忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

ベッドに潜むナルシスト

2017.11.21 (Tue) Category : オカルトでも笑いたい人へ

332名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)01:00:05ID:mJPaNeYT0
当時(中学生の時)、祖母から貰ったベッドで寝ていた。
私が生まれる前からあったらしく、すごく古い。
やっと1人部屋が貰えたので憧れだったベッドが欲しい!
って言ってたらくれたのね。

で、それで寝始めて数日。
足元から
「うううーうううー」
って聞こえるのよ。

嵐の日だったんで、風の音かと思ったんだけど、どうやら私の股間らへんから聞こえる。
時間は夜中の3時くらいだったと思う。
すごく眠い。なのに煩い。
寝ぼけていた私は起き上がるのが面倒だったので、隣の部屋にいる母親に向かって大声で

「おかーさん!私の股間にオラウータンがいる!」

って叫んだのよ。
そしたら、股間のオラウータン(仮)は

「う・・・?」

って明らかに語尾が上がる感じで声を出した。



334名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)01:09:23ID:mJPaNeYT0
叫んでも全然起きない母親。
さっきの
「う・・・?」
から静かになったので、とりあえずまた眠ろうと頑張ってみた。

そしたら少しして、今度は
「キヒィィィィヒィィィィ」
って甲高い声に変わった。
またか!と私は今度は上半身を起こして、自分の股間あたりをガン見してみた。
うっすらと何かが見える。

今母に言えば、こいつのことを信じてもらえる!と思った私は、もう一度母に向かって
「おかあさーーん!今度はチンパンジーだーー!」
と叫んだ。

すると
「キィィ・・・・・ィ?」
と、また語尾が半音上がる。
顔らしい場所を見ていると、明らかに不満な様子。

眠れずイライラしていた私は、
「だったら何がいいの!」
と怒鳴った。返事はない。

仕方ないので、
「ちょー美少女でスタイルのいい人の声がするー!」
って棒読みで叫んだ。
そしたら、顔らしいそれがにっこり微笑んで、大きく頷いたかと思うとフっと消えた。

生前はさぞナルシストだったんだろうなぁ・・・



335名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)01:20:43ID:mJPaNeYT0
それから何度か部屋にそいつが現れるんだけど、褒めれば消えるので全然怖くなかったなぁ・・・

一度いじわるしてガン無視したことがあったんだけど、なかなか褒めないことにむかついたのか、押入れの中に篭って

「ウッ・・・ウッ・・・」

って一晩中泣いてた。
そのまま寝ちゃって朝起きたら居なくなってたんだけど、それっきり来なくなっちゃった。



337名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)01:55:54ID:mJPaNeYT0
そいつ、ベッドから降りるとなぜか見えなくなるんだ。
何度か弟とか母親に見せたくて隣の部屋に呼びに行ったんだけど、ベッドから離れたら居なくなる。
「今から寝るから見てて!」
って言っても夜中だし誰も待ってくれなかった。

憧れのベッドだったから絶対に手放したくなかったけど上でジャンプしすぎて下の板が割れちゃったから解体して捨てたんだよね・・・
あのベッドに憑いてたのかな。
今じゃベッドくれた祖母はボケちゃって、聞き様がないや。



338名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)12:32:54ID:1t/VTJi10
それはそうと、何故股間wwwwwwww



340名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)13:14:10ID:mJPaNeYT0
>>332
(゚д゚)<…ウ?



341名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)15:10:12ID:urwsS4WHO
ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)




342名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/29(月)16:32:17ID:1oSZ/o2JO
ふぉっふぉっふぉふぉー!(・∀・)



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験11【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1244697225/332-342




.



拍手[0回]

PR

果たしてそれは本当に豚だったのか?

2017.11.20 (Mon) Category : オカルトでも笑いたい人へ

80:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/02(水)07:25:05.40ID:S7cYdUbw0.net
怖いかもわからない体験を一つ

小学生の頃、両親と一緒に某娯楽施設に遊びに行った。
そこでパンを買ったり、ソーセージを作ったりして楽しんだ。

そこでやってるレストランで昼食を食べた。
風もなく天気も良かったので、外に設置してあるテーブルに家族3人で座って食べた。
ハムやらベーコンやら色々食って、じゃあ帰るかって頃にようやく気付いた。

私が座ってたのは椅子ではなくてやたらデケェ豚だった。

食事中私はずっと豚に座っていた。

その娯楽施設は豚を放牧してるので豚がいてもおかしくないのだが、気付かずにずっと豚に座っていたことには驚いた。

思わず私は

「あ、ごめんね」

と言った。
そしたら豚がこっちを寂しそうに見て

「いいよ」

とだけ言って去って言った。
その「いいよ」って言葉は両親も聞いていて3人ともポカーンとした。

以来、私は食事をする時は、ちゃんと想いを込めて
「頂きます」
と言うようになった。



81:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/02(水)08:20:10.50ID:oy9YXXjG0.net
いいよ



82:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/02(水)08:50:07.36ID:bykZLJFKi.net
子供が豚に座ってるのに気づかない親に、ほんのり。



83:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/02(水)09:04:58.75ID:tmIP+dHF0.net
場面を想像するとスゲーシュールw



引用元:ほんのりと怖い話スレ その103
http://toro.2ch.sc/test/read.so/occult/1403514213/80-83




.



拍手[0回]

乙女の底力

2017.11.17 (Fri) Category : オカルトでも笑いたい人へ

272名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/06/25(木)12:34:04ID:gqQkm0AX0
7,8年前のこと、よく金縛りにあっていた時期があった。
寝ようと横になった瞬間に、ズンッとのしかかられる感じ。
最初は怖くて、どっかいけ、どっかいけ、と念じるばかり。

だが、何日かすると向こうも調子に乗ったのか、それまで以上に胸を圧迫してきたり、首に手をかけたりしてきた。
流石に私もヤバスと思い、怖いながらに目を開けた。
知らないオサーンとオバハーンがいて、オサーンが首を絞めていた。
オバハーンは悲しそうに佇んでいるだけ。
何でこんなことすんの?そう思った時、オサーンの声が聞こえた。
それによると、

1:オサーンがオバハーンを殺した。
2:殺した後、火をつけた。
3:オサーンは逃げるつもりだったが酔っ払っていて、自分も焼け死んだ。
4:じわじわ責めるのが好きだ。

とのこと。
オバハーンを見るとやっぱりオサーンの手伝いもしないけど、私のことを助けるでもなく、たたいるだけ。

なんかメチャ腹が立って、このオサーンを殺そうと決めた時、オサーンの首に誰かの腕が絡み付いたのが見えた。
オサーンは驚いた顔をしたけど、次の瞬間、コキンッと軽い音がして、オサーン消滅。
オサーンの首をへし折った奴の顔を見ると私だった。
そしてオバハーンもフェードアウト。
その後、一度も金縛りにはあっていない。



273名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/25(木)12:44:29ID:d1PFCR0W0
スタンド使い?



275名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/06/25(木)14:04:21ID:ekC+F5qy0
>>272
アンタ、何モンだw



277名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/06/25(木)14:18:43ID:/j/TwnKUO
>>272
すごいw



280名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/06/25(木)15:34:16ID:kW14Ru9eP
>>272
新手のスタンド使いかっ!!!



281名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/06/25(木)17:50:01ID:d1PFCR0W0
ゴゴゴゴゴ……



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験11【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1244697225/272-281




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/23 怖い子]
[11/23 ビョーン]
[11/22 オーガスタス]
最新記事
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ