忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


シュトレンヴルム

569:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2014/07/27(日)22:36:54.61ID:sq9l86Cji.net
シュトレンヴルム

ウンターゼンから上のグリムゼルまで、それからガートメンの方まで、お互いになにも知らない人たちの間で、殆んど異口同音の話が信じられている。
だがジンメンタールにも、フルーティゲンやザーネンにも、またヴァリスにも南のアルプス連山の向こうにも、こういう話はない。

それは時おり、蒸すような暑さの後とか、天気の変わりやすい時とかに、ごく短い足のついた一種の蛇が姿を見せるという話で、土地の人たちはその蛇の事を短い足のせいでシュトレンヴルム(シュトレンは短くて太いつっかい棒)と呼んでいる。

そいつはだいたい猫のような丸っこい頭をした、寸詰まりの太った蛇だという話だ。
さらに言い伝えによれば、この蛇はとくに家畜に酷い被害をおよぼす。
つまり家畜を絞め殺してその血を吸い尽くすという。
だが人間には手を出さない。

グートタンネンタールの小さな村の向かい側に、アーレ川を挟んで舞踏場と呼ばれる牧草地があって、そこに小屋がひとつ建っていた。
小屋の屋根裏には干し草が詰まっていた。
この敷き藁に、まるで大きめの動物がそこに寝たみたいに踏みしだかれているのを、そこの持ち主が何度も目にした。

ある時、そこに牧夫が見廻りに行って、不格好なシュトレンヴルムがそこに寝ているのを見つけ、泡をくって逃げ出した。
この動物は今でもそっちの谷の方では見かけるっていう話だ。



570:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2014/07/27(日)22:47:09.31ID:sq9l86Cji.net
ガートメンタールのある牧夫の話では、シュトレンヴルムに二種類あって、頭に小さい冠のついた白いのと、もっと普通に多く見られる黒いのとがいるそうだ。

魔術に通じた大胆不敵な男が、ある日自分の術(わざ)を見せようと、自分の周りに円を引いてから、笛を吹いてその蛇を呼び寄せると、蛇どもは円の周りにうようよ集まってきた。

それでも強気に笛を吹き続けていると、遠くの方から何匹かの蛇が、自分らの背中にとりわけ太くて身の毛もよだつようなシュトレンヴルムをのっけてやってきて、いきなりそいつを円の中の魔術師の方へ投げてよこした。

魔術師は
「俺はもうダメだ!」
と大声で叫ぶと、その場でその怪物にずたずたにされちまったということだ。



571:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/07/28(月)00:12:40.80ID:4ILtlxQhO.net
色・サイズが違うけど、モンゴリアン・デス・ワームの話を思い出したわ



573:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage]2014/07/28(月)09:36:23.06ID:oOZMub5s0.net
おれはツチノコを思い浮かべたわ



574:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[]2014/07/28(月)12:32:44.01ID:4ILtlxQhO.net
魔術とUMAの組み合わせとは新しいジャンルだな



引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part74∧∧
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1403468618/569-574




.




拍手[0回]

PR



この記事へのコメント

Next:
ipodtouchの画面が、勝手に
Prev:
校内放送のノイズ
Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/28 七篠]
[06/28 NONAME]
[06/28 NONAME]

最新記事

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

Designed by 0x85ab.