忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


ある中学校に一本の桜の木が生えていた。

しかし、皆に愛された桜の木は台風によって無惨にも倒れてしまう。これを見てとても悲しんだ生徒数人が力を合わせて桜の木を起こし、添え木を当てて固定。

次の日生徒達が登校すると前日倒壊したはずの桜が花を咲かせていた。季節はずれの9月に満開の花を咲かせた後、桜の木はみるみる枯れ腐り二度と花を咲かせる事は無かったと言う。


拍手[4回]

PR



電信柱

20代以上の人は見たこと有ると思うが昔の電信柱は木で出来ていた。

ある時期、一斉にコンクリの電信柱に交換することになったが工事を請け負った企業がヘタレで各地区ごとに何本かずつ木の電信柱が残ってしまった。

ソレを見つけて企業に連絡してやると菓子折りやビール券もって御礼に来るという噂。



拍手[0回]




幽霊屋敷

昭和40年代、実際に起こった事件。

その辺りで幽霊屋敷と呼ばれるほど荒れ果てた大きな洋館があった。
主である一人暮らしの婆さんが死んで以来空き家だったそうだ。

で、ある日、二人の小学生A君とB君がその中を探検に行ったんだけど、 そのうちのA君が二階への階段を上がってる時、階段の底が抜けて一階に落ちたと言うんだ。
大きな洋館で二階までの高さは普通の家の1.5倍ぐらいあって、しかもA君は二階まで後二、三段というところまで上がってたもんだから落ちた拍子に右足の骨を折ってしまっていた。

左足も捻ったらしく、真っ青な顔に冷や汗をダラダラ垂らせながら呻いて、身動きもできない様子だったと言うよ。
B君は慌てて救急車を呼びに外へ飛び出し、そばにあった民家から119番してもらった。
で、救急車がやってきた。やってきたんだけどね…… A君は死んでたんだよ。

救急隊員を先導してB君がA君の倒れている場所に行くと、A君の体が何か毛むくじゃらのものに覆われていたそうだ。
で、B君達が近づくとそれがサッと四散した。 その毛むくじゃらのものはネズミだったんだ。

ネズミの群れが身動きの取れないA君に群がってその体を貪り食ってたんだ。
そいつらはA君の体から離れるとそこら中の隙間という隙間に潜り込んで、後は物音一つしない空間に呆然と立ち尽くすB君と救急隊員達だけが残された。
 
床に倒れたA君の体は全身の肉の半分ぐらいを食われていて、ほとんど、人間の形をした赤い肉の塊みたいだったって言う話だ。


拍手[0回]




火事

ある学校の調理実習の授業中、火事で一人の生徒が亡くなった。
生徒の両親は学校側に
「もうこんな事故に合うのはうちの子が最後にしてくれ」
と強く訴えた。

だがその数年後にまた同じ学校の調理実習で火事が起き、今度は何人もの犠牲者が出た。これは新任の家庭科教師が故意に起こした物で、取り調べに対しその教師は言った。

「あの子一人を最後にしたら、あの子が永遠に一人ぼっちで可哀相…」
教師は、数年前に死んだ「あの子」の姉であった。


拍手[1回]




ライブ

某人気バンドの全国ライブ中に起こった話。その日のライブはいつものように順調に進行しラストの曲が終了。メンバー達は控え室へと戻っていった。
その日集まった数千人の熱狂的ファン達は名残惜しく思いつつも会場の出口へと向かっていく。

数十分後客席がほとんど空になったことを伝えられメンバーが楽器を取りにステージに戻ると観客席に一人の女性がポツーンと突っ立っていた。体調でも悪いのだろうか…心配したメンバーがその女性に近づき声を掛けるが返事が無い。

「放心状態になってるのか?」
女性は至福の表情を浮かべながらその場に突っ立っている。

メンバーの一人が女性の肩を軽く叩くと女性はその場に倒れこんだ。受身を取るような素振りも見せず直立不動のままバッタリと。その女性はライブ中に死亡していたのだという。


拍手[0回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/29 斬鉄]
[03/29 NONAME]
[03/28 NONAME]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.