都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

死にたくないよー!

2011.10.06 (Thu) Category : 人を信じすぎる人へ

733 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/16 00:32
もう、20年ほど前の話ですが、踏切事故を目撃しました。

小学校2年生か3年生くらいの女の子が子供用の自転車で踏切を渡ろうとして踏切のレールの溝に、自転車の前輪がはまり倒れてしまいました。
その弾みで、女の子の片足もレールの溝にはまってしまって抜けられなくなってしまったのです。

昼間でしたから、周りには人がいっぱいいて、女の子を引っ張る人、自転車を片付ける人それぞれ助けようとしました。

自転車は簡単に溝からはずれたのですが、女の子の足がどうしても外れないのです。
その内、警報機が鳴り始めたので、その場にいた男の人が、あわてて発炎筒を炊いたのですが、電車はそれに気づいたのか、気づかないのか、どんどん近づいてきて、遮断機が完全に下りたころには、助けてようとしていた人も蜘蛛の子を散らすように、逃げて行きました。

最期に女の子は、
「死にたくないよー!」
と叫び、次の瞬間電車に轢かれてしまいました。

情けない話、私は警報機が鳴った時点で、怖くて逃げてしまいました。
後になって人伝に聞いたところでは、女の子の足は溝にはまった拍子に足首のところで、曲がって折れていたそうで、線路を切断しない限り助けることができない状態だったそうです。

私は、女の子の最期の叫び声は聞きませんでしたし、死体も見てません。
でも、今だ遮断機の音がトラウマになっています。



 








拍手[3回]

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Title : 無題

これが現実…

火巳ヶ家 2011.10.06 (Thu) 20:24 編集

Re:無題

そうだね…

2011.10.08 15:59

Title : 無題

死にたくないです・・・・
死だけが世界で最もも恐ろしい恐怖です・・・

2011.10.06 (Thu) 20:45 編集

Re:無題

30越えるとそうでもなくなるよw

2011.10.08 15:59

Title : 無題

うわぁぁぁ………
逃げた事はぜったい責めちゃいけないですよね…

事故があったらまず電車に知らせるべきなんですね。
そんな大人が引っ張っても抜けないくらいがっつりはまってしまうけともあるんですね。

こじこ 2011.10.06 (Thu) 20:48 編集

Re:無題

こういうこともあるんですねー…

2011.10.08 17:33

Title : 無題

まぁしょうがないんだろうがやるせないな

しろ 2011.10.06 (Thu) 22:21 編集

Re:無題

その場に居た人はねぇ…

2011.10.08 17:42

Title : 無題

辛いよなあ。
誰も悪くない。けれどこんな結果になってしまって悲しくてやるせない。
「死にたくないよー!」の言葉が胸に突き刺さるね。

2011.10.07 (Fri) 01:21 編集

Re:無題

こういうときはどうするのが正しいのでしょうね…

2011.10.08 17:46

Title : 無題

何故誰も非常用ボタン押さなかった……
遮断機も警報あるなら、非常用ボタンが設置されてるはず。
これを押すと、近くを走ってる列車は確か自動的に急ブレーキが掛かったはず。

この書き込みの20年前というと1984年。その頃には非常用ボタンがないはずないと思うのだが……。

と考えて調べたところ、本数の少ないローカル線では遮断機も警報機もある踏切でも設置されてないコトもあるとか。

そういう路線で起こった不幸な事故なのかもしれんな……

NONAME 2011.10.07 (Fri) 03:01 編集

Re:無題

確かに、単線で1時間に片手で数える程度、みたいなトコロにはないような気もしますね。

2011.10.08 19:10

Title : 無題

1983年5月8日 東北本線踏切溝挟まれ事故(死者1名)
概要
 1983年5月8日18時15分頃、栃木県の東北本線宇都宮~岡本間の踏切で、小学4年生の少女が黒磯発上野行列車(電車7両編成)に轢かれた。
原因
 踏切内のレールの溝に足を挟み抜けなくなったもの。
影響
 全国の踏切のレールの溝にゴムが挿入された。列車の乗り心地は悪化したが同種の事故は避けられている。

この事故だな、きっと。

……それにしたって、非常用ボタンはなかったんだろうか

NONAME 2011.10.07 (Fri) 03:21 編集

Re:無題

調査班お疲れ様です!

なるほど、この事故で全国の踏み切りが改良されたんですねー

2011.10.08 19:13

Title : 無題

怖い話は好きだけど、子どもが死ぬ話だけはイヤだ。

キョン 2011.10.07 (Fri) 11:54 編集

Re:無題

でも多いですよねー

2011.10.08 19:20

Title : 無題

創作であって
欲しかったですが
どうやら 本当の
事故みたいですね
これは…

Sefie 2011.10.07 (Fri) 13:05 編集

Re:無題

NONAMEさんからの投稿によると、東北の事故のようですね

2011.10.08 19:21

Title : 無題


親はもっとトラウマだろうね…
この書き込みをその子の親が見ない事を祈ります。

ねこたま 2011.10.13 (Thu) 01:00 編集

Re:無題

まぁ、そうだねぇ…

2011.10.13 21:08

Title : お気の毒に…

この事故は1983年に宇都宮ー岡本間で起こった踏切事故でしょうね。

通りすがり 2013.01.21 (Mon) 02:08 編集

Re:お気の毒に…

そうみたいですね。
前のコメントにもありましたが、踏み切りも改善されたようですね。

2013.01.21 15:10

Title : 無題

1983年の東北線の事故ね、自転車じゃなく小学4年生の女の子が、徒歩で踏切を渡る時に足が挟まって抜けなくなり、踏切で轢かれた事故ですよ。

手伝った大人は、女性1人だったと記憶してますが。
轢かれた女の子わ、他の2人の女の子と踏切を渡る時に挟まって、通りがかった大人の女性が手伝ったが抜けなかったと。
警報器が鳴り出し、電車が近づいてきて、慌てて女性が挟まってない女の子2人を抱えるようにして現場を離なれ、非常ボタンを押したが間に合わなかったと新聞記事に書いてあった気がする。

最初から非常ボタンを押せば良かったのだろうが、大人もパニクってて、冷静に考えられなかったんだろうな。

NONAME 2013.05.15 (Wed) 16:13 編集

Re:無題

徒歩だったんですか。
どちらにしても、責めることはできませんね、逃げた人を。

2013.05.17 15:38

Title : 無題

当時の地元新聞記事によれば、宇都宮市の東北本線の踏切事故は、目撃者は女性1人と被害者の女の子の友達である女の子2人だけ。

何人もが手伝ったこともなく、現場に居たのはその3人。
従って、この投稿の踏切事故は、1983年宇都宮市の東北本線踏切事故と、別の事故と思われる。

この投稿の事故は、大人が何人も手伝っている、被害者の女の子が自転車で渡ろうとしている、その場から逃げた人も複数人居る。
1983年の宇都宮市東北本線踏切事故は、大人の女性が挟まってない状態の女の子2人を連れて、踏切外に脱出しただけ。

違う点が多すぎますし。

NONAME 2013.05.22 (Wed) 10:46 編集

Re:無題

うーん、なるほど。
なかなか細かいソースが見当たらなくて…

2013.05.24 18:52

Title : 無題

それに、この投稿の事故は、昼間って書いてあるでしょ。
東北本線の踏切に足が挟まって、女の子が轢かれた事故は、夕暮れの18時15分頃。
あと、事故年表の日付間違ってるからね。
女の子が轢かれた事故は、1983年3月8日。

『踏切で少女が悲惨な死』で検索すると、多少詳しい情報が見つかると思う。

NONAME 2013.05.27 (Mon) 09:13 編集

Re:無題

了解です
探してみます

2013.05.28 20:35

Title : 無題

東北本線の小4少女の事故は、日付がハッキリしてるから昔の新聞記事読めば事故の概容解るし、この投稿の事故との違いが解りますよ。

東北本線の踏切で少女死亡事故は、日付は3月8日です。
9日の新聞記事に、事故の概容載ってます。

大人の女性と、男子中学生2人が現場を通り、男子中学生は、足が挟まって抜けないで居る事を被害者少女の自宅へ自転車を飛ばして知らせに行ってます。
しかし、5分後に警報器が鳴り出してしまったと。

発煙筒炊いた人も居ません。
手伝ってた女性が、電車が迫ってから慌てて非常ボタンを押してます。

これだけでも、この投稿の事故と違う点が解りますよね?
東北本線の事故の他にも、他で似たような事故で小学生が亡くなってたなら、悲しい現実ですね。

NONAME 2013.06.04 (Tue) 08:38 編集

Re:無題

わかりました。
たびたびありがとうございます。

2013.06.07 15:36

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/14 ThomasTet]
[12/14 ネフェルタリ]
[12/13 ドラスタ娘]
アクセス解析
カウンター

Powered by