忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


ウモッカ

ウモッカは、インド洋に棲息しているといわれる、魚のような生き物である。

発端
UMAファンサイトの「謎の巨大生物UMA」の掲示板に、モッカというハンドルネームの人物が、
「1997年頃、インド旅行中に、漁師がさばいて調理しているのを目撃した」
と書き込みを行った事による(魚(ウオ)+モッカで「ウモッカ」という名称になった)。

その後、モッカによるイラストが公開。
イラストには、他の生物も書かれており、「他の生物の描写力(観察力)等から、怪魚の特徴(イラスト)は信憑性が高い」
と、サイト主などからの評価が下された。

特徴
体長180cm以上。
全身がパイナップル状の鱗(爬虫類の様に硬そうなもの)で、その中心に小さな刺がある。
色は濃い茶褐色。
シーラカンスの様に、足状の鰭が前後4足付いている。
頭部は魚と言うよりも、トカゲ(爬虫類)に似ている。
口中には、細かい歯が、びっしりと並ぶ。
頭の上だけ鱗が無く、ツルッと光っている。 

考察、その後の探査状況
4つ(二対)の足状の鰭から、肉鰭綱の魚類の生き残りの可能性がある。
辺境探検作家の高野秀行がウモッカ探索の為、現地向けの手配書を作成。
モッカが書いたイラストが手がかりとなっている。

該当サイトにて特集が組まれている【http://homepage3.nifty.com/Daiou3/MF.html】。



 




拍手[6回]

PR



ウマウナギ

【概要】
アイルランドにあるデレーリア湖に生息するといわれる、巨大生物。

バリナヒンチ湖のオオウナギ、オーナ湖のウマウナギとともに、アイルランドに伝わる水棲のUMAである。
これらの湖がある大湖沼地帯コマネラにはウマウナギ(horse eelまたはgiant eel)の他に水馬(water horse)の伝承もある。

ウマウナギの目撃情報は多く、ウナギのような姿をした巨大な生き物、という共通認識がある。

実際に1900年代に人が襲われたこともあるらしい。


 




拍手[2回]




ウォリー

【概要】
アメリカ、オレゴン州のワラウア湖には、大きな角を持つ大蛇が棲むという。
その名前をウォリーといい、体長5mほどのウォリーが1950年に目撃されたのが最初のようだ。

1982年には二人の人物が10分間という長い時間に渡って、ウォリーを観察。
このとき目撃されたウォリーは15メートルもあり、背中に7つのコブが認められたという。


 




拍手[8回]




ヴィルコ・モンスター

【概要】
チリの山岳部に位置する、セロ・カリペウモ の廃坑に棲みついているといわれるUMA。
セロ・カリペウモの町のひとつ、2004年にヴィルコ ではじめて目撃されたことからこの名がついた。

目撃者の報告によればカンガルーのような体で後肢二本で飛び跳ねるように移動。
極めて俊敏な動きで体長は1.5m程度、鼻面は狼のようで背中にはたてがみ、太い尾を持っていたという。

このときは得物を捉えた直後なのか、口から鮮血をたらしていたそうだ。


【真相】
UMAファンや研究家にはチュパカブラとの類似性が指摘されている。
外見や特徴、出没場所などが驚くほど似ているためだ。

しかし、ヴィルコ・モンスターに関しては「脱走したカンガルーの誤認ではないか」という至極まっとうでつまらない意見が出され、受け入れられているのもまた実情である。


 




拍手[2回]




ウィラタック

【概要】
アメリカワシントン州シアトルのワシントン湖に生息するという未確認動物。
1736年に最初の目撃例があり、現在まで数多くの目撃情報がある。

ウィラタックは背中にコブを持つ、黒光りする巨大な丸太のような姿をしているらしく、一部の情報では9mもの大きさをもつ、と言われる。

なお、ワシントン湖では3メートルを越す巨大なチョウザメが見つかっており、多くはこのチョウザメの誤認ではないか、と言われている。


 




拍手[4回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[05/27 NONAME]
[05/27 NONAME]
[05/27 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.