都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

祖父への電話

2019.05.13 (Mon) Category : 誰も信じない人へ

390:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/08/22(金)12:47:06ID:tPGI7ggr0
ある日、帰宅のバスに乗ってて窓から外を見ていると祖父を見かけたので、無理に降ろしてもらった。
家からはだいぶ離れた場所だった。
祖父は俺を見るなり
「無事かあ、よかった……」
と言って倒れ込んだ。

とりあえず近くのバス停(国道沿いで他に何もない)で座って話を聞いたら、
「小屋で作業(DIYの類)してたら電話かかってきたから出た。おまえが涙声で、おじいちゃん、おじいちゃんと言って電話切れたんだよ。だから誰かにさらわれたかと思って探しに来た」
と言われた。

どうやら、2時間近くもうろうろと歩き続けたらしい。びっこ引いて。
俺は
「それ悪戯電話か間違いだよ。脚悪いのにありがとう」
と言った。

30分後に来るバスを2人で待っていると、1台の車が目の前で止まった。
降りてきたのは祖父宅の、近所の中年男性だった。焦りながら、
「山本さん(祖父)ここにいたのか。探したんだよ。山本さんとこの小屋焼けたよ、火事。家はだいじょうぶだけど」
と。
びっくりしてすぐに車に乗せてもらい、帰宅。家の周りには警察やら。

意味不明な電話の後、近所のDQN高校生数名が祖父宅の隣の空地でバイクやら車をいじっていて、それで爆発が起きて小屋に引火したそうで。

突発的なことだったので、その電話がなかったら、いつもびっこ引いてる祖父は危なかった。



391:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/08/22(金)12:48:36ID:tPGI7ggr0
ごめん、冒頭の文章が抜けていた…
冒頭にはこれが来ます。無いとわけわからんね。

大学の頃、通学時間の都合で祖父の家から通っていた。
脚の悪い祖父と二人暮らしだったが、問題なく暮らしていた。



392:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/08/22(金)16:01:28ID:nkznWjqe0
じいちゃんもお前さんも無事でなにより。
孫思いの優しいじいちゃんだな。



393:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/08/22(金)16:32:01ID:fktA5JZJ0
いい話だったなぁ~、乙
孫に優しいお爺ちゃんってのは個人的に大好きだ



394:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/08/22(金)19:38:25ID:QisxCg/k0
なかなかよかったぜ。



395:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2008/08/22(金)21:11:24ID:XRIUelsXO
>>394
なんかやらしい



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~Part46
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1216822187/390-395




.







拍手[0回]

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[10/19 オーガスタス]
[10/19 NONAME]
[10/19 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by