忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

伊藤小左衛門埋蔵金伝説

2011.05.24 (Tue) Category : 都市伝説・伝説・伝承系

伊藤小左衛門は、江戸時代の博多にいた、商人である。
ちなみに伊藤小左衛門は初代と二代目がおり、今回扱うのは二代目、「悲劇の豪商」とされる、伊藤小左衛門吉直である。

詳細は参考リンクに譲るが、鎖国時代の黒田藩御用商人として、黒田藩の財政を支えた人物であった。
回船問屋としてだけではなく、裏では外国との密貿易で着々と私腹を肥やしていたようだ。

最終的に内部告発により密貿易が発覚し、黒田藩によって一族もろとも処刑された。
このときの没収額がなんと250万両。

manabowというサイトによれば、江戸時代当時の1両は相場にもよるが

米相場で1両=約4万円
大工の手間賃では1両=30~40万円
お蕎麦(そば)の代金では1両=12~13万円

とされていたらしい。
また、過去の記事【明智光秀埋蔵金伝説】では1両=10万円程度、とした。

1両=10万円で試算すると、2,500億円もの大金だ。

しかし、これだけでは埋蔵金伝説にはならない。
実はこれは回船問屋としての儲けで、密貿易の儲け分は「壱岐島」に隠されているというのだ。

隠されている、という根拠も「裏の儲けは別にある」という根拠も不明なのだが、今でも探し続けている人たちがいる。

ところで、この伊藤小左衛門、海賊としての顔もある、といわれるのだが、その根拠を見つけることはできなかったことを付け加えておく。


 




拍手[1回]

PR

世界の奇習01(中国)

2011.04.30 (Sat) Category : 都市伝説・伝説・伝承系

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:47:39.27 ID:f9BTGMUU0
桃娘(タオニャン・トウニャン)
中国に秦の時代から伝わる(というフレコミ)性玩具として珍重されてきた女の子の名称。

食事に桃だけを与え故意に糖尿病にした女の子で、その尿は(糖尿なので)甘くフルーティー。
直接の性的交渉は持たず、出る汗や尿などを舐めたり、飲用する。

彼女たちは当然だが長生きなどできるわけがなく、最後は合併症で失明し身体も動かなくなり、やがて多臓器不全で死んでしまう。

回春効果を信じてる人々がやるそうなので、その処女性も大切だったらしい。



52: ◆J......... :2011/04/29(金) 01:49:35.06 ID:nj7jVFV10
>>51
ひどすぎワロえない


(※しろさんからの投稿です。ありがとうございました)

 




拍手[1回]

をのこ草子

2011.04.02 (Sat) Category : 都市伝説・伝説・伝承系

75 名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2007/04/26(木) 02:48:34 ID:r7zK9Rd9O
をのこ草子はどうだ

いつ書かれたかもわからぬかなり昔の予言書?のようなもの
かなり克明に現代の社会の様を書き綴っているそうな



78 名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2007/04/26(木) 03:30:11 ID:GO4Ebx5HO
なんだこの良スレは。とりあえず>>75めっちゃ面白そう。どこら辺をどう予言してるんだ?



79 名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2007/04/26(木) 03:56:14 ID:i2bRJqDG0
>>78
「をのこ草子(をのこ草紙)」という文書を知っていますか?
http://lonehog.gooside.com/YOGEN1.htm

江戸時代にかかれた読み物で、現代でいえば小説みたいなものなのですが、作者が不明で、成立年代もはっきりしません。
書いてある内容が驚くほど現代日本の世相を言い当てているため、最近注目を浴びている文書です。


「今より5代250年を経て、世の様変わり果てなむ。切支丹の法いよいよ盛んになりて、空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし。風雲をかりて雷電を益するものもあらむ。
死したるを起こす術もあるべし。」

「よろず南蛮の風を学び、忠孝節義はもとより、仁も義も軽んぜらるべし。」

「さるままに人の心も漸く悪となりて、恐ろしき世の相を見つべし。妻は夫に従はず、男は髪長く色白く痩せ細りて、戦の場になぞ立つこと難きにいたらむ。女は髪短く色赤黒く袖無き着物を着、淫に狂いて父母をも夫をも、その子をも顧みぬ者も多からむ。」

「かくていよいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし。」

--------------------------------------------------------------------------------- 
明治以降、西洋近代文明を受け入れた日本の社会は、まさにこの通りとなりました。
特に、”死したるを起こす術”が近々の臓器移植に関するものと言うならば、まさに現代社会の風景を現している下りであるといえなくはないでしょうか

日本社会は隅々まで西洋文明(南蛮)から学びとった結果、物質文明や利益追求主義がいつのまにやら正義となってしまい。

日本人としての心が失われ、利己主義が蔓延した世の中になりました。
単純に書いてあることを鵜呑みにするならば、「日本の国力(経済)はますます弱まり不況を克服できず、さらに追い打ちをかけるごとく、天変地異の大災害(局所的な地震などではない)で、人口の約半分が死滅する。大混乱のうちに治安維持を名目に、あるいはあからさまな侵略目的で、外国軍が進駐し日本を支配下に置こうとする」と言うことになるのです



(※白さんからの投稿です。ありがとうございました)


【真相】
http://yoshizokitan.blog.shinobi.jp/Entry/6093/


 




拍手[7回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[12/11 七篠]
[12/10 AvitoRu1wala]
[12/07 たかにゃんこ]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ