忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

アトピー

2007.10.18 (Thu) Category : 都市伝説・考察・真相

アトピー性皮膚炎 (英語:atopic dermatitis) とは、皮膚の炎症のうち、アレルギー反応と関連があるもの。先天性の過敏症の一種。アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語から由来。医学用語としては喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

アトピーの初期症状は軽く見過ごされがちであるが、対処を間違えて症状を悪化させる可能性もあり注意が必要である。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられている。患者の約8割は5歳までの幼児期に発症する。従来学童期に自然治癒すると考えられていたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加している。これについては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする声が多いが、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見もある。

その発症メカニズムは蕁麻疹のような即時型アレルギーに近いとされている。即時型アレルギーは肥満細胞の表面に付着している免疫グロブリンの一つである「IgE抗体」が抗原と結びつき、抗原抗体反応を起こすことによって発症する。アトピー性皮膚炎を起こす人は、もともとこの「IgE抗体」をつくりやすい体質であるといえる。また、顆粒球の一種であり、肥満細胞と共にアレルギーの応答に関与する好酸球の比率が高いのも特徴である。

ただし血中IgE濃度と症状の相関係数はあまり高くなく、IgEの低い重症患者もいるため、実際には遅延型アレルギーなどのさまざまなメカニズムが関与すると考えられる。皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー素因を多くの患者がもつが、これは炎症の結果ではなく、独立した要素であると考えられている。家族暦が影響し、かつ遺伝子の解析により、マスト細胞、好酸球にIgE抗体を結合させるレセプターや、サイトカインのうちアレルギーの炎症に関与するものの遺伝子が集中している遺伝子座がアレルギーと関連していることが明らかになっている。アトピー性皮膚炎患者は他のアレルギー疾患の病歴を持つことが多い(アレルギーマーチ)もこれにより説明できる。従って遺伝的な体質が発症リスクにかかわると予想されているが、いわゆる遺伝病のように特定の遺伝子が発症の有無を決定的に左右することはなく、また発展途上国に少なく近代化に従って数十年単位で患者数が増加することは遺伝的要因だけでは説明できない。複数の遺伝子の影響に、環境的要因も関与した複雑な原因を持つと考えられる。

さて、乳酸菌との関係であるが、都市伝説とは反対に、乳酸菌摂取はアトピー予防、または軽減・治療に効果がある、との発表がある。
結果、この都市伝説は不当にアトピー患者、またその母親を貶めるだけでなく、症状改善をも遅らせる可能性のある極めて悪質な都市伝説といえる。



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

 : 
スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
[08/18 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ