忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

起こすな!

2018.01.30 (Tue) Category : とりあえず和みたい人へ

179名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/08/11(火)04:53:48ID:OoPeUzn+0
自分がまだよちよち歩きだった頃のこと。
曽祖父の法事で、母方の親戚一同と母と自分とで本家に行った。
その家は山の中の大きな木造建築で、今時珍しいくらい古臭い作り。
親戚一同は温厚な人ばかりで、法事は和やかに進んでいたらしい。

しかし、まだ小さい自分は昼寝が必要で、眠くてぐずりだしたのだそうだ。
仕方ないので、母が自分をつれて母屋から曾祖父が使っていた離れに移動。
持ってきていた昼寝布団を敷き、自分をあやしながら寝かせようとしたらしい。

と、みしっ、みしっ、と廊下が軋むような音が。
自分達の部屋の前まで来て、しばらくするとまた遠くから音がしてくる、というループ。
そのうち箪笥やら額やらまで鳴り出し、母は物凄く恐い思いをしたらしい。
法事のため持って来ていた数珠を握り締め、自分を抱いて母屋に戻ろう、としたその時、眠っていた自分がかっ、と目を開き

「じゃかぁしぃ、今寝たんじゃ起こすなたわけ」

と怒鳴ったそうだ。
幼稚園にも通わない子どもの暴言に、思わず硬直する母。
自分は何事もなかったようにまた眠り、音はぴたっと止んだという。

ちなみにそれを聞いた親戚一同、
「じいさん(曽祖父)の言い方そっくり」
と言ったそうだ。
皆は
「じいさんが守ってくれた」
と言うが、自分が全く覚えてないので真偽の程は定かではない。



引用元:【全米が】なんか笑える霊体験12【テラワロス】
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1249320871/179




.



拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[02/20 NONAME]
[02/20 かぼ]
[02/20 NONAME子]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ