忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

怖い話好きなワイが体験した怖い話するで

2018.03.05 (Mon) Category : ホラー・怪奇現象・不思議現象

1:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:16:09ID:IyA(主)
良かったら聞いてってクリ



4:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:17:04ID:IyA(主)
まぁぼちぼち語ってくで



6:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:19:29ID:IyA(主)
これはワイがまだ上京する前、地元の田舎にいた時なんやが周りは田んぼしか無くて若者が遊ぶとこなんてなーんもなかった。
田舎生活というものに飽きてたワイは深夜徘徊を始めたんやな



8:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:21:54ID:IyA(主)
深夜徘徊をしてみて分かったことは何か知らんけど楽しい。意外と色んな人が夜でも歩いてるんやなということやった。
深夜徘徊にも慣れ始めた1ヶ月位経った頃やろうか、ワイは衝撃的な物を目撃してしまう



10:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:27:11ID:IyA(主)
田んぼの畦道に四つん這いの人がおったんや。
外の明かりもクッソ長い幅で等間隔に置かれた街灯しかないからそんなに明るくもないはずなのにソイツはしっかりと見えた。てか、ツルッツルの人やった。
テカテカに光っててソイツがいきなり近くの畦道に現れたもんやから、うわわわっ!と声を出しながら転んでしまった



11:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:32:04ID:IyA(主)
ソイツはワイがいることに気付くとゆっくりと二足歩行へ戻ってワイのいる方向へ向かってきた。

冗談じゃない!捕まってたまるかと思ったワイは全力で逃げた、途中でサンダルが脱げたけど気にならなかった。後ろを振り返ると男が口から泡を出しながらすぐ近くを走ってる、てかクソ足速い。



16:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:34:40ID:IyA(主)
怖い話好きやから邪視とかクネクネとか色んなコト想像しながら走ってたけど疲れは来るもんでもうダメだってなった瞬間にソイツがんまああああって言いながら飛びかかってきた。
あ、これは死んだなと思った



17:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:38:42ID:IyA(主)
ハッと一瞬の意識を戻すと男が居なくて、アレ?と思って耳を澄ませると真横でビチャビチャ聞こえる。
まさか、、、と思って横見るとそのまさかや、男が電柱を恍惚の表情でんみゃんごかぁんがぁって言いながら舐めてた。ワイはその場で失禁してそのまま逃げるように家に帰った。それ以降、深夜徘徊はまだしてるがアイツは見ていない



18:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:39:34ID:IyA(主)
終わりや



15:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:34:22ID:0Fr
想像したらなかなかホラーやな



19:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:40:12ID:IyA(主)
田舎にいた時やから色々体験してるんやけどまだ聞く?



20:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:43:53ID:0Fr
聞こう

(続きは『続きを読む』をクリック)






22:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:48:37ID:IyA(主)
これはワイが高校生のクソガキだった頃の話や
夏に仲間と人呼んで心霊スポットで肝試しをしようということになった。
その呼んだ人の中にはワイが想いを寄せてた女の子Aちゃんもいたんや。



23:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:52:20ID:IyA(主)
ええとこ見せようと思って当日、めちゃくちゃ張り切ってオラついていった。
着いた心霊スポットは県内でも結構有名な山の中の廃村みたいなところやった。
そうして始まった肝試しはクジの関係でAちゃんと一緒になれんし、相棒は男やし最悪なスタートやった



24:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:55:17ID:IyA(主)
全部で5グループくらいおって、前の2人グループが入って3分したら次のグループが入って探検するという内容でリーダーの奴が昼の下見で行った時に1000円3枚どこかにバラバラに隠したって言ったから皆、テンション上ってどんどん入っていった



25:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)12:58:32ID:IyA(主)
ワイらは男二人トリやったんやが、テンション上らんまましかも30分近く待たされて村に入った。
中は木々が生い茂ってて獣道しか道がなく、建物も半壊しているものが多数、正直魅力を感じれんし何が面白いんやこんなとこと入ってみて思いながら歩いてた



28:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:02:38ID:IyA(主)
歩いてしばらく経った時、相方が宝探しを持ちかけてきた。
お金の方ではなく、蔵とかを漁って宝があれば持ち帰ろうぜということやった。
暇やったワイは二つ返事でオッケーすると丁度、目と鼻の先にあった蔵の扉を蹴りでぶち壊した



29:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:07:06ID:IyA(主)
蔵の中はホコリがたくさん飛んでて、懐中電灯には蛾が集まる。
何かあるかなーと照らしながら見てると大きなツヅラが有るのを発見した。
お、絶対中になんか入ってるだろと二人で話して蓋を開けようとする、、、が、中々開かない。二人で外そうとしてみるが開かない。



30:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:09:42ID:IyA(主)
仕方がないのでそこら辺にあった錆びつきまくった刃物でこじ開けた。
すると中から沢山の竹の水筒みたいな物と握りこぶしより少し大きいくらいのルービックキューブ状の竹の箱が2つ出てきた



31:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:14:37ID:IyA(主)
なんやろこれと思って二人で眺めてると相方が竹の水筒に液体が入ってる事に気付いた。
匂い嗅いでみようぜとなったワイらは竹の水筒の栓を抜くと液体を手に出して匂いを嗅ごうとしたんや。そしたら臭ってくる鉄の臭い、おかしいぞと思って中身を手に少し出して臭いを嗅いでみる。



32:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:16:09ID:IyA(主)
強烈な鉄の臭がするライトで照らしてみると茶色い滑りけのある液体が手にかかっている。ワイら二人は悟った。これは血液だヤバイもんだこれはと、、、、しかし好奇心の方が勝ってしまっていたワイらはコトリバコ展開もあるかもしれんと思い竹の箱の方もこじ開ける



35:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:20:21ID:IyA(主)
恐る恐る中を見る、ワイラは戦慄した。竹の箱に入っていたものそれは変色した爪と歯。もう流石に怖くなってしまったワイらは逃げる様にその場を後にした。
この話はここで終わりでオチは特にないんやがそんなもの大量に保管して何してたのか気になるンゴね



36:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:20:29ID:IyA(主)
おわり



39:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:22:01ID:IyA(主)
まだもうちょいあるけど聞く?



43:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:24:10ID:Zls
気にせず語ってクレメンス



45:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:26:42ID:IyA(主)
じゃあ語るで



47:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:31:06ID:IyA(主)
これは地元の友達とキャンプした時の話やな。
田舎やから夜には星満天の夜空を見れて、昼は海で遊べる最高やんってキャンプやったんやけどでもやっぱりキャンプと言ったら肝試しなわけでワイらは肝試しをすることになった



49:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:33:13ID:IyA(主)
森っぽい所をエリア決めて散策して30分経ったら帰ってくるっていうもんだったがワイらはそれなりにまぁ楽しめた。特に何事もなくテントに戻ってたんやな



50:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:36:19ID:IyA(主)
そしたら、テントがぺしゃんこのズタズタになっとる。
一瞬嘘かと思ったがズタズタになっとった。
俺は走りだしてテントの中を確認した。
バックの中身はひきずり出されお菓子は散乱して喰い散らかされていた。
ちなみに焼き肉の残り生肉も綺麗に無くなって発泡スチロールだけ転がってた



51:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:38:15ID:IyA(主)
ちょっと降りて電波が通じたから警察に電話して来てもらった。
まぁ、結果は熊でした。
これも、聞いてたら怖くないと思うんやが友だちが言った一言で周りがみんな凍りついた



52:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:39:09ID:IyA(主)
肝試ししなかったら大変なことになってたよね、、、確かにってなったわ。怖かった。



53:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:39:15ID:IyA(主)
おわり



54:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:40:48ID:Zls
イッチがリア充なのはわかった



55:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:41:03ID:IyA(主)
ふう、まぁワイが体験したのはこんなもんやな。
あとは怖くないけど小話があるくらいやからパンピーとなんも変わらんわ。



58:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:50:12ID:IyA(主)
あ、まだあったで



59:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:53:21ID:IyA(主)
実家にいる時の話なんやけど巫女さんの彼女に夜電話してたンゴねぇ、そしたら彼女の後ろから笑い声とかめちゃくちゃ聞こえるからテレビかな?と思って面白そうな番組見てるね!後ろで笑い声めっちゃ聞こえるよって言うたんよ



60:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:55:12ID:IyA(主)
そしたら、彼女がテレビなんかつけてないし笑い声なんてしないよって泣きそうな声で言ってきてえー?めっちゃ聞こえるよ?嘘だーって言った瞬間に携帯の電源がブチッといきなり落ちたんや



63:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:58:35ID:IyA(主)
え?と思って携帯つけなおしてな彼女に電話をかけ直すと出ない、これはまずい奴かなと思って電話をかけ直しまくったけど結局その夜に電話に出ることはなかった。

次の日の夜彼女に電話をかけ直すと電話が繋がった、彼女が言うには昨日の夜いきなり電話越しで笑い声が聞こえると部屋の電気が落ちたらしい



65:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)14:01:42ID:IyA(主)
そのあと怖くなった彼女は叫んだらしい、結果神主やら皆が来てくれて大丈夫だったらしいが、、、
それから2ヶ月位して彼女は神社を辞めてコンビニアルバイターになったやで



66:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)14:02:05ID:IyA(主)
おわり



67:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)14:04:22ID:IyA(主)
これでホントのホントに終わりやな!こんなゴミカス文章力でも見ててくれたみんな感謝するで、ほな



70:名無し:2018/01/15(月)14:29:50ID:Lb2
イッチナイスゥ
楽しかったで



61:名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)13:56:38ID:Ean
余計な「」付きセリフを入れないのが好印象





引用元:怖い話好きなワイが体験した怖い話するで
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515986169/




.



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Title : 無題

失禁するほどの得体の知れんもんを見てもなお深夜徘徊を続けるとか…

怖い子 2018.03.08 (Thu) 15:47 編集

Re:無題

それ以上の楽しみがあるんだよきっと

2018.03.19 18:52

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[06/19 ドラスタ娘]
[06/19 ふんがー]
[06/18 たーこいず]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ