忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


不思議な踏切

118本当にあった怖い名無しsage2006/06/29(木)17:52:24ID:+tU5vap80
怖いのかどうなのかよく分からない話。スレ違いだったらスマン。

10年以上前。
原付免許を取り、初めてエンジン付きの乗り物に乗って興奮しまくってた頃。
当時横浜に住んでいたんだけど、俺の生まれは横須賀で、ずっと
「いつか前に住んでいた家を見に行きたい」
と思っていた俺は、原付の運転にも慣れた頃にそれを実行してみることにしたんです。

今から考えるとアホらしいんですが、当時は16号線を延々原付で走る行為に苦痛など感じず、むしろ
「すげw俺このままどこまでもいけそうw」
とか浮かれてしまい、道が続く限り無計画に走っていきました。
生まれた家がどこにあるのか、俺はよく知りませんでした。

父も、その家では母と色々あったらしく、あまり多くを話してはくれません。
なので、生まれた家を見に行くというよりも、おぼろ気に覚えていた景色を見つけに行くような、あてのない走行となってしまいました。
土地勘の全くない状態だったので案の定道に迷い、けれども
「最悪、逆走すりゃ帰れるだろw」
と迷うことを楽しみながら走行を続けていました。
そうして、海沿いの道や山を切り開いたような道を延々進んで、あの踏切に着いたんです。



119本当にあった怖い名無しsage2006/06/29(木)17:53:00ID:+tU5vap80
いまでもそうなのですが、二輪に乗るときは、信号待ちなどで停止したときは擦り抜けて前に出たりしません。
(先頭に立つと「早く行かなきゃ」と考えてしまって旅が楽しくないので)
そのときも、俺は五台くらい並んだ車列の後尾にいて、そこで停止して踏切が開くのを待っていました。
列車が通りました。銀色の車体をした列車です。

当時住んでいた横浜の自宅周辺にも踏切があって、しかも引っかかると結構長い時間待たされる踏切だったので、待たされているとき暇つぶしに目を列車の進行方向に向かって流したり戻したりすることで動きを同期させて、通過する列車内を眺めるのが癖になっていました。
しかしそのときは車列の後尾であり、そんなことをしても当然距離的な問題で列車内を見ることなどできません。
できないはずなのですが、ついつい癖で列車を目で追ったり戻したりしてしまいました。

見えました。精々服の色とか髪が長い短いの判断しかできませんでしたが、列車の窓際に立っている人たちを確認できたのです。
違和感を覚えました。何故か通り過ぎる車窓に立っている人達がこちらを見ている気がしたからです。
勿論、ただ顔や身体をこちらに向けているのだなという程度しか見て取ることができなかったのですが、何故かそう感じました。
そして通り過ぎる瞬間決まって、こちらに向けていた顔や身体を右に向けるのです。
なんだろうな、と思っていましたが、とにかく列車は通り過ぎて、遮断機が上がりました。

向こう側はT字路になっていて、踏切を渡った車は右に左にと散っていきます。
左右どちらの道も見通しが悪く、道の先がどのようになっているのか確認できません。



120本当にあった怖い名無しsage2006/06/29(木)17:53:48ID:+tU5vap80
さて、俺はどうしようか。
すでに生家を訪ねるというよりもあてのない放浪になっていたので、どっちに進んでも構いませんでした。
前の車が踏切を渡りきるのを待ってから、俺も徐行して横断を開始し、結局前の車とは逆の道にとりあえず進もうと決めました。
前の車は右に曲がっていきましたので、じゃあ俺は左だ、と踏切を越えて左へ進路を取りました。
道はありませんでした。

いまから思い返しても不思議なのですが、当時の俺は道がないということに何の疑問も抱かず、なら右に行こうと自然に考えて進路を変え走行を続けていました。
おかしいなと思ったのは帰宅してからでした。
前に並んでいた他の車の中には、確かに左に曲がってそのまま進んでいった車もあったはずなのに。

あれから、故あれば車で、バイクで、俺はあの踏切を探しに出かけましたが、いまだ見つけられずにいます。
それどころか、あのとき通った道にも行き着けないままです。
怖くはないのですが、不思議です。以上。


 

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?134
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1151406479/118-120




.


拍手[1回]

PR



去年家でろくでもないことが起きまくってた。

751:■忍法帖【Lv=0,作成中..】:2016/08/18(木)10:19:46ID:p3n
去年家でろくでもないことが起きまくってた。
あんまり続くもんだから、父が
「先祖の祟りかもしれん」
って真面目に言い出して、半分呆れながらお墓開けたら全く知らない無関係の骨壺が増えてた。
ワケわかんな過ぎた。



752:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)10:35:07ID:mTY
>>751
怖すぎw
間違うはずもないし何故に751の墓に集中したんだろう?居心地がいいのかねw



753:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)10:35:07ID:Kfe
それ、誰かが勝手に入れてたってこと?



754:■忍法帖【Lv=1,スライム,xfq】:2016/08/18(木)10:57:56ID:p3n
>>753
うん。うちと関係ない謎の骨壺突っ込まれてた。
ちなみにろくでもない出来事を覚えている限り書いた。

父親が半年の間に入院2回(階段から落ちて右足と肋骨骨折したのと食中毒)、交通事故1回(後ろから追突されたけど怪我はなかった)。
俺がスマホやりながら自転車乗ってるアホに背後から激突されて、顔からアスファルトに突っ込んで前歯全滅。
母親が庭で肩に引っかけて使うタイプの草刈り機使ってる時に止め金外れて、エンジン部分が足の甲に落ちて骨折。
あと何もない場所でスッ転んで膝の軟骨?みたいなの痛めた。
まぶたが腫れてお岩さんみたいになる(全員共通)。



755:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)10:59:02ID:j6j
>>753
お墓つくりたくない、作る金ない人が他人の墓に勝手に骨壷入れてっちゃう(捨ててく)のは割りとある
知らない人が多いけど墓はずらすと簡単に骨壷入れられるものもある



756:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)11:03:32ID:gpl
>>754
うわぁ…
悪いのは754一家じゃないのに、気付いてほしくて必死だったのかな
容赦無さすぎるw
お大事にー



757:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)11:17:44ID:mTY
>>755
ずらしたら開くのは知ってるけど、他人の墓どころか実家の墓すらどこがその開閉部分なのか知らないわ
そもそも開けようってならないしw



758:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)11:36:08ID:vDs
>>757
まともな人はそうだよw
他人の墓に捨て骨壷しようって人間は違うんだとよきっと

お墓作るお金ないなら斎場で粉骨してもらって散骨するとかすればいいのに



759:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)12:20:27ID:3q7
その知らない骨壺はその後どうしたの?
お墓が落ち着いたらご先祖様は治療費として宝くじ当てるくらいしてやって欲しいw



760:■忍法帖【Lv=1,スライム,xfq】:2016/08/18(木)12:48:39ID:p3n
>>759
骨壺はちょっと離れた市の納骨堂とかいうのに納めたけど、これ父がやって自分ノータッチだからあんまり詳しくない。
うちの墓と同じ墓地にはもうないのは確実だそうです。
骨壺発見してから病気も怪我もないから、マジであれが原因だったのかなと思う。



761:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)13:49:00ID:mpa
しかし、それが本当に謎の骨壷の人の祟り?だったのなら、>>751じゃなく他人のお墓に勝手に自分を入れて行った子孫にその力を向ければいいのにねえ
子孫には何言ってもダメだと思ったのか、DQNすぎて祟りも効かなかったのか



762:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)13:54:13ID:sfa
祟ったのは他人と寝かせられた御先祖様だったのかも知らん
子孫気づけー!早くこの人追い出してー!だったりして



765:名無しさん@おーぷん:2016/08/18(木)15:09:31ID:yCj
蟲毒並みの呪いが凝縮された骨壷だったのかね。
こわっ!


 

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1456802685/751-765




.


拍手[1回]




邪魔をする影

991:本当にあった怖い名無し[sage]:04/12/3019:28:42ID:g9w2GeST
えっと、俺病院勤務なんだけど結構不可解な体験、洒落にならない体験は多いです。
たいていは道に迷った患者さんとか失礼だけど徘徊が入ってるお年寄りの方の仕業だったりするんですよ。
今日もそういう患者さんに出会ってぎょっとしたりもしました。

でも、勤務始めて一ヶ月になるんですが未だに納得がいかない事が多数あります。
手始めに手術室に現れる異形の話を・・・。

俺は医師ではないのでオペに立ち会う事はできないんですが医療助手という立場上執刀する専任の人たちからいろいろ話を聞く事ができます。
第二ルームにその異形は姿を見せるそうです。
オペの時は手元が陰にならないように無影灯という明かりの下で執刀します。
影ができない特殊な光源で非常に大きなものです。

しかし、その部屋での執刀に限ってなのですがちょくちょく「影」が邪魔をしてくるそうなのです。
執刀していると開腹部から見て患者の頭の方から影がじわじわと伸びてきて、開腹部をさえぎり非常にやりにくくなる事しばしばだそうです。
脳外科の時はわざわざ下からのぞき込むような形で影があがってくると聞きました。

でも、流石にそういう事は現場処置という形で対処するのがプロと言いますかもう一つの光源でさらに照らしてやるとその影は消え、執刀はつつがなく終わるそうです。
「怖くはないけど、正直うざっタイ。」
とそこのドクターから聞いた話です。


 

引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part23
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/enigma/part23.html




.


拍手[1回]




林の中に

73本当にあった怖い名無し2006/06/28(水)20:30:46ID:7P3PKXdG0
初めまして。私は最近パソコンを購入してネットサーフィンをしだしました女です。
色々と巡って2ちゃんねるのオカルト板に辿り着きました。
私の身に起こった今でも良く分からない謎だった話を書き込みます。

あれはもう4年くらい前です。
当時私は中学2年生で親からは
「勉強しなさい!」
とか
「○○ちゃんとはもう遊ぶな」
など鬱になりそうな事ばかりが続いていました。

そのノイローゼからか体調を崩してしまい、親が申し込んでくれた塾の夏期講習も行けず田舎の叔母さんの家に数日だけ預かってもらう事になったんです。
その叔母さんの家は築何十年?か何百年?かは忘れましたがかなり古く、日が落ちた頃に到着した私には
「古臭くて怖いな・・」
と言うイメージが強かったです。

それでも勉強や日常から嫌気がさしていた私にとってこの数日は楽しい気分転換になるはずでした。

元々体は丈夫だった私は早速次の日のお昼から色々見て回る事にしました。
その叔母の家の裏手には大きな林があって昼間でも薄暗くジメジメとした雰囲気でした。

流石にその林には入る気にはならず、近所の田んぼや畑。駄菓子屋などぶらぶらして疲れたら叔母の家の居間でゴロゴロ。
すごく楽しくてこのままずっと居たいなぁと思っていました。



75本当にあった怖い名無しsage2006/06/28(水)20:34:06ID:7P3PKXdG0
私の叔母は凄く物静かな人で叔父と離婚して以来一人で広いこの一軒家に住んでいたようで私が来た事を物凄く喜んでくれました。
叔母は私の事を知ってたんですが私は覚えてなかったのですが・・・。
私は久々に勉強から開放された開放感と嬉しさで夕食の時一人でずっと喋っていたと思います。

私はふと聞きました。
「裏の林は叔母さんの土地なんですか?」
すると叔母は一瞬黙りましたが
「そうよー。でも長い事人の手が入って無いから入っちゃだめよ?」
と少し笑顔で答えました。
そんなこんなで滞在もあと一日と言う時に私の忘れられない事がおきました。

私の泊まっていた部屋は林側に面していていろいろ野生動物の声が聞こえていたのですが、その夜私は物凄く気になる音を聞いたのです。

「ぐちゃ・・・ぬちゃ・・・ぐちゃ・・」

なんだかぬかるみを歩くような、ハンバーグを作るときのような音でした。その音が徐々に大きくなるのです。
私の泊まっていた部屋は窓が無かったので外の様子は中からは分かりません。
時計を見るともう12時。叔母は10時には寝る人だったので叔母ではないし裏の林は叔母の土地、他人が入るわけはない。
それから5分~15分くらいその音は鳴っていました。

次の朝やけに早く目が覚めた私は昨日の音はなんだったのか物凄く気になり目覚ましついでに裏の林に行って見ることにしました。
東側のフェンスを開け家の裏手に入る。中は一層と薄暗くジメジメしてて朝というより夕方って感じでした。
そして私の泊まってた2階の部屋の外壁付近を見ると何かが付いていたのです。
赤黒い、ぐちゃっとした。遠くからでも生臭い匂いの物が。



76本当にあった怖い名無しsage2006/06/28(水)20:35:49ID:7P3PKXdG0
私は気持ち悪くなり林を出ようとした瞬間視線を感じ振り向きました。
そこには妙に頭がでかく赤い顔をした猿のような生き物がいたんです。
そしてこっちを睨んでいました。今にもこっちへ来そうな顔で。
私は慌てて走って逃げました。

あまり寝てなく頭もボーっとした状態だったから見間違いかもしれません。
でも確かに私は見ました。
私は叔母にこの話をしました。叔母は何も教えてくれませんでした。
ただ黙って
「見間違いだから忘れなさい」
とだけ。

私の母に聞いてもそんな物は見たことが無い、見間違い、そう言われました。
でも今でもあのグチャ・・・グチュ・・・という音が時々聞こえる気がして怖いです。

長々とすいませんでした
誰か似たような物を見た人、いらっしゃいませんか?
あれがなんだったのか答えが欲しいです。怯えるのは辛いです


 

引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?134
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1151406479/73-76




.


拍手[1回]




黒い色にまつわる創作都市伝説

781:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2017/03/04(土)21:59:27.33ID:WwhjdRpR0.net
俺はライターの端くれをやっているんだが、十年以上前、創作で都市伝説や怪談を作って特集するという仕事をした事があった。

俺はその中の一つで、ある「黒い色」にまつわる怪人の話を作った。
その怪人は基本的に『正義の味方』で、その名前を三回唱えれば、何処からともなく現れて、唱えた者を助けてくれるという謎の存在だった。
そのキャラは俺のお気に入りになった。

ある日、実生活で俺は
「ある地方で赤い服を着た女性通り魔が連日、何人もの人や子供を切りつけ、行方知れずでまだ捕まっていない」
という事件を知った。

俺は義憤に駆られ、この創作の怪人を呼び出して、この通り魔を退治してもらえないだろうか、とたわむれに考えた。
俺はその怪人の名を三回唱え、通り魔を退治してくれる事を願った。

しばらく、この通り魔のニュースはなくなり、俺は自分のこの願いの事を忘れてしまった。
数日後、その地方であるニュースが報じられた。
ある赤いコートを着た女性が
「お前らにはこの服が『黒』に見えるのか!?」
と意味不明の事を叫びながら、通行人に切りつけた所を警察に逮捕されたというニュースだった。

偶然の一致かもしれないが、俺はこのニュースを聞いて黒い怪人の事を思い出した。

京極夏彦は「フィクションの人物でも祟る事はある」と言う。
多分、お岩さんとかの事を言ってるのだと思う。
今ではこの怪人の名を三度考える事は俺のタブーとなっている。


 

引用元:みんなの不思議体験がききたい
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1483011251/




.


拍手[1回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/30 NONAME]
[03/29 斬鉄]
[03/29 NONAME]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.