忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

産婦人科の話

2017.12.06 (Wed) Category : 洒落にならない怖い話・その他

436:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2006/12/20(水)01:40:42ID:JzJAPdfsO
職業…というか、その現場での話。
昔、うちの母が私の弟を産んだ時、しばらくいた某大学附属病院の産科の相部屋の、母のベッドの隣のベッド、は異様に患者が入れ替わるベッドだったらしい。

母がお産をして部屋に戻って来た時は、死産児を産んで具合が悪くなった人がいたらしいけど、しばらくもしないうちに容体が急変して、医師と看護師たちがバタバタとした後、その人はどこか他の病室に?連れて行かれてそれっきり。

次に来た人も、他院で重篤な状態になったのを連れて来られて、ウンウン唸ってるまま、やはりどこかに連れて行かれてそれっきり。

次に連れてこられた人は、やはり死産児を産んだ後、出血が止まらない、と他院から連れてこられたとかで、始終
"赤ちゃんは~?!私の赤ちゃんはどこ~っ?!!"
とわめきっぱなし。
で、わめきっぱなしのまま、やはりまたどこかへと連れて行かれてそのまんま。

そのあまりの様子に驚く…というか恐怖した母が、同室の人にたずねると、
"あのベッドに来た人はね~。なんだかみんなあーなっちゃうのよ~"
と言われたらしい。

母はその言葉に、退院できる日の朝一!に病室を飛び出したとか。
"このベッドにあたった患者は必ず死ぬ"
とか
"この看護師が夜勤の日は、必ず患者が死亡する"
とかいうジンクスはよくあるらしいけど。
ホントなのかも。

長文すいません。



437:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2006/12/20(水)02:12:17ID:KDDTWPtd0
看護師だけど、「あたる」という言葉はよく使う
患者の死に「あたる」ということなんだけどね。
確かによくあたる人はいるよ。
「お祓いに行って来る」が合言葉。
病院は出るんだよ。
でも仕方ないよ、そういう場所だし。



435:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2006/12/19(火)22:42:48ID:745YV++H0
出産前に障碍の有無を検査することを強硬にに反対する障害者の父母団体があるけど、そうやって障害児生んだショックで発狂する母のフォローって誰もやってないのか?



438:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2006/12/20(水)07:22:48ID:ZWJwDFcZ0
435さんへ
難病や重度障害のこども専門の病院には 母親のための精神科が併設されてるよ。
何でここに精神科があるの??って質問したら 障害児の母親や兄弟は大変なストレスを抱えてるから・・・との説明だった。

そこに入院している子供で特に重度障害児を集めたフロアに行ったことがあるけど・・・愕然とした。
母親がおかしくなるのも無理もないと思うほど酷い奇形のこどもや赤ちゃん達がいっぱいだった。赤ちゃんの引き取りを拒み続ける親もいるのだと聞いたよ。



引用元:あなたの職業に関するオカルトな裏話5
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/occult/1161177519/435-438




.



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/16 オーガスタス]
[12/16 砕天]
[12/16 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ