忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

合わせ鏡

2014.06.12 (Thu) Category : 都市伝説・ホラー・オカルト

「13日の金曜日。午前0時に合わせ鏡をすると、悪魔が現れる」
「夜中の2時に合わせ鏡をすると、自分の死顔が映る」
「4時44分44秒に合わせ鏡をすると、鏡の世界に引きずり込まれる」
「3時33分33秒に合わせ鏡をすると、未来の結婚相手が映る」
「深夜0時に、暗い部屋で蝋燭の明かりをつけて合わせ鏡をすると、自分の未来が映る」

古今に関わらず不思議が起きる象徴とされるおまじない・合わせ鏡。
諸説ありますが共通しているのは、鏡を重ねて、無限に連なる鏡像の世界を作る。そうすると、不思議な世界への扉が開かれるという事。

古より崇拝の対象とされ、儀式の道具にもされてきた鏡。その鏡の中に無限の回廊を生むと、そこに霊道(霊の通り道)が生じるという話もあります。
そのためにか、ヨーロッパでは不吉の禁忌の一つとされ、さらに東西に昔から伝わる伝説に、
「合わせ鏡に、特定の時刻にあわせて自分を映すと呪われる」
という意味の伝承があるそうです。

現代社会にも、都市伝説として浸透している合わせ鏡の伝承。ですが、
「今までに何度か試してみたけど、何も起きなかった」
「身だしなみを整える時、合わせ鏡をしたけど何も遭わなかった」
などというように、合わせ鏡をしたけど何も起きなかったという人もいるかもしれません。
それは単に、合わせ鏡の伝説が虚構でしかないということなのでしょうか。
それとも、実はこの伝説にはもう一つ、儀式を確かなものにするための条件がいるのでしょうか。
例えば、“合わせ鏡の儀式は、特別な鏡でやらなくてはいけない”など。


(続きは『続きを読む』をクリック)
(※暗さんからの投稿です。ありがとうございました)

 



これは、都内に住む桑野あかり(仮名)という女性の話です。

桑野さんは、合わせ鏡が好きでした。
中学の時分にはよく母親の鏡台の前に座り込み、高校生になってからは自分の貯金で三面鏡を購入し、自分の部屋で何時間も飽きずに鏡を眺めている。そんな少女でした。

きっかけは中学時代、友人に教えられた不思議な話です。
「夜中の0時に合わせ鏡をすると、自分の死顔が見えるんだって」
ただの都市伝説。そう一笑にふしてしまうような話。

けれど、本当かどうか気になった桑野さんは、母親の鏡台で何度も試しました。その鏡台は三面鏡ではなかったので、自分がよく使っている手鏡を重ねて、鏡像の連なりを作り出す。
まるで、この世の底のように霞んで見える向こう側。しかし、永遠に続いてるかのようなその果てに、自分の像は到達している。
出来ることなら、向こうに映っている自分には何が見えているか知りたい。

そうして何度も合わせ鏡を続けるうちに、桑野さんはその無限回廊の世界に魅入られていったのです。
高校生になってからも、桑野さんはこの遊びを続けていました。勉強ばかりで疲弊しきった心に、鏡の中の世界が心地好かったこともあり、ますます没頭していきます。
そして13日の金曜日。合わせ鏡の伝説でよく囁かれる禁断の日の午前0時になると、必ず合わせ鏡の儀式をやっていました。いつか本当に、何かが起こる気がして。

夏のある日、桑野さんは青山の骨董店で鏡を見つけました。
豪奢な額縁に縁取られた、二枚の鏡。店長の説明では、大使館から売り出されたものだという。
全く同じ、二つの鏡。惹きつけられた桑野さんは、その鏡を購入すると、さっそく自分の部屋に飾りました。いつでも前に立つだけで合わせ鏡になるように、一つはベッドの上の壁。もう一つは向かい合わせの壁に飾ります。

その鏡は上等なものでした。装飾もありますが、普通の鏡だと50枚ぐらいの像を数えれば良い方。なのにその鏡は、大きさが机の盤面と同じぐらいだからか、または鏡の質でしょうか。ゆうに100の鏡像が見えるのです。
高校生には中々手の届かないような値段ではありましたが、買って損はなかったと桑野さんは満悦しました。

鏡を買ってから一ヶ月が経った頃。日常的にも、遊びにも鏡を愛用しながら、何事もなく毎日を送っていた桑野さん。
そんな彼女の身に異変が起こり始めたのはその頃からです。

ある日、桑野さんが帰宅すると、鏡の前に一枚の葉が落ちていました。紅葉に似ている形でしたが、葉脈はもっとごつごつと節くれ立ち、麝香みたいな匂いがします。
出かける時は、必ず窓もドアも閉めきっているのに。首を傾げながらも、知らない間に部屋に入ってきたのだろう、と桑野さんはあまり気にしませんでした。
しかし、それからも、夜中に突如、部屋の中に馬の嘶きが響くなど、気のせいではない不可思議が何度も起こりました。

「絶対に鏡のせいだ……」
鏡を部屋に飾ってから起きるようになった異変に、桑野さんは直感しました。
この鏡は普通じゃない。
別の世界と通じている。

それから桑野さんは、深夜に何度も合わせ鏡に挑戦しました。
普通の人だったら、すぐに鏡を手離していたかもしれません。
ですが、桑野さんはそうせず、その鏡で儀式を行ったのです。
今度こそ、本当に何かが起きるかもしれない。そう信じて。
しかし、一週間経っても変化はありませんでした。
午前0時に鏡を見ても、そこに死顔や自分の未来が映ったりするのはもちろん、鏡の中から何かがやって来ることもありません。

何か、特別なおまじないも必要なのだろうか?
それとも、13日の金曜日にやるべきだから?
どうすれば儀式を完成させられるのか頭を悩ませた桑野さんはふと、ある事に思い至りました。

二つの鏡は両方とも、同じ装飾で、大きさも同じ。一見すると、全くそっくりな鏡の組み合わせです。しかし、一つだけ違う部分がありました。額縁には外国の言葉が彫られており、片方の鏡には、ΘΕΟΣ。もう片方の鏡には、ΑΔΗΣという風に、異なる言葉が刻まれていたのです。
これを調べれば、何かわかるかもしれない。そう思った桑野さんは、鏡の枠に刻まれた文字を丹念に書き写すと、博物館へ持っていきました。

そこでわかったのは、文字が古代ギリシア文字であること。
ΘΕΟΣとある鏡は〈神〉、ΑΔΗΣとある鏡は〈地獄〉を意味するということ。
概要は、〈地の軍勢その手にあるべき姿に似せ階(きざはし)をかけよ〉ということだけです。
いくら考えてもどういう意味なのか、どうすれば合わせ鏡の儀式を完成させられるのかわかりません。

「合わせ鏡を行う13日の金曜日も近くなってきたのに……全然意味わかんないよ」
桑野さんは、今度の儀式は13日の金曜日にやってみようと決めていたのです。よく合わせ鏡で禁忌とされているその日なら、確実に成功させられるかもしれない。この日を逃してしまえば、次にまた行えるのはずっと先になってしまう。
そのためにも、儀式を成功させられる確実な秘訣を見つけようとしていたのです。

「あーもう、どうしよう。イライラするなぁ」
気晴らしの散歩でも鏡のことを考えながら、そこらへんに答えが落ちていないかなと、ふと橋の上から川岸に目を遣りました。川辺には、釣人が魚釣りに興じている光景があります。
普段ならば長閑だと思える風景。ですがそこに、桑野さんは答えとなるものを見つけました。
釣糸です。水中に没している釣糸のイメージがヒントになったのです。

〈あるべき姿に似せ階をかけよ〉
その言葉の意味がわかると、あとは一気に解決しました。

12日の木曜日。部屋の中で桑野さんは、儀式の準備に取りかかりました。
まず、天井に取りつけたフックとロープで、部屋の中央に神の鏡を吊るし、鏡の真ん中に赤いロープを接着します。
そして、その真下の床に、地獄の鏡。鏡面を上に吊るされた神の鏡と向かい合わせる形で床に置き、鏡面に赤いロープを垂らします。
これで部屋の中に、上下の合わせ鏡という、奇妙なオブジェが出来ました。神が地獄を見下ろしているような構図。
鏡を覗き込むと、上にも下にも、無限の鏡像の連なりによって出来た回廊……正確には、奈落が続いています。

天の鏡では、奈落の底から見えもしない天を仰ぐような形、地の鏡では穴の淵から、本当に地獄まで続いているような奈落を見下ろしている感じです。永遠に思えるその暗い空洞はいつもと違う合わせ鏡という事もあってか、普段は感じることのなかった凄味があり、間違っても、その鏡の間に入ってみようという気は芽生えませんでした。
ただ、鏡に取りつけられた赤いロープが穴の中を、まるで芥川龍之介の蜘蛛の糸のように続いているのを見て、桑野さんは、
「これで、きっと上手くいくはず」
そう確信していました。そう思わせるほどに、桑野さんはその鏡の中の世界に圧倒されていたのです。

「もうすぐだ……」
部屋にあるデジタル時計を見ると、時刻は23時58分から59分に変わりました。13日の金曜日まで、あとわずかです。
あと2分経てば、何かが起きる。
一体、何が起きるのか。
地獄の底から、悪魔がやって来るのだろうか。
神の鏡から、何かが降りてくるのだろうか。
別の世界への入り口になるのだろうか。
地獄から亡者たちが、群れをなしてロープを登ってくるのだろうか。
何もわからないままに、桑野さんは待つ。
机の上のアナログの時計を見ると、秒針が“その時”に向けて確実に、着実に時を刻んでいきます。

あと10秒。9、8、7、6……。

桑野さんの頭の中に、カウントダウンが開始される。同調するように、鼓動も高鳴っていきます。

4、3、2……1。

13日の金曜日の、0時0分。
デジタル時計が、音を立てずに“その時”を知らせました。
ゴクッ、と桑野さんの耳に、緊張から唾を飲み込む音が大きく響きます。
桑野さんは睨みつけるように、まずは天の鏡を仰ぎました。
天の鏡には何も変化はありません。ただ、延々とロープが登っているだけです。鏡像の果てにも、何も見えません。
次は地の鏡……と桑野さんが地獄の鏡に目を落とした。その時、机上から紙が舞い落ちてきました。
紙は、あっという間に地獄の鏡の上に降り――そのままスウッと、水の中に没するように“鏡の中”に落ちていきました。

「えっ!?」
桑野さんは目を疑いました。目の錯覚かと思いましたが、けれど現実に、地獄の鏡の中に落ちた紙が、奈落の最果までヒラヒラとはためきながら落ちていくのが見えます。紙はやがて底の闇に溶けるように見えなくなり、桑野さんはその現実離れした光景を呆然と見つめていました。

その時、ガクン、と部屋が揺れました。
部屋がまるで揺さぶられるようにグラグラと揺れ、桑野さんは地震かと思いながら、目はしっかりと地獄の鏡を見据えていました。
地獄の鏡の中に、さらなる異常が起きていました。奈落の奥底へと続くロープの先に、どす黒い靄のようなものが蠢いてきたのです。

「何……?」
揺れる部屋の中で、桑野さんはそれから目を離せません。
靄のようなものはどんどん、無限回廊の中を登ってきます。やがて、回廊の半分まで来た時、桑野さんはそれの全貌を見ました。
最初は黒くてはっきり見えなかったのでわかりませんでしたが、それは靄ではなかったのです。

それは、あまりにもグロテスクな怪物でした。人間の足の爪先や目玉、様々な骨格に、顔からえぐり取られたような歯茎が剥き出しの口、臓器や切断された指など、滅茶苦茶にバラバラにされた人体を無理矢理繋ぎ合わせたようなおぞましいもの。悪夢にも見たことのないような恐ろしい存在です。
“悪魔”と形容するのも生易しいその人体の断片を繋ぎ合わせたものは真っ黒な闇を纏い、確かに意思らしきものを宿しながら、赤いロープをこちらに向かって登ってきます。

あまりにもおぞましい悪夢の出現に、桑野さんは咄嗟に、合わせ鏡の準備に使用していた鋏を手に取りました。何かあった時のためにと、すぐ手元に置いていたのが幸いしました。
桑野さんは、アレがこちらに辿り着く前にと、天井から神の鏡を吊るしていたロープを断ち切りました。赤いロープを切るのではなく、アレがいるこの合わせ鏡を壊さなければと思ったのです。
細身のロープは容易に切れ、神の鏡はまっすぐ、真下にある地獄の鏡へ落下していきます。

すぐそこまで迫ってきたモノの、瞼のない剥き出しの眼球に驚愕の色が浮かんだ束の間の後、衝突した二つの鏡は音を立てて割れました。その瞬間、
「ギャアアアアアァッ!!!」
と、すごい断末魔と共に、破壊された合わせ鏡の間から血が飛び散りました。

しばらくの間、桑野さんは運動をした後のように息を荒げて、その場に立ち尽くしました。
部屋はもう揺れておらず、目の前には、無惨な姿で重なり合う二つの鏡があるだけです。
ただ、罅割れた鏡の隙間から飛び散った血と、何かの臓物のわずかな断片。それが今しがた起きた、現実を超えた出来事が夢ではない証として、確かにそこにありました。
同時にそれは、アレが鏡の中からこちらに辿り着いてしまう、間一髪だったことをあらわしていました。

今、桑野さんの家にはその鏡も三面鏡もありません。
合わせ鏡も、それっきりやっていないそうです。



拍手[3回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Title : 無題

怖い話
鏡 頭 鏡で合わせ鏡をすると、後頭部が見える
鏡 頭 後頭部やや上で鏡 で合わせ鏡をすると頭頂部が見える
鏡直接見ると顔が見える

七篠 2014.06.12 (Thu) 16:21 編集

Re:無題

ワタシ自分の後頭部や頭頂部は見たくないです(`・ω・´)

2014.06.17 20:23

Title : 無題

内蔵のDNA鑑定とかやってみたいなw

ネフェルタリ 2014.06.12 (Thu) 17:46 編集

Re:無題

DNA鑑定?
誰の?

2014.06.17 20:25

Title : 無題

夜中の2時に合わせ鏡をすると鏡の中に向こうから走ってくる悪魔が見える。
それ以降自分の顔を映そうとするとその悪魔の顔に見えてしまう。
中学の時友達がそう言っていた。
興味はあったけど私の美しい顔が悪魔になってしまっては困るので実行はしていない。

さるみ 2014.06.12 (Thu) 18:03 編集

Re:無題

>興味はあったけど私の美しい顔が悪魔になってしまっては困るので実行はしていない。

えー、はい。

2014.06.17 20:56

Title : 無題

>3時33分33秒に合わせ鏡をすると、未来の結婚相手が映る
管理人さんも試してみては?

NONAME 2014.06.12 (Thu) 21:07 編集

Re:無題

>管理人さんも試してみては?

誰も写らなかったらショックなのでやりません

2014.06.17 20:56

Title : ↑

子供の頃読んだ怪談の本に載ってた、結婚相手を知る方法

1,鏡を4枚用意します。
2,夜中に鏡を持ってトイレに入ります。
3,トイレの四隅に1枚ずつ鏡を立て掛けます。
4,髪の毛をだらーんと顔の前に垂らします。
5,そのまま、髪の毛の間から1枚の鏡を見つめます。
6,すると、鏡の端から数人の男性が歩いてきます。
7,殆どの人はそのままフレームアウトしますが、一人だけこちらを向くんです。その人が絶対貴女の将来の旦那様になります。
8,もし違う人と結婚したら? それは離婚して再婚するって事です。絶対旦那様になるって言ったべ?

ドラスタ娘 2014.06.12 (Thu) 21:38 編集

Re:↑

髪の毛が短い人はどうすればいいんでしょうか…

2014.06.17 20:57

Title : 無題

4の条件、ヨッシーには無理なんでは?

ネフェルタリ 2014.06.13 (Fri) 00:51 編集

Re:無題

うっさいわ!

2014.06.17 21:12

Title : ↑

いや髪の毛の量以前に女の人限定の儀式なんじゃ…あれ?よしぞーって女の人なんだっけ??

NONAME 2014.06.13 (Fri) 12:11 編集

Re:↑

なによ!!!!!
立派なオッサンよ!!!!!
いいじゃない別に!!!!!

2014.06.17 21:20

Title : 無題

男性がやったら女性が歩いて来る・・・・・・・・・筈。
後髪の毛はウィッグで代用できると思います。ショートカットの女性だって居るし。

ドラスタ娘 2014.06.13 (Fri) 12:58 編集

Re:無題

ウィッグがアリなら別に何でもいいんじゃ…

2014.06.17 21:25

Title : 無題

そういや今日は13日の金曜日でつね。

NONAME 2014.06.13 (Fri) 17:39 編集

Re:無題

そうですね!
ジェイソンのドッキリを見ましたが、面白かったw

2014.06.28 20:52

Title : 無題

髪がなければ結婚できないということですね、わかります。

NONAME 2014.06.13 (Fri) 20:26 編集

Re:無題

そ、そんな事ない!!!
ないに決まってる!!!!

2014.06.28 20:52

Title : 無題

>七篠さん
それはリアルに恐怖な話ですね……。

>ネフェルタリさん
「ソレハ我ノダ」と取りに来たりして。

>さるみさん
イケメンの悪魔なら問題なしでは?

>NONAMEさん
映らなかったら可哀想じゃないですか(

>ドラスタ娘さん
複数の人がこちらを向いたらどうなるのでしょう?

>ネフェルタリさん
それはよしぞーさんには酷な言葉です……。

>NONAMEさん
男ですよ。熟年間近な(

>ドラスタ娘さん
貞子なら余裕ですね!

>NONAMEさん
漫画とかでよく、13日の金曜日の終わりに儀式を行う場面がありますけど、あれって、あれじゃあ14日の土曜日の午前0時になるんじゃないのか? と以前から少し思ってました。

>NONAMEさん
よしぞーさんには酷な宣告です……。

2014.06.13 (Fri) 22:18 編集

Re:無題

ちょっと待って、なんでそんなに哀れんでるのよ!

2014.06.28 20:54

Title : 無題

合わせ鏡して未来の伴侶が見えるのを期待し、朝を迎える人だって・・・・・

鼬の仔 2014.06.14 (Sat) 10:35 編集

Re:無題

(´;ω;`)ブワッ

2014.06.28 21:03

Title : 無題

>鼬の仔さん
誰も映らなかった日にゃ、

「誰も映らなかった……伴侶は映らなかった……伴侶は一人……つまり俺の未来の伴侶はまだ一人に絞られていない、誰ルートにするかはまだ選り取り見取りという事、あっはっはははははは!!」

と開き直るしかないかもしれませんね←

2014.06.16 (Mon) 19:15 編集

Re:無題

誰の話だい?
んん?

2014.06.30 21:36

Title : 無題

>複数人こちらを向いたら
やはり結婚・離婚・再婚…となると思います。
本で読んだだけで実際に試した訳ではないので、あくまで想像ですが。

将来の伴侶を知りたくて洗面器に水張って除き込んだら本当に顔が浮かび上がったので驚いてカミソリ落として傷付けてマスクマンにして「お前にやられたんだ!」
って話は有名じゃないですか。
だから鏡と髪とトイレを使うのは珍しくて、貴重だと思うんですよね。

ドラスタ娘 2014.06.17 (Tue) 19:23 編集

Re:無題

>やはり結婚・離婚・再婚…となると思います。

したくなくても離婚、懲りても再婚するのか…
ある意味地獄だな…

2014.07.01 18:22

Title : 無題

>DNA鑑定?
>誰の?

暗さんは分かってくれたみたいですけど
>すぐそこまで迫ってきたモノの、
>罅割れた鏡の隙間から飛び散った血と、何かの臓物のわずかな断片
↑これのDNA鑑定ですw

ネフェルタリ 2014.06.17 (Tue) 23:36 編集

Re:無題

ああ、そういうことね。

2014.07.01 18:41

Title : ↑

>ドラスタ娘さん

回答あざッス、です。

成る程ー。一妻多夫になるのかと思ったら…←

2014.06.30 (Mon) 19:53 編集

Re:↑

>成る程ー。一妻多夫になるのかと思ったら…←


一夫多妻じゃダメなんですかねー…

2014.07.02 20:05

Title : 誤字がありました;

>ΘΕΟΣとある鏡は〈鏡〉

〈鏡〉ではなく〈神〉でしたf(^_^; すいません(;´д`)

2014.07.04 (Fri) 02:42 編集

Re:誤字がありました;

修正しましたー

2014.07.07 19:21

Title : 無題

完全にクトゥルフやん

俺の伴侶?
それは鏡の向こうじゃない
画面の向こうだ!!(ドヤァ

桜内舞人 2014.08.13 (Wed) 02:58 編集

Re:無題

どっちかってーとクトゥルフより失楽園(ミルトンの方ね)っぽい

2014.08.18 22:11

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ