忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

坂道発進

2014.12.25 (Thu) Category : 都市伝説・警告・教訓

844:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木)23:16:55ID:vKCrJSkt0
母親がパート先で同じパートのおばちゃんから聞いてきた話です。
その人の娘さんが自動車教習所で教官から聞いたらしい。
これって当たり屋の亜種みたいなもんでしょうか?

免許取りたての女の子の話。
普段通りに運転中、急な上り坂の途中で信号が赤になった。
彼女は特に何も考えずにブレーキを踏んで止まる。
すると後続の車がかなりギリギリまで迫ってから止まった。

彼女はあぶないなぁ、と思いつつも特に気にせず信号が青になったのを見て足をブレーキからアクセルに踏み変えて走り出そうとする。
しかし急な坂道だった為、足を離した僅かな間に車は少し後退してしまった。
そしてなんとそのせいで後ろの車に追突してしまった。

後ろの車から悪魔が降りてくる。
「おんどぅりゃああぁぁぁあぁ・・・」
運悪く追突した相手はスーパーミラクルDQNだった。
彼女はちょっと凹ませただけなのに、数百万脅し取られてしまったとさ。

・・・・・実はそいつは同じ手口で数多くの人から金を巻き上げていた。
この手口はDQNネットワークを通じて日本全国に広まっているらしい・・・・・
なので坂道発進のときは必ずギアを引いて止まりましょう。



846:本当にあった怖い名無し:2005/10/27(木)23:38:04ID:6wPV4mLZ0
>>844
一般性に欠けるため広く流布されるのは望めないと思う。
けれど特定の環境なら成立する。
どんな環境かといえばずばり自動車教習所。
自動車教習所限定の都市伝説(!?)と言えるかもしれない。
どちらかと言えば気の利いた教官がつくった坂道発進(停車)の心得みたいなものだと思うけどね。


 




拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Title : 無題

急な坂の時は、ブレーキ踏んだままアクセルを踏んでそれからブレーキ離してます。
そのときにどわっと出てしまわないように気を付けるよう教習所でめっちゃ言われました。

そういえばサイテーな教官思い出しました;

教「父はA?B?」
私「?Aですけど」
教「へぇ~、Aには見えないけどね~。」
私「???」
教 (無言で胸ガン見)
私「 」(-""-;)

有名なセクハラ教官でした┐(-A-;)┌
苦情が相次いでいたらしく、割りとすぐに見かけなくなりました(-_-)/~~~

ネフェルタリ 2014.12.25 (Thu) 18:53 編集

Re:無題

父じゃなくて乳かww

2014.12.28 17:03

Title : 無題

↑そんなセクハラジジイは私がBMWでひいてやるわ!


自動車はサイドブレーキを引いておく、二輪車はリアブレーキを踏んでおく、そしてアクセル開けてエンジン回転数をあげてからゆっくりクラッチを繋ぐ。すると車両後方が沈むので、そこでブレーキを離す。
って習いますよね普通。

うちのある先輩は坂道発進の時に
「男ならサイドなんか使わないでフットだけでやれ」
と言われたそうです。酷い。ちなみに九州出身ですその人。

ドラスタ娘 2014.12.25 (Thu) 20:50 編集

Re:無題

それはあまり、AT限定の人には縁のない話ですねw

2014.12.28 17:11

Title : 無題

>↑そんなセクハラジジイは私がBMWでひいてやるわ!

ドラスタ娘さんありがとう~(^人^)
マジにひいてやりたかったよ!

ネフェルタリ 2014.12.28 (Sun) 23:58 編集

Re:無題

ところでいつからBMWに…

2014.12.29 19:57

Title : ↑

普段乗ってるのは400ccですごめんなさいw
BMWに乗り替えたらコテハンもBMW娘に変えなきゃ(^_^;)


車もバイクもオートマは怖いです。

ドラスタ娘 2014.12.29 (Mon) 19:43 編集

Re:↑

>BMWに乗り替えたらコテハンもBMW娘に変えなきゃ(^_^;)

わけわかんなくなるからヤメレwww

2014.12.30 15:13

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[09/19 七篠]
[09/19 NONAME]
[09/19 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ