忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

火の玉?霊魂?

2018.05.17 (Thu) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

631:本当にあった怖い名無し:2006/12/11(月)01:08:38ID:r+3lCz+A0
俺が中学生の時の体験談です。

土曜日は学校が早く終わるので友達A・Bと共に放課後直でCの家に行くのが定番でした。
その土曜日もいつものようにその3人といっしょに自転車でCの家に向かいました。

俺達はCの部屋のこたつに入りマターリしていたのですが、(座っている)Bが振り向きながらうしろの戸を開けたその時。
戸に目を向けた瞬間俺とAは
「!?」
2人同時にビクッとしたのです。

俺が見たモノは自分達と同じような格好をした(上がYシャツ下が制服)人影が立っている姿でした。
残像のような感じで一瞬で消えてしまったんですが、かなり心臓がバクバクいってました。
「うわーヤバイな霊かな?」
と考えつつも痛い奴だと思われるのが嫌だったので黙っていました。

心がようやく落ち着き、もしかしたらと思いAに
「さっき誰か立ってなかった?」
と聞いてみました。
するとAは
「俺達みたいなカッコした奴が見えたような気がした。」
と言いました。

俺は
「えー!?やっぱり!?」
と驚き、その後しばらくその話題で盛り上がりました。
Cの部屋は彼の家から離れているので、この4人しかいるはずが無いのです。
「マジ怖えーwヤべーww」
「第5の人物w1人増えたw」
とか言って笑い転げていましたが、内心薄気味悪くてそれをごまかしたくて必死でした。

長いので分けます。



632:本当にあった怖い名無し:2006/12/11(月)01:13:56ID:r+3lCz+A0
>>631の続き

その日はいつものようにダラダラと過ごし、夕方6時ぐらいに嫌な気分をひきずったまま帰ることにしました。

Bと途中で別れ、Aと笑い話をしながら暗い帰り道を自転車で走っていました。
しばらく走っていると長い1本道(道路)のかなり先の方から自転車の小さい丸いライトが見えました。
しかし、その向かってくる自転車のうしろからライトを点けた車が走ってくるのに、あるべきはずの人影が無いのです。

「いやいやいや、そんなはずはない。気のせいだろ。」
と思いつつその車が横を通るので、俺達は縦列になり減速しました。
車が通り過ぎてもやはりその自転車は向かってきます。
丸く小さいライトが低い位置にあるので自転車であることは明確です。

俺達は道の左側を、その人は右側を走っています。つまり向かい合っている形になります。
しかし、俺はある違和感を抱いていました。
自転車のライトというのは普通反射板(?)があって後光というか・・・
ピカーッとした電球の白い光で前方を照らすはずなのに、そのライトはぼやけた弱いオレンジ色だったのです。
だんだんと距離が縮まってきてもむこうが避けようとしないので、俺達は右に避けました。

するとその人は俺達の動きに合わせて目の前に来てフラフラし始めました。
俺は
「老人かな?」
と思って自転車を止め、通り過ぎるのを待とうとしました。その時、その自転車のライトらしきモノがパッと消えたのです。

俺達は
「えっ?」
と言って驚き、シーンとして物音もしないので何が起こったのかわかりませんでした。
その周辺を必死に10分ぐらい探しましたが何も無いのです。全方向、かなり広範囲です。

2人で
「は?意味ワカンネー」
という言葉を連発するしかありませんでした。
そのうちAが
「火の玉?霊魂?」
と言い出したのを聞いて俺は半狂乱になり、
「火のタマああああああ!!!!」
「怖えーーーー!!wwww」
等の言葉を絶叫し、2人でその場から全力疾走で叫び合いながら逃げました。

1日の内に2回もその友達といっしょに不思議な体験をしたので、忘れられずにトラウマになっています・・・。

長いのにつまらなくてスマソ。



引用元:不可思議な体験、謎な話~enigma~Part36
https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1161355593/631-632




.



拍手[0回]

PR

痴呆による幻覚と幻聴

2018.05.16 (Wed) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

814:本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日)19:50:45ID:/TzKIcZn0
はじめに断っておく。この話は長くなる。

私の母は数年前から老人介護の仕事をしているんだが、
この前痴呆老人の見る幻覚について話を聞かせてもらった。

話を聞いていて分かったんだが、どうやら彼らの見る幻覚はあまり良いものではないらしい。
ある患者は
「そこに子供が死んでいる。」
と何も落ちていない床を指差したり、また別の患者は
「隣のベットの上に血だらけの人が沢山いる」
と誰も寝ていない空のベットを見ておびえたりしているらしい。

素人考えに過ぎないのだが、痴呆老人の見ている幻覚は、若い頃に見たり聞いたりした嫌な光景で、どうにか思い出さないようにしていたものが見えている確率が高いんじゃないか・・・と思う。



816:本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日)19:53:22ID:/TzKIcZn0
数年前に97歳で大往生した私の曾祖母も亡くなる十数年前から痴呆を患っていた。
そんな曾祖母に見えていたのは、親子三人の幻覚だった。

曾祖母が語ったところによれば、家族構成はお母さん、お父さん、五歳くらいの坊主頭の男の子が一人。
男の子は民謡の黒田節(酒は飲め飲め飲むならば~ってヤツだな。)が好きで、よく曾祖母に歌ってくれとせがむらしい。
半ズボンを穿いていて、額に怪我をしていて血が出ている。
お母さんは口やかましい割りに子供の世話を殆どしない、
お父さんは背が高く、子供をとても大事にしている。・・・そうだ。

親子はお昼には姿を現さずに、曾祖母が寝る時間帯にやってくると言っていた。
(だから、夜中に曾祖母の話し声が聞こえて不気味だった・・・。)
そんな曾祖母がボケにボケまくり、幻覚・幻聴が酷くなったのは私が中三の頃だった。

その日は丁度夏休みで、私は受験勉強のために深夜まで起きていた。
ラジオをBGMにして、学校から渡されたドリルに取り掛かっていた。
時折、窓の外を深夜だというのに何台かの車が通り過ぎる音が聞こえる。
外の無音がだいぶ続いていた時、

コンコン。

いきなり窓の高いところを外から叩かれた。
えっ!?何!?
時計を見ると午前一時を過ぎている。



817:本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日)19:54:49ID:/TzKIcZn0
コンコン。

また叩かれた。
怖い。
誰かの悪戯かもしれないし、強盗かもしれない。
この部屋から出た方が良いのか・・・。
だけど、その隙に部屋に侵入されたら・・・?

コンコンコンコンコンコンコンコン・・・コンコンコンコンコン。

ドンドン ドンドン ドンドン ドンドン・・・・。

ゲンコツで叩く音と、平手で叩く音。
怖いし、気持ち悪い。
その時、私はふと気が付いた。
叩かれた窓の外には池があって、窓と池の間には狭い通路。
その周りには沢山の木が植えられている。
もし、この窓を叩こうと思ってそばに来るのならば、人が木の周りを歩く音や落ち葉の落ちた地面を踏みしめる音がするし、池と窓の間にある歩幅の狭い通路を歩くのは暗い中で大変難しいだろうし、誤って池に落ちて大きな音を立ててしまうのがオチである。
結局、その音は一時間くらい続いた後にぴたりと止まった。



818:本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日)19:55:45ID:/TzKIcZn0
翌朝、曾祖母が私を見つけるなり真っ赤な顔をして怒ってきた。
別に怒られるような事はした覚えは無いのだが・・・。
「何で開けてやらなかったんだ!雨に濡れて風邪引いてしまう!」
何のことだろう。昨日は晴れていたぞ。
「子供泣いてた!何で開けてやらなかった!」
・・・子供?
「こっち(曾祖母)の部屋の窓開かないから、〔そっち(私)の方に言って、開けてもらえ〕ってそっちに行って貰ったのに、何で開けてやらなかったんだ!」
曾祖母の部屋のドアを開けて窓の方を見た。
小さな手の跡や、大きな手の跡が無数に付いている。
急いで私の部屋に行って、カーテンを閉めたままの窓を開けた。

やっぱりこっちの窓にも、大小の手の跡が無数についていた。
雨に濡れたように水滴が窓についている。

なあ、バアさん・・・。
私、アンタに見えてたのは痴呆による幻覚と幻聴だって思ってたんだけどさ、

ど う や ら 本 当 に み え て た ら し い な 。

と、いう事はだ。
もし、カーテンを開けていたら、私もバアさんの見えていた親子三人を見ることになったのだろうか・・・。



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?149
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1163090091/814-818




.



拍手[0回]

いるぞ。

2018.05.15 (Tue) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

255:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2018/04/13(金)00:49:34.80ID:j/8MJgnlx
うちの実家さ、鏡に生首が映ることがあるんだ。

タネを明かせばなんてことはない、ある条件でしか起こらない合わせ鏡のトリック。
実家の居間は大きめの窓があって、反対側の壁に小さな鏡がかかってる。
その間にソファが置いてあるんだけど、夜うっかりカーテンを閉め忘れてるときにソファに座って鏡の方を見ると、暗い窓と小さな鏡が「合わせ鏡」になって、ソファに座った人の姿をぼんやり映し出しちゃうんだ。
それが首から上だけに見えるから、座ってる人にとっては「窓の外に生首が!」ってなるわけ。

先日、弟家族と実家でわいわいやってるうちに暗くなってしまった。
楽しく話してたんだけど、弟嫁が急に真っ青な顔になって絶句する。
「あー、弟嫁は知らなかったっけ」
と思って事情を説明して、
「なーんだ」
ってホッとした空気が流れた。

俺が
「ごめんな、カーテン閉めるよ」
って立ち上がった瞬間、弟嫁、絶叫。
弟、真っ青な顔で立ち尽くしてる。
他の家族は何が起きたか分からず困惑。

なんとか落ち着かせて事情を聞くも、
「今日は帰る」
の一点張り。
結局なんだか分からないまま、弟家族は逃げるように帰宅した。

そして今日。
弟から電話があったので、いったいなんだったのか問いただすと渋々話してくれた。

「アニキが立ち上がってカーテン閉めようとしたろ?あのとき、、、俺、窓の外みてたんだけど、窓の下からいきなり“にょろん”て感じで白い顔が出てきたんだよ、、、真っ白で、目と口のところだけ穴が開いたみたいに真っ黒で、男だか女だかも分からない顔。○○(弟嫁)は鏡を見てて、そいつを見たらしい。で、、、耳元で呟く声を聴いたんだと」


『いるぞ。ちゃんと見ろよ』


おいおい、いるのかよ。
俺実家住まいなんだけど、、、どうすりゃいいんだこれ、、、



引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?350
https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/occult/1520016458/255




.



拍手[0回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[05/21 ⑦⑦⑦]
[05/21 七篠]
[05/20 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ