忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


死体ビジネス

詳細はわからないが、ほぼ事実である。『カルカッタ大全』(人文書院)という本に、ガンジス川流域で死体を売っていた人の証言が掲載されている。

ガンジス川の流域で火葬し、灰を川に流すことは有名。
いったことのある方ならおわかりだろうが、そこらに死体がごろごろ転がっている。
本の証言によれば、薪をつみ、火をつければ、遺族たちは気持悪がって帰ってしまうという。
すると、葬儀係りの者たちがあわてて火を消す。運がよければ服がもえるぐらいですむ。
葬儀係りの者たちは、その死体をどこかへ隠して置いておく。
これを夜になって運び出して売るわけだ。
最終目的地は、日本など先進国の医療施設や大学の標本棚。

現在の死体売買は、バングラデッシュが主である。
インドでおこなわれていた頃は、生の死体が「20ルピー」、骨だけだと「60ルピー」、綺麗な骨なら「80ルピー」だったそうだ。目的が骨の標本ですから、骨だけの方が高く売れる、とのこと。
とはいっても、日本円にして数百円。
まぁ、火葬係の者たちがみなカーストの不可触民でることをご存じならば納得のいく額でしょうが。




拍手[0回]

PR



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Next:
意外な拷問法
Prev:
死体ビジネス
Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/28 七篠]
[06/28 NONAME]
[06/28 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.