忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

「SOS」という歌

2007.10.10 (Wed) Category : 都市伝説・考察・真相

何かの音楽を聴くと~なことが起こる、という噂話は時折耳にする。
「呪いの音楽」
なんていわれるようなやつだ。
最近で有名なのは、「暗い日曜日」というシャンソンの曲だろう。かつてこれを聴くと自殺者が続出するという「呪いの歌」と呼ばれ大騒ぎになった。北欧の何ヵ国かと、イギリスBBCでは放送禁止となり、レコードが叩き割られたという話。

こんかいの真相究明は、コチラ。
昭和29年、日本をある悲劇的な事故が襲った。
青函連絡船「洞爺丸」沈没。
あの「タイタニック」の次に多くの被害者を出した世界史上2番目の海難事故のことである。
この事故と、アルゼンチンタンゴのことに妙な因縁があった。
当たり前の話だが、当時はモバイルもインターネットもないし、テレビも完全には普及してはいない時代。海運通信の主要手段はモールス信号、そして人々が頼るメディアはラジオだった。

事故のあった9月26日の深夜、「洞爺丸行方不明」の第一報が入り、ラジオで
放送が中断され、ニュース速報が流された。
その時、中断されるまでに流されていた曲。
それがアルゼンチンタンゴだったというのである。
曲名は、「SOS」
これは何かの偶然か、それとも。
関係者はぞっとしたらしい。
ところがこの話はこれだけではない。もう1点の不思議な点が。

この『SOS』という曲、世界各地で不吉な因縁話があったため、 後に『コンデナ』と改名された、というのである。


と、ここまでが都市伝説。だが。
調べてみると。、「コンデナ」という名前に改名されたのが1931年、つまり洞爺丸事故の23年も前のことだったことが分かった。同曲のリリースデータを見ると、日本で当時最も人気のあったタンゴバンドが旧名でレコードを出していた。事故時にこのバンドのバージョンが旧名のもとかけられたのだろうということも十分推測できる。

結局、単なる噂話…と思っていた。
そう。
気まぐれから「コンデナ」という言葉の意味を、辞書で調べてみるまでは。

言葉の意味。
それは、「別離」だった。
「SOS」から「別離」。
もう何もいう必要はないと思う。
奇妙な符号は、単なる名前の一致だけではなかったのだ。



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/21 ⑦⑦⑦]
[08/20 七篠]
[08/20 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ