忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


犬鳴村・犬鳴峠

犬鳴峠周辺は心霊スポットとしても全国的に有名である。特に、旧道犬鳴トンネルには幽霊が出ると言う噂が後を絶たない。新道トンネルでも幽霊の噂がある。閉鎖されている道路は道幅が狭く、一部では崖崩れなどで通行が非常に危険である上、無断で立ち入った場合、法律・条例等で処罰の対象となる為に決して興味本位で行くべきではない。また峠では不法投棄が横行したり、暴走族の溜まり場となったりするなどの問題が発生したことから、旧道トンネルは閉鎖された。しかし、興味本位で訪れる者が後を絶たない。

犬鳴峠の界隈、現在犬鳴ダムとなっている区画の奥底にかつて犬鳴村という、何らかの事情で一般社会から隔絶された人々が居住し、他地域との交流が全くなく、外部からの立ち入りが困難な集落があったとされている(一説には、街から疎外された人間が住む集落、いわゆる被差別部落であったとされている)。そこでは現在でも家屋が廃墟となって残っている、あるいは現在でも居住者がおり、外部から人が入ると鎌などを持って襲いかかってくるとの噂がある。また、村の入口には「ここから先日本国憲法通用しません」と書かれた立て札があるという噂もある。戦前には冷やかしや物珍しさに訪れる人間が少なくなく、住民が脅しの為に「足を踏み入れるべからず。この先、大日本帝国憲法は通用せず」という看板を集落の入口に立てたものとされている。

以上は都市伝説としては有名だが、事実無根である。

現在の宮若市の西端部にあたる区域に、かつて犬鳴村を名乗る村が実在した。鞍手郡に属したが、1889年4月1日に町村制度が施行されるにあたり、周辺の4村と合併して吉川村を発足させ、犬鳴村は吉川村の一集落となった。その後市町村合併が進められ、1955年3月1日の合併で若宮町に含まれ、2006年2月11日の合併では「宮若市犬鳴」となった。

かつてはたたら製鉄や林業などを主産業としていたが、産業を取り巻く事情の変化により廃れた。また集落の中心地は犬鳴ダムの建設により、湖底に沈んだ。しかし、沈まなかった地域では現在でも居住者がいる。

この村については、先述の心霊スポットとされる「犬鳴村と呼ばれる地域」と混同されることがあるが、全く別である。住民の迷惑となるため興味本位で訪れて騒ぐべきではない。




拍手[5回]

PR



この記事へのコメント

無題

犬鳴村は存在するらしい
http://akuma752.web.fc2.com/

Re:無題

参考リンク、拝見しました。

内容的には一般に流布されている話と同じですね。
ありがとうございました。

事実は…

犬鳴村は、100年以上前に実在した。旧吉川村に合併で地名のみ残った。現在は、犬鳴ダムの湖底になっている。都市伝説の犬鳴村は、旧犬鳴トンネル(旧道)の宮若側の入り口より左に入る林道(石碑から入る)が有り約3キロ程奥がある。戦後、林道脇に開拓家庭が、自給自足(自家発電)で3件ほど存在した。そのために新トンネル入り口付近にバス停と電話ボックスが設置されていた。新道が出来た頃は1軒のみであったが、当時娘さんがおられ、バス停を利用して旧道を徒歩で通勤されていた。最後の一軒が転居後、旧道入り口にフェンスができた。
これが、犬鳴村都市伝説の真相。

Re:事実は…

>戦後、林道脇に開拓家庭が、自給自足(自家発電)で3件ほど存在した。そのために新トンネル入り口付近にバス停と電話ボックスが設置されていた。新道が出来た頃は1軒のみであったが、当時娘さんがおられ、バス停を利用して旧道を徒歩で通勤されていた。最後の一軒が転居後、旧道入り口にフェンスができた。

なるほど、これはなかなか貴重な情報ですね!
ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Next:
合わせ鏡の悪魔
Prev:
犬鳴村・犬鳴峠
Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/25 砕天]
[06/25 砕天]
[06/25 砕天]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.