忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

鼻血がタラーッと

2017.09.23 (Sat) Category : オカルトでも笑いたい人へ

603名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)08:37:21ID:TJESFhYOO
霊感持ちの友人Aから聞いた、旅行先での話

泊まった宿は旅館。部屋に入った時
「ヤバい」
と思ったらしいが、同行の友人たちの手前、Aは黙っていたという。

深夜、気配を感じて目を覚ましたAの耳に足音が聞こえてきた。
ペタペタいう音と歩幅の感じからして、どうやら子供らしい。
やだなーと思いながら布団の中でじっとしていると、どんどん近づいてくる。

来る、来る、来る…キター!と思った瞬間、鼻の上を踏んづけていく小さな足と靴下の布の感触が!
Aはしばらくそのままじっとしていたが、気配が消えたので起きて洗面所へ。
踏まれた顔を鏡に映してみたら、鼻血がタラーッと出てきたそうな。



615名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)21:09:29ID:9u1UCuM50
>>603
鼻血が出たという事は、霊に結構な重量が有ったのかな?
踏まれて興奮したのでなければ。



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験10【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1240581993/603-615




.



拍手[0回]

PR

タチの悪い幽霊

2017.09.21 (Thu) Category : オカルトでも笑いたい人へ

575名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)01:12:06ID:Q7rWlw7xO
はじめましてm(._.)m
さっそく俺の友人の体験を投下します。

アレは今から20年前。
俺と友人Aはフリーターなんぞをして気楽なその日暮らしをしとりました。
そんなある日、知り合いのライターさんから、心霊スポットに関する取材の手伝いをしてくれないかと頼まれやることになりました。

深夜、当時紅い幽霊が出るとウワサになってた場所に2人でカメラ持って行ったんですが。
まぁ、そんな簡単に出るワケもなく、無為に3日が過ぎていきました



576名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)01:29:09ID:Q7rWlw7xO
それで4日目には俺達もだいぶ諦めモード入ってたトコに出たンですわ。紅い幽霊が。
出たと言っても直接見たワケじゃなくポラに写ってたんですが。
で、そのポラを写した辺りを1眼でバシャバシャ撮ってその日は帰ったんですが、その夜Aに異変が起きたんです



577名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)02:25:14ID:Q7rWlw7xO
その夜(と言ってももう明け方に近かったんですが)Aは家に着いて速攻布団に潜り込んで寝ようとしたんですがなかなか寝付けない。
そんなこんなで1時間くらい布団の中でモソモソとしてたそうです。

そうこうしてるウチに段々眠くなってきてウトウトし始めたとき、急に金縛りにかかったんです。
それまで1度も金縛りになんてなったコトのないAは焦りました。その時目の前にボーっと紅いモノが浮かんできました。
その紅いモノは靄みたいな感じから段々形をなしていき、深紅のドレスへと変わったんです。

Aは
「ヤバいっ!あの紅い幽霊が着いて来たっ!!」
と思いました。
そして見たくないと思っても目が勝手に上へ上へと上がっていきスカートの部分からウエストへ、そして大胆に開いた胸元へと目がいきます。
この時Aは違和感を感じたんですが目線がやはり勝手に上がっていきその違和感の理由が目に飛び込んできました



580名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)02:47:10ID:Q7rWlw7xO
最初は顔に黒い靄のようなものがかかっててよく見えなかったそうです。
ですがその靄のようなモノが取れていった時

Σ( ̄□ ̄;なっ!?
なにぃ――――っ!?
なんだ!?その二つ割れたアゴは!?
そしてそのアゴの青いポツポツはなんだ!?



583名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:19:07ID:Q7rWlw7xO
俺は直接そのオカマの幽霊を見てるワケではないのですが、見たと言う関係者の証言を聞くとこんな容姿らしいです。

身長―170くらい
体型―痩せてて筋肉質
髪型―ベル薔薇のオスカルみたいな感じ(たぶん叶姉みたいな感じ?)
顔―若い頃の長島を細くした感じ

だそうです。


―がAの前に立ってAを見下ろしてました。
そしてAの寝ているベッドの端に腰掛けたのです。
Aはとにかく焦りました。
なんで幽霊が!?なんでオカマが!?とにかく思考が混乱してパニックを起こしてました。
そんなAをオカマの幽霊はずっと見下ろしてたそうです。



584名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:23:04ID:Q7rWlw7xO
目の前に急にどアップになるオカマの幽霊の顔!
至近距離からじぃーっとAの顔を見つめています。
この時Aはこのオカマの幽霊に殺されると思いました。

が!
この後Aを襲った恐怖は死よりも恐ろしいモノでした。



585名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:27:05ID:Q7rWlw7xO
オカマの幽霊はAを間近から見ていたかと思うと目を閉じて更に顔を近づけてきました。

なっ!?Σ( ̄□ ̄!?

そう。幽霊はAにキスをしようとしてきたのです!!
更に縮まる距離!
焦りまくるA!!
あと少しで合体してしまう!!!
その瞬間Aは金縛りを解いてオカマの幽霊を弾き飛ばしたのです!!

Aは後にこう言いました
「あの時、なんか生命の危機ってよか、なんかもっと根源的なモノの危機!!ってのを感じてさ…気がついたら金縛りが解けてて幽霊を弾き飛ばしてた」
そうです。
で、弾き飛ばされた幽霊はびっくりした顔をしてそのまま消えたそうです



586名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:30:09ID:Q7rWlw7xO
夜が開けて、そのまま一睡も出来ない状態でウチに突撃してきたAは上記の事を俺に話してきて
「どうしよう…」(´;ω;`)
と言ってきました。
「どうしようと言われてもな…」
笑いを堪えながら悩む俺
とりあえず昨日撮ったフィルムを渡さなきゃならんし、B(手伝いを依頼してきたライター)さんに相談してみようってコトになりBさんのトコに2人で向かいました。



587名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:33:05ID:Q7rWlw7xO
Aと2人でBさんのトコに着き、昨日からのコトを話してBさんから反応を待っていたのですがBさんは一言
「面白いっ!!」
ま、そらそうだわなと思う俺
対して当事者のAは
「なに言ってんですかっ!?襲われたのはオレなんすよ!オレ!!」
と言ってまくし立てます。
まぁ、それがBさんの笑いを更に誘うんですがwww



589名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:37:03ID:Q7rWlw7xO
「まぁ、とにかくだ。こうゆうコトは専門家の人に相談してみようじゃないか」
とBさん
「専門家?」
とAと俺
「おぅ。今日これから霊能者の人と打ち合わせで会うからお前等も来いよ」
「宜しくお願いします!!」
とAと俺

これでなんとかなると喜ぶA。
しかし、コトはそんなに簡単に運ばないのであった



590名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:39:08ID:Q7rWlw7xO
Bさんのウチを出て、霊能者の人と打ち合わせをする喫茶店に向かい、そこで待つ俺達3人
しかし、待てど暮らせど霊能者の人は来ない。
俺が3杯目のコーヒーを飲み終わる頃に90分程遅れて霊能者の人がやってきた。

「イヤー、申し訳ない」
と謝る霊能者のCさんだったがAを見ると
「キミ、随分と大変なヤツに憑かれたみたいだね」
と言ってきた



591名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)06:59:57ID:Q7rWlw7xO
「解りますか」
とBさんが俺達にかわりにCさんに話す。
「そうか…」
と一言呟いて黙り込むCさん。
「イヤ、今日ココにどうしても私を近づけたくないのがいるなと思いながら来たのですよ」
とCさん
「ココに来る途中で色々とトラブルがありまして…で、来たらこうゆう話しなのでね。なるほど」
そう言ってCさんはAを見ながら
「昨日は大変なメにあったみたいだね。でも、もう安心して良いからね」
と優しく笑ってくれました。



592名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)07:02:00ID:Q7rWlw7xO
AはCさんに笑いかけられてやっと安心したのか表情を少し弛めました。
「とりあえず今日から私の方で守りを付けるから安心してくれて良いよ。で、これから写経を30枚やって3日後に私のトコに持って来なさい。除霊はそれからだ」
と言ってくれました。
それから俺にも写経を10枚やってAと一緒に3日後来るようにと言い、Bさんと本来の打ち合わせとを済ませて帰って行きました。

俺達もそれぞれ自分のウチに帰り(Aはなかなか帰りたがらなかったのですが)やるように言われた写経をしながら3日間を過ごしてCさんの所に向かいました。



593名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)07:07:21ID:Q7rWlw7xO
Cさんのトコに着き、案内されるままに祭壇の前に行く俺とA。
祭壇の前の座布団にCさんと向かい合わせ座りお願いしますと頭を下げる。
Cさんはニッコリと笑うと真剣な面持ちでお経を上げはじめました。

お経を上げ始めてから少し経つとAの体が前後に揺れ始め、手がガクガクとし始めます。
お経を唱え終わり、CさんはAに向かって
「Aに取り憑いているモノよ、Aの口を借りて言いたいコトを言ってみなさい」
と語りかけます。

何度もCさんはAに憑いているオカマの幽霊に語りかけますが、なかなか口を利こうとしない幽霊。
しかし、Cさんの根気強い語りかけに遂に幽霊が言葉を発しました。



594名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)07:09:54ID:Q7rWlw7xO
「…」
最初は小さい声で聞こえなかったモノのやっとこちらにも聞こえる声で喋り始めました。

曰く、自分はお店をやっていたが彼氏と店の子にお金を持ち逃げされ、自殺したこと。
そしてその彼氏と一緒に逃げた子を探してさまよっていた時に俺達に会い取り憑いたコトを話しました。

「この人はアナタの彼氏だった人とは違いますよ。ですからこの人から離れて上へ昇りましょう」
とCさんが優しく話しかけます。
「ヤ~ネェ。そんなコトはわかってるワヨォ」
『…は?』(・∀・;)(・∀・;)
俺とCさんは同時になんかマヌケな声で聞き返してしまった



596名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)07:13:30ID:Q7rWlw7xO
「だからぁ、この子がアタシの彼氏じゃないのはわかってるワヨォ」
「…じゃあ、なんで彼に取り憑いたンだね?」
ちょっと引き気味ながらも問いかけるCさん
「…それは…アノ…」
Aの体を借りて急にモジモジしだす幽霊。
気持ち悪いから止めてくれ。

「…この子…アタシのタ・イ・プなのハアトキャー」
『…』(・∀・;)(・∀・;)
タ…タイプですか。そらぁご立派な理由ですな…
「だからねアタシこの子と離れたくないの」
とのたまうオカマの幽霊
「イヤ、この人にはこの人の人生があるし、アナタだっていつまでもこの人に憑いてるワケにはいかんでしょう」
ショックから立ち直り語りかけるCさん
「イ・ヤ・ヨ!アタシはこの子と一緒にいるの!!」
ダダをこねるオカマの幽霊



597名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)07:15:47ID:Q7rWlw7xO
そんな押し問答してるウチにCさんがキレた
「そんな聞き分けの無いことを言っているならお前を永劫の闇の中に叩き込むぞ!!」
凄い形相で睨み付けるCさん

う…っとたじろぐオカマの幽霊だったがのらりくらりとはぐらかしている。
そんな事を何回か繰り返し結局オカマの幽霊はAから離れて上へ昇ることを受け入れる。
「アタシ次に生まれて来るときは絶対にオンナとして生まれてくるわ」
そう言って彼女(?)は昇っていった。



598名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)07:17:18ID:Q7rWlw7xO
除霊が終わり、お茶を飲みながらCさんがポツリと言った
「いろんな意味でタチの悪いヤツだった…」

あれから20年経ってAは結婚して今は2人の子持ちなってます。
終わり



601名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/21(木)08:05:50ID:IXqzoKA10
立派な幽霊さんなのに、オカマだってことで笑いものにされて、さぞや無念だろうて。
来世はかわいい女性として生まれ変わることを願うばかり・・・。




引用元:【全米が】なんか笑える霊体験10【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1240581993/575-601




.



拍手[1回]

アサリに憑かれる

2017.09.18 (Mon) Category : オカルトでも笑いたい人へ

469名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/15(金)23:55:35ID:5dqcMMWi0
アサリの話題が出たのでアサリで思い出した心霊?話を
(※参照:いつの間にか料理談義に…

うちの親は味噌汁とか作りすぎるんだ
で、結局飲みきれずに捨てることが多いんだ
でもって、親父は貝の味噌汁が好きなんだ

んで、うちの母親がとある霊能者の先生と初めて会ったとき、いきなりこう言われたんだと
「○○さん、貝が泣いているですよ」


詳しく話を聞くと、食べられずに捨てられた味噌汁の具の貝が母親に憑いていたそうな
うちの母からこの話を聞いたとき、どう反応したら良いか悩んだのは良い思い出ですw



473名前:本当にあった怖い名無し[sahe]投稿日:2009/05/16(土)00:22:04ID:ZM0RMvZVQ
貝に憑かれると、どうなるの?



474名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/16(土)00:38:01ID:BQUfBFVY0
>>473
一寸の蟲にも五分の魂ということわざがあるように、小さな生き物にも魂があるらしい
で、生き物を食べるときは感謝の気持ちを忘れずに残さず食べることが供養に繋がるんだそうだ

それが食べられずに捨てられるという無念?が憑りついていたそうです
体調不良などの微妙な霊障を引き起こしていたらしいです



475名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/16(土)00:39:44ID:wkwsuiMb0
>>473 口を閉ざし引きこもりがちにな…ったりしたらイヤだな



482名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/16(土)09:10:05ID:FFfOwXbo0
>>469
でじこ~~~w
デ・ジ・キャラットの「シジミの霊」の回を思い出したw

シジミの霊が、「粗末にしたから取り憑いた」って話なんだけど、リアルでもあったのかwww



483名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/16(土)09:21:44ID:z9qW/iegO
死んだら21g軽くなるっていうけど小さな生き物は何g軽くなるんだろう
  


引用元:【全米が】なんか笑える霊体験10【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1240581993/469-483




.



拍手[1回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/22 てん]
[10/22 NONAME]
[10/22 怖い子]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ