忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

アルビノ

2007.10.21 (Sun) Category : 都市伝説・考察・真相

一般的に「先天性白皮症」「白子症」「色素欠乏症」などと呼ばれる病気で、遺伝、または突然変異によって発症する。
人間を含む動物はメラニン色素を持っている。この色素の量によって皮膚や眼、毛などの色が決まる(人間で言えば白人、黄色人種、黒人のように)。
アルビノとは、チロシナーゼという酸化酵素の働きが先天的に不完全で、色素であるメラニンが全く、もしくはほとんど合成されない症状またはその個体のことをいう。ヒトに限らず、広く生物一般に見られる。

ちなみに、まったく色素がないアルビノ(全身型チロシナーゼ活性陰性型)や、頭髪だけ、眼だけ、皮膚だけ色素がないアルビノもいる。
もちろん、色素がないだけで他は普通の動物(人)とまったく変わりはない。

チロシナーゼというのは、動物が自分で生成できる酵素の一つ。酵素は動物の体を作るうえでそれぞれ重要な役割を担っているが、このチロシナーゼはメラニン色素を作る過程で役割を果たす。
結果、チロシナーゼを生成する遺伝子に欠損があるとメラニン色素が合成されず、アルビノ、という形をとって現れるのだ。

よって、不義や呪い、因縁などといった原因で発生するものではない。
遺伝子の欠損は確率でいえばかなりの高確率で起こっており、たまたまそれがアルビノという形で現れてしまっただけなのである。



拍手[2回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[11/20 ミヤコ]
[11/19 七篠]
[11/19 砕天]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ