忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。 メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中! ☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆

世界の奇習02(中国)

2012.11.27 (Tue) Category : 都市伝説・伝説・伝承系

中国の奇習 盲妹

盲妹(まんめい)とは、中国の広東に存在したと言われる人為的に視力を奪われた盲目の娼婦である。
幼女のうちに目を潰して育てると集中力が増し、踊りや音楽などの芸が上達するといわれる。

ただし、盲妹は芸妓や舞妓とは異なり、明確に娼婦の一形態である。
目が見えないため、客を選り好みせず、逃げることも出来ないという利点があった。
また、盲妹の中には前歯を上下抜かれていた者もいたとされる。

これはフェラチオをする際に歯が当たらず、男性に対して大きな快感を与えるためであるとされる。
盲妹の存在自体を都市伝説と見る向きもあるが、史実であることを窺わせる話も伝えられている。

(※白さんからの投稿です。ありがとうございました)




 




拍手[2回]

PR

海賊キッド埋蔵金伝説

2012.03.30 (Fri) Category : 都市伝説・伝説・伝承系

大海賊キャプテン・キッドが残したという財宝が日本にも眠るという伝説があるのをご存知だろうか。

詳しくは日本の埋蔵金伝説、というサイトで特集を組んでおられるので、詳細はそちらを参照していただくとして…ざっとかいつまんであらすじを追っていく。

キャプテン・キッド、本名はウィリアム・キッド。
1645年にスコットランド西部に生まれる。

ニューヨークに移住した後、貿易船の船長なった後に対仏植民地戦争で西インド諸島で私掠船船長として活動。
1696年政府から海賊討伐を命ぜられマダガスカル島に行ったが資金難となり、海賊船ではない船まで襲うようになる。

1698年1月に東インド会社の商船クェダ・マーチャント号を襲い、ついに海賊として手配されるに至った。
1699年にニューヨークに戻ったところを捕らえられ本国に送還、1701年5月23日、絞首刑になった。

キッドは処刑される直前、「自分はある場所に財宝を隠している」と叫び、その場所を説明しようとしたが、処刑人はそれを無視してキッドを処刑してしまったという。

この逸話をもとに「今もどこかにキャプテンキッドの財宝が眠っている」という伝説が発生した。

結果として、キッドが実際に海賊と呼ばれて活動したのは1年ちょっとの短い期間であり、現在伝わる伝説はかなり大きく膨らんでしまった冒険譚であることは少し残念ではある。

それでも、彼の活動拠点に近かったニューヨークのガーディナーズ島や、カナダのオーク島では隠されていた宝物が見つかったことがあるので、財宝はない、と考えるのも早計だろう。

2007年には米インディアナ大学のチームによって、ドミニカ共和国の保養地カサ・デ・カンポ沖にあるカタリーナ島近海で、クェダ・マーチャント号とみられる船が発見されたりしている。

日本にその財宝が眠るという話の始まりは昭和12年「日本東京、日本領事館」宛で「コネチカット州サウシントン市米国探偵家秘密情報員」から届いた一通の郵便。

「この地図は一七〇〇年頃キッド自身が書き残した記録の写し……」で始まる内容は海賊キッドが東シナ海で稼いだ財宝を南西諸島の宝島に埋めたというもの。

「宝のある場所は、死の谷と名付けられる窪地、活火山から噴出する有毒ガスが常によどんでいる」

宝島では東側の経ヶ峰が当てはまり、鍾乳洞の洞窟もあり絶好の場所だ。

宝島の正式な地名は鹿児島県鹿児島郡十島村宝島。
屋久島と奄美大島の間に約160㎞にわたって連なるトカラ列島には、7つの有人島があり、北から口之島、中之島、平島、諏訪之瀬島、悪石島、小宝島、そして最も南に位置するのが宝島である。

名前の由来に関してははっきりしていないが、日本書紀にすでにその名が現れていることから、島名自体は海賊に由来したものではない。

キッドが日本にきた可能性はあるのか、というと史料としては残っていない。
しかし、宝島には「元禄11年のころに外国の海賊がやって来て、洞窟に逃げ込んだ島民を焼き殺し、その洞窟に住み着いていたが、あるとき、財宝を残したまま島をあとにした」という伝説が残る。
元禄11年とは西暦でいうと1698年で、伝説と符合する。


近年まで幾多のトレジャーハンターやかの24時間テレビなども埋蔵金発掘を行っているが、未だ発見されていない。
もし機会があったらチャレンジしてみてはいかがだろうか。



参考サイト:海賊キャプテン・キッドの財宝を探せ!
http://home.f01.itscom.net/yaeno/Cap.Kidd01.html






 




拍手[7回]

大友宗麟埋蔵金伝説

2011.12.31 (Sat) Category : 都市伝説・伝説・伝承系

大友 義鎮 / 大友 宗麟(おおとも よししげ / おおとも そうりん)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊後の戦国大名であり、キリシタン大名。大友氏第21代当主。宗麟の法号で知られている。

海外貿易による経済力と優れた武将陣、巧みな外交により版図を拡げ、大内氏や毛利氏をはじめとする土豪・守護大名などの勢力が錯綜する戦国の北九州東部を平定した。

当初は禅宗に帰依していたが後にキリスト教への関心を強め、ついに自ら洗礼を受けた。最盛期には九州六ヶ国に版図を拡げた。しかし「キリシタン王国」建設間近で島津義久に敗れ、晩年には豊臣秀吉傘下の一大名に甘んじて豊後一国までに衰退した。

この大友宗麟の残した軍用金が眠っているとされるのが、大分県臼杵市、臼杵城である。

このネタを紹介したのが「特命リサーチ200Ⅹ」という番組らしい。
番組によれば、宗麟の息子・義統がこのありかを記したものを肌身離さずもっていたらしく、その後紆余曲折を経てとある男がこの財宝を見つけるが、ふたつのうちひとつがまだ残っている可能性があるという。

暗号文は、「逆木から卯の方向に五十五足」。

逆木、が何を指すのかがわかればしめたものなのだが、すでに伐採されている可能性も…。




 




拍手[3回]

スポンサードリンク
ブログ内検索
カテゴリー
最新コメント
[08/16 NONAME]
[08/16 NONAME]
[08/16 NONAME]
アクセス解析
カウンター

Powered by [PR]

忍者ブログ