忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


犬の散歩中の怪異

388:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/06/02(金)09:54:55.02ID:XzNxFQh20.net
書きます。だいぶ昔の話。

うちはいつも父か兄が交代で深夜から犬の散歩に行ってた。
その日もいつも通り兄が犬の散歩に出た。
だけど少ししたら凄い勢いで犬と帰宅、家で待ってた父が出迎えに行くと兄が玄関先で靴も脱がずうずくまって泣いてた。
取り乱しまくる兄に俺軽くパニック、とりあえず寝ろと何も分からぬままその日は寝かされた。



389:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/06/02(金)09:57:20.15ID:XzNxFQh20.net
次の日父から聞くと、兄が変なものを見たらしい。

いつもの川沿いの散歩コースを歩いていると、川ギリギリの開けた場所に白い人間みたいなのがいるのを兄発見。
深夜だから顔や詳細な形は分からず、おかしな動きをしてるからしばらくその白いのを遠くから眺めていた。
でも兄も眺めてるうちに異変を感じる。

その白いのは垂直に高くジャンプをしながら少しずつ移動。
両手は真横、T字で音もなく足を折り曲げることなく完全に伸ばした状態でピョンピョン飛び上がりながら(キョンシーのイメージに近いんだと思う。)、少しずつ兄の元に近付いて来てた。



390:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/06/02(金)10:00:50.78ID:XzNxFQh20.net
兄、これ人間じゃないヤバイと感じて犬と猛スピードで逃げ帰宅。
正直笑ってしまいたかったけど、兄の泣き顔なんかウルトラレアだし、こういう怖い話大好きな父兄がガチでどうしよう通報するかとか散歩コース変えなきゃとか相談し合ってて信じるしかなかった。
家族全員もうあそこに近付けない。



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?346
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1495182779/388-390




.




拍手[1回]

PR



∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part74∧∧(主に雷鳥一号氏)

1:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/06/23(月)05:23:38.68ID:/Ti9RPFd0.net
いつの時代もそこにある異界、山。
知られざる深山、身近な里山、神社仏閣の「お山」、あるいは昔山や丘だった場所…
山にまつわる怪談・奇談を語っていきましょう。

※ここは実話のみのスレではなく昔話、伝聞何でもありです。



323:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/07/08(火)16:42:00.91ID:VNkvj40H0.net
岐阜県の低山をトレッキングしてる時、妙に気が引かれる祠があって、そこで5枚ばかり写真を撮った。
「写るんです」っていうカメラ付きフィルムと称されてる奴で、俺みたいなド素人でもミス無く写真が撮れて、二重取りみたいに手を加えることも無理というカメラ。

帰宅後、現像に出した写真を時系列で見てると、祠の写真が一枚もない。
ネガを確認すると、祠を写した部分がきっちり5枚分。感光して真っ黒だった。
その前後はしっかり写ってるからカメラに問題はなかったことは明らか。
写真屋に持ち込んで聞いたら、太陽のような強烈な光源に向けてシャッターを押してしまったんじゃないかとのこと。
でも、祠は移るかなと不安になるほど薄暗かった。

今でもどうしてそんなことになったのかわからない。
ちなみに、旅行の写真とネガは大切に保管してるんだけど、数年後にその出来事を思い出して再確認しようとしたところ、写真もネガも無くなってた。

勝手に証拠隠滅した祠の住人!!1
ちょっと名乗り出てみぃやぁw



325:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/07/08(火)17:16:44.24ID:VNkvj40H0.net
>>323さん、
ひょっとして、神さまかもわからない相手にケンカ売ってる?w



359:本当にあった怖い名無し[sage]2014/07/10(木)09:22:24.96ID:x1H0yAo7o
田舎の山の中にある墓を新しくして、道路も舗装する事になった。
墓を建てる予定の土地を大きく伐採したのだけど、大木を根っこごと掘り返した時に土の中から石の箱が出てきた。
立ち会っていた叔父の話だと箱には何も書かれておらず中には髪の毛のような物と何かが書かれていた跡が残る紙切れが入っていたそうだ。
叔父は地元のお寺に持って行ったそうだが、これってどんな物か分かる方居ますか?
死者を弔った物なのか、山の神に対する物なのか。

何となく埋め戻して神主呼ぶ物のような気がするんですよね・・・。



598:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2014/07/30(水)12:40:13.21ID:aWJvU86Zi.net
地元の山に人が入れなさそうな鬱蒼とした場所がある。
すこし登山道から外れてるから普段は足を踏み入れることはないんだけど、先週の日曜は暇だったので登山道から外れてちょっと行ってみた
あまり奥に行くと怖いので、登山道が見える場所くらいのところをぐるぐるしてた
そしたら猫の通り道みたいな穴があったんだ
覗き込んでみると小さい鳥居っぽいのがある
ちょっとテンション上がって人が入れそうな場所を探したんだけど結局なかった
その日は諦めたんだけど、今週もう一度行こうと思う。



603:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2014/07/31(木)13:58:37.92ID:AIagXjZW0.net
山というほど山の中ではないんだけど、有名心霊スポットめぐりをして帰る途中に山の中に続く階段が目についたので登ってみようぜってなった
誰も行き来しないのか草とかすごくて荒れてたんだけど、途中から階段が右側にずれててそこからは綺麗になっていた

そんなに長い階段じゃなくて、行き着いた先には祠みたいなのがあって扉にお札が貼り付けてあった
そしたら先頭の奴が足引っ張られたって叫びながら駆け下りてったんで、ビビッて自分も急いで下った

急いで車に乗って走ってるとカギがガチャガチャ開いたり閉まったりしてて運転してるやつに、ビビらせってんじゃねーよ!って言ったら、俺は右手で運転してんだろーが!ってブチ切れてきて、降りるのも怖くてガチャガチャいい続ける車で何とか家まで帰った
家についてからも開閉は止まんなかったけど、翌朝には止まってた



606:本当にあった怖い名無し[sage]2014/08/02(土)09:46:55.00ID:BpWwRnOyk
夜中の3時頃、山越え峠道の頂上付近で蹲ったお爺さんが居てびびった事ある

カーブの手前で路上に何か落ちてると視認。
シルエットでは大き目の岩かな?
ヘッドライトが当たったら蹲っている小柄なお爺さんだった。

同乗者全員で同時に「うおっ!?」ってなったよ。
近くに民家など無いし真っ暗闇、痴呆で徘徊して・・かな?とか思ったが夏場で凍死の心配もないし引き返す勇気も無かった。



605:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2014/08/01(金)09:53:03.17ID:lVVJcEco0.net
そういえば山の上で着物きた婆さんに遭遇した時、思わず悲鳴あげたな。



608:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/08/03(日)01:10:49.85ID:hsWqJsr50.net
>>605
そりゃ妖怪だ。四国だったと思うが、そういう妖怪との遭遇報告がある

江戸時代の話。男が夜、山道を歩いていた。山の深い所まで入り込んでしまい、帰るのが遅れたのだ
満月だったので、灯りの支度がなくても歩くのに支障はなかった
ふと前を見ると坂の先に老婆が立っていた。擦り切れた着物を着た老婆だった
男が恐怖を感じて、「こらっ」と怒鳴りつけると、老婆は身を翻して逃げた
男が坂を上ってみると、下り坂に老婆の姿は見えなかったという



609:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/08/03(日)01:41:23.28ID:d9pDJanUO.net
ばーさんが着物着て歩いてたら人外扱いww

(続きは『続きを読む』をクリック。以降はすべて雷鳥一号氏のレスです。お好みでどうぞ)









拍手[0回]




続きを読む

あかまま沼

736:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/12/26(月)00:24:37.04ID:vqrVo6Vv0.net
『あかまま沼』

動画サイトで生放送が流行っている。
ある人気生主がリスナーの要望で山間地帯の沼を訪れた。
○○へ行ってみたってやつ。

水溜りにしか見えないけど何故か干上がらず地元の人は沼と呼ぶ。
赤子の不気味な言い伝えがあるんだとか。
幸いすぐに場所は分かった。
立ち入り禁止の札があったがいいだろう、奥に進みたどり着く。

4時前だったが山は日が暮れるのが早いので配信を切り上げる。
片づけの最中先ほどまで気付かなかった小さな祠が見えた。
錆びついた錠前と滲んだ札が貼ってある
興味本位でこじ開けたら札が落ち開いた。
中には小さな木彫りの像。
がっかりして振り向くと夕日のせいか沼が真っ赤にそまっているように見えた。

最後にその様子背景にスマホで自撮りし、山をあとにした。
麓の定食屋で次回のネタしようと主人に沼について。
客足は少なかったので色々教えてくれたが、店を出る前
興味本位で近づく人はおるが間違っても祠だけは開けるなと念を押された



737:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/12/26(月)00:26:50.33ID:vqrVo6Vv0.net
帰宅後配信についたコメントが異様に盛り上がっている。
内容は「やりすぎ」「○○はエンターテイナー」などなど。
その部分の動画を見返すと粘性のものが這いずるような音が入り、赤子の鳴き声が聞こえてくる。

怖くなり動画を消す。
そしてスマホで撮った写真も消そうとする。

ゾッとした

赤く染まった沼の水面から、大量の赤子がこちらを見ている
手を伸ばしスマホを持った当人の足元に

あかぬまま、あかままぬま

決して軽卒に行動してはいけないことがあるのです。



引用元:【雑談】どんどんオカルトを語れ【怪談】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1465787787/736-737




.




拍手[1回]




不思議な現象が頻発する

657:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/11/04(金)00:42:18.51ID:JTZ3L1xS0.net
私の体験談を話してもいいですか?
かなり読みにくい&長文ですが、ご容赦下さい



658:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/11/04(金)00:46:26.93ID:JTZ3L1xS0.net
9月中旬頃でしょうか。

私の通う学校は期末試験期間だったので、昼過ぎには帰宅しました。
家に帰り、お腹が空いたため昼御飯を食べながら、溜まったアニメを観ていました。
この時に時計は13時半を指していました。

観ていたアニメのedが流れ出した頃、トン、トン、と階段を昇る音がしました。
廊下を歩く音がして、そして隣の兄の部屋で鞄を床に置く音がしました。
私は、

あー○○くん(私は兄をくん付けで呼んでいます)帰ってきたのか。
でもあいつ今日試験期間じゃないよな。

と思いつつも、

○○くん帰ってきたのー?

と呼びました。
しかし返事はなく、仕方なくもう一度、○○くんいるのー?と呼びましたが返事はなし。



659:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/11/04(金)00:48:51.65ID:JTZ3L1xS0.net
聞こえてないのかと思い、渋々兄の部屋にいくと、誰もいませんでした。
鞄も置いていないし、一応他の部屋も見ましたが、私以外誰もいません。

一階に住んでいる祖父に誰か二階に上がらなかったか聞きましたが、誰も上がってないし、兄が帰ってこなかったかも聞きましたが、誰も帰ってき

ていないし玄関の扉も開けてないとのこと。

気のせいかとも思いましたが、私自身耳はいい自信ありますし。
携帯で調べてみると、家の軋みのせいで誰もいない廊下や階段で音がすることがあるそうですが、私が聞いたのは明らかに人の足音と鞄を床に置く音でした。



660:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/11/04(金)00:52:00.95ID:JTZ3L1xS0.net
両親にこのことを話したところ、うちだとたまにそういう事があるそうです。
そういえば前も、母と私が食卓で話しているときに玄関の扉を開ける音がして、父が帰ってきたのかねー、なんて話していたけど結局誰も扉なんて

開けてなかったこともありました。

他にも、
兄が小さい頃、一人で昼寝をして、起きて不意に窓からベランダを見たら血塗れの男が立っていたそうです。
兄は父のいたずらかと思い、ベランダに出るためにリビングに向かったら、そこに父を含めた家族がテレビを観ていたので、血塗れの男は父のいたずらではなく本当にいた、とか

父が子供の頃の父の姉の体験談ですが、夜中に目がさめて、部屋のドアが少し開いているのに気付き、ドアを閉めようと首を上げたら、ドアの隙間から死んだ父の祖父が、

水を…水をくれ…

って此方を見ながら呻いてた、その時は金縛りにあったように体が動かず、怖くなって目を閉じて、気づいたら朝になってた、

など、信じてもらえないかもしれませんが、本当にこういうことが私の家ではあるんです。



661:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2016/11/04(金)00:55:33.02ID:JTZ3L1xS0.net
私の家は墓地も近く、20年程前には家の前で交通事故があり人が亡くなっているので、それも関係あるのかもしれないですね。

長文失礼致しました。
中々読みにくいですね…(^^;
質問や、皆さんの感想、考察があれば何なりと。やはり幽霊などの類いですかね…、私には判断しかねますので、是非客観的な見解を聞きたいです。



663:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/11/04(金)23:46:16.06ID:p06PQTmo0.net
>>660
水やったの?
お墓参りとかしてないから出てきたのでは



664:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2016/11/08(火)19:39:21.15ID:vnCZ32yZ0.net
こういう場合はお墓参りしたら解決ってのが多いよ



引用元:【雑談】どんどんオカルトを語れ【怪談】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1465787787/657-664




.




拍手[0回]




茶袋、という妖怪

929:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/09/06(土)16:39:10.71ID:HkJfmwKX0.net
茶袋で一くさり。
俺の知人で立川基地の40代の自衛官の体験。
若いころ、レンジャーに参加し、レインジャーバッジを持っている。

レインジャー訓練は2日も3日も不眠不休で山越えをする。
食料も自主調達。
実際に知人は蛇を見つけて焼いて食ったそうだ。
フル装備が重く体が疲れきっていて、うまいんだかまずいんだか味は不明。
とにかく骨っぽかったという。

そんな真夜中、月明かりで山道を急いでいると、かなたの枝に何やらキレイな袋が下がっていて、それが手の届きそうな近くに見えたり、また遠ざかって見えたりする。
月明かりでキラキラ、金糸の模様も見える。

手の平くらいから、30センチくらいの大きさになったり、大きさも距離も定まらない。
キレイな袋なのだが、それを欲しいという気は起こらなかった。
とにかく、レインジャー訓練は時間内にゴールにたどり着かなければ失格してしまう。

知人は袋を見ないようにしたまま前に進んだため、袋は視界から消え去り、後はどうなったか知らないという。
レインジャー訓練中は極度の疲労のため、幻聴幻覚はしょっちゅうだったそうだ。

これは「茶袋」という妖怪で、「かん吊るし」などと同種のものだ。
茶道の「シフク」という道具類を包む絹の袋の姿をしていて、高価なものであったため、それで人心を惑わし
危険な場所などに人をいざなったモノだろう。



引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part74∧∧
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1403468618/929




.




拍手[0回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/22 てん]
[06/21 NONAME]
[06/21 オーガスタス]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.