忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

橘あゆみ

2007.09.30 (Sun) Category : 都市伝説・考察・真相

さて、「橘あゆみ(橘由美佳)」は、恐怖系チェーンメールの定番中の定番ネタ。2000年夏頃に発生して以来、今なお年に何度も大流行している。 そして、2005年春頃には「増岡政人」、同年秋には「PAmw-B38」という名前違いの変種も発生。これまた大流行した。

さて、いくつか文面のおかしい部分につっこんでみよう。

→6/9(木)
最初に流行したのは2000年。この付近で、6/9が木曜日となるのは1994年。6年も前にこんな事件があったら警察やマスコミが大騒ぎしているはず。
だが、そんな形跡はない。

→「プログラムの処理」?
 「パソコンのプログラムの処理」とは何か?どんなデータから、どんなアプリを使って、どんな処理をしたというのだろうか。そもそも、「プログラムを処理」しただけで個人情報を特定できるとは考えられない。
 それで「犯人と思われるやつの名前」をリストアップして、「それだけではなかなか見つけられない」とある。リストアップできていないではないか(苦笑)
 「位置情報からメールをとめたやつの居場所を探す」ということだが、この時期、GPS機能付携帯はまだ普及していないはず。
仮にあったとしても全ての携帯がGPS機能が有効であるとは限らない。もし有効であっても、位置情報からその人を特定することがいかに難しいことであるかは、2004年秋に起こった奈良県の女児誘拐殺人事件が証明している。たった1人を逮捕するのに、人海戦術で何か月もかかったのだ。たかがチェーンメールで、対象者が何万人もいるのに、「パソコンのプログラムの処理」だけで簡単にできることではない。

→探偵事務所?
 いくら本職の探偵でも、本名や住所・電話番号などの個人情報を他者から盗み出すのは犯罪。個人情報保護法が施行された今ではさらに明らかな犯罪となる。
 たとえ、チェーンメールを止めた奴の個人情報を自動的に盗み出すようなシステムがあったとしても(実際にはそんなシステムや行為自体、実現不可能)、そこへ電話をかけたり、その人を殺すのは人間がしないと無理だろう。
 ここでいう「探偵事務所」「プログラムセンター」というのは、そうした行為を専従で行う人たちのことなのだろうか?もし、本当に人を雇ってこのようなことをさせようとするのなら、どんな人たちを何人雇って、金はいくらかかるのか?....どう考えても、現実的な話とは思えない。
このような行為自体が、現実社会でありうるのか?
 日本はまがりなりにも法治国家で、理由が何であろうと殺人は重罪。
 上記したように、レイプ殺人事件があれば当然警察が動いて犯人を捕まえようとするし、マスコミも騒ぎ立てるはず。「メールで犯人を捜して復讐」などという行為自体、現実社会ではありえない。
 もし、ここで言われていることが全て本当で、それでこの事件の真犯人にこのメールが回ってきたとしても、その犯人はメールを誰かに回しさえすれば何の問題もなく復讐から逃れてしまう。それで、何の罪もない人たちばかりが殺される…。

→最新パソコン
新しいパソコンを買えばこんなことができるのだろうか?
新しい「ソフト」や「アプリケーション」や「システム」ではなく、「パソコン」なところが笑いを誘う。

→プログラムは止められない
電源切れば?もしくは最新パソコン(笑)を壊してしまえばプログラムは止まる。

→たとえ女であっても
…なんで?
もはや恐怖感を煽るための手段としか思えない。
1人(子供入れても2人)の復讐のために無差別殺人をする…バカじゃなかろうか。



拍手[9回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/23 NONAME]
[08/22 七篠]
[08/22 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ