忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

北海道・支笏湖(3)

2009.07.10 (Fri) Category : 都市伝説・考察・真相

もともと、支笏湖はアイヌ語で「シコツ」とだけ呼ばれていたらしい。

正確には「シコッ」であり、アイヌ語で「大きなくぼ地」の意味だ。
倭人が北海道に上陸したとき、「シコッ」ではそれこそ「死骨」を連想してしまうため

「しこつこ」

と呼ぶようになり、漢字は「志古津湖」「志骨湖」「支骨湖」などが当てられた。
文献にも、「死骨湖」表記は見当たらない。

詳細は【シコツと千歳の地名解】に詳しい。

 




拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Title : 無題

死骨湖…

どうしたらそのような名前が出てくるのか…

火巳ヶ家 2009.07.11 (Sat) 14:39 編集

Re:無題

シコツが死骨を連想してしまうから、というのは事実のようですよ。
当時の時代背景もあったんだと思います。

2009.07.11 15:25

Title : 無題

当て字なら『詩惚湖』とかもあるだろうに、よりにもよって恐怖の組み合わせなんて…ガクガクブルブル

みーな 2009.07.11 (Sat) 17:39 編集

Re:無題

やっぱりどっかに「死骨」というイメージが残ったんでしょうかね…

2009.07.12 14:02

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/23 怖い子]
[11/23 ビョーン]
[11/22 オーガスタス]
最新記事
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ