忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


占い師の言葉が気にかかる

557 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/04(土) 17:06:39 ID:fbmzjpl20
信じようと、信じまいと―

横浜に住むA美さんは、中学のときに占い師に言われた言葉が気になって仕方ないという。
他愛もない恋占いのあと、
「あなたの寿命は平成19年9月15日までだから、悔いのないように」
と言われたのだそうだ。
たかが占い、そんなものを気にする必要はなさそうだが、「でも」とA美さんは言う。
「占ってもらったのは30年前なんです。次の年号が平成だと、何であの占い師は知っていたのでしょう」



 




拍手[2回]

PR



ドイツの田舎で行われている行事

544 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/31(火) 16:10:38 ID:6ZAIxBWc0
信じようと、信じまいと―

ドイツの田舎で行われている行事で、日本でいうと肝試しのようなものがある。
ただそれは日本と違って冬場に行われ、近隣住民総出で森の中へ出かけていく。
その地方に引っ越してきたばかりのある青年は行事の存在を知らずにただ一人町に取り残されてしまった。
2,3日すると町に人が帰ってきた。しかし成年の知っている人は一人もおらず帰ってきたのは赤の他人だったという。彼らは何もなかったように生活を再開した。


 




拍手[0回]




願い事が叶うおまじない

532 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/28(土) 18:42:41 ID:6z5lujZr0
信じようと、信じまいと―

1970年代のアメリカで、添えられた図を見つめながら願い事をすると叶うという手紙が流行した。
「独り占めせず、たくさんの人に教えてあげよう」と書かれていたため、かなり広範囲に広まったがこれを試した人たちの中から、精神錯乱を起こす者が続出した。
発信元は不明だが、この手紙は数年おきに断続的に流行し、近年ではネットを通じて広まっているという。


 




拍手[2回]




密封された空間

530 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/07/28(土) 18:22:21 ID:6z5lujZr0
信じようと、信じまいと―

1995年、台東区の某ビルの1室の壁をはがしたところ、その奥に奥行き70センチほどのスペースが現れた。
四方を完全に塞がれ、当然ながら何者も侵入できないはずのそのスペースには
数個の食器と箸、半分水の入ったコップが置かれていた。
食器には飯粒が付いており、まるでだれかが生活していたようだったという。


 




拍手[1回]




樹海の鏡

518名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2007/07/27(金)01:19:23ID:XIxxx+7m0
信じようと、信じまいと―

樹海での自殺者増加を懸念して山梨県は「最後に自らを見て改めて欲しい」と入り口に鏡と警告文の看板を設置した。
最初はいたずらかなにかによって割られてしまったため、プラスチック合板の耐久鏡に変えたのだが、数日後鏡が墨のように真っ黒になってしまい、使い物にならなくなってしまっていたという。
その後何回も鏡を取り替えても同じ現象が起きたため、鏡は取り外されることとなった。黒くなった原因もわかっていない。


 




拍手[1回]




Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[04/30 砕天]
[04/29 ドラスタ娘]
[04/29 ドラスタ娘]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.