忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

カール・フォン・コーゼルの純愛物語(2018.06.13追記)

2018.06.12 (Tue) Category : 人を信じすぎる人へ

400名前:⑦⑦⑦ 2018/06/10(Sun)15:07:43
82:名無しさん@おーぷん:2015/04/18(土)04:27:18ID:NIe
事件というほどではないし海外だけど不気味だなーと思ったのを。

1930年、米フロリダ。
レントゲン技師のカール・フォン・コーゼルこと本名カール・テンツラー(53)は美しいキューバ移民の女性エレナ・オヨス(20)に恋をする。
エレナは既に結婚していたが、末期の結核を患い明日をも知れぬ命であり、そのため夫に棄てられていた。

家庭環境の問題だの、カールがかつて妻子を捨てて蒸発した過去があるだの(だから偽名なのね)、そもそもエレナには残された時間が少ないだの、いろいろと障害があったもののカールの熱意にほだされ、ついに2人は結ばれた。
カールは必死にエレナを治そうと努力をしたが、冷静に考えると医師免許を持っているわけでもなく怪しげな素人療法を重ねたものの1931年、エレナはこの世を去った。

カールはエレナを土葬や火葬にすることに抵抗を覚え、豪華な霊廟を作って彼女を葬る。
それだけでは我慢ができず、たびたび霊廟に出入りして彼女の遺体と語り合っていた。
(心の中で。カールは医師でもないがイタコでもないので)

2年後、ついに我慢が限界に達したカールは、彼女の遺体を家に持ち帰ってしまった。
無論、2年も経っているので遺体はえらいことになっているがカールは自分なりにエンバーミングし、彼女の遺体と暮らし始めた。

カールは医師でもイタコでも「おくりびと」でもないので、何か酷いことになっちゃったがカール的には満足だったらしい。
そんな生活が7年も続いた。
結局、エレナの姉ナナがこれを発見して
「うわ、キ○ガイ発見!」
と保安官に通報。
カールは墓荒らしと死体隠匿の容疑で逮捕された。

しかし世論は同情的で、カールは無罪に。
この話は「アンビリーバボー」でも紹介されたことがある。
ここまでは、まあ純愛物語と言えないことはない。

ただ問題は、カールが遺体を再構築する際に(再構築された遺体は、それだけでも結構閲覧注意なのだが)純愛物語にあるまじき魔改造をしていたことが20年後に公表されたことである。
乳房と尻には弾力のある素材が詰められ、股間には綿を詰めたチューブがはめ込まれていた。
その綿には、精液を吸い込んだ痕跡が……
美談じゃなかった。死体をダッチワイフ代わりにしていた、ただの変態でした。おしまい。








拍手[0回]

PR

にいちゃんが作業中に見つけたらしい、茶色い比較的大きなキノコを持ってきた

2018.06.11 (Mon) Category : 洒落にならない怖い話・その他

271:本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月)19:08:44.60ID:kXADtJzkO
森林土方やってた時の話

その日は町有林で下草刈りをしてた。
メンツは2年目の俺、大ベテラン4人(全員60歳以上)、「みどりの雇用」で雇われた30歳くらいの素人にいちゃん1人。

午後3時の休憩の時、にいちゃんが作業中に見つけたらしい、茶色い比較的大きなキノコを持ってきた。
俺はそこらへん全く分からないから、大ベテランに聞くよういった。
ベテランじいちゃんの山の知識はすごかったから、まぁ、間違いなく分かると思ったんだよ

聞かれたベテランじいちゃんは、キノコを一目見て
「あ、イッポンシメジだな」
って即答したらしい(俺はこの時、沢水で刈り払い機の刃研ぐために、その場を離れてた)。
つまり、そのキノコは「イッポンシメジ」だったわけです。



272:本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月)19:09:39.60ID:kXADtJzkO
次の日から、素人にいちゃんは1週間仕事を休みました…
持って帰ったイッポンシメジを味噌汁に入れて家族で食ったんだと。当然他の家族も入院

にいちゃん曰く
「シメジって言われたから食えると思った」
ベテランじいちゃん曰く
「イッポンシメジっていったら、食わねえべ…。いや悪いことしたな」



273:本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月)19:22:53.92ID:bT5+N0xT0
まぁ、山に馴染みのない人からしたら、その名前だと毒キノコか分からないかも
正直、私も話の流れから
「毒キノコかな?」
としか思えなかったし

でも、あまり大事にならなくて(いや、十分大事か?)なにより
ものによっては、死んだり障害残ったりするものもあるって聞いたなぁ



274:本当にあった怖い名無し:2012/04/30(月)19:31:59.60ID:kXADtJzkO
>>273
にいちゃんも家族も、上から下から大変なことになったらしい。ズーッと点滴だったって。
確かに、ツキヨタケとか別のヤバいのなら「ほんのり」では済まない結末になってたかも…



引用元:ほんのりと怖い話スレ その84
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1335056290/271-274




.



拍手[0回]

幸運を呼ぶ幸せの石

2018.06.11 (Mon) Category : ミステリー・不思議な話

624:1/4:2006/11/28(火)00:56:36ID:+9aqwwTH0
18歳高校中退ニート
親のすねかじって生きてるようなクズです。

昼間は寝ていて夜中は、エロゲとネトゲ、2ちゃんというどうしようもない生活してます。

でも、俺の将来はこんなんじゃなかったんです。
このオカルト板を今日見たのも何かの縁だから軽くちょこっとだけ書きます。

小学校4年生だったと思う。
繁華街の夜の街に両親と夕飯を食べに行った時に迷子になった。
(繁華街っていうのかバカだから良くわかんねぇけど結構活気ある場所だ。東京だから)

迷子になったけど自分夜の町好きだったし人がたくさんいるから寂しくなかった。

人ごみの傍らにフード被ったババアがいた。
路上店っぽかったな、キラキラした石みたいのを置いてた。
その光ってる石みたいのに引かれてババアの近くに寄ったんだよ。
その石見てると超欲しくなってね。
ヤッベー、欲しいな・・って思ってたら

ババアが声掛けてきたんだよ。
まぁ、小学生の俺は何て受け答えたか既に覚えちゃいねぇ。
ババアの言葉も正直良く覚えてない。
確か、こんな風に会話したんだと思って書くわ。



625:2/4:2006/11/28(火)00:58:00ID:+9aqwwTH0
ババア『キラキラしとるの見えるのかいぇ?』

俺『うん、凄くキラキラしてるよ・・・これ何て石?』

ババア『これは幸せの石じゃ。』

俺『幸せの石???』

ババア『これは、幸福を与えてくれてる石なんじゃ。』

幸福を与える???
何のこっちゃ。
小学3年の俺には良く意味が分からなかったけどとにかく、自分にとって良い方向に進むような石なんだっていうのは分かった。

でっ、ネトゲやりたいからスピードUPで書く。

ババアが俺にただで石くれたんだ。
光ってる石が見える人には挙げてるとか言ってた。
見えない人もいるのかは今となっては良く分からんけど。

で、石を貰ってからの俺は絶好調だった。
テストは出来るは、好きな子からは告白されるわでさ。
5年生、6年生、中学になってもそれは変わらなかったんよ。
中学もすげぇー名門中学に入れたw
今となっては凄いことだと思う。

でも、中3の冬休みに全て変わっちまった。
高校も指定校推薦で決まってたから、来年の春まで遊んで待つだけだった。



626:3/4:2006/11/28(火)00:58:37ID:+9aqwwTH0
元旦は東北に住んでるバアちゃんの家で過ごす事になった。
いつもは冬は寒いからって言って春、夏しかバアちゃんの家には行かなかったからさ。
俺が生まれたときと小学校入った時以来だからかなり久々の東北の冬だった。

で、家族でどっか旅行に行くときは必ず石持って来るのが当たり前。
今回も持って来たんよ。

かなり中略

バアちゃんに雪かきしてくれって頼まれて雪かきしたんだ。
そしたら、持って来てた石が服の中からいつの間にか落ちちゃってたみたいなんだ。
あまりに雪かき面白くて気づかなかった。

すげぇー慌てた。
だって、今まであの石のおかげで俺の人生上手く行ってたから。
今でも、そう思う。

一生懸命探したけど、辺り一面真っ白で見つかりっこねぇ。
家族総出で探して貰ったけどダメポ。
幸せの石なくなっちまった。



628:4/4:2006/11/28(火)00:59:43ID:+9aqwwTH0
でっ、それから俺の人生最悪。
彼女には振られるわ、
高校入ったは良いけど付いていけなくて留年→中退するわ、
高校中退してバイトしたは良いけど対人関係会わなくて辞めるわ、
そのバイト先のDQN先輩にいびられて人間不振なるわ、
親には呆きれるられてるわ(たぶんな)、
妹からは説教されるわ・・・。
マジで数え上げれば良いことねぇわ。

ってワケであれだ。
もし東北地方の秋田県秋田市って所でキラキラ光る石見つけた奴俺に教えてくれ。
アレを取り戻せば俺の人生また明るくなると思うから。

あー、もうこんな時間かよ。
約束の時間に遅れちまった。
まぁ、いいや。
じゃあ、俺はネトゲがあるんで機会があったらまた来るわ、じゃな。



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?150
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1164123087/624-628




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[06/15 NONAME子]
[06/14 鼬の仔]
[06/14 鼬の仔]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ