忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

岡田有紀子

2007.10.05 (Fri) Category : 都市伝説・考察・真相

岡田有紀子の霊はなぜ夜ヒットのスタジオに現れたのか。
ある噂によると、それはこの時に中森明菜が歌っていた曲、「ジプシー・クイーン」のせいであるという。
「ジプシー・クイーン」はこのような歌詞から始まる。

百二十五頁(ページ)で 終わった二人
燃える愛の途中で Ah すべて
Wine色を染める 重い空に嘆き
アスファルトのBedに ため息こぼれる

なぜこの歌が岡田有希子と関係があるのだろうか。
歌詞を1行ずつ検証してみよう

1、百二十五頁(ページ)で 終わった二人
岡田有希子が飛び降りたのは4月8日の12時5分。
2、燃える愛の途中で Ah すべて
岡田有希子の自殺の原因は俳優の峰岸徹との破局といわれている。
3、Wine色を染める 重い空に嘆き
岡田有希子は飛び降りて(空に飛んで)、地面をWine色、つまり血の色に染めた。
4、アスファルトのBedに ため息こぼれる
岡田由希子はアスファルトの地面に激突し、アスファルトの上にうつぶせに寝転んで死んだ。

このように、よく見ていくとこの歌の歌詞は岡田有希子の死の状況に恐ろしいほど酷似している。
おそらくはこの自分の死を歌ったかのような歌詞に呼び寄せられ、岡田有紀子の霊は夜のヒットスタジオに現れてしまったのであろう。
なお、岡田有紀子の霊が出現したのは、中森明菜が「アスファルトのBed」まで歌った時であった。

自殺現場周辺には、衝撃で飛び散った彼女の脳が四散していた。
ところが警察が駆けつけたときには、飛び散っていたはずの脳みそはほとんど残っていなかったという。
噂によると事故直後、現場に駆けつけた彼女のファンたちが、彼女の脳みそを持ちかえってしまったらしい。
彼らは脳みそを持ちかえるとすぐに食べてしまったとも、今でも自宅で保管しているとも言われている。

さて、本題です。
岡田有希子の死の翌日、報知新聞に掲載された写真は実にショッキングでした。
うつぶせに倒れる彼女の髪の毛は血でべっとりと濡れており、周囲には大小様々なピンク色の塊が散らばっているのまでがはっきりと写っています。
これは彼女の脳みそです。
当時は写真週刊誌が次々と創刊され、人々の注目を集める為に競い合うように事故現場などに転がる死体写真を掲載していた時期でした。
岡田有希子の死体写真が報知新聞に堂々と掲載されたのも、そのような時代状況がなせる技です。
岡田有希子の幽霊騒動は、この1枚の写真から始まったといって良いでしょう。

確かに岡田有希子の死後、報知新聞社のカメラマンがサウナの中で灼熱した石に自ら突っ込むというかなり異様な状況で死に、岡田有希子の祟りではないかとする噂が流れたのは事実ですが、これを霊の祟りと考える根拠はありません。
というのは、「死体を蹴ってあお向けの写真を撮った」という伝説は全くのデタラメだからです。
カメラマンが報知新聞の記者とともに現場にやってきたのは、「岡田有希子が自殺未遂をした」という情報を聞きつけてのことでした。
実は岡田有希子は死の直前に南青山のマンションの自室で手首を切って自殺を図り、病院に運び込まれていました。
報知の記者らは事実関係を取材するためにサンミュージックへ向かい、そこでたまたま事務所へ戻ってきた岡田有希子の飛び降りに遭遇してしまったのです。
当初現場は混乱しており、飛び降りたのが誰かはわかりませんでした。
そのため報知の記者は岡田有希子の付き人が責任をとって飛び降りたのだと勘違いしてしまい、カメラマンに念のために写真を撮っておこうと指示しただけだったのです。
つまり、倒れているのが岡田有希子だと気づいていなかったカメラマンには、その死体を蹴ってまでしてあお向けの写真を撮る動機はなかったということになります。
それにいくら現場が混乱していたとはいえ、死体の側にはすぐに関係者の人だかりができてしまいましたから、カメラマンが遺体を蹴って動かす隙などなかったはずですしね。
これと同様の理由で脳みそがファンによって持ち帰られたという話も嘘であると考えられます。
彼女が飛び降りた直後ではそれが誰の死体なのかわからなかったし、それが判明した時点ではすでに警察が駆けつけており、脳みそを現場から盗み出すことなど不可能になっていたのですから。
しかも、このカメラマンが誰であるのかという点については、資料によって揺らぎがあります。
1996年に刊行された「東京ゴーストスポット(内藤孝宏、WAVE出版)」では、死んだカメラマンを岡田有希子の死体を撮影した人物と同一としているのですが、より古い記事であり、そもそものネタ元であると思われる「女性自身」1986年10月28日号に掲載された「自殺現場を撮ったあの新聞社に働きざかりの中高年の死が続々と!」という記事では、死んだカメラマンは巨人戦取材の為に上京していた大阪本社の人間であるとされているだけで、岡田有希子の死体写真を撮ったカメラマンと同一人物であるというような記述はどこにもありません。
また、「宝島」1997年11月26日号には、噂の真偽を確かめるために報知新聞社に確認の電話をしたところ、「(岡田有希子の死体写真を撮ったカメラマンは)生きて仕事してますよ」との返事が帰ってきたという話が掲載されています。
以上のことから考えると、もともと死んだカメラマンと死体を撮影したカメラマンは別人であったのに、それがいつの間にか都市伝説の中で同一人物とされ、メディアにも取り上げられて定説化したというのが真相のようです。

「夜のヒットスタジオ」に彼女の霊が映ったという話は有名です。
彼女は中森明菜が歌う後ろにワンピース姿で現れたといわれています。
ところが、実際にその問題の場面を検証してみると、確かに中森明菜の背後に人の姿に見える影かシミのようなものが映っていますが、ワンピース姿と断定できるほどはっきりと映っているわけではありませんし、ましてや岡田有希子かどうかなんて誰にもわかるはずがありません。
これはいわゆる心霊写真のようなもの、つまり光の陰影や壁のシミに人の顔を見つけているようなもので、このシミも偶然人形に見えるというだけのことでしょう。
(なお、「さんまのまんま」や「ベストテン」に現れた岡田有希子の姿というのはもっとひどくて、「見える人には見える」程度のものであったこともここに付記しておきます)
それが岡田有希子と断定されてしまうのは、一つには類話でご紹介したように中森明菜が歌っていた歌の歌詞の中に岡田有希子の死の状況と類似した個所があるため(実際に類似しているのはご紹介した冒頭の歌詞の部分だけです。これもただの偶然でしょう)。
そしてやはり、あのショッキングな写真が人々の頭から離れていなかったためだと思われます。
例の写真はその後写真週刊誌などにも転載され、多くの人々の目に触れることとなりました。
また、事件のあった当日は飛び降り直後の現場をすぐにワイドショーのカメラが取材し始め(これも岡田有希子自殺未遂の報を受けてやってきたための素早い到着であり、当初は死んでいるのが誰かはわかっていませんでした)、飛び散った脳みその映像がリアルタイムで全国のお茶の間に放送されていました。
このような現在では考えられない報道体制により、岡田有希子をめぐるショッキングな映像は多くの人々の頭に残ることになりました。
この人々の頭に残る残像が岡田有希子騒動を作り上げていったのです。
さて、ここまで私は霊の存在を完全否定する立場でこの文を書き進めてきました。
ここで少し視点を変えてこの騒動を振り返ってみましょう。
ここまで読んでこられた方は、私が「偶然」という言葉を多用していることに気づかれたかと思います。
「偶然」のカメラマンの死、「偶然」人形に見えた影、「偶然」の歌詞の類似・・・
さらに偶然は続きます。
1989年、幽霊騒動のもう一人の主役である中森明菜が岡田有希子と同じように手首を切り自殺未遂。
1997年、岡田有希子と親交があり、岡田有希子の写真集にツーショット写真も載ったことのある女優の可愛かずみが、岡田有希子と同じようにビルから飛び降りて自殺。
2000年、岡田有希子の芸能界における育ての親であったマネージャーの溝口伸郎氏が、岡田有希子の死んだサンミュージックのビルで謎の首吊り自殺・・・
もちろん岡田有希子の関係者が全員亡くなったわけではありませんから、これらは全て「偶然」とかたづけることもできます。
判断は皆さんにお任せしましょう。



拍手[8回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ