた。
手に握ったままの火のついた線香花火は、またもや燃え尽きる前にぽとりと落ちた。

『お宮の夏祭りに行こう』

「いやちょっと待て」

そろそろ晩夏に差し掛かる頃、西日の差し込む俺の部屋。
茹だるような暑さにめげず昼寝をしていた俺。
暑さが急に和らいだと思ったら、聞き覚えのある声が響いてきた。

慌てて飛び起き――ようとしたものの、幽霊が俺の腹に馬乗りに座り込んでいたので無理だったが。

『お祭りだよお祭り。ほら隣町のお宮祭り』

ワクワク顔ではしゃいでいる幽霊。

「祭りがあるのは知っている。俺が聞きたいのはお前がここにいる理由だ」

『お祭りイベントのあるところには、私はいつでも現れるのよ』

「答えになってない」

『いいじゃない。貴方と一緒だと楽し…我がまま放題できるから楽しいの、私が』

悪霊だ。コイツは絶対悪霊だ。

まあ今までの悪霊に比べれば、比較的、嫌な感じがしないと言うか。
格好の餌食として目をつけられたかもしれないと思い至っても、ちょっと心が浮かれているのは確かだ。

 

 




拍手[19回]




メリーさん(萌ver.3)

10 :VIPがお送りします:2010/03/15(月) 03:30:39.81 ID:wtNX2W/CO
僕の後ろには――




         ――いつも君が寄り添っていてくれた…

僕が彼女と初めて出会ったのは10年前の人気のない道だった

彼女は間違い電話を僕にかけていたのに、電話の相手を間違ってないと思って僕の後ろにやってきたっけ。


「私メリーさん。今あなたの後ろにいるの」


そういわれて振り返った僕を見て、君は酷く驚いた顔をしていたね。
あの時の君の表情は今でも忘れられないよ。


「初めまして。君が、メリーさんなんだね」


こうして、僕らの物語はーーー…いや、もうその時には既に、始まっていたんだ。

「メリーの行くところならどこへでもいくよ」
「私も、あなたのところへならずっとついていくわ」

あれから僕らはいつも一緒だった。隣を見れば君がいた。
初めて会った時を除けば、君が後ろにいるなんてことはなかった

なのに

「ごめんなさい」

メリーはある日何の前触れもなくそう言ったんだ。

「え・・・?どうしたんだよメリー、僕は何も怒ってないよ?」

「違う・・・私、もう行かなきゃいけない。ずっとあなたの事騙してた・・・」

メリーは僕に、ずっとそばにはいられないということ、ずっと傍にいたかったということを話して聞かせたんだ。
まだ納得がいかなかった。
でもこれは確実に別れ際の最後の時だという事だけは鮮明に理解できた。

だって、メリーが最後に残した言葉は

「今度は、思い出の中で会いましょ」

あれから何年経ったろう・・・・
俺は未だにメリーのことが忘れられなかった。

会社ではそれなりに成果を出し、自慢じゃないが他の男よりは女に不自由せず、金銭的にも不自由していなかった。

だが・・・・
このどうしようもない空虚な気持ちが消えることは一度も無かった。
誰も・・・何も・・・・俺を満たしてはくれない。

そんな生活に耐えられなくなり、ついに俺は仕事を辞め、結婚の約束までした女に別れを告げ、山奥の一軒家を買い上げて一人きりで何にも邪魔されない生活を始めた。

静かだ・・・・・ここにいれば余計な感情は生まれない・・・・・・
ただあいつと暮らした日々だけを反芻して生きるだけの生活にいつしか満足を覚え始め、それは俺から生きる気力を失わせていった。

ある日。
俺は右手にナイフを持っていた。

あいつがいない生に意味を見出せなかった俺は、自らの物語に終止符を打つことにした。

家も土地も金も、故郷に残した両親に相続されるよう手配もした。
もう思い残すことは無い。

ただ・・・・・最後に・・・・・・・もう一度だけでいいから・・・・・・・

そう思いながら・・・俺は左胸に刃先を当てた。

今・・・お前は生きているのか?幸せにしているか?
それが心配でならない。
恐らくは先に逝くであろう俺を笑ってくれ・・・・・・

右手に力を込めたその時。

ピンポーン!ピンポーン!

「すいませーん!速達ですよー!すいませーん!」


なんだよこんな時に・・・・・
俺はもう死ぬんだ・・・・最後くらい邪魔しないでくれよ・・・・・


「すいませーん!○○さーん!いらっしゃいませんかー!」


・・・おかしい。俺は誰にもここの住所を教えていない。まして表札だって出していない。
一体誰が・・・・・・いや、それより今チャイムを鳴らしているのは何者なんだ!?

何故だろう。俺はどうしてもその速達とやらを受け取らなければいけない、そう思った。

重い腰を上げ、玄関へ行く。

ガチャ
「はい・・・・・」

「あ!よかったあー。○○さんですよね?ここにハンコお願いします。」
「ああ・・・・・」ポンッ

俺は受け取った速達を見る。そこには「これを受け取ったらその場で開封すること」と書かれている。
・・・・なんだこれは。まあいい、言われた通りにしてやるか・・・・
そこにはたった一言、こう書かれていた。・・・・というより・・・・聞こえてきた・・・・?

「あたしメリーさん、あなたの前にいるの」

え?なんであいつの声が・・・と思うが早いか、目の前の配達人が深々と被った帽子を取る。


「ずっと・・・・・逢いたかったよ・・・・・・・・」


なんということだ。そこにはあの時のままのメリーが立っていた。
その大きな瞳から大粒の涙を溢れさせて。

「・・・俺もだ・・・・・・・・すまない・・・お前が来てくれなければ今頃俺は・・・・・・」

「いいの。それ以上言わないで・・・・・もうどこにも行かないから・・・私と・・・ずっと一緒にいてくれますか・・・・?」

「・・・・・・・ああ、もちろん」

・・・・・私は人間ではない。
どんなに頑張っても、人間と共に一生を終えることは出来ない。

わかっていた。だからあの時私はあの人から身を引いた。
愛してしまったから・・・・・・
でもあの時の彼の目が忘れられなかった。そして・・・戻ってきてしまった・・・・
あの人に幸せをあげられただろうか。
あの人は満足して逝ってくれたのだろうか。



あの人の墓標の前で私は話しかける。




「私、メリーさんよ。今、あなたの思い出の中にいるの」 


END


 




拍手[29回]




エピローグ

見えてるくせに(萌ver.#2)

雨の日に、十字路になっている交差点で信号待ち。
道の向こうに全身がもやもやした影みたいのに包まれた女の子が立っていた。

異様な気配を感じてその子をじっと見ていたらすーっとその子が寄ってきて、すれ違いざまに
「よく気付いたね」
と小さな声で言って通り過ぎていった。

聞こえるかどうか分からないけど、伝えなきゃ、と思ってこう言った。


「そりゃ気付くよ」


その瞬間、だだだだっ、と背後から足音が響いてきた。
やがて足音の主は俺の前に回りこんで急ブレーキ。水しぶきがあがる。


「な、なんて言ったの今っ!!」
「いや……だから、そりゃ気付くよって」
「どうして!」
「君の名前も知らないけど……いつも通学時間、ここですれ違ってたよね?」
「う、うん……学校違ったから」
「君とすれ違わなくなってから、この近くで女の子が交通事故にあった、って聞いて……もしかしたらと思ったんだ」


結局、その子の名前もわからないままだった。
それから今日まで一ヶ月近くの間、彼女の姿を見ることはなかった。



「…………ふ、ふん。ボク霊感あるんだよスゴイっしょー、って? ばっかじゃないの?」
「うん、馬鹿かもしれない」
「なによそれ。何が言いたいの?」
「生きてるうちに告白できなかったなんて、大馬鹿だなってこと」
「………っ! そ、それって……その……」


真っ赤な顔でこちらを凝視する彼女。雨の中でも彼女の制服は濡れていない。
ああ、やっぱりこの子は亡くなってるんだな、と思って少し胸が苦しくなる。


「君のことが好きです。名前も知らないけど、好きでした」
「あ……ぁ……う…………え、っと………」


もじもじと手を動かしながら俯き加減でしどろもどろ。
可愛らしい仕草をじっと見つめる。雨はまだ止まない。


「過去形になっちゃうのが悲しいけど……本当の気持ちだよ。もっと早く言えば良かった」
「……過去形じゃ………ぃゃ…」
「え?」
「……だから! 勝手に過去形にしないでって言ってるの!」
「だって……」


彼女は亡くなってる。どうすることもできない。


「も、もうちょっとだから、その………待ってなさい!命令だからね!いい!?」
「待つって……何を?」
「い・い・か・ら・黙・っ・て・待・つ・の」
「ワカリマシタ」


幽霊に胸倉掴まれて意味不明な脅迫をされたのは俺くらいだろうなあ、と他人事のように考える。
「待て」ってなんだろう。取り憑かれて連れて行かれちゃうんだろうか。


「約束だからね……破ったらマジ祟るから。貞子なんて目じゃないんだから」
「う、うん、待てばいいんだね? よく分かんないけど、とにかく待つよ」
「ん。……じゃ、じゃあ、ばいばい!」
「あっ………」


くるっと踵を反して駆け出す彼女。
雨にけぶって見えなくなっていく細い背中を呆然と見送る。
ああ――また名前を聞きそびれた。





―訊いた? 201号の患者さんの話
―意識戻ったらしいねー……このまま植物状態かもって言われてたのに
―あんな若い娘がそれじゃあんまりだもんね、ともかく良かったわ
―でもなんで突然……先生だって匙投げてたのに
―ねえ?


 




拍手[44回]




関連記事

メリーさん(萌ver.2)

以前紹介した【メリーさん(萌ver)】に続く第2弾。

- - - - - -
「もしもし、私メリーさん。今あなたの家の前にいるの。」
「ごめん。仕事で家に居ないんだ。これ携帯に転送されてるんだよ。」
「え?…え?」
「7時には帰ると思うから、またかけ直してくれる?」
「あ…うん。わかった。」




早めに仕事が終わったので帰ってみたら、ドアにもたれかかって眠ってました。


 




拍手[14回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[05/27 NONAME]
[05/27 NONAME]
[05/27 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.