忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


山下財宝

ウィキペディアには実際に、フィリピンに入殖した日本人が引き上げた時に埋めた財産等が見付かることもあったことから、この伝説が真実味を持ったらしい。
 
一説には、日本が19世紀から1945年までかけて世界各地から集めた天皇の財宝の一部であると言われ、これを通称、「金の百合」と言う。
米英の策略によって、大半を持っていかれたとされるが、主に日本とフィリピンに分散させたことにより、一部が今なおフィリピンに取り残されたままになっているとの噂もある。
 
不正蓄財の嫌疑をかけられたフェルディナンド・マルコス元大統領がこれを発掘して財をなしたと称した。

山下財宝に関する最も信頼性の高い情報は、太平洋戦争当時大本営の情報参謀を務めた堀栄三氏が自身の著書に記している。

その記述によると、山下財宝の実態は上記の伝説にあるような南アジアから徴発した金塊などではなく、フィリピンにおけるアメリカ軍の経済攪乱に対抗するために日本から送られた特製の金貨であった。

その総数は金貨二万五千枚。この金貨が昭和二十五年に市中に出回ったことがあり、当時の価格で一枚三万円の値がついた…とある。

ただし正確な場所も記されず、一般的には都市伝説とされる話で、徳川埋蔵金やM資金に類する部類であるといわれている。


 




拍手[0回]

PR



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Next:
Prev:
山下財宝
Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/28 七篠]
[06/28 NONAME]
[06/28 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.