忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


オクラホマ・オクトパス

【概要】
アメリカはオクラホマ州各地の淡水湖(テンキラー湖やサンダーバード湖など)に棲息すると言われる、未確認生物。

その姿は赤茶色の体に何本もの触手を持ち、大きな馬程度の大きさだという。
タコやイカのような頭足類の形をした生物、と考えてよいだろう。

ただ、現在の所タコ(軟体動物門-頭足綱-鞘形亜綱-八腕形上目)もイカ(軟体動物門-頭足綱-十腕形上目)も、海水でしか棲息できず、淡水に進出したことはない。

これを踏まえると、仮に淡水に生息するタコやイカに類する生物だとしたら、それはそれで未確認動物であり、生物学上の大発見という結果になることは間違いない。

ちなみに、上記の淡水湖は穏やかな淡水湖であり、事故などは多くないはずなのだが、想定されるよりはるかに多くの事故報告が寄せられているそうだ。

地元民によれば、これらはオクラホマ・オクトパスの仕業だ、ということになるらしい。


 


拍手[5回]

PR



モケーレ・ムベンベ

【概要】
アフリカ大陸中央部のコンゴ共和国、カメルーン、ガボンなどの広大な熱帯雨林の湖沼地帯に生息しているのではないかと想像されている。

元々は現地人に古くから語り継がれてきた伝説上の怪物である。
言い伝えや目撃談を総合すると、体の大きさはカバとゾウの間ぐらい、体長は5~10mで、ヘビのように長い首と尾を持ち、4本脚で、直径30cm以上の丸い足跡には3本の爪跡があるとされる。

1980年代以降、数多くの探検隊が組織されてきたが、21世紀になっても未だ写真、映像、標本など、生息を確実に実証できる資料は皆無に等しく、その存在は謎に包まれている。

【考察】
地元では現地の住民が見たことのない、知らない生き物をすべて「モケーレ・ムベンベ」と呼ぶことから、テレビでサイの映像を見せたところ「モケーレ・ムベンベ!」と叫んだという話もある。

ゾウやサイ、大型の哺乳類などの可能性が高いと言われている。

詳細はwikipediaを。


 


拍手[4回]




エディ



【概要】
巨大な魚が尾びれを水面から出し、目の前を悠然と通り過ぎた――。2000年秋、江戸川の流域で偶然目撃された魚が、地元の自然観察クラブの間で「怪物エディー」と名付けられた。

ネス湖の「ネッシー」にちなみ、「えどがわ」から命名したのだが、一体この巨大魚の正体は?

【真相】
このエディ、2002年ごろの調査でその正体が判明している。

それは「アオウオ」だ。
1943年、食糧増産のために中国から輸入されたコイ科の巨大魚である。
全国の河川に放流されたが、利根川水系や霞ケ浦などだけで自然繁殖した。だが、生息数が少ないので、水族館以外で見ることは極めて難しいと言われている。

実際、成魚で1.2~2m近くまで成長することがあり、国内最大級の生体は実は東京にいる、と言われている。

正体が判明したため正確にはUMAではないが、東京の江戸川付近にこのような巨大魚がいることはロマンあふれる話だろう。

ちなみに、アオウオはてんぷらや唐揚げにすると美味、とのこと。


 


拍手[6回]




ついにユニコーンを捕らえた!

Rumoured Unicorn Sighting Reported In Don Valley


http://www.youtube.com/watch?v=YdqjeF-38Uk&feature=player_embedded


 


拍手[29回]




よしぞー評価

ウモッカ

ウモッカは、インド洋に棲息しているといわれる、魚のような生き物である。

発端
UMAファンサイトの「謎の巨大生物UMA」の掲示板に、モッカというハンドルネームの人物が、
「1997年頃、インド旅行中に、漁師がさばいて調理しているのを目撃した」
と書き込みを行った事による(魚(ウオ)+モッカで「ウモッカ」という名称になった)。

その後、モッカによるイラストが公開。
イラストには、他の生物も書かれており、「他の生物の描写力(観察力)等から、怪魚の特徴(イラスト)は信憑性が高い」
と、サイト主などからの評価が下された。

特徴
体長180cm以上。
全身がパイナップル状の鱗(爬虫類の様に硬そうなもの)で、その中心に小さな刺がある。
色は濃い茶褐色。
シーラカンスの様に、足状の鰭が前後4足付いている。
頭部は魚と言うよりも、トカゲ(爬虫類)に似ている。
口中には、細かい歯が、びっしりと並ぶ。
頭の上だけ鱗が無く、ツルッと光っている。 

考察、その後の探査状況
4つ(二対)の足状の鰭から、肉鰭綱の魚類の生き残りの可能性がある。
辺境探検作家の高野秀行がウモッカ探索の為、現地向けの手配書を作成。
モッカが書いたイラストが手がかりとなっている。

該当サイトにて特集が組まれている【http://homepage3.nifty.com/Daiou3/MF.html】。



 


拍手[6回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/24 NONAME]
[03/24 砕天]
[03/23 斬鉄]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.