忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


夜だし怖い話貼ってくぞwwwwww

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:51:31.543ID:Ka11y8OW0.net
はる



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:51:42.162ID:q7WyvCz70.net
なつ



3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:51:56.330ID:NVzfi4BC0.net
あき



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:52:00.713ID:3ozkpke30.net
あき



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:52:06.689ID:3ozkpke30.net
すまん



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:52:13.660ID:Ka11y8OW0.net
488:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/1303:54
海底洞窟探検のダイバーの話。

男性ダイバー2人と女性ダイバー1人で、海底洞窟を探検していた。
途中で男性ダイバーの一人が異変に気付いた。女性ダイバーの姿が見えない!
緊急事態だったが、二人で探すのは時間が掛かるし酸素が十分にあるというわけでも無いので危険だ。
その為、一度引き返してから大至急捜索のチームを送る事にした。

行方不明となった女性ダイバーというと、洞窟上部に空気を貯めてそこに頭を出して非難していた。
ライトや電子機器類は壊れ、自力で脱出する事は不可能だった。
そこは闇と静けさに包まれた世界。
不安と恐怖で精神がおかしくなってしまいそうな状態だった。
しかし数時間後、下のほうから光が照らされた。捜索のダイバーが到着し彼女は救出された。



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:52:33.041ID:Ka11y8OW0.net
しかし変わった事が一つある。
この頃は丁度真夏で皆は
「暑い暑い」
と言っているのに、彼女は暑さを感じる事が無くなっていた。
それどころかむしろ寒い位だった。
日に日にそれはエスカレートし、真夏なのにストーブをガンガンにして部屋で過ごすようになった。

しかしそれでも身体は暖まらず、寒さで震えるほどになっていた。
それに加えてまた新たな症状が現れ始める…彼女は無性に息苦しさを感じるようになっていた。
彼女は
「これはきっと何かの病気だ…明日病院へ行こう…」
と思いベッドに入るが、その日はあまりにも息苦しく、呼吸困難とも言える状態で、何度深呼吸しても息苦しさから逃れる事は出来なかった…

そして意識が遠のくような感覚と共に目の前が真っ暗になった…そして恐ろしい現実を知る。
そこは闇と静けさに包まれた世界。
酸素残量ゼロのボンベを背負った女性が一人…



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:54:03.966ID:8FruzcfdM.net
まだ洞窟内にいる定期

(続きは『続きを読む』をクリック)


 








9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:54:59.870ID:Ka11y8OW0.net
662:本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火)00:28:56ID:NxVaNrtR0
とある田舎のとある峠道に、自動車事故多発地点があった。
そこで事故を起こす車は、決まって同じカーブでハンドルを切り損ねて、道の脇からがけ下に転落、というもので、いつも現場の道路には、急ハンドルを切ったようなタイヤの跡が付いていた。

そこでまた事故が起こった。
しかし、今回はいつもと事故の内容が違っており、轢き逃げだった。
車が少女を跳ねてひき殺してしまった、というものだった。

しばらくして轢き逃げ犯がつかまった。
取調室で犯人はこういった。
「少女が道の脇から、突然とても楽しそうな表情で飛び出してきたんです」
と。


10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:56:08.641ID:3ozkpke30.net
どういうこと?



14:酸素◆I.m.O2..aE[]2017/02/19(日)22:56:55.258ID:N1GReDPr0.net
他のやつは避けるために死んだのか?



12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:56:43.693ID:Ka11y8OW0.net
311:本当にあった怖い名無し:2007/09/16(日)15:08:16ID:vRzvKhWjO
彼女は職場の同僚である彼を愛していた。
彼女の容姿はお世辞にも美しいとは言えず、同僚は皆彼女の容姿を馬鹿にしていた。
彼は美貌と才能に溢れていたが、他の同僚の様に彼女を馬鹿にしたりなどせず、とても優しかった。

その優しさに、自分が釣り合うはずがないと嘆きつつも、彼を想う気持ちを止められない。
彼女は彼に愛されたい一心で、美しくなる為の努力に全てを費やした。
その甲斐あってか、彼女は誰もが羨む程美しくなった。
今まで彼女の容姿を馬鹿にしていた同僚達も、女は羨望の、男は憧れのまなざしで彼女をみる様になった。
そして彼女はついに彼に告白をし、彼もまた彼女を愛していると熱く告げた。

翌日、彼女は会社の屋上から飛び降りてこの世を去った。
屋上に遺された遺書にはたった一言、『帰りたい』と書かれていた。



17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:57:54.411ID:3ozkpke30.net
>>12
どういうこと?



18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:58:11.082ID:Ka11y8OW0.net
山にまつわる怖い話
267:,:03/02/1521:04
某県に地蔵山という山があります。
山と言っても塚のようなもので、本当に小さいものです。

その山にはいやな伝承がありまして、かつて江戸時代の初期に豪農が、金の力に物言わせて黄金の地蔵をつくり、塚に埋めたという黄金伝説があるのです。
しかし、この地蔵を掘り起こした者には豪農の祟りがあり、ことごとく死んでしまうと言います。

その埋めた場所を暗号で記した古文書がありまして、明治時代に地元の若者5人組が地蔵の発掘に挑んで、3人が発狂、1人が自殺、1人が行方不明なったこともあったそうです。
大正時代にも発掘をした人がいて、この人も原因不明の病気でうなされ、
「地蔵がくる。地蔵がくる」
とうわごとを言いながら亡くなっていきました。


20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:58:23.765ID:Ka11y8OW0.net
そして昭和の頃、またまた成金がこの地蔵の発掘に挑みました。
今度の成金は強引で、この山ごと崩してしまったのです。
しかし、地蔵は出てこなかったのです。

おさまらない成金のおやじは、その土地に大型マンションを建設しはじめました。
地元では祟りがあるからやめろという声があったのですが、工事は押し進められました。
しかし悲劇はおこったのです。
現場の視察にきた成金親父は、コンクリートの打設工事を見学していました。
しかし、柱のコンクリート打設面をおさえていた型枠がはずれ、成金親父はコンクリートの下敷きになってしまったのです。
5分後、救出された親父は既に窒息死していました。
そしてその体はコンクリートが全身につき、まるで『地蔵』のようになっていたそうです。



22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)22:59:19.964ID:3ozkpke30.net
もっと分かりやすいやつ選んで欲しいな



23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:00:28.138ID:Ka11y8OW0.net
314:全裸隊◆CH99uyNUDE:03/03/0208:25
すれ違う他の登山者と挨拶を交わしながら稜線を歩いていた。
印象に残る登山者もいれば、そうでない登山者もいる。
その中に、帽子、シャツ、ズボンからザックに至るまで、黒一色のいでたちの男がいた。
これはかなり珍しい風体だった。

黒ずくめの男とは何度もすれ違った。
登山会や山岳会では、ユニフォームのようにそうした格好をするところもある。
だが、顔形から声まで揃える山岳会などあるだろうか。
すれ違った後で俺を追い越し、再びすれ違う事を繰り返すのでない限り、
一本しかない稜線で同じ男と一日に何度もすれ違う事などありえない。


315:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/0302:05
富士の樹海で同じような経験をした、という話を読んだことがあります。
同じ人と何度もすれ違う、これは何なのか。
それが2回なら「変だな~」で済むかもしれないけど、3回目ぐらいから怖くなってくるだろうな。
「もうすれ違いませんように!」って思っているところにまた向こうから・・・

やっぱ山は怖い。



24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:01:22.499ID:Ka11y8OW0.net
山シリーズ好きだから山系貼ってく

上の方のは意味が分かると怖いシリーズ



26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:02:31.024ID:3ozkpke30.net
>>24
その肝心の意味がわからないんですが



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:07:13.099ID:Ka11y8OW0.net
29:雷鳥一号◆zE.wmw4nYQ:2009/04/30(木)18:57:34ID:u3KG1eMV0
友人の話。

仲間何人かでキャンプに出かけた時のことだ。
夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。
欠伸を噛み殺しながら、そろそろ火の始末をして俺も寝ようかな、などと考えていると、
覚えのない声が話しかけてきた。

「何しているんだい?」
顔を上げると、火を挟んだ向こう側に誰かが座っていた。
ぼんやりとしか見えない、大きな黒い影。視界に霞でも掛かったかのよう。
何故かその時は不思議とも怖いとも思わず、普通に返事をした。

「んー、火の番をしてる」
相手の正体は何者なのか、何でこんな時間にこんな場所に居るのか。
そういった類いの疑問がまったく頭に浮かばなかった。
先程まではシャンと起きていた筈なのに、寝惚けた時のように思考が上手く働かなかったという。
ぼんやりと、俺寝惚けているのかな、と考えているうち、また話しかけられた。

「その火が消えたらお前さんどうする?」
「んー、消えないよ」
「こんな山ン中じゃ、一寸先も見えない真っ暗闇だろうな」
「んー、この火が消えちゃったら、そうなるだろうね」
「闇は深いぞ。中に何が潜んでいるかわかったもんじゃないね」
「んー、暗いのは怖いよ。だから火の番をしなくちゃね」



31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:07:13.099ID:Ka11y8OW0.net
30:雷鳥一号◆zE.wmw4nYQ:2009/04/30(木)18:59:00ID:u3KG1eMV0
声の主は、頻りと火を消すように勧めてきた。
「火の番なんか止めちゃえよ。もう眠いんだろ。寝ちゃえよぐっすりと」
「んー、そうしたいけど、そういう訳にも行かないんだよね」
「俺が消してやろうか?」
「んー、遠慮しとくよ」
「消すぞ」
「んー、でも直ぐまた点けるよ、暗いの嫌だから」
「一度消えた火は直ぐ点かないぞ。無駄だからもう寝ちゃえよ」
「んー、ライターもあるし、火種があれば直ぐ点くよ」
「ライターか。それがあれば直ぐに火が点くのか」
「んー、点くと思うよ。簡単に山火事になるぐらい」

すると声は、ライターを無心し始めた。
「火が消えないならライターなんてもう要らないだろ。俺にくれよ」
「んー、これは大切な物だから駄目だよ」
「俺が代わりに火を見ててやるよ。だからライターくれよ」
「んー、僕のじゃないから、やっぱり駄目だよ」

こんな押し問答を何度くり返しただろうか。
やがて影がゆらりと立ち上がる気配がした。
「火が消えないんじゃしょうがないな。帰るとするか。また遊ぼう」
その言葉を最後に、何かが山の闇の中へ去って行った。



32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:07:37.450ID:Ka11y8OW0.net
31:雷鳥一号◆zE.wmw4nYQ:2009/04/30(木)19:00:43ID:u3KG1eMV0
「ばいばい」
小さくなる気配にそう挨拶していると、いきなり強く揺さ振られた。
ハッとして身構えると、揺すっていたのは先に寝ていた筈の仲間だ。
目が合うや否や、凄い勢いで問い質される。
「お前!今一体何と話してた!?」
「何とって・・・あれ?」
そこでようやっと思考がはっきりし、明瞭にものが考えられるようになる。
「えっ今、僕、何かと会話してたの!? 夢見てたんじゃなくて!?」
気が付くと残りの皆もテントから顔を出し、こちらを恐ろし気に見つめている。
彼を揺すり起こした者が、次のように教えてくれた。

曰く、テントの外で話し声がしたので目が覚めた。
夜中に迷惑なヤツだと思い、テント中の寝顔を確認してから青くなった。
人数から判断する限り、今外には一人しか出ていない筈だ。
恐る恐る外を覗くと、焚き火を挟んで座る影が二つ。
片方は間違いなく友人だったが、もう一方が何かわからない。
人の形をした、黒い塊に見えたらしい。
友人と影は、何度もしつこいくらいに言葉を交わしていた。
どうやら、火を消す、消さないで揉めている様子。
絶対に消すんじゃないぞ!
声に出せない願いを胸中で叫んでいると、じきに影は立ち上がり山奥へ消えた。


33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:07:58.583ID:Ka11y8OW0.net
32:雷鳥一号◆zE.wmw4nYQ:2009/04/30(木)19:01:33ID:u3KG1eMV0
いつの間にか他の皆も起き出しており、背後で息を殺していた。
影がいなくなった時、テントの中では安堵の溜め息が重なったそうだ。
その直後慌てて外に飛び出し、憑かれたように火を見つめる友人を引っ掴んで、ひどく揺すって目を覚まさせたのだと、そう言われた。

思わず、影が消え去った方角の闇をじっと見つめてしまった。
何も動く気配はない。足元で薪の爆ぜる音が聞こえるだけだった。

その後彼らは、その山を下りるまで絶対に火を絶やさないよう心掛けた。
不寝番を二人立てて、火の番を交代でしたのだという。
その甲斐あってかその後、あの黒い影はもう現れなかったそうだ。

「僕はあの時、何と会話していたのかな?」
思い出すと今でも鳥肌が立つのだそうだ。



34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:08:18.146ID:3ozkpke30.net
雷鳥一号懐かしいな



36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:09:43.129ID:Ka11y8OW0.net
543:コピペだけど1/4:2005/11/18(金)12:30:59ID:NdrjjlRk0
539:名無し職人:2005/11/18(金)10:47:51
うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りで、金持ちだった爺さん両親からの、何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを、暇さえあれば乗り回していたそうな。

ある時、爺さんはいつものように愛車を駆って、山へキャンプへ出かけたのだそうな。
ようやく電気の灯りが普及し始めた当時、夜の山ともなれば、それこそ漆黒の闇に包まれる。
そんな中で爺さんはテントを張り、火をおこしキャンプを始めた。

持ってきた酒を飲み、ほどよく酔いが回ってきた頃に、何者かが近づいてくる気配を感じた爺さん。
ツーリングキャンプなんて言葉もなかった時代。
夜遅くの山で出くわす者と言えば、獣か猟師か物の怪か。
爺さんは腰に差した鉈を抜いて、やってくる者に備えたそうだ。


38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:10:06.860ID:Ka11y8OW0.net
540:名無し職人:2005/11/18(金)10:48:33
やがて藪を掻き分ける音と共に、『なにか』が目の前に現れたのだそうな。
この『なにか』というのが、他のなににも例えることが出来ないものだったので、『なにか』と言うしかない、とは爺さんの談である。

それはとても奇妙な外見をしていたそうだ。
縦は周囲の木よりも高く、逆に横幅はさほどでもなく、爺さんの体の半分ほどしかない。
なんだか解らないが、「ユラユラと揺れる太く長い棒」みたいのが現れたそうだ。
爺さんはその異様に圧倒され、声もなくそいつを凝視しつづけた。

そいつはしばらく目の前でユラユラ揺れていたと思うと、唐突に口をきいたのだそうな。
「すりゃあぬしんんまけ?」
一瞬なにを言われたのかわからなかったそうな。
酷い訛りと発音のお陰で、辛うじて語尾から疑問系だと知れた程度だったという。
爺さんが何も答えないでいると、そいつは長い体をぐ~っと曲げて、頭と思われる部分を爺さんのバイクに近づけると、再び尋ねてきた。
「くりゃあぬしんんまけ?」

そこでようやく爺さんは、「これはオマエの馬か?」と聞かれてると理解できた。
黙っているとなにをされるか、そう思った爺さんは勇気を出して、
「そうだ」
とおびえを押し殺して答えたそうだ。


39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:10:37.025ID:Ka11y8OW0.net
541:名無し職人:2005/11/18(金)10:49:25
そいつはしばらくバイクを眺めて(顔が無いのでよくわからないが)いたが、しばらくするとまた口を聞いた。
「ぺかぺかしちゅうのぉ。ほすぅのう」(ピカピカしてる。欲しいなぁ)
その時、爺さんはようやく、ソイツが口をきく度に猛烈な血の臭いがすることに気が付いた。
人か獣か知らんが、とにかくコイツは肉を喰う。
下手に答えると命が無いと直感した爺さんは、バイクと引き替えに助かるならと、
「欲しければ持って行け」
と答えた。

それを聞いソイツは、しばし考え込んでる風だったという。(顔がないのでよくわからないが)
ソイツがまた口をきいた。
「こいはなんくうが?」(これはなにを喰うんだ?)
「ガソリンをたらふく喰らう」
爺さんは正直に答えた。
「かいばでゃあいかんが?」(飼い葉ではだめか?)
「飼い葉は食わん。その馬には口がない」
バイクを指し示す爺さん。
「あ~くちんねぇ くちんねぇ たしかにたしかに」
納得するソイツ。

そこまで会話を続けた時点で、爺さんはいつの間にか、ソイツに対する恐怖が無くなっていることに気が付いたという。



40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[]2017/02/19(日)23:10:56.217ID:Ka11y8OW0.net
542:名無し職人:2005/11/18(金)10:52:41
ソイツはしばらく、バイクの上でユラユラと体を揺らしていたが、その内に溜息のような呻き声を漏らすと、
「ほすぅがのう ものかねんでゃなぁ」(欲しいけど、ものを食べないのでは・・・)
そう呟くように語ると、不機嫌そうに体を揺らしたという。

怒らせては不味いと思った爺さんは、
「代わりにコレを持って行け」
と、持ってきた菓子類を袋に詰めて投げてやったという。
袋はソイツの体に吸い込まれるように見えなくなった。
するとソイツは一言
「ありがでぇ」
と呟いて、山の闇へ消えていったという。

その姿が完全に見えなくなるまで、残念そうな
「む~ む~」
という呻きが響いていたという。
爺さんは、気が付くといつの間にか失禁していたという。
その夜はテントの中で震えながら過ごし、朝日が昇ると一目散に山を下りたそうだ。

家に帰ってこの話をしても、当然誰も信じてはくれなかったが、ただ一人、爺さんの爺さん(曾々爺さん)が、
「山の物の怪っちゅうのは珍しいもんが好きでな、おまえのバイクは、山に入った時から目を付けられていたんだろう。諦めさせたのは良かったな。意固地になって断っておったら、おまえは喰われていただろう」
と語ってくれたのだそうな。

以来、爺さんは二度とバイクで山に行くことはなかったそうだ。
ちなみに、件のバイクは今なお実家の倉に眠っている。



51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage]2017/02/19(日)23:38:41.025ID:9sJTxiS90.net
俺は寺生まれが怖い

52:過去ログ★[]
■このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

引用元:日曜の夜だし怖い話貼ってくぞwwwwww
http://vipper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1487512291/




.


拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Next:
博物館に展示されていたマネキン。実は人が埋められていたことが判明し、大騒ぎにwwwww
Prev:
犬神憑きの家系ですが質問あります?
Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/24 NONAME]
[03/24 砕天]
[03/23 斬鉄]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.