忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


今、変な夢見てたんだよ

80:忍法帖【Lv=40,xxxPT】[]投稿日:2012/04/17(火)02:07:28.47ID:HwLCJWaH0
母から聞いた話

俺の祖父が入院してベッドで横になっていた
ついうとうとして昼寝をしちゃったらしいんだよ
寝てる時にある夢を見た

その内容は女の人が祖父を追いかけていて、祖父は必死にその女の人から逃げている夢らしい
昼寝から起きると、姪っ子が見舞いに来ていて隣に座っている
祖父は姪っ子に
「今、変な夢見てたんだよ」
と言うと姪は
「知ってるよ 女の人に追いかけられる夢でしょ」
って答えたんだと
祖父は
「何で知ってるの?」
と聞くと

姪っ子は
「さっき女の人が窓の向こうから、こっちのぞいてたから」
と答えた
祖父の病室は4階だったそうです



81:名も無き被検体774号+[]投稿日:2012/04/17(火)02:13:47.41ID:pCEeZG/Zi
>>80
それ実話?
怖いんだけど



引用元:おまえらの体験した怖い話
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/news4viptasu/1334574837/80-81




.




拍手[0回]

PR



峠に筍取りに行った時の話

796:[1/6]@\(^o^)/[sage]2017/06/26(月)04:45:11.01ID:vJIkIQV/0.net
丁度今位の時期の話なのですが、峠に筍取りに行った時の話です。
峠には私が所属している愛好会の方3名と私の合計4人で行きました。
皆年齢等バラバラで最高齢の方で58歳でした。

筍取りに行こうと言い出したのもその最高齢の方で、その方は樽さんと呼ばれみんなから慕われてました。
とても男らしい見た目の方なのですが、他の仲間の話だと、樽さんはサンダーで爪を研ぎ、ランマーで腰の指圧をし、釘を爪楊枝代わりに使うというくらいワイルドな方らしいのです。

そんな樽さんが穴場だと言う峠に行ったのですが、確かに人が全くいないというか、車が通れる道も途中でなくなり、そこから15分くらい歩いてやっと到着という場所なのです。
到着し、携帯のアラームを設定し、2時間後ここに集合とだけ言い、それぞれ竹林の中に入っていきました。



797:[2/6]@\(^o^)/[sage]2017/06/26(月)04:46:39.43ID:vJIkIQV/0.net
私は一服してから向かったのですが、竹林に入ってすぐにこれでもかってくらい筍があります。
これはすごい…妻も喜ぶだろうなと思いながら、夢中で筍を取り始めました。

リュックサックにこれ以上入らない位まで詰めたので、約束の時間まで少し早いですが、集合場所に向かうことにしました。
集合場所にはまだ誰もおらず、私は筍の写メを妻や友人に送ったりしてました。
集合時間が近付くにつれ、皆戻り始め、皆のリュックも発射寸前のたまきんの如くパンパンに膨れ上がってました。
「いやぁ~すごいねここ!流石樽さんだね!」
等と言い合っていたのですが、その樽さんだけがまだ戻っておりません。

すぐに来るだろうと、取った筍を見せあったりしながら時間を潰しましたが、約束の時間から1時間たっても樽さんは戻ってきません。

(続きは『続きを読む』をクリック)








拍手[0回]




続きを読む

夜勤当番

447名前:⑦⑦⑦ 2017/06/25(Sun)21:06:49
以前勤めていた会社では、夜勤当番がありました。
毎日誰かしらが夕方出勤して翌朝までオフィスにいます。

何事もトラブルがなければ、朝までのんびり自分の仕事に専念できます。
誰も見ていないので、適当に居眠りしてても読書していても問題ありません。

だけど、金曜日の夜勤はみんなが嫌がる勤務でした。
みんなが飲みに行ってるときに拘束されるからだと思っていました。

女性だからと気を使ってくれてたのか、わたしに夜勤当番はなかなか回ってきませんでした。
特に金曜夜勤は入社してから2年間、一度もありませんでした。

しかし、あるときどうしても他の社員の出張等でわたしが金曜夜勤を受け持つときが来ました。

「女の子は金曜に泊まらせないようにしてるんだけどね」
上司が言ってました。

金曜日は皆帰宅が早く、10時前にはほとんど人がいなくなりました。
11時過ぎには他の部署を見て回り、残ってる人がいないのを確認して照明を落として来ました。

そして一人っきりでトラブルがないことを祈りつつ、週明けに提出する書類を作成していました。
すぐ手元にある電話は一度も鳴りませんでした。

夜勤では電話もなく話しかけてくる人もいないので、仕事に集中できます。
気がついたら夜中の2時を回っていました。

さすがに少し疲れたので、休憩しようと給湯室に向かいました。
カップにお湯を入れてる最中、近くで電話の音が聞こえました。
内線呼び出しの音でした。



448名前:⑦⑦⑦ 2017/06/25(Sun)21:10:36
電話が鳴ってる部署に着いて灯りをつけました。
まだ呼び出しが鳴っています。
電話機を覗き込むと、呼び出し元の内線番号が表示されています。
呼び出し元は、わたしの机でした。

どうしようか迷っている間、ずっと電話は鳴り続けています。
しょうがないので、席に戻って確認してみることにしました。
鳴り続ける電話をそのままに、部署へ向かいました。

戻る途中、別の部署を通ります。
そこでも電話が鳴り始めました。
見るとやはり自席からです。
また別の部署でも鳴りました。
わたしが通るのを待ってるようでした。

席に戻っても、背後からは呼び出し音が聞こえます。
自席の電話は、受話器が外れていました。
それを取り上げた途端、呼び出し音がみんな消えました。
ディスプレイが通話中を示す表示に切り替わりました。
そして、受話器から子供の鳴き声が聞こえてきました。

わたしはすぐに受話器を置いて、そのまま荷物をまとめてビルを出ました。
外から見上げると、やはりオフィスは真っ暗です。
窓に人影が見えたような気がしましたが、気のせいかも知れません。

その日はまっすぐタクシーで帰宅し、週明けに上司へ報告しました。
職場放棄した理由を全部話しました。
信じてもらえないかと思いましたが、上司はそれについて何も言わず、軽いおしかりだけでした。

先輩にも話しました。
「前にいた女の子も、同じようなことを言っていた」
そう言ってました。
その後その女性は職場を辞めたそうです。

それからすぐにその職場を辞めました。
とてもその席で仕事を続けられる気分でなかったので。

辞めるとき、あの件に関するいろんな噂があることを教えてもらいました。

どれが真相なのかは分からないし、わたしにとってはどうでもいいことでした。

ただ、今でも時々電話を取るときに思い出します。

(※⑦⑦⑦さんからの投稿です。ありがとうございました)




.




拍手[0回]




夕飯の時に

63名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/02/24(火)21:23:56ID:g5A3WOgT0
27:本当にあった怖い名無し:2008/10/22(水)08:31:45ID:NHbgFe7d0
一人暮らしだが、夕飯の時に
決まって出てくる女の霊が腹立つな
カレー3日目だと、まだカレー?的な顔で出てくるんじゃねーよ
悪かったなー 



64名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/02/24(火)21:24:49ID:/Azyt+/H0
本当のお母さんか



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験9【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1235136104/63-64




.




拍手[0回]




猫ばあちゃん

240:本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木)01:59:03ID:VseStb2DO
子供の頃、近所に「猫ばあちゃん」って呼ばれている優しいお婆さんがいたんだ。
当時80才くらいかな?

何故猫ばあちゃんなのかと言うと長くなるが、まず実はこのお婆さん全く言葉が喋れない。
ただ猫みたいにニャーニャーと奇声を発する。
いつもニコニコして俺たちと公園で遊んでくれた。言葉が喋れない代わりに、まるで猫のように喉をゴロゴロ鳴らしていた。
んでヨボヨボのくせにメチャクチャ木登りが早かった!(今考えるとありえないスピード)
…だが、やがてファミコンブームが来てあまり外で遊ばなくなってからは、猫ばあさんとも会わなくなった。

そして数年が経ち、ふと懐かしくなって猫ばあちゃん元気かな~?ってなにげなく親に聞いてみた。
しかし!親は不思議そうに、そんな人は知らないと言うのだ。
友人の親達も全員やはりそんな人はしらないし存在しないと言う。

…じゃあ一体俺たちと遊んでくれたあのばあちゃんは何なのさ!?



242:本当にあった怖い名無し:2005/06/30(木)02:27:17ID:0yi+i7Ie0
>>240
オカ板であるとの前提で話を進めるが、そのおばあさんは本物の猫ではなかったのか。
その気の良い老猫は君達子供と遊んでくれていたのだが、君達の目には老人に見えるように術をかけていたのだろう。
人間の子供を愛しく思う良い想い出でも持っていたのか。

僕は猫又だったと思うね。


引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part27
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1118666189/240-242




.




拍手[0回]




Page:

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/28 七篠]
[06/28 NONAME]
[06/28 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.