忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

中毒

2007.10.21 (Sun) Category : 都市伝説・考察・真相

冗談のような話だが、「水中毒」という病気は実際に存在し、2002年に2人の女性が亡くなっている。
ただし、都市伝説にある表現から想像できるような急性アルコール中毒にも似た急性はないようである。

水中毒(water intoxication、希釈症候群 dilution syndrome)

体内の水が他の溶質とりわけナトリウム(食塩NaCl のNa )に比して著しく増加した状態をいう。
腎臓の持つ最大の利尿速度は 16mL/minであり、水分摂取がこれを超えて細胞の膨化をきたした状態。 多くが精神分裂病に合併する。 
心因性多飲症、ピトレッシン投与後、多飲を伴う高温作業、SIADHなどで発現する。
症状は強度の血液中のナトリウム欠乏状態(低ナトリウム血症)を認め、皮膚は湿潤、血圧の上昇、脈拍は緊張良好で、神経筋の異常を認め、筋の痙縮、傾眠または昏睡、
全身痙攣などの症状が出現する。
低ナトリウム血症とほぼ同じ病気である。

以下のデータは「水 致死量」で検索をかけた結果である。『』内が引用された文章。
引用先URL
http://blackshadow.seesaa.net/article/26894160.html「幻影随想」
『まず水のデータだが、ラットに経口摂取で半致死量90ml/Kgという数値が出ている。
これを体重68キロの人間相当に換算するなら6.1Lとなる。
人をはじめ他の動物の致死量は後述するが、これよりもやや大きな数値になる。』
『まず乳児の経口摂取による最小中毒量(TDLo)、摂取量は333 g/kg。
いくら体の75%が水分とはいえ、乳児が自重の三分の一もどうやって飲んだんだろう?

次に男性の経口摂取による最小中毒量、42.86 g/kg。
つまり成人男性なら大体3リットル以上水をがぶ飲みすると中毒症状(低ナトリウム症)が現れだすという事か。
運動系クラブの中高生なら普通にやりそう。運動時はきちんと塩分を取らないと危険だ。

最後は女性の直腸経由摂取(つまり浣腸)による最小致死量(LDLo)。28時間で180g/kg。
経口じゃないけど、量的におそらくこれが10リットルで死亡の元じゃなかろうか?
どういう状況ならこんな恥ずかしい死に方になるのか気になるが。』
『今回調べた結論は、人の具体的な致死データで文献付きのものは直腸のくらいで、経口投与のデータは見つからなかったという内容。
多分直腸のデータがどこかで経口のものと勘違いされたんだろうと。

しかし動物実験の結果やらと合わせて考えると、やはり成人男性でも10~20リットルでアウトになる可能性が高いので、決して「ようするに10L飲んでも死なないて事みたい。」なんて勘違いはしないで下さい。数リットルで水中毒を起こすという事もお忘れなく。念のため。』
『論文に出てくるデータとしては、水の経口摂取致死量は成人男性で通常10~20リットル。最小では5リットルというものでした。
女性でも同様に6~8リットル程度の摂取量で死亡事例があります。
子供ではさらに少ない量で命の危険に晒されています。

欧米でのデータの広がり方から見て、おそらく日本で広がっていた「水の致死量10リットル」も元々はラットの腹腔内投与や女性の直腸吸収のデータから来たものだったと考えられますが、結果的にはヒト経口投与の致死量としても外していなかったようです。』



拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/11 七篠]
[12/10 AvitoRu1wala]
[12/07 たかにゃんこ]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ