忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

「肉」が現れるリゾート地

2018.09.12 (Wed) Category : ミステリー・不思議な話

421本当にあった怖い名無し2018/08/03(金)23:31:58.16ID:7tSJoP6T0
海沿いのリゾートで1年間のバイトをしたときの話です

敷地内に広い散策路があり、水場やアスレチックスもあるため、夜間は酔っ払い客や不法使用者の侵入が絶えない場所だった
実際大小事件はあったが、オーナーと地元が箝口して表沙汰にはならなかったらしい

くまなく一周すると二時間はかかる敷地を社員やバイト、警備員の夜勤担当の二人組が交代で見回る事になっていた
事前に敷地内に現れる肉と言われる化け物について説明があった

最初に会った一度だけ、体調を崩すらしい
他に特に害はない
絶対に口外しないことと約束を交わし、就業契約となった

肉については他に誰も詳しくは教えてくれなかった
俺は巡回開始後二日目にして早くも肉を見た



422本当にあった怖い名無し2018/08/03(金)23:43:43.27ID:7tSJoP6T0
先輩と遊歩道を歩いていると、懐中電灯の照らす先に唐突に現れた
先輩は

あ、肉だ避けろ

といって俺を引っ張り道を外れた
肉は、幼稚園生程度の身長で、何も着ていない
肌色で、ずんぐりむっくりしていた

頭と首と胴体の境目がわからず、皮がダルダルに伸びており、目も鼻もわからなかった
かろうじて口のようなものは見えたが、人間で言うところの腹のあたりに位置しており、異常だった
手足ははっきりしており、非常に短く肘や膝の区別がつかなかったが、ピョコピョコとゆっくり歩いていた

俺達には気づいており、すれ違い様に一瞥したように見えたが、そのまま通りすぎていった
非常に甘い臭いがした
先輩は

あれな、あれが肉だよ
お前明日から寝込むぜ

と笑って語り、翌朝すぐに主任に連絡してくれた
俺は三日シフトを外れ、休暇を取らされた
翌日帰宅後昼より酷い発熱と下痢が起き、二日ほど何も食べられず寝込んだ

噂は本当だった冷静になったあと俺が一番恐れたのは何かウイルスにでも感染したのではないかということだったが、後日病院で調べてもらったところ何も出てこなかった
バイトは予定通り1年間続けたが、肉を見たのはあの一度きりだった



423本当にあった怖い名無し2018/08/03(金)23:50:10.29ID:7tSJoP6T0
以上です
そのバイト先ではもう当たり前のような存在で、皆慣れたものでしたが、俺は非常に恐怖した
初回のみ体調を崩すというところが引っ掛かり、一時感染症恐怖症と診断され心療内科にも通院した
今は何事もなく元気だが、なにしろ怖かった
おわり



424本当にあった怖い名無し2018/08/03(金)23:51:20.47ID:tBhBuKlj0
なかなかおもしろい



425本当にあった怖い名無し2018/08/04(土)01:44:43.09ID:w96n0ScE0
現れるのがほぼ確実なら撮影しようとする猛者や、生物学者に連絡する人とかいても良さそう



426本当にあった怖い名無し2018/08/04(土)04:29:03.05ID:UPM+RRfs0
一度だけウィルスのように体調が崩れるとかこえーな
2度目は見なかったけど、先輩は何回も見た感じなんだね



427本当にあった怖い名無し2018/08/04(土)06:00:41.05ID:h8W65vip0
>>422
外見イメージまんまぬっぺふほふだな
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ぬっぺふほふ



429本当にあった怖い名無し2018/08/04(土)07:33:09.42ID:uyGgCvK10
ぬっへふほふ
ぬっぺふほふまたはぬっぺっぽうは、『画図百鬼夜行』や『百怪図巻』などの江戸時代の妖怪絵巻にある妖怪。
顔と体の皺の区別のつかない、一頭身の肉の塊のような姿で描かれている。

概要
絵巻には名前と絵があるに過ぎず、解説文の記述はほとんどないが、その名前や、洒落本『新吾左出放題盲牛』(1781)に「ぬっぺっぽうといふ化けもの有り。目もなく耳も無く」とあることから[1]、のっぺらぼうの一種と見られている[2][3]。

乾猷平は、紫水文庫所蔵の古写絵本(年代不明)に「ぬっべっほう」という妖怪が描かれており、「古いヒキガエルが化けたものとも、狐狸の類ともいう」とあることを紹介している。

この「ぬっべっほう」の絵は、「皺の多い琉球芋に短い四肢を配したやうな化物」と表現されている[4]。
また先述の『新吾左出放題盲牛』には「死人の脂を吸い、針大こくを喰う。昔は医者に化けて出てきたが、今はそのまま出てくる……」などと書かれている。


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?351
http://mao.5ch.net/test/read.cgi/occult/1529557486/421-429




.



拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Title : 無題

千と千尋の神隠しで、エレベーターに乗ってた妖(ヒト)ですか?

NONAME子 2018.09.13 (Thu) 12:31 編集

Re:無題

肉なのか…

2018.09.15 16:11

Title : 無題

ぬーべーに、まんま、肉って出ていた気がするなぁ、、

同じ妖怪だと思うんですが。

たかにゃんこ 2018.09.25 (Tue) 14:04 編集

Re:無題

肉人、じゃなかったっけ。
徳川家康公が見たって触れ込みの。

2018.09.26 10:33

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[09/25 七篠]
[09/25 たかにゃんこ]
[09/25 名無し]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ