忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

鏡の指紋

2018.05.08 (Tue) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

588:本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木)19:00:17ID:6p+ha+8s0
今日、仕事中暇だったので店長&同僚とお喋りしてました。
何かのきっかけで、その会話は「怖い話」に進んでいったのです。
ここの店長。ボンヤリと見たり、気配を感じたりする人で有名なのでビビリなのに、怖い話が大好きな私は超wktk


「あんまり、こうゆうのは話したくないんだけどなー」
と渋りながらも、一番最近遭遇した事を話してくれました。
(まだまだ数え切れないほどあるらしい)

2ヶ月程前に、奥さんの親族の会食がありました。

店長自体は初めて行くお家での集まりで、軽い旅行もかねて奥さん・息子の兄君&弟君も一緒に連れて行きました。

親戚宅に到着すると思っていたよりも、そこそこ綺麗な日本家屋でした。
でも、どうも嫌な感じがするそう。

玄関を入るときに、店長が(ここは嫌だな・・・)と思っていると弟君も
「僕・・・ここ入りたくない」
と言い出しました。

弟君も子供の時から何かしら感じるそうで
「帰りたい」
とごねる弟君をなだめつつ集まりに参加しました。



589:本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木)19:03:30ID:6p+ha+8s0
で、その夜・・・店長達はそのまま、そのお家に泊まる事になりました。

奥さん&息子君達はお風呂行っており12畳位あるお部屋に店長一人TVを見ていたそうです。
店長の目の前にはTV、そして右後ろに大きな鏡台があります。

TVを見てる内に何か右後ろが気になります。

何だか分からないし、視界にも鏡台は入ってないのに凄く気になります。

意を決して鏡台を見てみました。古く大きな鏡台には布が被さってました。
布をめくってましたが、綺麗に掃除されている普通の鏡でした。
特に何も無かった事に安心しつつ、又TVを見始めました。

でも、少し時間が立つと又気になります。

もう一度見てましたが、やはり鏡に特に変わった事は無く鏡の両脇には鏡を持ち上げた時に付いたであろう五本ずつの指紋があっただけでした。

あれ?こんな指紋さっきまであったかなーと思いつつ変に考えると怖いので(さっきは見落としたんだな)と思うことにしました。



590:本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木)19:06:07ID:6p+ha+8s0
三回目に気になった時には、流石におかしいと思い鏡をじっくり調べる事にしたそうです。
そこでフッとおかしな事に気がついたそうです。


指紋の向き
両親指が下になって付いて居るんです。

普通、物を持ち上げた指紋なら親指は上を向くはず・・・
手をクロスして持ち上げたならば話は別ですが、そんな事する意味がない。
只、触っただけでも親指は上を向くはず・・・


そう考えていた店長はゾクッ!としたそうです。

そうなんです。
その中から出るときなら親指は下なんです。
鏡の中からよいしょ。と出る状態なんです。

ギャー!と思いましたが、すぐに奥さん&息子が帰ってきて怖い思いは薄れその部屋で一晩過ごしたそうです。

後日、親戚の方から忘れ物があるとの電話がありました。
店長が帰った日にその部屋を見たところ、鏡台の上に「赤いつげ櫛」がおいてあったそうです。
当然、奥さんは使わないし・・・・

本当おかしいよねー!と、あっけらかんと笑う店長を見て本当にこの人すげえええええええええ!!!と思いました。


長々とスマソ。



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?149
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1163090091/588-590




.



拍手[0回]

PR

自然の偉大さ

2018.05.08 (Tue) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

933:本当にあった怖い名無し:2012/05/23(水)23:47:57.07ID:Ss+c1Ard0
友人の家の話。

2年ほど前。長男(友人の兄)が家を出た直後から、窓の外に女の人が張り付くようになっていたらしい。
白目の部分が充血して真っ赤に染まった、食いしばった歯も真っ赤な女。

髪はボサボサだったけど、多分肩くらいまではあった、と友人が言っていた。
もちろん人間じゃない。外から見ても見えない上、マンションの3階の窓に張り付く時点でおかしい。
(ベランダはあるけど別の場所だった)

そんなんが友人の部屋(長男の部屋をもらった)に夜に出てきて、普通に生活できない。
友人はリビングに布団を敷いて寝るか、次男(弟)と同じ部屋で寝るか、私の家に泊まりに来たりしていた。
(家に泊めるにあたって、私は友人の家に『出る』ことを知った)



934:本当にあった怖い名無し:2012/05/23(水)23:55:43.19ID:Ss+c1Ard0
そんなこんなで半年くらい生活して、台風の時期がやってきた。
その年は台風が多く、たまたま大型のものが地元を通過した。
台風のあと、停電だの飛んでった瓦の修理だので、友人の無事は台風通過後に一度メールして確認したきりだった。



935:本当にあった怖い名無し:2012/05/23(水)23:59:20.17ID:Ss+c1Ard0
数日後、友人宅に遊びに来いとメールが来た。
休日に予定を合わせて、彼女の部屋には上がりたくないと思いつつお邪魔する。
すると、彼女はすごく晴れやかな顔をしていた。
台風以降、窓に張り付く女が居なくなったらしい。
もしかしたら台風で飛ばされて行ったのかもしれない。
彼女は嬉しそうに言った。



936:本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木)00:01:07.07ID:TXXt9IUa0
\(^o^)/



937:本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木)00:02:05.81ID:vWlRtQr60
/(^o^)\



938:本当にあった怖い名無し:2012/05/24(木)00:02:42.71ID:Ss+c1Ard0
幽霊(?)も自然災害には勝てないんだなあ、と、なんだか自然の偉大さを実感した。



引用元:ほんのりと怖い話スレ その84
https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1335056290/933-938




.



拍手[0回]

スッスッス

2018.05.06 (Sun) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

517:本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木)03:29:08ID:ALK3WT4r0
真新しいアパートで夜背中を丸めて勉強をしていた。

スッスッスと何かを擦るような音が聞こえた、振り返ると家具と壁、ハンガーにかけてあったナイロン性のジャージ。
何だ~と思い勉強を続ける、またスッスッスと聞こえる。

振り返り何もない事を確認、眠くなったのでベットに入りすぐに眠りに着いた。
数時間たった時にまたスッスッスと音がして目が覚めた、うす暗闇の中部屋を見渡すとハンガーにかかっているジャージに違和感を覚える、ジャージの下のズボンの部分は折って上着はその上からかけてある。

ズボンの裾の部分から足の先が見えている、あわてて起き上がり布団をはね除けたらその足はサッと引っ込んだ。
見間違い?寝ぼけていた?と思いながら眠れぬまま朝を向かえた。

それから毎日同じ事が起きる、ジャージを別の場所に移すか捨ててしまう事も考えたが壁の中から足が出て来たらと思い出来なかった。

数週間は恐怖に怯えながら過ごしたが、こちらが気付くと消えてしまうと言う事に気付いた、何もしなかったら?気付かないフリをしていたらどうなるのか?素朴な疑問が恐怖に勝ち試してみる事にした。

夜、やはりスッスッスと聞こえる、手鏡を用意し振り返る事も気にする素振りも見せずに後ろが見えるように角度を変えた。
裾から足が、上着の肩部分から顔が見えている、だんだん人間の形になっていくのを見続け、もう少しで全身がという時に言ってやった。

「見えてるよ」
と、鏡の中で驚いた表情の男と目が合った。
それはパッと消えた、それから二度とあの音を聞く事は無い。



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?149
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1163090091/517




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[05/21 ⑦⑦⑦]
[05/21 七篠]
[05/20 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ