忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

ぐーるぐる

2012.05.17 (Thu) Category : 都市伝説・未分類、分類不能

こんにちは。
久しぶりに投稿しようかと思い、参上しました。

地震予知関連と思われる記事を他サイトで発見しましたので、ここに転載します。ご参考までに。

(以下コピペ)
ぐーるぐる
481 :本当にあった怖い名無し:2012/04/01(日) 01:46:09.52 ID:Kti+c+JjO
これは今日聞いた話で、どこまで本当かわからないけど書きます
知り合いに重度の自閉症を患っている子供がいるんですが、その子が先の東日本大震災の前に妙なことを言っていたとか。

その内容が「311(さん・いち・いち)ぐーるぐる」というもの。
普段は全くといっていいほど口を開かない子なのに、と不思議に思っていた矢先に件の大震災が起こったとのことでした。

その発言は、3/11の二週間程前から、暫くの間言い続けていたそうです。
ただの偶然かもしれないが、何しろ滅多に言葉を発しないだけに強烈に印象に残っていたと彼は語ってくれました。
そして、最近また同じようなことを言い出したそうです。

「511ぐーるぐる」という言葉を常に言っていると、不気味がっておりました。
この話を聞いた時は怖くもなんともなかったのですが、「511ぐーるぐる」と口にしてみたらやたらと怖くなったので書き込みさせて頂きました。
以上です。長文失礼しました。


(※火巳ヶ家さんからの投稿です。ありがとうございました)




 




拍手[0回]

PR

黒い波

2011.10.24 (Mon) Category : 都市伝説・未分類、分類不能

678 :黒い波:2011/07/11(月) 21:26:17.65 ID:0ZlhmJdXO
昔体験したぞっとした話

小学校の4年の今くらいの日
クラスに二人ひとりはいる机の半分以上がプリントで埋まってるたぐいの生徒の一人でした。
どこの小学校もやってたかわからないけども、猫の絵の細長い漢字ドリル。
これだけは机に入るので横向によく忘れて帰って、夜中9時くらいに怒られて取りに行った訳です。

親同伴でしたが夜の学校はやはり怖い。
用務員さんに鍵を貰っていたので開けて入ったのですが。



679 :黒い波:2011/07/11(月) 21:30:57.16 ID:0ZlhmJdXO
暗がりの中電気をつけると、一瞬暗かった床がサーッと引いていった。
親と二人でびっくりしながら困惑してたら黒い波が足元に。

大量のGの波でした。
昼に誰かが落とした残飯に集まってたようで隅に逃げるGGGGG。

親と喚いてたら用務員さんが到着。
泣く泣く漢字ドリルをもって帰りました。
あれ以来数学ドリルは忘れましたが、漢字ドリルだけは忘れませんでした。 




 




拍手[3回]

マッチ売りの少女・異聞(2)

2011.04.01 (Fri) Category : 都市伝説・未分類、分類不能

これだけSEXメディアが氾濫してしまうと、女性の裸に興味を持つ若者など少なくなってしまうのが当然である。

だが、当局の検問が厳しく、女性の裸を見る機会の少なかった一昔前までは、信じられないような風俗形態が存在したのだ。

その一つが“マッチ売りの少女”。歓楽街の裏通りを酔っぱらいなどが歩いていると、うら若き女性が、
「マッチを買ってくれませんか?」
と声をかけてくる。男がマッチを買うと、女性は男の頭を自分のスカートの中に導く。女はノーパンである。そこで男はマッチを1本擦り、火が消えるまで、女性の下腹部を“観賞”するというものだった。

岡田憲之さん(仮名・35歳)が渋谷で飲んだ時の帰り道だった。

岡田さんが行き着けのバーから駅まで歩くには、ホテル街の中を通らなければならない。
近くには看板がピンク色に輝く歓楽街もある。

すれ違うカップルがホテルの中に消えていく姿を見ると、何かやましい欲望が心の中に湧いてくるのが抑えられなかった。
そんな時だ。

「マッチを買ってくれませんか?」

恐らく10代と思える女の子が、暗がりから声をかけてきたのだ。

「えっ?」
岡田さんは我が耳を疑った。かつてのマッチ売りの少女の存在は知っていたが、まさか自分がお目にかかるとは思ってもみなかったからである。

「1本いくら?」

好奇心もあったし、そんな気分もあった。岡田さんは、話の種に覗いてみようと言葉を返した。

「千円……」

岡田さんと女の子はちょうど電信柱に隠れ、通りからは見えない暗がりに行った。女の子は震える手つきでマッチを渡し、自分のスカートをたくし上げた。
岡田さんがマッチを擦った。ぼんやりとした明かりの中に、女の子の下腹部が浮かび上がった。

「うっ」

うっすらとヘアーが生えた白い下半身を見れると思っていた期待は、一瞬にして裏切られた。

岡田さんが見たのは、焼け爛れたケロイドの痕だった。女の子の下腹部は爛れた上に膿んでいて、傷口が襞状になっていた。
岡田さんは思わず目を背けたが、女の子は青白い顔で黙っている。

「病院へ行けよっ!」

酔いの醒めてしまった岡田さんが、そう怒鳴りながら女の子の手を掴むと、女の子の皮膚がずるっと剥けた。岡田さんの手には女の子の皮膚が握られ、女の子の手は赤く肉が露出している。

「お、お前……」

女の子は痛がりもせず、青白い無表情の顔で岡田さんを見つめている。
岡田さんが後退りすると、女の子は皮膚の剥けた手を差し出し、彼の手を掴もうとした。

「ひぃいいいッ!!」

人気のない裏道で初めて大声を上げながら、岡田さんは駆け出していた。明るい道へ、せめて人がいる所へ、と。

しかし、表通りに出ても薄暗い道は続き、歩いてくる人はいない。
必死で駅までの進路を走る岡田さんは、ふと手に軽い痺れを感じた。

見ると、女の子の皮膚の一部がまだ付着しており、そこからジクジクと爛れ始めているのだった。


(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)


 




拍手[8回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/17 ドラスタ娘]
[11/17 ドラスタ娘]
[11/17 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ