忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

高橋みなみ

2012.09.20 (Thu) Category : 都市伝説・著名人

「クラスにいる3番目ぐらいにかわいい子を集めた」というAKB48。
が、中には3番目どころか、下位グループに属していそうなメンバーが‥‥。選ばれる理由もそれぞれありそうで、ビジュアルは二の次にした選考も行われてきた。

今でこそ人気メンバーとなった高橋みなみ(20)は、初期メンバーに選ばれた理由が「身長148センチ、4月8日生まれだから」というユニークなものだった。

「確かに、AKB48に縁がありそうなプロフィールが、合格の決め手になったそうです。当時、さまざまなオーディションに落ち続けて崖っぷち状態だった高橋は、みずからのプロフィールのおかげで人気アイドルへの第一歩を踏み出すことができたのです」(スポーツ紙芸能デスク)

(後略)

引用元:アサヒ芸能
http://www.asagei.com/4834




 




拍手[3回]

PR

エミリー・サジェ

2012.08.22 (Wed) Category : 都市伝説・著名人

エミリー・サジェは1800年代のフランス人で、幽体離脱またはドッペルゲンガー現象(生者の霊的生き写し現象)を起こしたといわれる人物。
一説には、ドッペルゲンガーではなく、バイロケーション(一身二ヶ所存在)である、とも言われる。

ドッペルゲンガーとバイロケーションの差は、前者が『死の前兆』として恐れられほとんど喋らず、本体と無関係な行動をするのに対しバイロケーションはコミュニケーション能力があり、本体のそばにいる場合は本体の動きをトレースする傾向がある。

1845年。
当時32歳のサジェは、ラトビアのリヴォニアにある名門校に教師として赴任した。

最初のころこそ何もなかったものの、赴任してきて数週間が経ったころ、サジェの姿が同時にあちこちで見られるようになり、生徒たちはそのことを知って騒ぎ始めた。それでもまだ「見間違いだろう。」ということにはなっていたのだが、ある日決定的なことが起こってしまった。

授業中にサジェの姿が教壇で二つに分かれたのだ。
サジェが黒板に字を書いていると分身が現れ、黒板に字を書くしぐさをしていたのだ。顔も服装もしぐさも全く同じ。
その時教室にいた13人の生徒が全員目撃している。教室の中は大騒ぎとなった。

またある時、生徒がサジェに着付けを手伝ってもらっている時に、鏡の中に二人のサジェを見つけ、恐怖のあまり卒倒してしまった。

後に生徒たち以外の目撃者も現れ、給仕の少女が食事中のサジェのそばで分身が食事の仕草をしている光景を目の当たりにし、悲鳴を上げた。

そのうち、決定的な出来事がおこる。なんと42人の人間が同時に分身を目撃したのだ。
ある日、二階の教室で42人の生徒が別の先生の授業を受けていた時のこと。
その時、サジェは校庭で花壇の世話をしていた。
もちろん、その姿は二階の教室からよく見える場所だったので、多くの生徒がサジェがそこにいることを知っていた。

勇気のある生徒が、どちらが本物のサジェかと、室内のサジェに触れたところまるで手ごたえがなかった。
このとき、花壇にいるサジェはぼんやりとした様子だった。
やがて室内のサジェが消え、花壇のサジェは普段通り動き始めたため、花壇のほうがサジェ本人だとわかったという。

このような分身事件は1年以上にもわたって続いたという。
生徒たちの噂話に困惑した学校の理事たちはサジェを問いただしたが、本人には分身の自覚がなく、学校側同様に本人もこの現象に悩んでいた。
多くの生徒はこの分身の現象をむしろ面白がっていたものの、彼らの父兄は決してそうではなく別の学校へ転校させる親が続出した。
サジェは教師としては優秀であったが、学校側はこの事態を軽視できず、やむなくサジェを解雇した。

退職を促すと彼女は、「私は今まで同じ理由で18回も職場を変わらざるを得ませんでした・・。」と語ったという。

その後もサジェの赴任先では同じことが起き、20回近くも職場を転々とした挙句、とうとう赴任先がなくなったサジェは、義妹のもとへ身を寄せた。そこでも分身は現れ、子供たちが「おばさんが2人いる」と面白がっていたという。

その後人々の噂にのぼり、義妹のもとにもいられなくなったサジェはロシア方面へ引っ越したとされるが、その後は消息不明である。

「二人のエミリー」としても有名な彼女は、オカルト界において世界で最も著名な人物の一人であろう。




 





拍手[9回]

マージャンプリンセス

2012.04.25 (Wed) Category : 都市伝説・著名人

かつてガールズバンドとして一世を風靡した、プリンセス・プリンセス。
今年初め(2012年1月)、16年ぶりに再結成したこのバンド。

1990年~92年頃、アーケードゲームとして彼女等がキャラクターとして登場する、脱衣麻雀ゲームがあったらしい。
対戦相手として彼女等の中から一人選ぶことができ、プレイヤーが勝つと脱いでいく…

もちろん非公式に製作されたゲームで、当時ボーカルの奥居香がパーソナリティを務めていたラジオ番組(スーパーギャングかポップンルージュのどちらか、といわれる)でリスナーからの投稿によってそのことが知らされ、一気に認知度が高まった。

この手の話にありがちなことで、ラジオ放送以降には
「実際にプレイした」
「プレイ中の写真を撮った」
などという人も現れたようだが、結局都市伝説だったようだ。




 




拍手[1回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/16 オーガスタス]
[08/16 NONAME]
[08/16 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ