忍者ブログ

都市伝説・・・奇憚・・・blog

都市伝説を中心にホラー、オカルト系の話題をお楽しみください。メールはyoshizo0@hotmail.co.jpへ☆☆投稿やまとめて欲しい話題のタレコミなど、情報提供受付中!☆☆ありがとう5000万ヒット!☆☆


願い事がかなう寺

299 :可愛い奥様:2007/08/10(金) 17:01:36 ID:jPEKayzm0
京都にお参りすれば願い事が叶うというお寺があるんだけど、それにまつわる話。

JR環状線のとある駅で乗り込んできた女の子3人組、ちょうど私の前の席で話す内容がよく聞こえた。

「こないだ○○寺にお参りいったやん、私願いごと叶ったでー、正看試験受かった!」
「ほんまに?!おめでとう!実は私も彼氏できてん」
「すごいなー二人とも願い叶ってるなぁ。実はな、うちも海外留学いけるようになってん」
「すごい効き目やなー。そういえば○ちゃんの願いどうなってんろ」

その場にいない友人の話になり、正看に受かった女の子がポツリと、
「…○ちゃんな、入院してん、肝臓壊して」
「最近やっと面会できるようになってん」
「こないだお見舞いいってんけど、むっちゃ激やせして別人みたいやった…」

後の二人は顔を見合わせて、
「なあ、○ちゃんの願いってあれやんな…」
「…うん、○ちゃんずっと痩せたい痩せたい言うてたな」
「願い、叶ってるな…」

で、その○ちゃんは、4人でお寺にお参りに行ってからすぐ入院してたらしい。
もう3年くらい前の電車の中で聞いた話。
そのお寺のことを調べたら、一つだけ具体的な願い事をしないといけないようで、もしかしたら○ちゃんは、ただ痩せたいとだけお願いしたのかなと思った。

ちょうどその頃行きたいと思ってたけど、その話を聞いて漠然とした願いしかないので行けなくなりました。
一つだけ具体的な願いって難しいなぁ。
しかもこんな話聞いたら軽々しくお願いできない。



300 :可愛い奥様:2007/08/10(金) 17:24:21 ID:+KS2yW0N0
ブラックジョークみたい。



301 :可愛い奥様:2007/08/10(金) 17:49:17 ID:ctGB/PZL0
>>299
お願い、どこのお寺かヒントだけでも教えてください。



304 :可愛い奥様:2007/08/10(金) 18:34:21 ID:jPEKayzm0
>>301
秋にリーんりーんと鈴の音のような音を出す虫寺です。

>>300
自分も聞いたときはそう思いました。
この話をすると大抵作り話でしょと言われてしまいます。



305 :可愛い奥様:2007/08/10(金) 19:00:37 ID:jdUXfyR10
>>304
そのお寺の住職さん、面白いよね。
うちは、夫が宝くじが当たりますようにと願ったら、オーストラリア旅行ペアでご招待が当たりました。
結局、自分たちが行って帰ってきたばかりだったので、親に譲ったんだけど・・・意味ないし。


(※白さんからの投稿です。ありがとうございました)




 


拍手[7回]

PR



天草四郎埋蔵金伝説

 天草四郎。
元和7年(1621年) - 寛永15年2月28日(1638年4月12日)に生きた、キリシタンである。
その風貌や伝説から、フィクションに多く取り上げられる題材である。


島原の乱の指導者とされている人物で、幕府の攻撃による原城陥落により自害したとされる。
本名は益田四郎(ますだ しろう)。諱は時貞(ときさだ)。洗礼名は「ジェロニモ」もしくは「フランシスコ」。一般には天草四郎時貞という名で知られる。

一般には益田甚兵衛の子として熊本県上天草市で生まれたとされるが、長崎出身という説もあり、出生ははっきりしない。大変聡明で、慈悲深く、容姿端麗で女が見たら一目惚れするという話もあるが、これは後世の後付設定であろう。

島原の乱勃発時は16才程度の少年で、十字架を掲げて戦闘を指揮したと伝わり、徳川幕府の軍隊による原城への総攻撃を受けて、炎の中で自害したとされる。
が、キリスト教では自殺は禁じられているため、敬虔なクリスチャンのはずの四郎が自害したとは考えづらく、真相は不明である。

実際には少年であった四郎が大規模な反乱を組織したり戦いを指導したとは考えられず、実質的な首謀者は庄屋や浪人たちで、彼はその象徴として祭り上げられた性格が強い。しかし、3万7000人とされる島原の乱の参加者が主と仰ぐカリスマ的存在であったのは確かである。

尾張徳川家の蔵書などを所蔵する名古屋市蓬左文庫に収められていた「天草陣雑記」において、四郎が妻帯していたと思われる記述が見つかっている。

さて。
埋蔵金だが、原城での篭城も限界を迎えた四郎は女性や子供、老人らを逃がすことにして、後の軍資金に、と財宝を埋蔵したらしい。
これが今回の「天草四郎埋蔵金」である。

その内容は6kgの黄金の十字架をはじめ金銀の燭台20基、宝石をちりばめた王冠や大判小判。
もちろん、天草四郎や島原の乱に参加した浪人たちがこんな財宝を持っていたとは考えられないが、それでもキリシタンの装飾具関係が含まれることから、この話を信用する人が多い。

ちなみに、この話は地元に伝わるものではなく、幕末近くに江戸のある商家から出てきた記録にあったものらしい。

ところが、宝の守り役に選ばれた小山田慶信(けいしん)が財宝のありかを示す書付を残して失踪。
財宝がキリシタンの復活に役立つことはなかった。

慶信の書付には埋められた場所の目印に三角池が記されてあったという。
また上島から発見された十字架に書かれていた
「さんしゃる二、こんたろす五、くさぐさのでうすのたからしずめしずむる」
の文字。

天草の地図に「さんしゃる」という場所があったことから、熊本県天草郡苓北町の山中にある湿地帯が三角池に当たるのではないか?と何度か捜索された。

財宝をおさめた箱の一部のような木片が発見されたことからかなり期待されているが、現在ではまだ発掘された、という情報はない。

もし発見されれば、文化財として相当な価値が見込める財宝だ。



 


拍手[17回]




赤いロウソク

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/15(日) 18:58:45.63 ID:JsKRSIim0

東北沿岸だが某神社に赤い蝋燭を立てると海が荒れる



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/15(日) 19:03:11.55 ID:ZacFZ5Ah0

>>11
おっ、おもしろそう
何か言い伝えとか謂われがあったりする?



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/15(日) 19:55:36.10 ID:JsKRSIim0

昔海沿いにある社のふもとで蝋燭を売って暮らしを立てていた年寄り夫婦がいた。

参拝客はそこでろうそくを買い、社に供えていったという。ある晩、爺さんが海岸を歩いていると赤ん坊をみつけた。

この赤ん坊には普通の人間とは違い足がなく、代わりに魚のひれがついており、どうやら人魚の子であるらしかった。

しかし、子供のいない夫婦はその赤ん坊を海神からの授かりものだとして、大事に育てることにした。

やがて人魚の赤ん坊はすくすくと育ち美しい娘になり、夫婦の仕事を手伝って蝋燭に絵を描くようになった。

その絵が非常に見事なことと、娘の美しさが評判になりろうそくは飛ぶように売れた。

やがて社には国中から参拝者が集まるようになり、さびれた漁村は大いに活気づいたそうだ。

あるとき噂を聞きつけた香具師が江戸からやって来た。その香具師は一目で娘の正体を見破り、娘を売らないかと夫婦に持ちかけた。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/15(日) 19:56:06.75 ID:JsKRSIim0

続き

始めはかたくなに拒んだ夫婦であったが、人魚は不吉なものだという香具師の言葉と、なによりすさまじい大金に目がくらみ娘を売ることを承諾してしまう。

この話を聞いた娘は、どうか自分を売らないでくれと泣いて頼んだが、金に目のくらんだ夫婦は聞く耳を持たず娘を香具師に引き渡した。

それでも娘は連れて行かれる寸前までろうそくに絵を描き続け、残されたろうそくの中に一本だけ真っ赤に塗られただけのものが混じっていたそうだ。

おそらく最後まで絵を描き続けた娘が最後の一本に残った絵具を塗りつけたのだろう。

それを見て、娘が急に不憫になった夫婦は、その蝋燭を社に供えて娘を供養することにした。

するとその晩、海が荒れて多くの船が海に沈んだ。乗っていた人間は誰一人助からなかったそうだ。

沈んだ船の中には娘を乗せた香具師の船も混ざっていたという。

その後、あたりは急速にさびれ、社の存在も忘れ去られてしまったが、

今でも赤いろうそくを備えると海が荒れるため漁師の間では禁忌となっているらしい。



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/15(日) 20:02:18.65 ID:ZacFZ5Ah0

>>39
うおおおおおおおおおおなんだっけこれえええ
こるに似た話めっちゃ聞いた(読んだ?)ことあるけど思い出せねえええぇ
とにかく貴重な話まじありがとう!


 


拍手[5回]




伊藤小左衛門埋蔵金伝説

伊藤小左衛門は、江戸時代の博多にいた、商人である。
ちなみに伊藤小左衛門は初代と二代目がおり、今回扱うのは二代目、「悲劇の豪商」とされる、伊藤小左衛門吉直である。

詳細は参考リンクに譲るが、鎖国時代の黒田藩御用商人として、黒田藩の財政を支えた人物であった。
回船問屋としてだけではなく、裏では外国との密貿易で着々と私腹を肥やしていたようだ。

最終的に内部告発により密貿易が発覚し、黒田藩によって一族もろとも処刑された。
このときの没収額がなんと250万両。

manabowというサイトによれば、江戸時代当時の1両は相場にもよるが

米相場で1両=約4万円
大工の手間賃では1両=30~40万円
お蕎麦(そば)の代金では1両=12~13万円

とされていたらしい。
また、過去の記事【明智光秀埋蔵金伝説】では1両=10万円程度、とした。

1両=10万円で試算すると、2,500億円もの大金だ。

しかし、これだけでは埋蔵金伝説にはならない。
実はこれは回船問屋としての儲けで、密貿易の儲け分は「壱岐島」に隠されているというのだ。

隠されている、という根拠も「裏の儲けは別にある」という根拠も不明なのだが、今でも探し続けている人たちがいる。

ところで、この伊藤小左衛門、海賊としての顔もある、といわれるのだが、その根拠を見つけることはできなかったことを付け加えておく。


 


拍手[1回]




参考

世界の奇習01(中国)

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/29(金) 01:47:39.27 ID:f9BTGMUU0
桃娘(タオニャン・トウニャン)
中国に秦の時代から伝わる(というフレコミ)性玩具として珍重されてきた女の子の名称。

食事に桃だけを与え故意に糖尿病にした女の子で、その尿は(糖尿なので)甘くフルーティー。
直接の性的交渉は持たず、出る汗や尿などを舐めたり、飲用する。

彼女たちは当然だが長生きなどできるわけがなく、最後は合併症で失明し身体も動かなくなり、やがて多臓器不全で死んでしまう。

回春効果を信じてる人々がやるそうなので、その処女性も大切だったらしい。



52: ◆J......... :2011/04/29(金) 01:49:35.06 ID:nj7jVFV10
>>51
ひどすぎワロえない


(※しろさんからの投稿です。ありがとうございました)

 


拍手[1回]




関連記事

Page:
Top:
都市伝説・・・奇憚・・・blog

スポンサードリンク

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

最新コメント

[03/28 NONAME]
[03/28 ドラスタ娘]
[03/28 七篠]

最新記事

プロフィール

HN:
よしぞー
年齢:
44
性別:
男性
誕生日:
1973/02/20
職業:
平社員
趣味:
飲酒/睡眠/飲食
自己紹介:
リア充もげろ。
来世はブサメンじゃないといいなぁ。

アーカイブ

ブログ内ランキング

アクセス解析

カウンター

アクセスランキング

Designed by 0x85ab.