忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

三途の川を見たのかもしれない

2017.07.15 (Sat) Category : ミステリー・不思議な話

111:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)18:13:29.58ID:ISnZt1nv0.net
まあ文句ばかり言うのもどうかと思うので、月並みだが三途の川を見た体験談を

小学生の頃、うちの学校では(も?)プロレスが大ブームだった
当然のようにプロレスごっこが流行り出し、あちこちで技をかけたりかけられたりの光景が見られた
クラスのリーダー的存在な人は、体育館の巨大マットを占有しタイガーマスクよろしく空中戦に夢中
それ以外の者は主に関節技の応酬に興じていた

今では考えられないことだが、なんせ体が柔らかくて非力な小学生同士のこと
サソリ固め、卍固めとどんな技繰り出しても痛くないので、これが遊びとして十分成立していたのだ

万一耐えられなくなった時は、「まいった」と言えばすぐに技を解くというルールはあったが、これが発動したためしはほとんどなかった
↑これ、重要ポイントね

ある日のこと
友人のA宅に遊びに行ったら新しい技を発見したので試したい、と言ってきた
それはキャメルクラッチというもので、当時はほとんど誰も使っていない古典的な技だった
→図解:


俺はプロレス中継では見たことないが、それがどういう技なのかは知っていた
せいぜい逆エビ固めぐらいのダメージしかないだろうとタカを括っていたので、Aを挑発してみた
そしたらAが笑顔で怒って
「本気でやってやるwww」
と返してきた
(ようはガキのじゃれ合い)

うつぶせになった俺にAがまたがり、俺の下アゴを掴んでグワーっと一気に絞め上げやがった
ナメてかかっていたけど、冗談抜きに今までで一番効いた
痛くないのは想定の範囲内、ただ純粋に呼吸ができないのだ

俺は屈辱の「まいった」を宣言、、、、、しようと思っても息もできない声も出せない!!!
「まだ降参しないのか!オラオラオラー!!!」
(だ・か・ら!とうにまいってるんだけど、声が出ねえんだってば!!!)
ガキだから降参しても声が出ない時は、手をタップするという最重要事項が抜けてたんだなw

そこで俺は死んだらしい



112:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)18:14:03.59ID:ISnZt1nv0.net
フッと体が軽くなり、見慣れたAの部屋からいきなり不思議な空間へ飛ばされた
睡眠時に見る夢とは明らかに違う3次元空間を彷徨った
なぜ3次元と断言するかというと、上下の感覚があったから
感覚はあるのだが前後左右上下全てが薄いピンク色に染まった不思議空間を、俺は少しずつ浮遊していった

人間の目って普段は前方水平方向のせいぜい180度弱しか認識しないだろ?
でもあの時はXYZ全方向全範囲の情報が入ってくるんよ

やがて十分上昇した頃、俺は雲の上のような世界にいた
先ほどと同じ薄いピンク色の空、それともっと薄いピンクの限りなく白に近い雲の上に立っていた
周りを見渡すと遠くに一本の川が見えた
根拠はないけどその川を越えればいいんだな、と思った

俺は川を目指して雲の上を歩いていた
そうしたら俺の足元から、つまり下から俺を呼ぶ声が聞こえた
前に行こうかな、それとも下に行こうかな、、、、、
ちょっと迷ってなんとなく下へ戻ってみようと思った

その瞬間

へその緒の辺りに猛烈な痛みが走り、そこを引っ張られてゴムひもで縫い付けられたかのように逆バンジー
物凄い勢いで落下していく俺
ドーーーーーーン!!!

目を開けるとAの部屋の天井と、涙と鼻水とよだれと得体の知れないもので汚れたAの顔が見えた
「生き返ったー!!!よ゛か゛った゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛おれ(A)、おまえを殺したかと思ったあああああああああ」
何がなんだかわからない俺だが、ふと直前のキャメルクラッチのことを思い出した
そしてその当時は、なんか変な夢を見たなぐらいにしか思っていなかった

後年、成人して三途の川のことを知り、あの時おれは臨死体験を味わったんだなと納得した
おわり



113:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)18:38:46.86ID:PTxP+gFw0.net
へそ自体が痛かったんじゃなく、へそから伸びてる紐状の部位が痛かったというイメージ?
よく額と腹部で接続されてるって聞くけど、肉体に戻ろうという意思によって吸引されたのかね



114:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)18:45:40.96ID:ISnZt1nv0.net
>>113
俺の記憶に残っているのは、
「へその真裏あたりから背中をつきぬけて長さ50cmぐらいのしっぽのような細長い器官があり、その先端を物凄く強力なゴムひもで結ばれて一気に引っ張られた」
ようなイメージ



115:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)18:54:59.10ID:PTxP+gFw0.net
あ、正面じゃなく背中方向に向かって引っ張られてるのね。逆バンジーってそういうことか



116:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)18:57:52.50ID:ISnZt1nv0.net
>>115
言葉足らずですまん
へそから50cm離れた位置って、イスに座って背もたれのはるか後方になるんだけど、そこが「痛い」と感じたのよw
この感覚を伝えるボキャブラリーに欠けていた
もっと精進しますわ



118:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)19:20:20.67ID:PTxP+gFw0.net
>>116
あれかな、幽体離脱中は肉体へそ部分から裏返った幽体へそ部分に繋がってる、って感覚なんだろうか
今までは肉体と幽体が向かい合った状態でへそからコードで繋がってるってイメージを持ってたが、考えてみれば肉体に戻るとき反転しなきゃならんからおかしいよな



120:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2017/07/11(火)19:30:17.22ID:ISnZt1nv0.net
>>118
まあどっちでもいいじゃん
少なくとも貴方は(も)俺の話を好意的に受け止めてくれたのは十分理解できるし、そもそも非科学的な個人の体験談に“客観的な”正しい判断なんて誰にもできないだろうよ
それはともかくレスありがとさん



引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part103
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1499224290/111-120




.



拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[07/27 手長えび]
[07/26 ヘブライカ]
[07/26 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ