忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

2007.10.18 (Thu) Category : 都市伝説・考察・真相

爪はすでに死んだ細胞である。
これだけでこの都市伝説は用済みになってしまうのだが、それではつまらないので爪とその周辺にまつわる話をいくつか。

爪は死んでいるが、爪の根元に、爪を成長させるための皮膚がある。もちろんこれは生きていて老廃物の排泄を行っているので、ここにはマニキュアを塗らないほうが懸命。

「グリーンネイル」という病気がある。その名の通り、爪が緑色に変色してしまう病気。
これは、付け爪を何日もつけっぱなしにしたことが原因で、爪と付け爪の間に雑菌が溜まり、緑膿菌に感染してしまったため。きちんとケアをしていれば問題ない。

マニキュアはむしろ爪をダメージから守るために有効らしい。しかし、除光液は爪に対するダメージが非常に大きい。
結果、差し引きでダメージのほうが大きくなる。ソレを防ぐには、ベースコート、トップコートをうまく使うことだ、という。



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/11 七篠]
[12/10 AvitoRu1wala]
[12/07 たかにゃんこ]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ